リナレスVSラリオス結果速報!

| コメント(0)
米・ラスベガスで行なわれたWBC世界フェザー級暫定王座決定戦は、ホルへ・リナレス(帝拳)選手が10回TKO勝ちで、オスカル・ラリオス(メキシコ)を降し、初の世界王座獲得を果たしました。

これで24戦全勝15KO勝ちとなったリナレス。今後のスケジュールにも大注目ですね。

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定 ?


【BOXING MASTER】トップへ ??【ハワイでボクシング修行】  【女子ボクサー・ウィラポンな生活】 ?

【坂田健史・ハワイ・カカアコジム合宿】 ? 【ウィラポンな生活・Ⅱ】  【ウィラポンな生活・最終日】

【日本はダメでもハワイでデビュー果たした!】  【参加者感想】  【2100円で海外旅行する方法!】

ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 ??? ★ボクシング&ハワイ? 【ROCKY SEARCH】 ?

?無料完全自動化被リンク数増殖システム

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年7月22日 12:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「亀田大毅・逆挑戦権取り! ファーペッチノイ」です。

次のブログ記事は「無敵王者苦戦の裏側を研究・具志堅用高」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02