15才亀田和毅・日本人かかって来いや!

| コメント(0)

亀田家が始めて日本人選手との対戦を公言。来夏のプロデビューを目指す3男和毅君とのエキシビションで、資格はSフライ級以下の世界ランカー。倒せば興毅選手、大毅選手との対戦チャンスが与えられる。

かなりの鼻息であります。

「アンチ”かかって来いや。誰でもええで!」

「和毅倒したら大毅、興毅とやれるでぇ!」

【亀田家、解禁!日本人来いや!三男・和毅相手募集(スポーツ報知)】 ??



23日大阪のリングでは、現役OPBFフライ級王者ジョジョ・バルドン(比)とグローブを交える和毅君。バルドンはWBC14位にランクされる世界ランカーである。

【5月23日(水)大阪中央体育館・”亀田の帰る場所”】

大阪のリングでの殴り込みも歓迎とは、さすがに亀田流。世界ランカーが挑戦状というのもおかしいが、こう挑発されては黙らせるしかあるまい。

Sフライ級以下の日本人世界ランカー。

名城、河野、菊井、川嶋、大場、相澤、内藤、吉田、山口、嘉陽、翁長、國重、高山、八重樫、黒木、三澤の各選手。

対戦は夏以降となるらしい。既に試合スケジュールが決定している選手もたくさんいるので、折り合いが問題です。どうなるのでしょうか。

「かかって来いや!」

「ハイ、喜んで!」(~~)

気になる”お腹”をヘっこませ!(~~)

ヘっこみますよ!(~~)

昔はエキシビションといえども好カード、たくさんありましたね。

昭和40年(1965年)4月、無敵の世界バンタム級王者エデル・ジョフレ(ブラジル)への挑戦を1ヵ月後に控えたファイティング原田(笹崎)選手は、後のフェザー級王者西城正三(協栄)選手とエキシビション。

西城選手、この時はまだ6回戦ボーイでしたが、将来を期待される新人でした。

昭和33年(1958年)メルボルン・オリンピック代表選手米倉健志(興伸)選手のデビューは、東洋フライ級王者・矢尾板貞夫(中村)選手とのエキシビション6回戦。

だいぶ古いですが、昭和25年(1950年)”大学の虎”後藤秀夫(坂口→AO)選手は日本フェザー級王座獲得後、石原慎太郎氏が応援した、後のKOアーティスト中西清明(六甲→AO)選手と10回のエキシビションを戦っている。

写真は、壮絶な減量をして世界フライ級王者ダド・マリノとのノンタイトル戦に挑む後藤選手。世界一をやっつけたかった後藤選手だが、試合は惜しくも引き分けでした。

昔は豪華なエキシビションがありました。今後の成り行きが、楽しみです。(~~)

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定 


【2100円で海外旅行する方法!】 【日本・ハワイのボクシング交流を実現させたい】

【BOXING MASTER】トップへ 


【ハワイ・ボクシング留学カカアコジム】 【世界チャンピオン坂田健史ハワイ・カカアコジム合宿】 

【亀田兄弟もやって来た】 【ハワイでアマ試合・スパー大会出場】 【宿泊施設】 【参加者感想】


ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 【2100円で海外旅行する方法!】 ?

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


★あなたのWebサイトでお金を稼ぎ、しかもファンまで作ってしまうノウハウとは、実は、こっそり、私も使っています。【あなたのWebサイトで稼ぎ、あなたのファンをつくる! 「Webノウハウ講座」】 

なんと、私のサイトは、正規パートナーサイトですので、このサイトから申し込んで頂くと、10%オフになります!!【 ギフトナンバー「w10641」 】と入力して頂くだけです!!興味のある方は、いますぐクリック!!

★ボクシング&ハワイ サーチエンジン 【ROCKY SEARCH】 

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年5月18日 11:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最終回KO以外勝利なし・セコンド実況(~~)」です。

次のブログ記事は「最強を求めたチャンピオン・大場政夫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02