2008年4月アーカイブ

内藤大助・V3は日本王者清水智信

| コメント(0)
WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助(宮田)選手の3度目の防衛戦は、日本フライ級の新王者・清水智信(金子)選手になる模様で、連休明けにも本決まりとデイリースポーツ紙が報じている。

清水 内藤KOして“福井元気宣言”だ(デイリースポーツ)

WBA3位、WBC22位にランクされていた吉田健司(笹崎)選手に勝ち、初のベルトを手に入れた清水選手。吉田選手の変則突進ボクシングには2連勝。アマ経験豊富なテクニックを見せてくれた。

あの試合。見た目は激しい突進を繰り返す吉田選手が押しているようにも見えた。現にフジTV解説・CSスタジオの3人の元世界王者は、吉田選手の突進を評価し、際どい勝負と解説していた。

しかし、ジャッジの採点は2、3、5ポイントの差で清水選手を支持。右アッパー等、吉田選手に見栄えの良いヒットもあったが、アウトサイドはオープンも多く、頭の印象も良くない。インサイドから正確なブローを小さく当てていた清水選手が、各ラウンド押さえた形となった。

1年前、タイでポンサクレックの王座に挑み7回TKO負け。貴重な経験と確かな手応えを掴んだような清水選手。清水選手の挑戦を退けた次の試合で王座陥落したポンサクレック。

載冠戦。内藤選手は、技術、スタミナもさることながら、とびっきりのハートを見せた。先のV2戦でもしかりである。プロ12年目を迎えた内藤選手は、ポンサクレック意外には負けていない。そのポンサクレックにも借りを返し、パーフェクトレコードである。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

プロ転向5年目を迎えている清水選手。内藤戦実現であれば、清水選手もまた、とびっきりのハートを見せねば、その技術を存分に発揮する事は難しい。

ここ一番での勇気が勝負を分ける世界戦。その場で考えている暇はない。

苦労人王者vsエリート挑戦者。正式発表が待たれます。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



金平会長は亀田兄弟の移籍を容認する模様ですね。何とかその道が見つかってくれれば良いと思います。

協栄・金平会長が亀田兄弟移籍容認(スポーツニッポン)
金平会長が亀田兄弟と早期の契約解除へ(日刊スポーツ)

亀田兄弟移籍。WBA世界フライ級王者坂田健史&大竹マネジャーのコンビを補助する私にとって、亀田興毅選手は将来の挑戦者候補の一人になる。

坂田vs亀田。これまでたくさんスパーもやり、”兄弟子ボコボコ”とか、よく書かれました。(~~)

人間が良い坂田選手は、記者さん達の誘導尋問にも真面目に答えた。「人間不信になっちゃいますよ」(~~)と言っても、それほど気にせず己の道を歩いて来ているチャンプ。

「強くて、いい選手だと思います」

ファン・ランダエダ(ベネズエラ)とのWBA世界Lフライ級王座決定戦。第1ラウンドも終わろうかという時、興毅選手は痛烈なダウンを喫する。このアクシデントを乗り越え、世界王座を獲得したこの試合では、大竹マネジャーもセコンドを務めている。

05年6月20日、協栄ジム移籍第1戦の相手は元世界王者サマン・ソーチャトロン。これは大竹マネジャーのアイディア。興毅vsサマン戦。ワールド誌の予想は6−4でサマンでしたね。(~~)



続く8月21日には、OPBFフライ級の新王者ワンミンチョークへの挑戦をまとめた。日本フライ級9位でしかなかった興毅選手であったが、日本リングで2KO負けの記録がある新王者を組み易しとみての早業であった。

「俺はこういうの早いよ。悪いけど」(~~)

思惑通りの噛み合わせとなったタイトル初挑戦は、亀田選手が試合開始から圧倒。3回TKOで初のタイトルを獲得。



「ありがとうございました」

試合後、ほどなくして見かけた興毅選手はウェートも増やしておらず、なかなかの好青年と感心したものです。

そして11月、元ミニマム級王者ノエル・アランブレッドを破るに至り、亀田興毅選手は一気にスターダムにのし上がった。

06年8月2日、ランダエダとの初の世界戦を前に、大竹マネジャーにセコンドの要請が来た。先のOPBFタイトル戦でもあったが、「私には坂田がいますから」と辞退している。

しかし、今度は史郎氏のたっての希望だという。これは珍しいらしい。協栄ジムの為、世界戦のセコンドを引き受けた大竹マネジャー。1ラウンドのダウンから、試合終了まで亀田親子とコーナーで過ごした経験は、今となっては貴重である。



「亀田の勝ちはあるよ」

「だけど、もめるでしょうねェ〜」

横浜アリーナの大騒ぎをよそに、東京への帰路を急ぐ。試合のポイントを冷静に確認しあったものでした。(~~)

週刊ポスト誌の、”亀田史郎ぶちまけ90分”での発言が興味深い。対戦相手は子供らが選び、自分は相談に乗るだけだと言う。

ランダエダとの再戦はよくやったと思う。あの試合は逃れられないものであった。その後の対戦相手を見ていると、興毅選手の心中も少しは見えてくる。

「あの発言ほんとだったら、案外、・・・・」(~~)

「そうだよなァ〜」(~~)

最近では一番笑いましたねェ。(~~)

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

三男和毅君とのスパーは、TBS生中継だった。

「向こうから言ってきたんだから遠慮するな。ガンガン打ってやれ」

素直な坂田選手はそのまま実行し、しっかり打った。

「大竹さんもえげつないわ〜」(~~)

史郎氏と大竹マネジャーも、見えぬ所で激しい火花を散らしている。見ててオモロかった。(~~)

王者・坂田vs1位・興毅。昨年のデンカオセーン戦が指名扱いになってるというまことしやかな噂も聞いているが、わかりません。デンカオセーンvs興毅選手で指名挑戦者決定戦。これもいいですねェ。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



亀田興毅選手との2試合ですっかり名を売ったファン・ランダエダ(ベネズエラ)。現在もWBA世界Lフライ級4位にランクされているベテランは、不敗の新鋭アドリアン・エルナンデス(メキシコ)と対戦する模様。

試合は6月7日ベネズエラ・マラカイで予定されている。この日のメインは、オーバーウェートの元フライ級王者ロレンソ・パーラのWBA世界Sバンタム級王座挑戦。

パーラの挑戦に付いては、「クレージーね」と見る向きもあるが、長身王者カバジェロにどんな戦いを挑むのだろうか。何かはやってほしいが・・・。

さて、ランダエダ。亀田興毅選手に連敗の後、パナマ遠征。無名のエドウィン・ディアスに敗れ3連敗となったが、1ヶ月後の再戦ではきっちりと2回TKO勝ち。何とか面目を保った。

07年7月以降開店休業状態のランダエダ。今月メキシコ遠征のスケジュールもあったが実現せず、地元にメキシカン・ホープを呼び寄せる事になった。



昨年、2度日本のリングにも上がったエルナンデス。マネジャーは元WBC世界バンタム級王者ルペ・ピントール。上写真は28年前、村田英次郎選手の挑戦を受ける為来日した王者と私。協栄ジムで調整していた。私も変わったが、元王者はそれ以上ですね。(~~)



今年2月、ロデル・マヨールを4回でノックアウト。3月には北米タイトルを獲得し、現在のランキングはWBA世界Lフライ級14位。WBCでは6位。13勝11KO無敗のエルナンデスはまさに上り調子。

ランダエダ。これまで6つの黒星を数えるが、地元での敗戦は同胞ノエル・アランブレッドに敗れた一つのみ。地元で頑張れるかランダエダ。日本人ホープとの対戦も期待したい。

この日は他にも二人のメキシカンが出場するが、どちらも不敗の新鋭である。これはたくましい。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

そして、ジョー小泉氏のサポートを受けるOPBFライト級王者ランディ・スイコ(比)も登場。WBAライト級14位、WBC12位のフェルナンド・アングロ(エクアドル)と対戦する。世界挑戦経験者同士の一戦は、世界へ生き残りを賭けた戦いとなる。

WBA世界フェザー級王者クリス・ジョンに敗れたばかりの、4位ロイネ・カバイェロ(パナマ)もこの夜再起戦。9勝全KO2敗の新鋭に胸を貸すが、驚くべきはその3週間後、地元パナマで宮田芳憲(角海老宝石)選手と対戦予定がある。恐るべき自信。6月7日ベネズエラ。日本のファンも気になりますね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


一夜明け。協栄ジムと亀田家の契約問題は、来週にも結論が出そうな感じであるが、一体、ど〜なってしまうのか。スポーツ紙各社の論調は、バラバラ。亀田家に近いデイリースポーツ紙は、亀田家寄りといった所でしょうか。

【亀田兄弟 契約打ち切り…引退は回避?(デイリースポーツ)】
【興毅引退か 協栄と決別…亀田ジム独立へ(中日スポーツ)】
【亀田兄弟が協栄ジムと離別、法廷闘争も(日刊スポーツ)】

さて、WBA世界フライ級1位にある亀田興毅選手。協栄ジムから離れるとなると、WBA王者坂田健史選手との、”同門対決ノー”が消え、対戦の可能性も出てくる。

1年に1度指名試合の義務がある世界チャンピオン。07年7月1日。坂田健史選手の初防衛戦は暫定王者ロベルト・バスケス(パナマ)との王座統一戦。これはWBAの指名試合として行われた。



2度目の防衛戦は、11月4日2位デンカーセーン相手。そして3度目が3月29日の山口真吾(渡嘉敷)選手。次の指名試合期限は7月1日である。亀田興毅選手が同門であるならば、2位デンカオセーンが指名戦の相手と考えていた。

同門が外れたら。

正確にどうなっているのかはわからないが、亀田興毅選手は1位ではあるが指名試合出場権は持っていないという話がある。指名挑戦権を得る為に、WBAが認める上位の選手と対戦しなければならないケースは多々ある。

前々回発表のWBAランキングでは、5つのクラスで1位は空位であった。その中でSフライ級は、再起戦に勝利した前王者名城信男(六島)選手。Sバンタム級は、タイの元世界王者対決。2位vs3位の戦いに勝ったポーンサワットがそれぞれ1位になった。

「別にどっちだっていいよ」(~~)

大竹マネジャーはそっけない。

王者坂田選手と戦ったロレンソ・パーラは、Sバンタム級で6月WBA王座挑戦が決定。ロベルト・バスケスは3階級制覇を目指しSフライ級に転じた。再三対戦が噂されたブライム・アスルム(仏)は、Lフライ級へ転じ王者となった。




昨年12月WBA世界Lフライ級の王座に就いたアスルム。初防衛戦は指名戦のはずだが、なかなかビジネスがまとまらないようだ。1位ジョバンニ・セグラ(メキシコ)は世界レベル相手に連勝を続け19勝(15KO)。現在2連続1ラウンドKO勝ちと波に乗っている。

ウェートはきついであろうアスルム。返上して2階級制覇を目指すなんて事もありえるんではないかと勝手に想像したりもする。

「大歓迎」(~~)

大竹マネジャーはちっとも動ずる気配はない。

アスルムとパーラは世界王座を掛けて戦った。が、本来仲が良い。06年も秋が深まった頃、坂田選手は12月パリでアスルムと王座決定戦でほぼ決まりと言われていた。

だが、なかなか正式決定に至らない。どうしたんだと事情通に聞くと・・・。

「パーラがアスルムに言ったらしいですよ、坂田はやめといた方がいいって」

当初坂田選手と対戦が予定されていたアスルムは、試合地がパリであるにもかかわらず降りた。(~~)

「アカリーはやらせたいけど、本人がイヤだって言ってるらしい」

フランスの王子様はわがままそうだった。(~~)



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

「坂田の強さはやったモンじゃなきゃわからないよ」(~~)

「パーラもいい事言うねェ」(~~)

大笑いしたものであるが、妙に納得もした。

久高寛之(グリーンツダ)選手が3位に上がることが予想されるWBAランキング。

「久高でもいいよ」(~~)

大竹マネジャーは簡単に言うのでありました。しかし、そのトレーニングは、さらなる高みを目指し、研鑽されている。挑戦者群の研究も怠り無しです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



デイリースポーツ紙によると、協栄ジムと亀田家が決別するらしい。

【亀田兄弟引退危機!協栄ジムと決別へ(デイリースポーツ)】

詳しい事はわかりませんが、金平会長は選手にはチャンスを上げたかったはずです。しかし、史郎氏率いる亀田プロモーションとは接点が見つからなかったようですね。続報が気になります。

さて、21日再起戦で上石 剛 選手に痛烈なKO負けを喫した牛若丸あきべぇ選手が早くも練習再開。これはいい事です。アッ、白石選手は試合翌日からジムへ来ています。デビュー以来の記録をまたまた更新です。(~~)

「ヤノフスキーなんかいつも翌日からだよ」



金メダリストであり、リック吉村(石川)選手を子ども扱いし日本タイトルを奪って見せたスラフ・ヤノフスキー(協栄)選手。

「胃袋は毎日動いているんだから。食事も毎日するしね」

坂田健史選手は既に12回のミット打ちの毎日。テーマを持ってやってます。

自身の中に過信もあったろう、あきべぇ選手。上石選手のスタイルは、行けば崩せそうに思えるが、そこで応戦、踏みとどまっての乱打戦は得意だ。外国人選手のようにすぐに寝る気持は持ち合わせていない。

打ち終わり、明らかに気を抜いた場面が見られたし、振りも大きい。何度も見直したであろう自らの痛烈なノックアウトシーンをジッと見つめていました。

「本人が気が付けば大丈夫よ」

「作戦通りだったね大山先生」(~~)

「もう、いじめないでくださいよ〜」(~~)

今後、日本人対戦者は十分研究し、自信をもって挑んでくるのは間違いない。なにが大切なのかを、掴んでほしいあきべぇ選手。今は心を磨いてほしい。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想



83年5月。WBC世界Sライト級王座に就いたブルース・カリー(米)。若手相手に連敗も経験し、トミー・ハーンズには3回で倒され、連敗中の相手にもKOされた。そんな7つの黒星をこやしにしての栄光だった。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



「秋田君しかおらんのですよ」

比国人しては珍しいガチャガチャスタイルのOPBFフライ級王者メルビン・マグラモ。チョッとみは、ドリフのいかりやさんに似ている。(~~)

挑戦者・中野 博 選手は、畑中会長に引率され協栄ジムにやって来た。秋田選手とスパーリングする為、東京で一人ホテル暮らしをしたOPBF挑戦者。これは光栄であった。



「坂田、中野君とやってもいいですよ会長」(~~)

「もうちょと早かったらうれしかったなァ」(~~)

「もうとっくにやめとりますよ」(~~)

「それは知らなかったなァ。待ちますよ会長、今電話してみてよ」(~~)

大竹マネジャーと畑中会長のやり取りは、いつもこんなものであります。(~~)

スタイリッシュなサウスポー中野選手とのスパーは貴重な体験となった秋田選手。もう一人、助かったパートナーが当時大学生だった翁長吾央(大橋)選手。とにかく接近してからの小さな左ボデイアッパーを磨いた。

うだるような暑さの中でのスパーリング。ある日、この小さな左ボディで翁長選手がマットにひざを落とした。これは自信になりましたねェ。あれから来なくなっちゃったかなァ、翁長選手。(~~)

11月7日午後の興行は両国国技館。天才と言われたサウスポー名護明彦選手が世界初挑戦。

名護選手とのスパーでは、その迫力に観ただけで固まっちまい、どうする事も出来なかった秋田選手。マジでビビッてました。(~~)



しかし、雑草派のチャンピオン戸高秀樹選手は、ハートの差でエリート挑戦者を撃退した。坂田選手の先輩・早川広将選手がこの興行に出場予定であったが、予備カードはなくなった。

国技館から後楽園ホールへ移動。関係者、ファンも含めハシゴ組も多い。8回戦二組と、セミの10回戦が全て2回KOで終わり、いよいよメインの日本フライ級タイトルマッチ。

青コーナー控室で秋田選手に紹介されたのが、店の先輩だという丸内さん。

「元ボクサーだって言ってましたけど」

見た瞬間は全くわからなかったが、元ボクサーで丸内と来れば知っているのは丸内徳男という名前。大阪帝拳ジム所属のSフェザー級全日本新人王(昭和53年度)は、その将来を大いに期待された大器であった。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

東高西低のこの時代。19才、5戦目の丸内選手は12戦目の左フッカー江国一彰(ヨネクラ)選手を破り最優秀新人王を獲得。戦法はワン・ツー・ストレートのみ。この試合、観たなァ。(~~)

選手入場。真っ暗な場内、青コーナー下に丸内さんは陣取った。畑中会長の顔も見える。さあ、いよいよだ。  − 続 く −

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


98年12月21日。日本フライ級5位川上勝幸(トクホン真闘)選手との激戦を制した秋田勝弘(協栄)選手は、1月元旦から初めての海外旅行ハワイへ旅立った。

ビデオカメラを首に巻きつけた”おのぼりさん”スタイルで、いきなり空港に現れたのにはビックリさせられたものである。北海道出身の秋田選手。「優勝してハワイへ行こう」を目標に98年を戦い、念願の賞金50万円を手にしていた。



僅か5泊のハワイ滞在であったが、すっかりハワイのとりこになった秋田選手。引退後はハワイで暮らす事を決意する。そんな秋田選手に大竹マネジャーが・・・。

「イトウ先生に聞いてやるから、仕事はドールのパイナップル畑と、サトウキビ畑と、どっちがいい?」(~~)

「ド、ドール」

秋田選手は真剣に答えたものでした。ハワイ暮らしの夢を実現させる第1歩として米本土サンディエゴに渡った秋田選手。いまだハワイへは渡れず、サンディエゴ生活。ハワイへの道は長い。そう彼のタイトル挑戦の道と同じく。



川上選手に代わり日本ランキング5位に上昇した秋田選手。日本王者セレス小林(国際)選手は、3月6日強敵石原英康(松田)選手の挑戦を7回TKOで降す。

「プロ3戦目の選手には負けられない」

この勝利を見届けると大竹マネジャーは言った。

「秋田、絶対声掛かるからそのつもりで練習しとけよ」

時を同じくして、秋田選手は空位のOPBFフライ級タイトル決定戦への出場が決まる。上位の選手が出場を辞退したためであるが、これは試合地がフィリピン・ミンドロ島であった事が大きい。

1位は地元のメルビン・マグラモ。96年には、デンカオセーンのデビュー戦の相手を務めている。

そして大竹マネジャーの予言通りに協栄ジムの電話が鳴る。

「やっぱり来たよ。高橋会長から。」(~~)

「OPBFの後でもいいってさ。待ってくれるって」(~~)

王者が挑戦者を待つなどおかしな話だが、まァ、裏を返せばそれだけの安全パイという事である。

「いいですよ。次、やらせますから。ありがとうございます」(~~)



セレス小林選手は2度目の防衛戦の相手に、パッキアオと戦った寺尾 新 (八王子中屋)選手を選んだ。

パッキアオの世界王座奪取で返上となったOPBFフライ級王座決定戦。

”スリラ・イン・ミンドロ”と銘打たれた試合は、地元のボクシング一族マグラモの為のものである。穴ぼこのあるリング。日本人は選手とセコンド、ジャッジの一人だけ。食事環境もひどいものである。

日の丸の鉢巻を締め勇躍リングに上がった秋田選手は、簡単に寝ようなんて思っていない。マグラモもガチャガチャの変則タイプ。試合開始から酒場の殴り合いの様相を呈した試合は、10回TKOでマグラモの手が上がった。

これは倒れたわけではないが、唐突にレフェリーにストップされたもの。成田に付いた航空機機内にパスポートを忘れるというオマケ付きで帰国した秋田選手。アァ、出発時間にも大きく遅れていたのでありました。

「アイツと二人で海外なんて行けないよ」(~~)

そんな秋田選手であるが、すぐに元気よく練習再開。OPBFタイトル挑戦はオマケみたいなもので、本命は日本タイトル挑戦。7月3日小林選手は、寺尾選手を9回TKOに降し2度目の防衛に成功。

早々と秋田選手の日本王座挑戦は、11月7日と内定した。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

サウスポー対策一本に絞った練習。スパーリング・パートナーは、当時大学生だった翁長吾央(大橋)選手と、地元名古屋でのマグラモ挑戦が決まっていた中野 博 (畑中)選手が東京合宿。

「秋田君しかおらんのですよ」

畑中会長の行動も思い切りがいい。その想いは選手に通じる。

打倒セレス作戦がスタートした。時間はたっぷりあった。 − 続 く −

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


牛若丸あきべぇ(協栄)選手はジャブを使いつつも打撃戦を挑み、上石 剛 (コーエイ小田原)選手に1回TKO負け。湯場戦に続き2戦連続の1ラウンドKO負けで2連敗となった。

先制のダウンを奪うも僅か90秒で散った湯場戦。あえて再起戦にサウスポーを選んだのは湯場選手へのリベンジを想定しての事だと思われるが、上石選手はそう甘い選手ではない。まして、速戦即決は・・・。

大山トレーナーは、速戦即決は考えずじっくりボクシングの作戦だったようだが、当たるばかりに、またしても先を急いでしまった感がある。好漢あきべぇ選手には、満を持して改めての再起を期待したい。

柴田国明(ヨネクラ)選手からタイトルを強奪し、長期政権を築いた元WBC世界Sフェザー級王者アルフレッド・エスカレラ(プエルトリコ)。全く無名のメモ・クルスに敗れ、3連続KO負け中のマリオ・ローマンには2回で倒された。僅か2ヶ月で二つの黒星。


写真はローマンに倒されるエスカレラ。

しかし、世界の王座を奪ったのは僅かその半年後である。柴田選手も油断したんでしょうかねェ。(~~)

輪島功一(三迫)選手を15回KO。病院送りにしタイトルをアメリカへ持ち帰ったオスカー・ショットガン・アルバラードも、王座に就く1年前僅か57秒でKO負けという記録がある。

まだやれる。問題はやり方でしょう。厳しい練習で鍛えて行くしかないですね。



同じプログラムで2連敗を脱出したのが白石豊土選手。今回はバンタム級からSフライ級へ下げての試合。ハヤブサ神谷(ピューマ渡久地)選手はアマ経験も豊富で今日がプロ9戦目。前戦はベテランのメキシカンと戦い星を落としているだけに気合が入っていた。

「わかってるんだろうな。心を鬼にして行け」

白石選手も後がないだけに気合の入った練習をこなして来た。後は試合でやるだけだ。(~~)



白石選手が右アッパー、ボディと好打するが、神谷選手も気持で譲らない。必ず反撃してくる。

「相手の方が気持で勝ってるぞ」

チャンスもあったが、その度に空振りをくりかえす。アチャーである。本人曰く、「狙ってました」

「お前、トランクスだけ坂田か。あそこ(放送席)で観てるんだから、しっかりやって来いよ」



幸い勝利する事は出来たが、大竹マネジャーからは、「なんだあれは。もうちょっとなんとかしてくれよ」とキツイお達し。まだまだ、やるべき事がたくさんある白石選手でした。とにかく連敗脱出で、ホッ。例によってすぐに練習来るでしょう。(~~)

4回戦。協栄札幌赤坂ジム畠山会長代行が川瀬広倫選手を連れて北海道からやって来ている。ジャパンSマネジャーのライセンスを持つ私がお手伝いした。

06年5月のデビュー以来ここまで2敗1分の川瀬選手。いつもコメントを下さる館長さんの道場出身である。対する中田敏夫(協栄)選手は、デビュー戦ながらもアマ20戦の戦歴を誇る。

中田選手も悪くなかったが、この日は川瀬選手の気合が上回り、試合で練習の成果を見せた。3回負傷判定は川瀬選手のフルマークで、連敗脱出うれしい初勝利。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

どっかで見てたなァと思ったら、デビュー戦は協栄ジムの小沼直也選手と戦っていた。有明のリング。頑張る子だなとの印象が残っている。

その後、横浜アリーナ、有明で澤井 祐 (シャイアン山本)選手と連戦。昨夜がホール初登場だった訳です。過去敗れた二人の選手は、小沼選手4勝、澤井選手3勝と気を吐いている。

川瀬選手もまだ21才。山口真吾(渡嘉敷)選手だってデビュー2連敗から世界挑戦者となった。これからだ。中田選手も初勝利に向って頑張って下さい。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


後楽園ホールで行われた牛若丸あきべぇ選手の再起戦は、サウスポーの強打者上石 剛 選手が相手。試合開始早々からの打撃戦は、上石選手が1回2分41秒TKO勝ちした。


ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想


セミのサーシャVS本田戦は、サーシャ選手が7回1分13秒左フックでダウンを奪い、タオル投入のKO勝ち。

白石豊土VSハヤブサ神谷戦は、白石選手が3ー0判定勝ちで連敗脱出。


毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



坂田vs山口戦。3ラウンド開始早々に放った山口選手の右クロスは、これまでの選手生活中のベストショットではなかったかと思う。肩のスナップまで入っていたらやばかった。(~~)

ハンドスピード重視。タイミングで早く当てる事を考えたブローを放つには、体の柔軟性も必要だが、それなりの犠牲も伴う。山口選手、前回戦ったデンカオセーン共に同じタイミングの右で坂田選手からダウンを奪ったが、二人には共通していた事がある。

その右手の人差し指、中指の第2関節には、しっかりとした大きなタコが出来上がっていた。ここにタコが出来ている選手は、ハンドスピードはあってもその分パンチの威力はない。

スピードがあってハデに当たる分、一般的にはスゲェ〜って感じなんでしょうが、いわゆるオープン握り、拳砕けなので第2関節にタコが出来る訳です。

ボクシングやり始めの練習生で、一生懸命の子に多いですね。渡嘉敷勝男選手もそうでした。(~~)

現代のスピードボクシングでは、オープンブローも紙一重だと思います。実際、それをとがめて注意する間もなく、コンビネーションを打ち込んでくるのが現代流。

デンカオセーンも山口選手も、派手なクロスを打つ割りには、決してスラッガーではありません。しっかりと握るまでの時間よりも早く当てられる訳ですが・・・。

世界戦のバンテージチェック。選手の精神的なコンデション、セコンドの力量、どいつが本物なのか?それは何人いるのか?

「あいつら素人ばっかりですよ」(~~)

その昔、自らバンテージチェックに立ち会っていた先代会長はよく見抜いていた。



パリでのバスケス戦。バスケスのバンテージを巻いた老トレーナーは、イラリオ・サパタ(パナマ)を擁して日本のリングで戦ったと自慢げに威嚇する。

「お前知ってるか?」

ハッキリとそう挑発して来た。

「中島、友利、穂積。岐阜、金沢・・・」

「OK!」

短く鋭い返事が来たが、コイツやるなと思ったものである。いい手つきで仕事をこなしていた。

一番最初にバンテージチェックに行く機会に恵まれたのは、渡嘉敷勝男選手が世界タイトル初挑戦した時。先代会長から一言言われた。

「何にもしゃべらなくていいから、ジッと相手の顔をにらみつけておけ」

ニヤ、ニヤと余裕だったチャンピオン 金 換珍が想い起こされます。


ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

試合前の控室。本物は何人か。外国人王者、挑戦者にも、お付はついて来る。「なんだコリャ」と思ったのは、WBA世界フェザー級王者クリス・ジョンの控室。

勝負には関係ない人間ばかりの中で、自身を保ち、佐藤 修 選手に勝ったクリス・ジョン(インドネシア)は、強い意志を持った人間でした。試合に対するオーラは、チャンピオン本人からしか感じ取れなかった。その時のトレーナーは、いきなりナックルパートにテープを巻いたものです。(~~)

戦いは控室から、ですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



湯場vs沼田 速報!

| コメント(0)
日本ウェルター級タイトルマッチ。チャンピオン湯場忠志(都城レオS)vs挑戦者1位沼田康司(トクホン真闘)の一戦は、予想を裏切り挑戦者の沼田選手が4回2分13秒KO勝ち。新王者となった。

強敵といわれた牛若丸あきべぇ(協栄)選手を退けた後の地元凱旋試合。精神的に吹っ切れたと思われた湯場選手だったが、打たれ脆さをつかれた感じ。

明日は牛若丸あきべぇ選手の再起戦。その対戦相手は、新王者となった沼田選手と昨年12月に戦い5回TKO負けするも、一度は沼田選手をマットに這わした強打のサウスポー上石 剛 (コーエイ小田原)選手。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

新王者誕生が両選手にどのような影響を及ぼすのか?

明日の一戦も目が離せませんね。 【カポネもビックリ!エリートvs雑草・秋田勝弘】

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


ホプキンスvsカルザゲ 速報!

| コメント(0)

19日、ラスべガス・トーマス&マックセンターのリングで行われた注目の一戦バーナード・ホプキンス(米)vsジョー・カルザゲ(英)は、44戦無敗のカルザゲが、43才のホプキンスを12回判定に降した。

ジャッジのスコアは、115−112、116−111、113−114の2−1。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

この日は173ポンドのLヘビー級で戦ったカルザゲは36才。今後が気になります。


【カポネもビックリ!エリートvs雑草・秋田勝弘】


毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



日本タイトル挑戦。この夢を実現させるべく98年A級トーナメントに参戦した秋田勝弘(協栄)選手。まだデビュー前の坂田健史選手は、スパーリング・パートナー。オオッ、今や秋田選手は世界チャンピオンの先輩だ。(~~)

今は米国サンディエゴで暮らす秋田選手から、V3を達成した坂田選手へ、”おめでとう”のメッセージが届いた。「ありがたいです」とは、いかにも坂田選手らしい。(~~)

トーナメント2試合を勝抜き決勝戦は10月23日。対戦相手は白井・具志堅ジム期待の柳川荒士選手。広島県出身。小学校5年生からボクシングを始め、アマ3冠達成。プロ入り後も7戦全勝のスマートなアウトボクサー。満を持しての決勝戦進出である。

対する秋田選手。”汗をかいた後の食事は美味しいだろうな”という軽い気持で入門。プロ入りする気など毛頭なかったが25才でデビュー。この試合まで実に7年の年月を擁している。11勝(2KO)7敗2分。32才。顔はでかく、胴体長くて手足は短い。

対柳川戦。教えたのはジャブと左ボディアッパーのみ。これは良くなった。

試合開始。長身の柳川選手に対し、頭を振ってジャブ、左ボディを軸に前に出る秋田選手。くっつけばクリンチとなってしまったのは、そこまで覚える時間がなかったからで、くっついたら案外下手だった。(~~)



8回を通じ元アマエリートを追い掛け回した秋田選手優勢のうちに試合は終了。採点集計に時間が掛かる。すかさず青コーナー側ボックスシートに座るリングサイドクラブから大きな声が。

「ジャッジの皆さん、どうか公正な採点をお願いします!」

これはうけましたね。(~~)

判定は79−76、78−76、77−76の3−0で秋田選手へ。柳川選手の得意なパンチジャブに、あえてジャブで対抗したのが成功した。手が短いのでフックに見えたかもしれませんが。(~~)



優勝賞金50万円ゲット。トロフィーやら盾やら、ボクシング人生初めてで最大の勝利者賞を手にした秋田選手。表彰式後、一人小さな体でそれらを抱え、電車で東中野の自宅まで帰った秋田選手。一番最初のフライ級だったこともあり、応援団はさっさと一杯やりに街に繰り出していた。

「50万貰ったんだから、タクシーくらい使えよ」(~~)

「あれだけかついで、世間の迷惑だったろう」(~~)

「だけど、一体どうやってかついだの?」(~~)

ホール1階へのエレベーター。広島から来たのであろう、柳川選手応援団と一緒になる。

「やっぱりプロは違うの〜」

「ほんまじゃの〜」

喜色満面、爽快な勝利であった。厳しい大竹マネジャーからも、珍しく「ありがとう!」とお礼を言われる。そして金平正紀会長(カポネ)へ勝利の報告。

「会長、具志堅さんの所、やっつけました!」(~~)

「そんな事ないでしょう。ホントですか大竹さん」

「ホントですよ会長。秋田、勝ちました!」(~~)

さすがのカポネ(先代会長)も、にわかにはその勝利が信じられなかったほどで、ビックリの様子。

「そりゃ凄いね。大竹さんありがとう」(~~)

「今日はビールでも飲んで帰ってください。ごくろうさん」(~~)

「さすが、カポネですね」(~~)

「よし、美味しいビール飲みに行こう」(~~)

飯田橋の天狗でも行ったんでしょうかねェ。そこまでは覚えていません。(~~)

A級トーナメント優勝。これで日本ランクには入るだろうが、タイトル挑戦権は与えられない。ランキングを上げなくては・・・。

秋田選手は12月21日、5位川上勝幸(トクホン真闘)選手と対戦することになった。そして、正月には初めての海外旅行ハワイ行きのチケットも予約済み。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

「ハワイ行きましょう」

「あれは冗談だから50万大事に使えよ」

「いえ、そのつもりでやって来ましたから行きましょう」

頭はたいそう硬い秋田選手。こうといったら曲げない。私と大竹マネジャーに秋田選手。現場で一緒だった吉川雄一郎選手が一緒に行く事に。当時、デビュー戦勝利したばかりの坂田選手も、吉川選手が行くならと行きたがってましたねェ。(~~)

とにかく川上戦に勝たなければ、ハワイは微妙。勝てば日本タイトル挑戦も見えてくる。  − 続 く −

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ



タイに遠征したヨネクラジムのベテラン土居伸久選手は、WBC世界Sフェザー級10位トーン・ポー・チョークチャイと対戦したが、結果は4回TKO負け。

しかしながら、チャンスを追い求めるその姿勢は評価できる。元世界Sバンタム級チャンピオン佐藤 修 (協栄)選手は、97年土居選手と引き分け。敗者扱いで新人王の夢ならなかった苦い過去がある。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

プロ12年目のキャリアを迎えた土居選手であるが、まだ29才の若さ。今後も、積んだキャリアを生かすボクシングで活躍を期待したい。

【倒れた拳人達・坂田健史は大丈夫?】
【倒れた拳人達・アマ王者大久保克弘】

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


78年6月、元WBA世界Sウェルター級王者三原 正 (三迫)選手と共にプロデビューを飾った大久保克弘選手は、アマ142戦のキャリアを持つ。メインカードでデビューを飾った大久保選手は、三原選手よりも期待されていた。

プロ第1戦は、4年のキャリアを持つ 森 俊夫(ヨネクラ)選手を僅か175秒で倒した大久保選手。さらに二つのKO勝利を重ね、プロキャリア僅か5ヶ月で元WBC世界Sライト級王者ぺリコ・フェルナンデス(スペイン)との対戦を迎えた。



この試合は、輪島功一選手の引退記念試合。世界へ。大久保選手への期待は大きかった。輪島選手の引退式。もちろん、観に行きました。

フェルナンデスは貝のようにガードをきっちり固めるディフェンシブなスタイルから時折カウンター。5年前ライオン古山(笹崎)選手との世界王座決定戦では、このガードがポイントになって王座に就いている。解説の小林 弘 さん、悔し泣きしていましたねェ。



大久保選手のパンチは、ガードの上を叩くか空を切ることが多い。ガードマンの元世界王者はたまにカウンターを放つ程度なのだが、これがピシャリと決まる。

そして迎えた8回、調子よく撃って出た大久保選手を待っていたのは右クロス・カウンター。先の坂田選手同様、ゆっくり崩れ落ちた大久保選手。これは立ち上がったホープだったが、右フックで2度目のダウン。ここも立ったが、連打にさらされレフェリー・ストップ。冒険は裏目に出た。



「緊張して実力が出せなかったのが敗因」

敗軍の将・三迫会長はそう語った。

僅か2ヶ月後の再起戦は1ラウンドKO勝ち。3月、ベテラン中根光幸(船橋)選手を6回KO。そして4月、日本ライト級1位バトルホーク風間(池田)選手へ挑む。

この時、大久保選手はランキング3位。小差でアマの大先輩に敗れたこの日、三原選手はプロ5戦目でOPBFタイトルを手に入れている。

7月、大久保選手の再起戦の相手はデビュー戦で1回KOしている森選手との再戦。心に隙があったのか、ダメージかはわからぬが、大ドンデン返しになってしまうこの試合。

5回、大久保選手はダウンを奪われる。この日はボディ打ちが効果的だった森選手。6回、さらにダウンを追加されレフェリーに救われた大久保選手。森選手は長身でスマートなスタイルから鋭いストレートを打つ好選手であったが打たれ脆い面を持っていた。



2ヵ月後、日本王者となっていた風間選手と再戦するも1ラウンドKO負け。世界が期待されたホープも気がつけば5勝4敗の3KO負け。日本でのプロ生活僅か1年3ヶ月。傷心の大久保選手はハワイへ渡る。

元日本王者・清水 精 プロモーターの後押しを受け、”キャッツ”大久保のリングネームで戦ったが、世界ランカーゴンザロ・モンテラーノにはKO負け。4勝2敗。勝ちも負けも全てKOという記録を残し81年帰国。

帰国後2連続KO負けの後、ラストファイトは82年2月守安竜也(平沼)選手の持つ日本Sライト級王座への挑戦。ホープが噛ませになった。

杉谷 実 (協栄)選手に勝ち、初防衛に成功していた王者は世界ランクにも名を連ねる。10勝13敗の戦績。しかし、この試合でも打たれ脆さをさらけ出した元ホープは5回でマットに沈む。

華々しくデビューを飾ったアマ王者の最後が雑草王者に踏み潰されるとはなんとも皮肉。先を急ぎすぎたのか、ぺリコの一発でおかしくなってしまったのか、心の問題か。随分と考えさせられる大久保選手のキャリアであります。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

雑草王者はどうだといわんばかり。マットに沈む大久保選手と、コーナーから見つめる三迫会長。

「もう限界。気迫も覇気も全くない」

この試合の翌日、沖縄のリングでは友利 正 選手が世界タイトル前哨戦を飾っている。

合宿所の同じ部屋からプロデビューした三原選手が世界王者になった事を思うと、なんともせつない。あせらず、くさらず、頑張る。むずかしい、ですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


「最近、面白くなってきたよ」と、大竹マネジャーが言うボクシング・マガジン誌。その最新号。

「坂田君が前半動かないのは作戦」

ドリームジム三浦会長の大胆予測。ウケマシタ。思わず大竹マネジャーと二人して大笑い。(~~)

パンチが当たる。ダウンを奪う。これは行ける。欲が出る。しかし、相手はいっこうにひるまない。攻めて来る。ちょっと違うぞ。おかしいな。疲れた。そうこうするうちにペースはすっかり坂田選手へ。っていう感じでしょうか。

作戦とは、理にかなっていますね。(~~)

「よくボクシング知ってるよ三浦会長は。褒めといて」(~~)



2戦連続ダウンは、疲労の蓄積、打たれ弱くなった等、世間のボクシングファンの皆様にご心配をおかけしている坂田健史選手。もう限界との意見もあるようで・・・。

23才にして世界の頂点を極めながら初防衛戦で王座陥落。以後4度の王座返り咲きのチャンスは、いずれも僅差の判定に泣いた元WBC世界フライ級王者大熊正二(新日本木村)選手。世界王座奪還ロードの最中、伏兵触沢公男(東洋)選手にテン・カウントを聞かされた事がある。

この時、25才の前世界王者へは、まだ好意的見解が多かった。「まだまだやれる。これを経験に・・・」



4度目の奪還戦は引き分け。ゴンザレスとの4度目の対戦は大いに期待されたが、12回右カウンター一発でマットに沈められた。28才の大熊選手は、「もう限界」と論評された。

元世界Sウェルタ−級王者輪島功一(三迫)選手は、ショットガン・アルバラードに15回KO負け。病院送りとなった。原因はオーバ−ワーク。再戦では快勝。 柳 斉斗との初防衛戦は痛烈なKO負け。輪島選手も試合直後は、「終わったよ」



だが、リマッチが実現する。第1戦の敗因はゴング直後の加撃での幻のダウンと断定した。再び王座に返り咲いた輪島選手。しかし、初防衛戦は非力なホセ・デュランにKO負け。その後、奇跡を信じエディ・ガソへ挑戦したが、弟1ラウンドが始まった瞬間、その衰えに驚かされた。

元日本ウェルタ−級王者串木野純也(進光)選手は、王座にたどり着くまで6度の挑戦失敗と5度のKO負けを喰らっている。

元日本Sウェルター級王者堀畑道弘(山神)選手は、1ヶ月前ソウルでKO負けしているにもかかわらず、3度負けている柴田賢治(斉田)選手をKOし、王座に就いた。



日本Sバンタム級1位瀬藤幹人(協栄)選手は、名護明彦選手の強打をまともに喰らい痛烈なKO負け。「壊された」とまで評されたが、以後今日まで16連勝を記録している。

ポスト輪島の一番手、三迫ジム期待の星・大久保克弘選手は、プロ4戦目元世界Sライト級王者ぺリコ・フェルナンデスの前に8回KO負け。以後、立ち直る事が出来なかった。

三迫ジムといえば、門田新一選手もアントニオ・セルバンテス戦以後、全く打たれも脆くなってしまいましたね。ウ〜ン・・・。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

山口戦での坂田選手。面白いもので、「動きが重かったねェ、疲れてたんじゃないの」という人と、「スピードあったし、調子も良かったねェ」と言われる人と、両極端の意見を頂いております。(~~)

「打ち方ばかり教えても強くならないよ」

心理的要因が勝負を大きく左右するボクシング。ダウン、KO負けはそのダメージの見極めも大事だが、本人の感じ方が一番大事。ガッツさんのように、「予定通り」なんて、場合もありますからね。(~~)  − 続 く −

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


故郷と恩師に恩返し!坂田健史

| コメント(0)

「竹原会長泣いてたよ」

ようやく高校卒業。協栄ジムに行きたいという想いを竹原会長に告げて、上京して来た坂田健史選手。

「竹原会長をそまつにするなよ」

これは、入門して来た時から口をすっぱくして大竹マネジャーが教えている事であります。

パーラ第2戦。終盤戦、ここが勝負だという場面で青コーナーまで足を運んでくれた竹原会長を覚えています。


ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

14日。広島のリングで、世界王者として紹介され恩師に花束を手渡したチャンピオン。

「井戸を掘ってくれた人を忘れるな」

大竹&坂田の師弟共々、良い恩返しが出来たようです。良かった!

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


フライ級・Wタイトル戦速報!

| コメント(0)
OPBFフライ級王座決定戦は、7位大久保雅史(青木)選手が、4位韓国のジュン・ジンキ(5勝3敗)を3−0の判定に降し、新チャンピオンとなった。スコアは、116−112(2者)に118−111。

注目の日本フライ級タイトルマッチは、試合開始からチャンピオン吉田健司(笹崎)選手が荒れ狂う。この突進を交わした挑戦者清水智信(金子)選手が、判定で新王者に。

スコアは98−95、98−93、97−95。王者は4回バッティングで減点1。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

日本フライ級タイトル挑戦者決定戦は、4位金城智哉(ワタナベ)選手が、3位今宮佑介(古口)選手にダウン挽回の判定勝ち。スコアは77−75(2者)、77−74の3−0。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

10日後楽園ホールは、元日本王者・強打の雄二・ゴメス(石川)選手が敗れる波乱。殊勲の主は梶山友揮(平石)選手。14戦目にして後楽園ホールは初登場である。

これまで9勝(5KO)2敗2分。平石ジムは地方都市静岡市にあり、梶山選手はそのキャリアの半分を敵地で戦って来ている。名古屋、大阪、仙台。

雄二ゴメス選手が3年半振りの再起戦をタイ人相手に飾った頃、梶山選手は06年度の全日本新人王で12戦無敗の 林 孝亮(緑)と敵地で戦い1−2判定負け。

 林 選手からは、「根性がある」とたたえられた。



11月の再起戦は2回負傷引き分けに終わっている梶山選手。一方の雄二ゴメス選手は、10月亀田大毅選手とも戦ったサマート・ツインズジムと対戦。日本リングで4連敗3KO負けのタイ選手に4回KO勝ちを収めている。

昨年4月、静岡で亀田大毅選手の興行を手がけた事もある平石会長から大竹マネジャーに相談があった。

「相手は誰でもいいから、東京で試合がしたいという子がいるんだけど・・・」

来る者は拒まず。外人選手をなるべく使わず、日本人選手とのマッチメークを考える大竹マネジャーの頭には、雄二ゴメス選手が浮かぶ。

「雄二ゴメス選手でもいいんですか?」

「かまいません」

今度は石川会長に聞く。

「外人ばかりとやってても仕方ないでしょ。静岡だけどやってくれるっていう子いますよ」

ややあって、このカードは決まった。

21勝中20のKO勝ちを誇るKOマシーン雄二ゴメス選手であるが、4つの敗戦もいずれもKO負け。最初の黒星は1ラウンド開始僅か37秒。韓国の 李 東国の右フックの前にあっけなく沈んだ。



この 李 東国。ゴメス戦勝利の3ヵ月後にはマル・マトベイ(協栄)と対戦。マトベイの強打に今度は1ラウンドで沈められている。大竹マネジャーもソツがない。

「いいカードだろ」(~~)

さて雄二ゴメス選手だが、このKO負け以来リズムが崩れる。01年9月洲鎌栄一選手に6回TKO負け。日本タイトルを失う。4人の外人を倒した後の03年3月、大之伸くま選手の持つ日本王座に挑むも初回KO負け。

再び外人に2KO勝ちするも、04年1月福原力也選手に8回KO負け。3年半のブランクとジム移籍があった雄二ゴメス選手。坂田健史選手と同期の新人王である。

ゴメス選手に勝った日本人選手は、皆勇気があり、ハートが強いタイプであった。ただ逃げ惑うばかりの相手ではない。いつだったか両国国技館の世界戦前座で控室が一緒になった事がある。前座試合は赤も青も同じ部屋だった。

試合前、雄二ゴメス選手のミット打ち。パシッ、パチ〜ン。乾いた音が控室にこだまする。相手のタイ選手、固まってました。気の毒なくらい心配な顔になっちゃって。あれはかわいそうでしたね。(~~)

「平石さんの所、勝ちましたよ」

「そうか。良かったね」

「相手が誰でもやるって言う、その気持がいいよねェ」

「そういう選手が強くなって行くんだよ」

梶山選手は、やる気と勇気で雄二ゴメス選手に勝利した。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

単に打たれ脆いのか、最初の37秒のトラウマを引きずってしまったのか。ある意味、8回判定負けは新しい体験で、違った何かを掴みえたかも知れない雄二ゴメス選手。

坂田選手も脆くなったのかと一部で心配されているようです。(~~)次は、この辺を研究してみましょう。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

昨日は大竹マネジャーと共に新高円寺へ。協栄ジム先代金平正紀会長の盟友であった小泉宏一氏と落ち合った場所は、丸の内線新高円寺駅近くの”とんかつ富士”。

このお店は、昭和40年代に元日本Sライト級ランカーとして活躍された協栄ジムの先輩・ 宝 拳児選手が経営されている。

「カポネって言われてまんざらでもなかったようだったね」(~~)

先代会長の前で、面と向ってカポネと呼んだ人はいないだろうが、カポネと呼ばれている事は感ずいていたという先代会長。誰が命名したのかは謎ですが、絶妙のいい名ですね。カポネ。(~~)



小泉氏と先代会長の関係は、氏がオランダ銀行勤務時代にさかのぼる。協栄ジム初代マネジャーの安藤氏も同じ職場にいた。銀行員からボクシングジムのマネジャーっていうのも凄い身のこなしですね。(~~)

とんかつがメインメニューだが、お刺身から中華まである不思議なお店には1枚のファイト写真が大きく引き伸ばされて飾られている。

「武道館で西城先輩のセミでやった時に、誰かが撮ってくれたんだよねェ」

「いつだったかは、忘れちゃったねェ」(~~)

「だけどうれしくてねェ」(~~)

宝選手もまた西城正三選手に憧れていた。



昭和45年2月8日。世界フェザー級王者・西城正三(協栄)選手は、日本武道館に世界1位ゴドフリー・スチーブンス(チリ)を迎え3度目の防衛戦に挑んだ。

小雨模様肌寒い日曜日。しかし、人気者西城選手は1万2千人の観衆を日本武道館へ集めた。アンダーカードは4回戦5組に6回戦3組。今井謙ニ選手、福山茂文選手の協栄ジム勢勝利の後を受けて、 宝 拳児選手が登場。清水和夫(不二)選手を判定に破っている。



ロス、ハワイにも遠征した宝選手。

「イトウ先生の所でお世話になってねェ」

「毎日、バス乗ってワイキキとジム通い。楽しかったねェ」(~~)



昭和45年11月15日後楽園ホール。宝選手は日本ウェルタ−級8位北野真吾(晴海)選手との対戦チャンスを掴む。当時の日本王者は、Sライト級ライオン古山(笹崎)、ウェルター級が 龍 反町(野口)。

宝選手の左右フック連打から始まった試合は打撃戦に。3回コーナーにつまった宝選手の右フックで北野選手ダウン。4回、調子に乗った宝選手が右ストレートで北野選手をよろめかす。

5回北野選手のボディ攻撃に防戦一方の宝選手。しかし6回、いきなり振った右フックでまたもやダウンを奪った宝選手。以後も乱打戦が続いたが、2度のダウンがものをいって判定は宝選手。嬉しいランク入りを果たしている。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想


引退してから始めた”とんかつ富士” も37年を経過。有名店を食べ歩きして、料理も研究。全て手続りで中華までこなす。日本酒の種類も豊富です。(木曜定休。夜は11時半まで営業。03−3315−8750)

「先輩、なんで中華まであるんですか?」(~~)

「お客さんに頼まれちゃって・・・」(~~)

「今度、西城先輩に来てもらわないといけませんね」(~~)

「アッ〜、来てくれたらうれしいねェ」(~~)

豊富なおつまみでボクシング談義の後は、とんかつ定食で〆。昔からとんかつ大好きの大竹マネジャーもご満悦。

「今度は西城先輩呼んで来ますから。坂田も連れて来ますよ」(~~)

坂田選手、焼肉ばかりでなく、とんかつも大好きです。(~~)

皆さんも機会があれば、ぜひ一度”とんかつ富士” へ。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


コット防衛・マルガリート復活!

| コメント(0)
ニュージャージー州アトランティックシティのリングに立ったWBA世界ウェルタ−級王者ミゲル・コット(プエルトリコ)は、挑戦者9位のアルフォンソ・ゴペス(メキシコ)を6回棄権に追い込み4度目の防衛に成功。

コットは、7月19日リカルド・マヨルガ(ニカラグア)相手に5度目の防衛戦に挑む予定。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

同じプログラムで行われたIBF世界ウェルタ−級タイトルマッチは、挑戦者のアントニオ・マルガリート(メキシコ)が王者のカーミット・シントロン(米)を6回1分57秒KOに破り世界王座復帰を果たしている。

マルガリータの次戦は、6月28日メキシコのリングが予定されている。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


フライ級ランカーの中では一番手ごわいとみていたロベルト・バスケス(パナマ)が、最新WBAランキングではSフライ級に転向、6位にランクされた。

同じく前王者ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)は、Sバンタム級12位。5月には同級タイトルへの挑戦が決まっているパーラ。

「勝ってほしいですね」

坂田健史選手もパーラを応援。これはうなずけます。(~~)

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

坂田選手のタイトルに挑戦し、後一歩の所で敗れた山口真吾(渡嘉敷)選手は、フライ級11位に踏みとどまった。他では、ブライアン・ビロリア(米)がフライ級9位に新ランク。

Sフライ級1位に名城信男(六島)選手、2位に河野公平(ワタナベ)選手。王座決定戦となれば、この二人の対戦となるんでしょうか。日本人同士の世界王座決定戦。記憶にありません。


毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】

ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

「汗流した方が気持いいだろう。ご飯も美味しいし」(~~)

右目上の古傷はきれいに縫合、抜糸も済んだチャンプへ冗談とも本気ともわからぬ大竹マネジャーの一言。

「坂田さんて偉いですねェ」

早くもジムに現れたチャンプは、気持ちよく汗を流して帰って行った。試合後僅か10日余りですが、ジムへ来て体を動かすという当たり前の事がやれるのが坂田選手らしいところでしょうか。(~~)



14日(月)広島で行われる竹原ジムの興行に参加予定のチャンプ。大竹マネジャーも竹原会長たっての頼みで駆けつけるようです。元WBA世界ミドル級王者・竹原慎二選手の実父・竹原三郎会長からの紹介で協栄ジム入りして来た坂田選手。

「井戸を掘ってくれた人は忘れない」

これが大竹マネジャーの教えであり、坂田選手も律儀に守る。

さて、ファンの皆様の間で論議を呼んでいる、2試合連続ダウン喰らって大丈夫?に付いて大竹マネジャーに話を聞いてみました。

「ダウンは想定外」(~~)

「あれはアクシデント。山口君が最高のパンチを打った」

「相手に空振りさせようと思って動きました」

「坂田から言って来てくれた事が嬉しいよ」(~~)

「これでまた一つ成長してくれた」

「世界戦のリングで、試合中に冷静に自分を見つめる事が出来たのは収穫」

「ダウンしないと冷静になれないって真剣に言われても、困っちゃうよサンちゃん」(~~)

試合直後、実父直史氏も「何で倒れんとエンジン掛からんのですかねェ」と語っていたが、こればかりは今の所何とも言いようがない。(~~)

デンカオセーン戦と同じタイミングでのダウンだったが、山口選手の右は肩越しからジョーへピシャリ。尻餅ではなく、ワンテンポ遅れてのダウンはダメージを感じさせた。

デビュー3戦目、新人王準決勝戦、デンカオ戦、山口戦とタイミングは同じ。4回戦でのダウンはいずれも初回のように記憶している。その後の、「残り全部取って来い」を忠実に実行して来たた坂田選手。

デンカオ戦では、初回ダウン後もエンジンの係りが遅かったチャンプだが、山口戦では4回以降エンジン全開で試合終了まで突っ走った。

それにしても、なんで倒れるの?(~~)

私が担当するハワイアンミットでは、打ち終わりに嫌というほど頭を振らせ、その反動でカウンター。そして、そのまますぐにショート連打へと動きは連動する。休む間はない。

4回以降、挑戦者は「カウンターが怖かった」と発言しているが、前に出る中にも常にこのタイミングはあったように思う。瞬間瞬間のほんの一瞬の事なので、これは対戦した選手にしかわからないのかも。

「思ったよりもスピードがあった」

これは敵将・渡嘉敷会長の言葉である。

世界タイトルマッチ。2試合続けてダウン喰らい勝った日本人選手。永遠のチャンピオン大場政夫(帝拳)選手くらいのものであろうか。アモレス戦、チャチャイ戦といずれも初回に倒れた大場選手。その後、強引な打撃戦に持ち込み相手をねじ伏せている。



坂田選手は誰が相手でも、たくさん勝つタイプの選手ではない。対戦相手は、当たりそうだから、いや当たるから、打って来る。そこから力を発揮するタイプなので、おのずと我慢比べになる。

「一撃必殺のパンチないと坂田やっつけるの大変だよ」

山口戦では、左フックと右ストレートのショートに磨きを掛けて来た。かつてパーラをぐらつかせた大きな左フック。このパンチ、チャンプは大好きだったが、「そんなのいらないよ」と、大竹マネジャーは封印。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

「左ガード、こう上げたまま行ってもいいんだよ」

ソナギといわれた連打で通算18度のタイトル防衛に成功したLフライ級の名王者 柳 明佑のマネをしてみせる師匠。柳は左ガードを常に高く上げ、相手に肉薄して行った。

「勇気があれば何でも出来る!」(~~)

まだまだ未完成のチャンピオン。今後も、努力を続けます。我々も勉強ですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】

マジッ!。昨年3月正規ウェートが作れず戦わずしてWBA世界フライ級王座を剥奪されたロレンソ・パーラ(ベネズエラ)が、WBA世界Sバンタム級王者のセレスティーノ・カバジェロ(パナマ)に挑戦。

試合は5月24日、パーラの地元ベネズエラで行われる予定。



長身の王者相手にどんな戦い方をするのだろうかパーラ。坂田戦以後は、超格下相手に2ラウンド戦っただけの前フライ級王者。

フライ級→Sバンタム級転向。パッキアオみたいでカッコいいが・・・。(~~)

現在5度防衛中の王者カバジェロ。WBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコ(ウクライナ)と2度引き分けているサウスポー、リカルド・コルドバ(パナマ)に敗れたのは、もう4年も前の事。

そして5年前、ホセ・チェオ・ロハス(ベネズエラ)に3回KO負けの記録がある。打たれれば脆いのだろうが、経験を活かし打たせないすべを身に着けた王者。

パーラは中に入って行く事になるが、どうするつもりなんでしょうか。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

こんなに簡単に3階級アップの世界タイトル挑戦、実現してもいいもんなんでしょうかねェ。予想通りとはいえ、とにかくビックリです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】


ラスト3秒での超番狂わせがあった78年6月。今振り返ると、異常に番狂わせが続出した月でもあった。



元WBC世界ライト級王者ガッツ石松(ヨネクラ)選手は、6月20日センサク・ムアンスりン(タイ)の世界王座挑戦失敗以来の再起戦のリングに登場。20本以上の花束が送られた程の人気だったが、伏兵新井容日(大星)選手に完敗を喫した。

その前夜の後楽園ホールには、アメリカ仕込みの和製ヘビー級コング斉藤(リキ)選手が出場。日本ミドル級4位の長岡俊彦(金子)選手と対戦したが、あっけなく2回KO負け。



本場アメリカで8連続KOを記録したコング選手だったが、10ポンド以上軽く、2ヶ月前にKO負けを喫したばかりの長岡選手相手に無様な敗戦。大きなショックに打ちひしがれた。



77年9月の帰国第1戦は大いに騒がれ、テレビのワイドショーも取材に来たほどだったが、相手のストーニー・ランド(米)が余りにひどく、あっけない2回KO勝ちもひんしゅくをかった。

なにせこのランド。ノーファルカップがきつくて、なかなかはけないほどの太鼓腹。自身の名誉回復をはかるため、長岡選手を倒しにいった斉藤選手であったがかなわず。その自信は一気に押しつぶされた。

半年後長岡選手と再戦するも、またもや3回KO負け。日本人初の本格的和製ヘビー級もあっけなくリングに別れを告げた。



ブログランキング

★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

6月30日。無敗のバンタム級1位村田英次郎(金子)選手は韓国バンタム級王者 朴 仁?と対戦。ダウン応酬の末、意外な引き分けに終わっている。判定は朴に同情の声が強かった。

7月4日。アマから転向以来5連続KOの快進撃を見せていた鈴木利明(東洋)選手は、元韓国王者 金 正植と対戦。ワイルドなパンチを振り回す鈴木選手であったが、多くは空振り。判定負けを喫する。

この金とは相性が悪く。後年、世界タイトル前哨戦でも対戦するが、ここでもこの日と同じ空回り劇を演じてしまい、世界戦はキャンセルされた。

自信と過信は紙一重。いいカッコ見せようとすると意外な落とし穴が待っている。相手がいいカッコしようと予想される場合は、大きなチャンスですね。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】


先代本田 明 会長以来、アマチュア出身には手を出さない事を伝統として来た名門帝拳ジム。帝拳精神=攻撃ボクシングであった。福地健治(福地レフェリーの実父)、高山一夫、小阪照男、渡辺 亮、大場政夫。皆、ゼロから指導育成され、攻撃的精神に満ちていた王者達。

そんな名門ジムが、初めてアマからスカウトして来たのが瀬川幸雄選手。1976年モントリオールオリンピック・ライト級日本代表。2回戦で敗れはしたが、金メダルを獲得したハワード・デービス(米)からダウンを奪い、その判定は不可解だった。

1977年12月のプロデビューはフェザー級。サウスポースタイルから繰り出される強打で、田野良夫(本多)選手に1ラウンドKO勝ち。早くもロイヤル(小林)2世の声が上がっている。

国重講司(野口)

78年2月、3月と日本の中堅どころを相手に連続KO勝ち。日本フェザー級7位にランクされたホープは6月、ベテラン日本Sフェザー級9位国重講司(野口)選手との対戦を迎える。

プロキャリア8年で13勝(7KO)16敗1分。2ヶ月前、グァム遠征でKO負けを喫している国重選手は、絶好の噛ませである。

試合開始。1ラウンドこそ互角の5−5。だが2回以降は、瀬川選手がベテランを滅多打ち。8回、9回は5−3とつけたジャッジもいるほど。瀬川選手は1ポイントのロスもない。



迎えた最終ラウンド。その時まで瀬川選手は打ちまくる。サンドバッグ状態だった国重選手の右、左、右のコンビネーションが当たる。信じられないといった表情でマットに崩れた瀬川選手。

必死にロープを掴み立ち上がろうとするが、目はうつろ。信じられない超逆転KO劇にホールは沸いた。KOタイム10回2分57秒。残り時間、僅か3秒。瀬川選手が立ち上がってさえいれば・・・。



「80%は勝てないと思ったが、残り20%を国重の強打に賭けた」

「手数が多くて参ったが、パンチがなくて助かった」

負け数は多いが、竹森三城、岡部 進 、友成 光 、マサ伊藤、吹打 龍らの世界ランカー、チャンピオンクラスと数多くグローブを交えてきていたベテランが意地を見せた。


ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

瀬川選手は2ヶ月半のインターバルで再起。再びKOの山を築き連勝街道を驀進する。そして翌79年9月世界タイトルに挑戦する。世界挑戦はSバンタム級。

しかし、ここでもキャリア不足を露呈。キャリアの大事さを教えられた世界戦でした。

強烈な印象を残した78年6月6日。後楽園ホール。観衆1500人。残り3秒。恐怖の逆転KO。この夜、大竹重幸選手もリングに上がっていました。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】

リナレス弟・衝撃の初黒星!

| コメント(0)
プロ3戦目のリングに挑んだカルロス・リナレス(帝拳)選手が思わぬつまずき。これまでの2戦を60秒かからず終わらせていたビック・ホープは意外な6回TKO負け。

海外キャンプにも参加し、まさに兄に続けのカルロス選手であったが・・・。

殊勲の主は、 国内4連勝(3KO)の後、5連敗中の 呉 必勝(韓国)。

昨年6月、高校アマ王者からプロ転向した大迫 亮 (協栄)選手と対戦している呉。

リナレス選手とまではいかないが、プロ転向以来の2戦はKOで勝っていた大迫選手。協栄ジム移籍後の初戦が呉必勝だった。

当然KO勝利に期待がかかる。KO狙いで打って行く大迫選手。だが、呉はなかなかタフ。逆に時折強いパンチを振るう。大迫選手の攻めでは攻め落とす事が出来ないと悟った大竹マネジャーは、無理禁止のアドバイス。

「今日は勝つこと。無理するな」

試合途中で作戦変更している。結果、危なげない判定勝利を飾った。

ホープの意外な落とし穴。

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

アマから転向の大物ホープがプロの洗礼を受けたケースは多々あるが、帝拳ジムが初めてアマからスカウトして来た瀬川幸雄選手も、プロ4戦目に思わぬつまずきを経験している。

プロ転向以来の3戦は、いずれもフルラウンド擁せずの勝利。心は世界にはやった。

”落とし穴”。

あれほどの劇的な逆転KO劇は、以後記憶にない。一体、どんな戦いだったのか。 − 続 く −

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】


WBC世界フライ級王者内藤大助(宮田)選手との4度目の対決を引き分けたばかりの前王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)。3月、内藤選手に挑戦時のランキングは1位であった。

しかし、最新ランキングでは、なぜか4位に後退?。

【最新WBC世界フライ級ランキング】

後輩ポノムランクレック・グラティンデーンジムが1位に。これは理解出来る。昨年も1位にあったポノムランクレックと、内藤選手に敗れリマッチに挑むポンサクレックのランクを入れ替えて見せた。

だが今回は違う。2位に亀田興毅(協栄)選手がアップ。3位にフリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と続いている。

世界タイトルマッチで、1位挑戦者が引き分けてすぐにランキング降下。タイ側だけでの事情ならまだ察しもつくが、3位亀田選手、4位ミランダに追い抜かれる理由は試合結果的には何もない。

先の内藤戦後マネジャー氏は、「ポンサクは1年後の指名挑戦を目指す」と、語っていたはずだが・・・。

強い順番というわけではないランキングだが、このような順位の入れ変えは、真面目な日本のボクシングファンには不評を買う。

V3成功したWBA王者坂田健史(協栄)選手の次期挑戦者として金平会長はポンサクレックを挙げていた。当然1位をキープするものと思っていたポンサクレック。

「それはないよな」(~~)

な〜んて思っていたが、こうなるとまた様相が変わって来る。

坂田vsポンサクレック。

「別にポンサクでもいいけどさァ」(~~)

大竹マネジャーは、ノープロブレム。

A、C世界フライ級王座統一戦実現へのプロローグとして世論を盛り上げるには面白いカードである。そして、WBC王者内藤選手が5位ロベルト・バスケス(パナマ)あたりを選ぶと、さらに盛り上がる。これは私の私見ですが。(~~)

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

指名挑戦権ある1位の座。この地位はそう簡単に譲れるものではないし、王者とドローでは変わらない。こんなケースは今までなかったと思うんですが・・・。

1位ポノムランクレック。最新の勝利は、あのイルファン・オガ−(インドネシア)相手である。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】

榎VS栗生・いよいよゴング

| コメント(0)
ファン待望の好カード榎VS栗生戦は、いよいよゴングを迎える。勝者がWBA世界フェザー級の指名挑戦権を得る無敗対決。

榎か栗生か?

榎選手は、苦手のサウスポー対策がカギを握る。得意の左ジャブ封印宣言で、どんな試合作りをするのか?試合間隔が開いたのも気になる。

一方の栗生選手はコンスタントに試合をこなしキャリアを磨いて来た。しかし、これほどの強敵とは戦った事はない。

どちらも甲乙つけがたく予想は難しい。全国からコアなボクシングファンが集合する頂上決戦。

心情的には長い間国内フェザー級トップにいる榎選手に世界の道が開いてもいいのではと思うが、苦手なサウスポー。栗生選手がスピードで逃げきってしまう可能性も大きい。好試合を期待します。

エディ賞御礼と坂田防衛報告!

| コメント(0)
昨夜は第18回エディ賞を受賞した大竹マネジャーにお供して、新中野スナック21(ドン・ピン)へ。エディ賞受賞の御礼と、坂田健史選手のV3を報告。

エディさんを陰から支えてきた御伴侶、百合子・タウンゼントさんと話が弾む。



ハワイの昔話からボクシング。

歴史から選手への接し方、会長、トレーナー、しいては人間としてのあり方。選手作りの秘訣等。かなり突っ込んだ話題まで及び、話は尽きずでありました。

力道山のハワイ修行時代を知る百合子さん。初めてハワイへ渡ったのは1953年の事。イトウ先生のご両親が”せんべいや”さんをやっていたとは初めて知りました。(~~)

協栄ジム金平正紀先代会長とは古くからの盟友であったタウンゼント氏。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

エディさんの写真を見ながら、思い起こす様々なボクシングシーン。

「相撲は15日、野球は130試合もあるけどボクシングは一発勝負!」

「だから好きなのよ」(~~)

他のスポーツとは一線を画す勝負根性が不可欠なボクシング。

「選手だけではダメ。ジム一丸とならないと世界は難しいわね」

「日本タイトルいくらやったって、世界は違うんですよねェ」

今も教え子達が集う21(ドン・ピン)。また行きます。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】

日本人挑戦者との防衛戦を示唆していたWBC王者内藤大助選手を擁する宮田会長であったが、第1候補と目されていたOPBF王者長縄正春(岐阜ヨコゼキ)選手が、網膜はく離で突然の引退でこれは白紙。

「かわいそうだなァ」

ようやく掴んだチャンピオンベルト。そして、一気に世界挑戦のチャンスも目の前に。23才。リング人生はこれから、のはずだった。

「ヨコゼキもやっとチャンピオン出来たのになァ。頑張ってるし、いい会長だよ」

長縄選手の引退によって挑戦者候補として急浮上しそうなのは、皮肉にも長縄選手の初防衛戦が予定されていた同じプログラムで行われる日本フライ級タイトルマッチ、吉田vs清水戦の勝者だろうか。

チャンピオン吉田健司(笹崎)選手はWBA3位。挑戦者清水智信(金子)選手は、2年前吉田選手に一度勝っている実績と、1年前当時のWBC王者ポンサクレックに挑戦した経験がある。

清水選手のボクシング・スタイルはそう変わらないだろうから、吉田選手の戦い方一つで試合の流れは変わってきそう。テクニックで挑戦者が王者を翻弄するか、王者が自信のプレスで挑戦者を粉砕するのか、楽しみなカードです。

もう一人の日本人挑戦者候補は、WBA4位、WBC15位にランクされる久高寛之(グリーンツダ)選手。3連敗を克服し昨年12月世界ランカー、フセイン・フセイン(豪)を破った。

ただし気になるのはこの試合のウェートで、Sフライ契約で戦っている点。敗れたフセインはIBF王座挑戦の予定であったが、どうやらこれは流れた模様。

3連敗の始まりは、勝たなければいけなかった地元大阪での日本王座決定戦。吉田選手との試合。勝たなければ、勝って当たり前というプレッシャーと共に、吉田選手のプレスに押しつぶされた印象が強い久高選手。世界への出番はあるんでしょうか。

世界へ目を向けると、WBA王者坂田健史選手に敗れた後2度の試合キャンセルと再起が長引いていたロベルト・バスケス(パナマ)が、3月27日地元リングで復活。A、C共に5位にランクされている。



115ポンドの8回戦で無名相手に2回KO勝ちを飾っている。KO勝利は2年半ぶり、115ポンドのウェートもやる気を感じさせる。

「エッ〜、ホントにSフライまで落としたの。やる気だね〜」

間もなく25才。ランカー陣の年齢を考えると、まだまだ若いバスケス。顔ぶれを見回しても、一番怖いのはこの選手だと思う。一時期はパナマボクシング界の救世主とまで言われた。

誰か日本人選手が対戦してみてくれたら面白いんですけどね。内藤選手とだったらどんな試合になんるんでしょうかねェ。(~~)

ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

前WBC王者ポンサクレックは、先の内藤戦後1年後の指名挑戦を明言している。消化試合をこなしながらタイトルの行方をうかがうのだろう。

坂田選手と引き分けたデンカオセーンは、WBCアジアタイトルなるものを獲得。日本での知名度あもり内藤選手挑戦なら話題性十分ですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】



今年も新人王戦が始まった。競馬ではないが、本命がいて対抗がいる。しかし、無印ノーマークから勝ち上がり新人王の栄光を獲得しているのが渡嘉敷勝男選手。引き分け勝者扱いもあり、KO無し、目の前の相手には負けないぞという強い闘志でトーナメントを勝ち上がった。

坂田健史選手の場合も似ている。最も、「トカちゃんよりはボクシング上手だよ。悪いけど」で、ありますが。(~~)

行け行けガンガンよろしく世界王座まで上り詰め、世界王座復帰を狙った 張 正九戦は敵地であったこともあるが、最初から思い切り良く肉薄し、得意の消耗戦に持ち込んでいる。



最も第1ラウンド、キャリア初のノック・ダウンを経験させられたが、その戦法を変えることはなかった。早すぎるストップがなければと、今でも結果は悔やまれる。

3月29日、坂田vs山口戦。3回。残り時間はたっぷりある。強気でなる渡嘉敷会長が、ゴーサインを出さなかったのは、カウンターを警戒した事と、前半貯金、後半動いてはぐらかすという作戦があったからでもあるようだ。

「なに、張正九思い出しちゃったの」(~~)

・死闘!韓国の英雄・張正九VS渡嘉敷勝男
・ド突き合い・根性対決・張VS渡嘉敷Ⅱ
・魂の激突!なぜ?突然のストップ!

渡嘉敷勝男選手がジム会長となっての初陣は、ちょうど10年前の98年3月29日。コウジ有沢vs畑山隆則の日本Sフェザー級タイトルマッチの前座4回戦。会長自らスカウトして来たアマ経験豊富な、スタイリッシュなサウスポー池田政光選手のデビュー戦だった。

「トカちゃんじゃしょうがないから選手貸すよ」(~~)

ズングリムックリの川野良和選手が協栄ジムから送りだされた。大竹マネジャーの本音は、「川野は一発あるからな」

試合開始早々から倒す気満々の池田選手。どんどん前に出てくる。そして面白いようにパンチが当たる。右フックで早くもダウンを奪う池田選手。自信満々だ。

一気に詰めに入る池田選手。スピーディーな連打が川野選手を襲う。刹那、右フック一閃。強烈なカウンターとなったこの一発で池田選手はダウン。レフェリーが即座にKOを宣言するほどの痛烈なKO劇。

僅か46秒の出来事。

以後、池田選手はA級まで上り詰めたが、この一発のカウンターのトラウマを引きずったまま選手生活を終えた。

「ああ来ると思ったから、パンチのある川野ぶつけたんだよ」(~~)

あれから10年。

渡嘉敷会長もずいぶん色んな経験を積んで来た。その判断は間違いではなかったと思う。しかし、裏目に出た。

「山口も俺も、世界の経験たりなかったよ」

「な〜に、坂田だってアゴ割られた所から世界はじまってるんだから」

「3回も負けてるんだよ。世界で」

「だけど、4回目すぐに自分からやるって言って来た。こっちだって負けさせられないよ」


ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

「今、フライ級は盛り上がってるんだから、山口君にもまたチャンス来るよ」

「それにはマッチメーク大事だよ。つまんないのとばっかりやってもしょうがないよ」

「また、スパーおいでよ」(~~)

山口選手の再起に期待します。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】


タイのライバル同士が対決したWBA世界Sバンタム級挑戦者決定戦。2位ソムサック・シンチャチャワンvs3位プーンサワット・グラティンデーンジムの12回戦は31日バンコクで行われ、プーンサワットが11回37秒TKO勝ちし、次期指名挑戦権を得た。



【WBAホームページ】  写真はV19王者カオサイ氏に祝福されるプーンサワット。

現在5度の防衛に成功しているWBA王者セレスティーノ・カバジェロ(パナマ)は、WBO王者ダニエル・ポンセ・デレオン(メキシコ)と王座統一戦のスケジュールがあったが、これはなくなった模様。

デレオンは6月、21戦全勝19KOの1位ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)の指名挑戦を受ける。

6月で32才になるカバジェロは、05年ポンセ・デレオンに明白な判定で唯一の黒星を与えている実力者。

ハワイ・カカアコジム で毎日2時間に及ぶハードトレーニングを積んでいたソムサック。その迫力あるミット打ちを目の当たりにしたフライ級王者坂田健史選手は、「凄いですねェ」の一言。

大竹マネジャーに至っては、「あれじゃ瀬藤も勝てないよ」(~~)



「本番ではどうか」と語っていたウィラポンの予想が見事に当たった感じ。世界への意欲を強く感じさせるいいトレーニングをしていたソムサック。敗戦の報は残念である。

さて、国内ではいよいよ5日 榎 vs栗生戦が行われるが、もう一つの目玉カード下田vs山中の再戦も面白い。WBAランキング8位と11位の対戦。

1年前の対戦では、下田選手のサウスポー・スタイルに全く自分のボクシングを殺されてしまった山中選手。この1年間、タイ選手相手に1試合だけというのは気になるが、雪辱への執念を見せてほしい。

ハートを前面に出して戦う山中選手は、その戦略が重要なカギとなろう。ベテラン中村先生はその戦略を持っているだろうが、前戦では十分過ぎた気合のせいであろうか、ただ真っ正直に突っ込みすぎた山中選手。ハートを戦略に乗せる事が出来れば雪辱も期待出来る。

勝者にはこの両選手に勝っている男・瀬藤幹人選手が控えるが、瀬藤選手もまた、花形ジム最後の切り札・木村章司選手との仕切りなおしの挑戦者決定戦が待っている。かつて名護明彦選手に豪快に倒された瀬藤選手。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

当時、名護選手をサポートしていた私に金平会長が一言。

「ア〜ア、選手一人壊されちゃったよ。もう試合させられないよ」

9ヶ月のブランクの後。近6戦1勝4敗1分で迎えた日本ランカー山中選手との試合が連勝の始まりであった瀬藤選手。崖っぷちから何かを得て這い上がって来た。

それでも実力でもぎ取ったランキングは自然落ち。下田選手との勝利で再びランキング入りとなったのも因縁か。下田選手ばかりでなく、山中選手も瀬藤選手へのリベンジの気持は強いだろう。

「経験は活かさなきゃ」

「前の試合の為に練習した事が次に活きるんだから」

勝者も敗者も、自分の意志で前に向って進んでほしいですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ

ハワイ・カカアコジム情報!BOXING MASTERのハワイ情報”】

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02