昭和のファイター・海老原から大場政夫へ・フライ級の歴史Ⅳ

| コメント(0)
1968年10月、王者アカバリョのタイトル返上により、空位になったWBA世界フライ級王座。12月発表のランキングを見渡す。

1位チャチャイ・チオノイ(タイ)=WBC王者、2位ホセ・セベリノ(ブラジル)、3位海老原博幸(協栄)、4位ラトン・モジカ(ニカラグア)、5位アラクラン・トーレス(メキシコ)、6位バーナベ・ビラカンポ(比)、7位中村 剛 (新和)と続く。

WBAは、セベリノvs海老原、モジカvs中村の2試合を承認し、勝者同士が王座決定戦を行なうと発表。しかし、スケジュールは二転三転、ここにビラカンポを擁するロッペ・サリエル氏が参入し、大混乱。

プロモーター同士が水面下で様々な工作を進め、WBAもハッキリしない。結局JBCが提案した、「セベリノvs海老原で決定戦を行い。勝者が1位の挑戦を受ける」という事でWBAの承認を取り付けた。

セベリノvs海老原戦は69年3月30日札幌で行なわれるが、この試合が正式に決まったのは2月22日、国際電話での交渉であった。ブラジル行きを覚悟していた金平会長であるが、敏腕発揮、日本へ持って来ることが出来た。

後輩、西城正三選手の世界フェザー級王座奪取に刺激を受けるかのように、周囲の引退説を振り切りカムバックした海老原選手。セベリノ戦では右手の故障に加え、9回、頼みの左も激痛におそわれた。

「エビちゃん、新宿まで走ってよ!」



森田 健 氏が、初めて世界タイトルマッチのレフェリーを務めたこの試合で、海老原選手は涙の王座返り咲きを果たす。

初防衛戦は約束通りビラカンポが相手。大阪帝拳ジム・吉井会長の手によりプロモートされたこの試合。海老原選手のファイトマネーは推定7万ドル(2520万円)。挑戦者は1万ドル(360万円)。

大阪で行なわれる3度目の世界戦は、大人気。1万円のリングサイド席から売れていったという。金平桂一郎会長の幼い日の記憶に、この試合場があると言う。

海老原選手有利と見られていたが、公開スパーで左首から、肩、肘を痛めていたチャンピオンは、壮絶なラストファイトを演じる。

「タオルだけは絶対入れないで!」



1969年10月19日。10年に渡るリングキャリアに終止符を打った海老原選手。この苦難の10年間が協栄ジムの歴史を作った。

新チャンピオン、バーナベ・ビラカンポは、スッポンと言われたしつこいファイター。負け数も多い。ビラカンポの世界王座獲得第1戦の相手に選ばれたのが大場政夫(帝拳)選手である。

12月14日、大場選手はノンタイトル戦とはいえ世界王者に完勝する。日本、東洋の王者も破っている。こうなれば、残るは世界タイトル挑戦しかない。

1970年4月5日、タイに渡り初防衛戦に挑んだビラカンポは、1年前にも負けているベルクレック・チャルバンチャィに敗れ、あっさり王座陥落。ムエタイ上がりの無敗チャンピオンが誕生した。


後年、日本でキックのリングにも上がったベルクレック。オオッ、レフェリーはサラサス氏。若い。(~~)

ブログランキング

★adidasサウナスーツ50%OFF!!  ★女子ボクサーのハワイ・カカアコジム日記


3ヵ月後、マニラへ飛んだ無敗王者は、ノンタイトル戦で地元のエルビト・サラバリアに初黒星を喫する。ロッペ・サリエル氏はやり手である。サラバリアはこの試合の後、WBC王座を獲得している。

ベルクレックの初防衛戦には、大場政夫選手が指名された。いよいよ大場時代が幕を開ける。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→ 未設定

【TOP】 【BOXING MASTER 総合目次】 【最新記事一覧】

ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】



コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年11月20日 12:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昭和のファイター・世界フライ級王座の歴史Ⅲ」です。

次のブログ記事は「女子プロボクシング認可・怖いのは・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02