坂田健史VS伊波秀吉

| コメント(0)
ホール4階の医務室。坂田健史(協栄)選手に、ありとあらゆるパンチを打ち込まれ、5ラウンドレフェリーストップに敗れた沖縄、具志川ジムの伊波秀吉選手が、ドクターチェックを受けている。

「会長、こんなチャンスを作ってもらって、申し訳ありませんでした」ハッキリとした口調で、伊波選手は周囲に謝っていた。ベッドに横たわりながら・・・。

31歳、今までのボクサー生活には何の勲章も無い。しかし、この沖縄人は本気で勝ちに来ていた。これまでの18戦の内KO負けは、一度だけ。タフネスには、自信があったことだろうと思う。

坂田健史選手には、同じジムの後輩、亀田興毅(協栄)選手の影が付きまとう。内容良く、倒したい、お客さんに喜んでもいたい。自分だって、そして、もう一度・・・。

昨日後楽園ホールで行われたメイン10回戦は、こんな両選手の見応えある試合だったと思います。

坂田選手も解って来てはいるんですが、もう少しリラックスして、頭を振りながら、軽いパンチを出しながら、動きながら、相手を見て、コンビネーションを打ち、カウンターを合わせる。

3ラウンド後半、伊波選手が「ウォー」と吼えました。単発ながら1ラウンドからパンチを貰い続け、ボディも効いて来たのが、その動きから見て取れます。こう言っては大変失礼ですが、「このまま簡単にはやられないぞ」の”やけくそ”心理状態になったようです。

3回終了後の大竹マネジャーの指示、「もう一杯だよ」「見えてるし、相手腹も効いてきた」「何も無いから、打ちまくって来い」「何でも出来るだろう」

第4ラウンド、打ちまくって帰ってきた坂田選手。「三ちゃん、4回戦じゃぁ無いんだから、スピード変えたり、フェイント使ったり、ドスン、ドスンだけじゃダメだ」「この回で決めて来い」と、強い口調の大竹マネジャー。

第5ラウンド、ロレンソ・パーラを思い出してか、大きなステップワークを使い出した伊波選手。頭を盛んに振ります。打ちながら、戸惑っている様にも見えた坂田選手。逃げ切られるか・・・。

ここは、腹が効きました。ロープに詰めてサイド、サイドのボディ打ち。上体が立ったところにパンチを集め、レフェリーストップ。いつもの坂田選手スタイルの、ストップ勝ちになりました。(^^)

試合後のインタビューでも、まじめで真っ直ぐな性格そのままの坂田選手。パーラ選手との第1戦で、金平会長からも、「人間的として尊敬する」と言わせた”折れない心”を見せてくれた坂田選手。

この”心”を、応援してくれるファンも増えているように感じます。亀田選手の試合は、ファンが”観に来る”んでしょうが、坂田選手の試合は、ファンが”応援しに来る”という感じでしょうか。

目のカットも大した事無く一安心。次の試合スケジュールを睨み、また厳しいトレーニングに戻ります。ハワイキャンプも計画されています。

この先、ハワイのチャンピオンWBC世界L・フライ級王者、ブライアン・ビロリアが、カカアコジムにも練習にやって来るようです。ぜひ、スパーを観てみたいですね。

「1ラウンドで決めて来ますから」「ホントかよぅ〜、じゃあ坂田のグローブ付けとくぞ」「あいつ解んないからなぁ〜」

WBA世界S・ライト級10位、佐々木基樹選手は、元気に控え室を出て行きました。対戦相手は、ノーランクの山岡靖昌(広島三栄)選手。

山岡選手、前戦で当時日本ウェルター級3位にランクされていた西川和孝(中外)選手と引き分けています。このときの試合地は、西川選手のホームタウン坂出。

と言う事は、坂出に遠征した時の経験上、”山岡選手が勝っていた”試合と我々は、判断していました。が、「佐々木、舐めるからなぁ〜」

第3ラウンド終盤、佐々木選手の右カウンターが炸裂、ダウンを奪います。「オッ、さすが世界ランカー」

起き上がってきた所を追撃、アットいう間に2度目のダウンを奪う。「このくらい見せないとな、世界ランカーだからなぁ」

しかし、あともう一度と言うところで、第3ラウンド終了のゴングに逃げ込まれました。

坂田選手の支度を手伝いながら、控え室のモニターを覗き込む。見た感じ、ジャブは打たないし、腹も打たないし、大振りばっかりの様子・・・。

体は曲がって、「アレっ、腹効いちゃってるんじゃないのぉ〜」「ダウン取ってるから負けは無いだろ」結果は、1−0の引き分け。95−95が二人いました。3回目は10−7でしょうから、良くないですね、これは・・・。

「今頃、会長渋い顔してるだろうなぁ」等と思いつつ、メインのリングへ向かう。金平会長、やっぱり怒った顔。横に座っていた日本王者、木村登勇(横浜光)選手も、思いっきり暗い表情。

「いやぁ〜、失敗、失敗」の佐々木基樹選手でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2006年3月21日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「20日坂田選手ホール登場」です。

次のブログ記事は「3月20日前座試合」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02