ウィラポンは、衰えていた?

| コメント(0)
長谷川選手との第1戦、ウィラポンは勝負所で、自分のスタイルを貫き、挑戦者を突き放そうとした。しかし、長谷川選手は、スピード、スタミナ、ハートの強さでこれを乗り越え、見事”載冠”に成功。

第1戦のウィラポンは調子が悪かった。と、言われました。が、2戦目は明らかに”衰え”があったと感じます。気持は、衰えていない。だからこそ、マネジャーの胸で泣いたのでしょう。

限界、衰え、そんな事はない。判断、難しいですね。最近では、OPBFウェルター級王座を追われてしまった、日高和彦(新日本木村)選手。

最近は激しい打ち合いばかりの試合で、最後のKO負けはタンかで退場するほど、強烈なものでした。再起か、引退か。ダメージが大きい重量級なので、本当に判断が難しいと思います。

最後の試合の時、石井先生が「もう少し早く、棄権させるべきだった」と、スパー時から引きずっていた、そのダメージを心配されていました。

その昔、石井先生とコンビを組んでいたのが、大熊正二選手。ミゲール・カント(メキシコ)に王座を追われたものの、まだまだ若く、目指すは世界奪還。

しかし、76年12月調整試合として組まれた日本1位触沢公男(東洋)選手との試合で、8回KO負け。リングに大の字になるほどの痛烈なKO劇。大熊選手にとっては初のKO負け、試合後くやしさに泣きべそをかいたのでした。

勝った触沢選手。一躍世界ランカーに。この次の試合でもバリバリの世界ランカー、ホセ・ルイス・クルス(メキシコ)をKO。この時は、勝利のリング上に神父さんが上がって来て、まるで映画のワンシーンのよう。

いよいよ世界タイトル挑戦。しかし世界は遠く、カント、エスパダスと続けて挑んだタイトルマッチでは歯が立たず、あっけなく引退。(1度のノンタイトルもはさまずに、C、Aと挑戦)

大熊選手に勝ってしまったばっかりに、選手寿命を縮めてしまった感じがします。真面目な選手でした。

この試合後の再起戦でも、第1ラウンド大熊選手はダウンを喫し、冷や汗の判定勝ち。その後、ゴンザレスとの世界戦でも痛烈なKO負けを喫します。

が、この時石井先生は、「まだ君はこれからだ。やっと、ボクシングがわかって来た所じゃないか」と、再起を促し、奇跡的な”世界王座奪回”劇が実現しました。

77年4月、ライバル、アルフォンソ・サモラ(メキシコ)23戦全KOとの、実質的世界王座統一戦を制し、パーフェクト・チャンピオンといわれたWBC世界バンタム級王者カルロス・サラテ(メキシコ)。

アマで33勝(30KO)。この時点でのプロ戦績47戦47勝(46KO)。まさに”怪物”です。ノンタイトルで戦ったWBA王者サモラは、元同僚。

このサラテ、1階級上の怪物王者ウィルフレッド・ゴメス(プエルトリコ)には敗れましたが、バンタム級王座はまだまだ安泰と見られていました。

79年6月3日、指名試合として行われたのが、ルペ・ピントール(メキシコ)とのタイトルマッチ。マネジャーは、共にクーヨ・エルナンデス。

ピントールがWBC1位となり、指名挑戦の権利を得た為、同じマネジャー同士の選手が戦うという事態になりました。といっても、正確にはマネージメント権を、一時譲渡する形を取って試合は実現されました。

4ラウンドには、ダウンを奪ったサラテ。採点は、145−133で一人がサラテ、143−142で二人がピントールを指示するという超不可解な判定で、サラテは王座を終われました。(AP通信も147−138サラテ)

勝ったピントールは、39勝(32KO)4敗。この後、強いチャンピオンになりました。これでは納得できないサラテ、後年ウェートを上げカムバックしますが、世界奪回は成りませんでした。

”いつか”やってやる、”まだ”やれる。気持ちと体のアンバランスがやってきた時、上手に付き合えるすべを考え出した者が、新しいスタイルで戦えるとも思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2006年3月27日 14:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長谷川VSウィラポン」です。

次のブログ記事は「ダイナマイト・パンチ3/27」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02