ダド・マリノ/偉大な世界王者のパレード!

| コメント(0)
時代は大きく変わった。

昭和も古き時代、メデイァからの厳しい意見に対し当時のJBC菊地弘泰事務局長は、こうお願いしたと言う。

「もっとボクシング界を育てると考える見方は出来ないものかね」



偉大な先人達が苦労して創り上げたプロボクシング界であるが、時代の進行は速く、波に乗ることは大変だ。

菊地事務局長は、将来を憂いてマネジャー制度の推進を全日本パブリックジム・田中敏朗会長に託したという。(田中会長談)

日本に初めてやって来た世界チャンピオン。白井義男選手の挑戦を受けたフライ級王者ダド・マリノ(米)の歓迎振りはご覧の通りである。【世界王者のパレード】

<PR>【ハワイでボクシング修行・カカアコジム】  【2100円で海外旅行する方法!】

凄い時代だった。このパレードにはイトウ先生 も参加されている。まさに時代の生き証人である。

パンナムのバックに日本のお札つめるだけ詰め込んで、二つも三つも持ち歩いたんだそうだ。

「重かったね」(~~)

「銀座にビル買う話、あったのよ。買っておけば良かったね」(~~)

「でもその時、外人買われないのよ」(~~)

昭和51年(1976年)10月は、9日、10日と2日続けて世界チャンピオンが誕生した。



9日は、ロイヤル小林(国際)選手がWBC世界Sバンタム級王座を獲得した。僅か46日後には初防衛戦を韓国で行なわなければならなかったが、地元熊本で盛大なパレードを行なっている。

後援会会員は500人を超える勢いであるという。

小林選手を育て上げた高橋美徳会長は、三迫ジム所属で東洋ウェルター級のチャンピオンだった。



惜しくも世界王座には届かなかったが、東洋王座を獲得した昭和38年(1963年)、地元青森でパレード。

10日は、具志堅用高(協栄)選手がWBA世界Lフライ級王座を獲得。プロ9戦目での快挙だった。そして沖縄でパレード。



右隣は、同じ日のリングで日本フェザー級タイトルを失った先輩・フリッパー上原選手。具志堅選手の面倒をよく見たという。

フリッパー選手、日本王座は奪回したものの2度に渡る世界タイトル挑戦には失敗。引退した。

しかし、兄・康恒選手は虎視眈々と具志堅選手の後姿を追いかけ、昭和55年(1980年)8月、米デトロイトでWBA世界Sフェザー級王者サムエル・セラノをノックアウト。



そして後輩・具志堅選手を引き連れ、念願のパレード実現。

ボクシングのチャンピオンが銀座のど真ん中でパレードやれる時代。もう一度、やって来ないものでしょうかねェ。歴史は繰り返す!

”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定 ?


【BOXING MASTER・最新記事一覧】 ???

兄弟ブログ!【BOXING MASTERの”ハワイ情報”】


ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える!

アマ試合、スパー大会出場もOK。1日2500円でロコ生活満喫のボクシング三昧!
【坂田健史・ハワイ・カカアコジム合宿】 【女子ボクサー・ウィラポンな生活】 ? 【ウィラポンな生活・Ⅱ】 ?

期日は未定ですが、V2戦に挑むWBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手恒例のハワイキャンプに合わせて、合宿希望者を募集します。朝は坂田選手と一緒のコースに押しかけ参加予定。(~~)

午後はジムワークでイトウ先生が最高のアドバイスをしてくれます。ハワイで世界を体感するトレーニングしてみませんか?

TVで放映!!売れ切れ必死!
世界が注目する食欲抑制の新ダイエット素材【フーディア】    ?????????????

?【フーディアプロミス】3個以上で送料無料!!


無料完全自動化被リンク数増殖システム

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年9月 3日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新井田V6!青コーナー下にはドン・キング」です。

次のブログ記事は「バスケス再起戦・坂田挑戦者候補?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02