ラリオス・ダルチニヤン・世界ボクシング動向

| コメント(0)
前IBFフライ級王者ビック・ダルチニヤン(豪)が、世界王者復帰。IBF世界Sフライ級王者ディミトリ・キリロフ(ロシア)に挑んだダルチニヤンは、王者を一方的に攻め付け5回KO。2階級制覇に成功した。キリロフは2度目の防衛に失敗。

WBC世界フェザー級暫定王者オスカル・ラリオス(メキシコ)は、19位の挑戦者マルロン・アギラル(ニアラグア)を7回KO。暫定王座の初防衛に成功。

WBC世界ミニマム級暫定王座決定戦は、1位ファン・パラシオス(ニカラグア)が3位オマール・ソト(プエルトリコ)に10回KO勝ち。新王座に就いた。24勝(19KO)2敗。

OPBFバンタム級王者ロリー・松下(カシミ)選手は、比国セブで王座防衛戦に挑み、ガーオナー・クローンパチョン(タイ)に12回判定勝ち。スコアは、117-109、 119-109、 111-112 の2−1。

アントニオ・マルガリート(メキシコ)の王座返上を受けて行われた、空位のIBF世界ウェルター級王座決定戦は、1位ジョシュア・クロッティ(ガーナ)が、3位サブ・ジュダー(米)に9回負傷判定勝ちで新王座に就いた。スコアは、87-84、86-85、86-85 の3−0。

ブログランキング

★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!  <PR>爪水虫用にはコレ


今年は一度もリング登場がないWBC世界フェザー級王者ホルへ・リナレス(帝拳)選手。右肩の負傷具合が気になります。また、ウェートも。暫定王者ラリオスとの王座統一戦、あるんでしょうか。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→ブログ村   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、直接お答え致します。ご意見もお待ちしております。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


夏休みハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

カカアコジム。佐藤 修 (協栄)選手にアドバイスを贈る元世界王者・鬼塚勝也氏。

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2008年8月 3日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界1位亀田・WBA世界ボクシング協会」です。

次のブログ記事は「ハワイ・プロボクシング復興へ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02