WBA世界フライ級戦速報!

| コメント(0)
WBA世界フライ級タイトルマッチは、チャンピオン坂田健史選手が引き分けで防衛。V2に成功。

1ラウンドのダウンを跳ね返したが、最終回挑戦者の減点に救われた感じの採点となった。

ダウンは1ラウンド終盤、タイミング。右だった。ダメージは無し。中盤以降、疲れた挑戦者を攻め、負けはないと思ったが引き分けでも防衛、よかった。只今ホールへ移動中。

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2007年11月 4日 15:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いざ決戦!金平会長へ誕生プレゼント」です。

次のブログ記事は「坂田VSデンカオセーン・いち早く採点表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02