イーグル落城・オーレードン初防衛は日本で

| コメント(0)

WBCミニマム級王者イーグル・デーン・ジュンラバン(角海老宝石)選手が、故郷タイでタイトルを手放した。

敗れたイーグル選手は、スピードに付いていけなかったと潔いが、納得いかない部分もあろう。

新王者オーレードン・グラティンデーンジムは、まだ22才。オマール・ソト(プエルトリコ)を迎えての、地元でのタイトル挑戦者決定戦でも、その判定にプエルトリコ側は大いに怒った。

新王者の防衛戦は日本でと報道されている。



イーグル、判定負け=5度目の防衛に失敗−wbcミニマム級(時事通信)

日本人挑戦者候補は数少ない。

ブログランキング

★adidasサウナスーツ50%OFF!!  ★女子ボクサーのハワイ・カカアコジム日記


どこまでホントなのか、タイ陣営。初防衛、日本に来るならイーグル選手、日本でやらせてあげたかったですね。ビジネスは難しい。

「タイはやっぱり違うなァ」

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→ 未設定

【TOP】 【BOXING MASTER 総合目次】 【最新記事一覧】

ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年11月30日 01:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WBA王者坂田vsWBC王者内藤・パートⅠ検証」です。

次のブログ記事は「大場政夫vs花形 進 ・いきなりハプニング!・フライ級の歴史Ⅷ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02