”ROCKY”デラホーヤVSメイウェザー・解説

| コメント(0)
発売3時間でチケットは売り切れ。ラスベガス・MGMグランドガーデンに集まった観衆は1万6,500人。これ以上入れないので仕方ないが、驚くべきは前日の計量にも7,000人の観衆が集まった。

さすがに世界176ヶ国で放送されるというこの試合の注目度が、いかに大きいかがわかる。

【デラホーヤが史上最高の155億円マッチ(日刊スポーツ)】 

気になる両選手のファイトマネーは、デラホーヤ30億円、メイウェザー12億円の最低保証に、PPVの売り上げパーセンテージがプラスされる。これも凄い金額になるだろう。

これまでデラホーヤのトレーナーを務めていたのは、メイウェザーの父、メイウェザー・シニア。今回はどちらのコーナーにも付いていない。

デラホーヤはシニアに対し、トレーナー料6千万円。試合に勝てばボーナスとしてさらに6千万円。合計1億2千万円で、この試合のトレーナーを要請したらしいが、シニアは倍の2億4千万円を要求。決裂。

結局、フレディ・ローチが付く事になった。ローチは、ドン・チャージン・プロモーターからかわいがられ、多くの世界戦で成果を挙げ名が売れた。次はバーナード・ホプキンスからもトレーナーの要請があるらしい。

そのジムは、2番手、3番手のトレナーがローチの方針を守り、ローチが見れない選手を指導し、報告するシステムになっている。過去、名護明彦選手が試合前1ヶ月ずつ滞在していた事がある。

トップの方針を理解し、次に続く者が勉強しながらそのプランにのっとり選手を指導、育成していく。このシステムの方が、クラブに集まる選手のレベルを上げている。

トレーナでも2番手が向いているタイプの人もいますし、それはその方がその人間も活きる。学習能力があるトレーナーはいいですけど、自分の経験オンリーに徹している方では苦しいですね。

ローチの所ではお兄さんが、弟の能力を認め補佐に徹していた。我見はとかず、トップの方針に沿った指導。ローチ不在でも選手がやってくるのは、そんな所にも原因があるのでしょう。

入場する両選手の表情は硬い。特にデラホーヤは、今までになくナイーブな表情が印象的。メイウェザーにも、余裕は感じられない。

以下、WOWOW観戦しながらの私の試合メモ。

1回、立ち上がりからメイウェザーのジャブは速いが、デラホーヤしっかりブロック。デラホーヤは動きを見極めつつボディ攻撃。

2回、デラホーヤ前に出る。ボディ、顔面と打ち分ける。メイウェザー、足を使わない、ジャブも少ない。

3回、ロープに押し込まれる場面が多いメイウェザー。得意のジャブ、左フック はブロックされる。

4回、ロープ際でデラホーヤ攻勢。メイウェザー、連打が出ない。

5回、メイウェザーようやく前に出るが、デラホーヤに押し返される。しかし、ロープ際で右カウンター1発。この試合初めてデラホーヤの攻撃がおとなしくなる。

6回、デラホーヤのコンビネーションがいい。メイウェザーが打つ瞬間、首をすくめガードを高く上げブロック。得意の高速連打をさせないデラホーヤ。

7回、デラホーヤ、ジャブを使い始める。相変わらずロープに押し込まれる場面が多いメイウェザー。見栄えがよくない。

8回、デラホーヤ、ジャブからのコンビネーションも速い。時折カウンターももらうが、お構い無しに前進して強いプレッシャー。

9回、メイウェザーが先手を取る。パンチはブロックされることが多い。ロープ際、デラホーヤのコンビネーションは速い。

10回、デラホーヤの手数が減る。疲れたのか、休んだのか。はっきりとメイウェザーのラウンド。

11回、前には出るが手が出ないデラホーヤ。スピードも落ちた。メイウェザーには余裕が感じられる。ラウンド終了間際、デラホーヤの長い右ストレートがクリーンヒット。

12回、デラホーヤ全く疲れた。メイウェザーは軽快な動き、しかしラスト40秒あたりからデラホーヤ、意を決したような攻撃を見せる。最後に強烈に盛り上げたデラホーヤ。魅せてくれる。

両選手、笑顔で試合終了。

判定は、115−113デラホーヤ。残る2者は116−112、115−113でメイウェザーの2−1でメイウェザーの判定勝ち。

私は、デラホーヤが勝ったと思いましたが、ちょうど亀田興毅VSランダエダ第1戦と反対の結果になったような感じで、中盤からのメイウェザーのジャブにポイントが流れたのでしょうか。

試合後、メイウェザーは引退宣言。

「もう何も証明するものがない」

一方、笑顔のデラホーヤは、

「私が勝っていたと思う」

「私は齢を取った。彼はまだ若いという事だ」

「試合の分析はする。今後の事はわからない」

非常にさわやかな印象で、最後のリングを降りるロッキー・バルボアを思い出させた。

【ROCKY THE FINAL】

試合前フレディ・ローチは、パワーを盛んに強調。ワナを仕掛けながら、アグレシップに戦い、ボディ攻撃も明言。デラホーヤは作戦通り戦えたと思うし、その作戦は見事だった。

デラホーヤ、メイウェザーが打ってくる瞬間いいブロックを見せていた。あの位置にブロックを持ってこられると、手数の選手はやりにくいですね。

くっついた時はその隙間を縫い、片腕つかまれた時は、もう一方の手で打つ。ロープにつめれば、回転の速いコンビネーション。頭は追わず、ボディは忘れない。

だが、悲しいかな以外に早くスタミナが切れたデラホーヤ。練習では、この試合に備えパートナーを務めたシェーン・モズリーが言う様に、スタミナがあったのだろう。

しかし、これがブランクであり、衰えでしょう。試合のスタミナはまた違います。後半ボディも効いていた様に感じたが、これもブランク。ここ2年8ヶ月で1試合しか戦っていないデラホーヤは、一気に押し捲れなかった事が惜しまれる。

試合を作ったのはデラホーヤ。冷静に巻き返し、頭の良さを見せ付けたメイウェザー。好試合でした。

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定


【2100円で海外旅行する方法!】 【日本・ハワイのボクシング交流を実現させたい】

【BOXING MASTER】トップへ


【ハワイ・ボクシング留学カカアコジム】 【世界チャンピオン坂田健史ハワイ・カカアコジム合宿】

【亀田兄弟もやって来た】 【ハワイでアマ試合・スパー大会出場】 【宿泊施設】 【参加者感想】


ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 【2100円で海外旅行する方法!】 ?

EVERLAST ED509DG 49-0033-505 ピンク

¥3,980
Amazon.co.jp

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


★あなたのWebサイトでお金を稼ぎ、しかもファンまで作ってしまうノウハウとは、実は、こっそり、私も使っています。【あなたのWebサイトで稼ぎ、あなたのファンをつくる! 「Webノウハウ講座」】

なんと、私のサイトは、正規パートナーサイトですので、このサイトから申し込んで頂くと、10%オフになります!!【 ギフトナンバー「w10641」 】と入力して頂くだけです!!興味のある方は、いますぐクリック!!

★ボクシング&ハワイ サーチエンジン 【ROCKY SEARCH】


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年5月 6日 15:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「速報!デラホーヤVSメイウェザー」です。

次のブログ記事は「最低保証30億!デラホーヤ再起へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02