日本人初の世界王者・白井義男・生誕85周年

| コメント(0)
今日、11月23日は日本人初の世界チャンピオン白井義男氏の生誕の日である。大正11年(1922年)生まれのザ・チャンピオンは、生誕85周年を迎えた。



写真は世界王者ダド・マリノ(米)選手と対戦時の計量風景。歴史を作った人たちの顔が見えます。

今はない後楽園球場。

ここで日本人初の世界チャンピオンは生まれた。



戦後日本のボクシングの歴史を作り上げた白井選手。自身を見い出してくれ、厳しい指導で世界王者に導いてくれたカーン博士を終生尊敬し、家族の心を持って最後まで接した事は、師弟関係の見本であると思う。



ブログランキング

★adidasサウナスーツ50%OFF!!  ★女子ボクサーのハワイ・カカアコジム日記


日本初めての世界タイトルマッチを戦い終え、健闘を称えあう両雄。いい笑顔ですね。

これぞボクシングの原点であろう。

このリングに立っておられたスタンレー・イトウ先生は、今も大変お元気です。

協栄グループ。先代金平正紀会長の下、ジム設立当初からトレーナーとして海老原博幸選手を支え、協栄ジム発展に寄与されて来た山神ジム会長・山神淳一氏は、只今ハワイ訪問中です。

男同士の戦いが作って来た、歴史と伝統。これは本物だ。決して作られるものではないだろう。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→ 未設定

【TOP】 【BOXING MASTER 総合目次】 【最新記事一覧】

ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】



コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年11月23日 01:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昭和のファイター・大場政夫・チャンピオンロードⅥ」です。

次のブログ記事は「11月度最新日本ランキング・素朴な疑問点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02