ゴールデンボーイvsシンデレラボーイ・西城正三

| コメント(0)
6階級制覇王者オスカー・デラ・ホーヤ。先のフォーブス戦は、20対1の掛け率にもかかわらず3万人もの大観衆が彼を温かく迎えた。もう貯金は300億円だとか。(~~)

五輪金メダリストからプロ転向。デビュー戦から千万円単位のファイトマネーを稼ぎ、今やプロモーターも務めるゴールデンボーイ。35才の彼はあと2試合。今年一杯での引退を示唆している。

今後、日本に、いや世界中で、彼に匹敵するようなスーパースターは出るのだろうか。



1968年(昭和43年)、日本人ボクサーとして初めて海外で世界王者になった西城正三選手。無名から一躍世界王者へ。シンデレラボーイと呼ばれたのは、そのストーリーもさることながら、ボクサーにない甘いマスクが原因なのも間違いない。

世界フェザー級王座に約3年間君臨した西城選手が稼いだファイトマネーは、2億とも3億とも言われている。ジャイアンツのスーパースター長嶋茂雄選手の年俸が4000万円の時代である。

選手年俸。今や、野球も、サッカーも凄いですねェ。(~~)



只今発売中のボクシングマガジン5月号、最終ページに出ているのがこの写真。当時、人気絶頂の西城選手が出したレコードジャケットである。今でもP-VINEレコードで手に入るらしい。

B面も、”甘えに行くぜ”と様になっている。ちなみに渡嘉敷勝男選手が出したレコードは、A面”男泣き乾杯”。これは、いい。B面は、”走れメロス”。トカちゃんらしいですね。(~~)

下は、そのレコーディングの模様。さすがに勝手が違い、金平会長も心配顔だったとか。(~~)



レコードの売り上げは全て身体障害者基金に寄付。一体、どれくらい売れたんでしょうかねェ。(~~)

「日本人で最初に海外で世界チャンピオンになれたことは誇りだなァ」

「でも、横綱の方が良かったなァ」(~~)

そう言っては、いつも笑わせる西城先輩である。



ブログランキング
★BOXING MASTERのバーゲン会場!  ★カカアコジム・ハワイ合宿参加者感想

先代会長への恩を忘れず。今も、イトウ先生を敬う西城氏。スポーツマンとして、ジェントルマンの心は変わっていない。

ゴールデンボーイも、きっとそうなんでしょうね。ファンあってのプロボクシング。ボクサーは、常にジェントルマンであれ。

名トレーナー、エディ・タウンゼント氏の信条として、次の言葉が紹介されていました。

「人というものは、一番上になっても、また一番下になっても、それから、お金があっても無くても、変わってはいけないものョ」

ゴールデンボーイは9月、メイウェザーとのリマッチに挑み。シンデレラボーイは、良き後援者に恵まれ、王者作りに燃えている。一人で戦うばかりではないボクシング。だから、いいんですね。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→未設定 【TOP】


ハワイ・カカアコジムでBOXING合宿! 【究極の節約術 2100円で海外旅行する方法!】

★カカアコ・ジムは1泊2500円  ★アマ試合、スパー大会出場OK  ★伝説のトレーナー/スタンレー・イトウ


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2008年5月 5日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デラホーヤvsフォーブス・速報!」です。

次のブログ記事は「小学5年生・ハワイで優勝とオリンピック候補」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02