モハメッド・アリが開いた”ビッグ・マッチ”の扉

| コメント(0)

71年3月8日に行なわれた世界ボクシング史上例がない大興行、ジョー・フレージャーVSモハメッド・アリの世界ヘビー級タイトルマッチ。

アリはベトナム戦争時の1967年”徴兵拒否”。一時は非国民とののしられた。1964年大番狂わせでソニー・リストンから奪っていた王座は、既に9度の防衛に成功していた。

タイトル剥奪。3年半のブランクを余儀なくされたアリは、カムバック後、僅か2試合でフレージャーの世界王座に挑む事になった。

それぞれ250万ドル(9億円・1ドル=360円・当時)ずつのファイトマネーが入るこの試合であるが、ヘビー級王座9度防衛に成功したアリにして、これまで100万ドルを越えるファイトマネーを手にした事はなかった。

フレージャーに至っては、WBA王者ジミー・エリスとの王座統一戦で得た15万ドルが最高。250万ドルがいかに凄い金額か、お分かりいただけるであろう。

興行保証金だけでも500万ドル(18億円)用意しなければ事は進まない。M・S・Gも含めて、当時のアメリカボクシング界には、これだけの興行保証金を用意出来る人物はいなかった。

この興行を実現させたのは、ロスで芸能代理業を営む40才の新鋭実業家ジェシー・ペレンシオなる人物。ペレンシオとてそんな大金は持ち合わせていない。

一体どんな手を使ったのか。

”ROCKY”宮下(協栄)選手他、たくさんの日本人選手も激闘を繰り広げたロサンゼルス・フォーラム(写真)を作り、プロバスケットチーム”ロサンゼルス・キングス”のオーナーでもあるジャック・ケント・クック氏をくどき、資金を提供させたのである。

この興行のスケールの大きさに付いては昨日書いた。

【世紀の一戦!アリVSフレージャーの場合】

ペレンシオとの初対面から、アッというまに450万ドルの大金を投資したクック。残り50万ドルはM・S・Gが用意した。ボクシング関係以外のこの二人の出会いが無ければ、このビッグ・マッチは実現されなかった。70年12月の事である。

この試合実現ストリーは、ドン・キングに引き継がれ、後のアリVSフォアマン戦が実現する事になる。そして今でもドン・キング、元気ですね。(~~)

そして、この試合の翌年、モハメッド・アリは東京で試合をする事になる。

今思えば、これは日本の興行スタイルを良くする大変なビッグ・チャンスだったと思います。しかし、この時はボクシング協会が分裂する騒ぎを巻き起こしている。

3年半のブランク後2試合。再起戦のクォーリーとの試合は3回クォーリーのカットによるKO勝ち。続くボナベナ戦では15回、奇跡の逆転KO勝ちだったが、大苦戦。(写真)

それでもアリ人気で、試合が近ずくにつれ賭け率は8−5でアリ有利に傾いて来た試合前。

フレージャーは典型的な左フッカー。そもそもサウスポーを右構えに直している。身長180センチの小柄な体をさらにクラウチングさせ、前進につぐ前進を繰り返すその姿は、”スモーキング・ジョー”と呼ばれ恐れられた。

チャンピオンは、試合開始からそのスモーキング・スタイルで前進。鋭い左フックを振り回す。アリのフットワークは思ったより続かない。ロープにもたれかかる場面が多い。

中盤少しの反撃シーンはあったが試合はチャンピオンの一方的ペース。アリも得意のジャブ、ワン・ツーを見舞うがお構いなく前進するフレージャー。蓄積されたダメージはあったが最後まで前進をやめず、ついに最終回。

フレージャーの強烈な左フックがタイミング良くアリのアゴを捕らえるとアリがダウン。そのシーンを見て心臓発作で亡くなられた方が数人いたという。幸いアリは立ち上がり、KOは免れた。そのシーンはWBAのH・Pに出ています。

【WBA・ホームページ】

判定は文句なくチャンピオン。しかし、勝ったフレージャーも蓄積されたダメージが大きく病院直行、入院するハメになった。

この試合で世界に名が売れたフレージャー。アリに勝利した事で人気面でも一躍アリに取って代り、ビッグ・マッチの主役に成り得たかというとそうではなく、敗れたアリの人気が逆に上がった。

フレージャー、そもそもはダイエット目的でボクシングを始めた。小さな頃から太りやすい体質でブヨブヨだった。16才にして既に結婚していたフレージャーだが、ダイエットは気になったらしい。(~~)


気になる”お腹”をヘっこませ!(~~)

そしてプロ転向に際してはシンジケート(会社組織)が組まれた。その出資金額は一口250ドル。ファイトマネーの何割かを収入とし、駆け出し時には相応の生活費を支給。

フレージャーのギャラが多くなれば配当金が出るという仕組み。競馬の世界でも一口馬主というのが流行っているらしいが、ボクシングでもアメリカでは良くあるやり方。次回はシンジケート、72年協会分裂等、考えてみたいと思います。

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定


【2100円で海外旅行する方法!】 【日本・ハワイのボクシング交流を実現させたい】

【BOXING MASTER】トップへ


【ハワイ・ボクシング留学カカアコジム】 【世界チャンピオン坂田健史ハワイ・カカアコジム合宿】

【亀田兄弟もやって来た】 【ハワイでアマ試合・スパー大会出場】 【宿泊施設】 【参加者感想】


ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 【2100円で海外旅行する方法!】 ?

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


★あなたのWebサイトでお金を稼ぎ、しかもファンまで作ってしまうノウハウとは、実は、こっそり、私も使っています。【あなたのWebサイトで稼ぎ、あなたのファンをつくる! 「Webノウハウ講座」】

なんと、私のサイトは、正規パートナーサイトですので、このサイトから申し込んで頂くと、10%オフになります!!【 ギフトナンバー「w10641」 】と入力して頂くだけです!!興味のある方は、いますぐクリック!!

★ボクシング&ハワイ サーチエンジン 【ROCKY SEARCH】


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年5月 9日 12:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世紀の一戦!アリVSフレージャーの場合」です。

次のブログ記事は「O・デラホーヤ、タイソンをKO!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02