内藤気迫の載冠!大竹先生の目

| コメント(0)
「イーブン以上ならいいな」

4回終了時の採点公開を前にしての大竹マネジャーの言葉である。

39−37で内藤選手リードが2人、38−38が一人。

「オッ、いいねチャンスあるよ」

3回、内藤選手の右で左目上をカットした王者ポンサクレック。

試合は内藤選手のオープニングブローからスタートしたが、王者の狙い済ました右フック一発で、内藤選手の左頬が腫れた。ポンサクレックはカウンター狙い。

しかし今日は空振りが多かったV17王者。内藤選手の作戦も図に当たった。

ポイント・リードを許した王者は、取り返そうと反撃に出る。

「ガード上げろ!」

「下がるな!」

内藤ファンの悲痛な叫けびがホールを飛び交う中盤戦。差が詰まった。

8回終了時の採点は、77−76、77−75、76−76で2者が内藤選手のリード。

9回開始から王者が猛攻。内藤選手、ふら付く。しかし、気迫で持ちこたえ、この回後半は反撃も見せた。絶好のチャンスにタイ応援団も大いに沸いたが、王者は打ちつかれた。だが、ポイントはポンサクレックだと思う。

「これで、イーブン。まだチャンスあるよ」

10回、11回と採点の難しいラウンドが続く。ラウンド前半は王者が出るが、これを凌いだ内藤選手が威力あるブローをタイミングよく打ち返した。

頭入れながらの右が効果的だったこの夜。

ラストラウンド、王者は意地を見せ、内藤選手はタイトル奪取に賭ける執念を見せた。いい試合でした。

試合終了。多くの関係者は、内藤選手が勝ったと見た。

「負けはないよ。怖いのはドローだな」

判定は、116−113が2人、115−113で内藤選手が新チャンピオン。

「良かった。良かった。よく頑張ったよ」

「2度も負けててやるんだから、考えてやるって」

「いいハートしてたよ。気迫があった」

「今日は、観に来ていい試合だった」

「坂田にも励みになるねェ」

試合を振り返り、帰途に就く夜更けの水道橋駅は、内藤選手の勝利に感動した人達がウヨウヨ。(~~)

見知らぬ内藤選手関係者に”おめでとう”をいいつつ階段を上がると、ボクシングライターの長老(失礼!)芦沢記者がいらっしゃった。

この夜のナイスファイトに、大変御満足のご様子。(~~)

「これで、フライ級も面白くなるなァ」(~~)

内藤選手、堂々の勝利でした。おめでとうございました。

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定 ?


【BOXING MASTER】トップへ ??【ハワイでボクシング修行】  【女子ボクサー・ウィラポンな生活】 ?

?

【坂田健史・ハワイ・カカアコジム合宿】 ? 【ウィラポンな生活・Ⅱ】  【ウィラポンな生活・最終日】

【日本はダメでもハワイでデビュー果たした!】  【参加者感想】  【2100円で海外旅行する方法!】

ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 ??? ★ボクシング&ハワイ? 【ROCKY SEARCH】 ?

?無料完全自動化被リンク数増殖システム


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年7月19日 01:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポンサクVS内藤・結果速報!」です。

次のブログ記事は「AC日本が独占!世界フライ級王座の行方?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02