2008年11月アーカイブ

いよいよハワイキャンプも終盤戦。だが、世界王者は疲れを見せない。まだ普通に走っている笛木 亮 選手は、頑張っている部類に入るのだが、坂田選手のスタートダッシュと共に、その心は折られてしまう。しかし、「スッゴク勉強になります。来てよかったです」その真価は、帰国後の継続にあろう。


大竹&坂田の師弟コンビも尊敬するイトウ先生。坂田選手の故郷広島は、イトウ先生のルーツでもある。


「イトウ先生が坂田のセコンドで、また世界戦のリング上ってくれるのが夢です。また日本来て下さい」


「坂田、アンタ勝って、またハワイ来なきゃダメよ!」


「必ずまた来ます!」


たっぷり汗を流しながらダイヤモンドヘッド登山。世界王者への誓いのメモリアル・メッセージ。もう7年も経ったかと思いますが、未だ健在でした。皆さん探してみてください。('-^*)/


★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


「坂田君、頑張って!」


ロードワーク中、チャンプに黄色い声援が飛んだ。


「坂田も、もてるねェ〜。若かったのか?」


「いや〜、おばちゃんでしたね」(^O^)/


「でも、走りながら余裕で、ありがとうございますって言うのも凄いですよ」(^-^)/


「そうだよなァ、坂田、おばちゃんにもてそうだよなァ」(^O^)/


「でも、嬉しいよな。こんな所で声かけてもらって」


「いや、ほんとうれしいです。ありがたいです」


ハワイキャンプもいよいよ最終日。思う存分食べるのも、ハワイまで。帰国後は試合に向け、すべてが集中される日々が待っている。ここまでは、大変順調です。大晦日、ご期待ください。


毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 


坂田ハワイキャンプ・伝説の男!

| コメント(0)
081126_0832~0009.jpg
ハワイキャンプも後半戦。先に帰国した松崎博康選手と入れ替えに参加したのは、ジャパンSの笛木 亮 選手。世界王者坂田健史選手へ初挑戦。今朝は1周約4キロのコースを3周。チャンピオンは最初から飛ばす。スタートダッシュで心をおる作戦?43分でゴール。喰らいつけずの笛木選手は、50分でゴール。これもまずまずなのだが、「これが世界と日本の差か」と、スパーサラリーマンは厳しい。初参加の松崎選手、歩いているおじいちゃん、おばあちゃんに追い抜かれるという快挙を演じたようです。「過去歴代2位の記録」チャンプも、思いだすのつらそうでした。
後、歴史に名を残す偉大なチャンピオンとなるウィルフレッド・ゴメス(プエルトリコ)。WBC世界Sバンタム級王座2度目の防衛戦で来日した22歳の王者は、”KO仕掛け人”ロイヤル小林(国際)選手の挑戦を受けた。

デビュー戦を引き分けて以来、20連続KO勝ち。小林選手が王座を明け渡した 廉 東均(韓国)を12回KOに破って王座に就いたゴメス。当初1977年8月11日に予定されていた小林戦は、チャンピオンが練習中に左アゴを骨折した為に延期。主催者は延期釈明の為、わざわざゴメスを来日させた。



すったもんだで決まった試合期日は78年1月19日北九州市。「ケガや病気以外の理由で、1月19日の試合を再び延期するような事があれば、タイトルをはく奪する」WBCも強かった時代。

17連続KO防衛を果たす事になるゴメスだが、当時、そんな未来は予測出来ない。小林選手は、「打ってきてほしいと願っている」と強気。その強打に絶対の自信を持っていた。コンビを組むエディ・タウンゼント・トレーナーも、「やっぱり、小林のパンチを警戒して足を使って来るでしょう」と予測している。

ゴメスは廉の左フックでダウンを喫していた。そして、アゴの骨折によるブランク。一発の威力では挑戦者が勝る。小林選手には大きな期待が寄せられていた。

そんなムードの中、来日したチャンピオンは練習でその強さを存分に発揮する。打たせないのである。足使ってよし、ロープを背にしても、パートナーのパンチは全く当たらない。そして、鋭いショートブローが飛んで来る。



「小林は大振りでは勝てない。どれだけショートを打てるか・・・」

エディ門下の兄弟子ガッツ石松(ヨネクラ)選手は、プエルトリコのヘスス戦でゴメスと練習を共にした経験を持っていた。ショートブロー。タウンゼント・トレーナーもそこは承知で、必殺のショートブローを小林選手にタップリ教え込んでいた。

減量苦の小林選手が、試合前日200グラムのステーキを摂れるほど減量はスムーズ。調子がいい。それだけに高橋会長は、前半抑えて行くよう指示。だが、待たされた挑戦者は初回から自慢の強打を振るって出る。



数発挑戦者のパンチがヒットする。だがチャンピオンは冷静に受け止めていた。「小林のパンチは強くない」勝者の発言だけに強がりではないだろうが、小林選手のパンチを強くないとは、たいした自信である。

3回、ゴメスの右ガードが下った。小林選手は、一打必殺の左フックで飛び込む。その刹那、キャンバスにダイビングしたのは挑戦者だった。左ショート・フック一閃。芸術的なカウンター一発。顔面からリングに落ちた小林選手。今なら、倒れた瞬間ストップだろう。





しかし、あれだけのカウンターを貰いながら元王者は立ち上がった。記憶は飛んでいる。戦う本能だけ。それは王座奪回への執念であったろう。だが、勝負は最初の一発で決していた。3回1分25秒KO。

調子がいいばかりに大振りになってしまった小林選手。少しばかりパンチが当たるので、調子に乗って前に出る。王者は冷静にカウンターのタイミングを計っていた。「狙っていたパンチ」

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

小林選手の耳に入ったのかどうかはわからないが、タウンゼント・トレーナーは、試合前夜、チャンピオンが40度近い熱を出し苦しんでいたのを知っている。ベテラン・トレーナーには、勝利への作戦があったようだ。

調子がいいばかりに、コーナーも興奮気味だったこの夜。各々が、良かれと思って様々な指示を出す。

「あれでは私の言う事、何も小林わからない」

タウンゼント氏は、いかにも残念そうに振り返る。そして小林選手も、「調子に乗りすぎた」と、痛むあごをさすりながら話すのだった。「ゴメス強いですよ」ひどいコンデションの中、冷静な一撃を見せたチャンピオンを称えたタウンゼント氏。



調子がいい挑戦者と、ひどい状態の王者だったからこそ、生まれた芸術的カウンター。スピードとタイミング。研ぎ澄まされた集中力の中から、歴史に残る一打は放たれた。

「調子良かったらいいけど、体が動かず調子悪くても、その時出来る事を考えてやるしかないよ」

試合前、選手には常にそうアドバイスする。それにしても小林選手、アルゲリョ挑戦の後がゴメス。そして次に挑んだのがフェザー級史上最高の防衛記録を持つに至るエウゼビオ・ペドロサ(パナマ)。ある意味、凄い記録を持つ選手です。

「大きなバッグ揺らしてさァ。頭振って左フック、カチーンってそればっかりやってたなァ、小林さん」

小林選手の左フックもまた、破壊力抜群の強烈なパンチでした。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 

24日昼、後楽園ホールで行われた前日本フライ級王者吉田拳時(笹崎)vsPABAフライ級王者リチャード・ガルシア(比)の一戦は、ガルシアが8回判定勝ち。吉田選手は3回、6回に右でダウン。試合はラフファイト。フライ級戦線から一歩後退となった。


★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

セミに出場の日本フェザー級9位笛木 亮 (ジャパンS)選手は、山崎武人(本多)選手に8回判定勝ち。7回、右フックでダウンを奪うも倒し切れなかった。ウェートもスムーズに落ちた今回は調子も良かった。13勝(10KO)1敗1分。今後は、キャリアを積ませたい。

アマから転向の竹中 良 (古口)選手は、阿部展大(角海老宝石)選手に4回負傷判定勝ち。プロデビュー戦を飾った。


毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 

カナダで行われた世界Sバンタム級王座統一戦。WBA王者セレスティノ・カバイェロ(パナマ)vsIBF王者スティーブ・モリター(カナダ)の一戦は、カバイェロが4回52秒TKO勝ち。統一王者となった。モリターは初黒星。


WBAホームページ にてこの試合が見れます。

WBA規定によりカバイェロはスーパー王者へ格上げとなる。既に暫定王者リカルド・コルドバ(パナマ)が君臨するこのクラス。エスカレーター式に正規王者へ昇格し、1位プーンサワット・クラティンデーンジム(タイ)との指名戦になるか。

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

2位にはジョニー・ゴンザレス(メキシコ)も控えており、コルドバvsプーンサワット戦次第では1位昇格もありえる。WBC同級暫定王者西岡利晃(帝拳)選手への挑戦権利を持つゴンザレスの動向にも注目。

そのゴンザレスは、同日レイナルド・ロペス(コロンビア)に4回2分17秒KO勝ちしている。ロペスは、前IBF世界Sフライ級王者ディミトリー・キリロフ(ロシア)とは0−2判定の惜敗。お馴染みクリスチャン・ミハレス(メキシコ)には、大差判定で敗れている選手。

西岡選手にとって怖い存在である事は間違いないが、ぜひ、対戦が実現してほしいものです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 


「あれ、見ちゃったからねェ」(~~)

”あれ”とは、1984年1月18日のWBC世界フライ級タイトルマッチ。挑戦者の小林光二(角海老宝石)選手が、王者フランク・セデ二ョを2回で豪快にノック・アウト。歓喜に浸るシーンの事である。



1983年、関 博之(帝拳)選手の挑戦を二度に渡って撃破した日本Sフライ級王者ジャッカル丸山(国際)選手はタイトル返上、引退の道を選んだ。しかし、引退一転、再起宣言が飛び出す。

世界王者となった小林戦選手とは1982年9月に戦い、ダウンを奪い分のいい引分け。この試合は小林選手の世界タイトル前哨戦。いわば噛ませとして選ばれた日本2位丸山選手。

「自分でもこんなに頑張れた事が信じられない。でも、勝ったと思った」



その小林選手が世界王座を掴んだ。「もう一度彼とやりたくて仕方ない」は、正直な気持ちだ。

超変則スタイル。ダウンを喰らってからの大逆転が十八番だった。デビュー戦は2度のダウン(スリー・ノックダウン制)を奪うも、スタミナ切れ。後半は、猛攻をくらいほうほうの態で逃げ切った丸山選手。個性的スタイルであった。



「今だったらプロテスト受からないんじゃないですかねェ」(~~)

「そうかもな」

「個性的な選手、いなくなっちゃいましたねェ」

現代では合格率5〜6割程度(関東地区)のプロテスト。しっかり2ラウンドのスパーリングで判定される。昔は、早いものでした。1分もしないうちに終わっちゃうケースもありましたね。もっと昔になると、入門1、2ヶ月程度でプロになっちゃう選手が、たくさんいた時代もありました。

今、4回戦ボーイが足らないという。マッチメークの現場は大変だ。試合まで3ヶ月ほしいという4回戦ボーイも珍しくない。テストに合格しても皆がデビューするわけではない。それを思い出、いや記念だけにとどめるライセンサーも数多い。ジム側としては、ある程度のレベルに達した者をテストに送り込むわけだが、不合格、即あきらめてしまう練習生もまた多い。いつまでもテスト受けられないと、これまたジムを去っていく練習生。

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

「もう少し殴り合いって事考えないと、ジャッカルみたいなの出てこないよなァ」

「反則はダメだけどさァ、もう少し幅広げてくれてもねェ」

ボクシングは殴り合うスポーツ。基本は大事。しかし、基本を崩す変則もあり、それは戦いにおいて通用する。昔は、上手くないけど、体力があって、前に出る迫力あった選手がいたものです。一つ一つ勝ち上がって行く事で、自然と上手さも身に付いていった。反対に上手くなったけど、迫力なくなって落ちていった選手もいましたが。

「体力、もっと見てくれてもいいよなァ」

最初のテストに落ちても、いや何度か落ちてもチャンピオンになった選手はたくさんいます。あきらめず、自分の形を作る事だと思います。カッコよくないスタイルにおいては、体力ある事は重要用件。

第二のジャッカル選手。出現してほしいものです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 

1991年チャンピオンカーニバルの超目玉カード。日本フライ級王者ピューマ渡久地(ビクトリー)vs1位チャコフ・ユーリ(協栄)。12戦全勝11KO勝ちを誇る王者と、アマ世界王者からプロ転向、6戦全KO勝ちの挑戦者。

3月21日後楽園ホールは、超満員の大観衆で埋め尽くされるはずだった。強すぎて相手が見つからないユーリ選手を世界のレールに乗せる為、A級トーナメントに参戦させ優勝。目論み通り日本タイトル挑戦にこぎ着けた協栄ジム。

外人選手であろうと日本で世界挑戦を目指すなら、まず日本のベルトから。「ユーは、頭いいねェ」先代会長は、大竹マネジャーを褒めた。



「渡久地はとても強い」挑戦者も十分チャンピオンの強さを認識していた。ユーリが強いと水を向けられると、ムッとして拳を突き出して見せた渡久地選手。ベテラン・デイリースポーツの芦沢記者の予想はチャンピオンのKO防衛。

2月4日後楽園ホールの前売り券発売には行列が出来た。しかし、この試合のチケットは発売中止。渡久地選手のケガが原因となっている。日本タイトルを返上し、ジムから姿をくらました渡久地選手。その真相は、芦沢氏のコラム(NO.3)で。



プロではまだ試されていなかったユーリ選手。やんちゃな喧嘩ファイター渡久地選手が、この時戦っていたならば、その結果はどうなっていただろう。2年半のブランク後にはない、獰猛さを持っていたあの頃。

相手が変わり軽く日本王座を手に入れたユーリ選手は、一気に世界王座に駆け上がる。渡久地選手には、JBCから無期限出場停止の厳しい措置が取られた。この2年半で二人の地位は、あまりに大きくかけ離れる。

世界ランカーへスス・ロハス(ベネズエラ)に初黒星の再起戦。ようやく日本王座復帰を果たした渡久地選手に、WBC世界フライ級王者勇利・アルバチャコフ選手への挑戦話がまとまる。



と言っても、簡単にまとまったわけではない。先のトラブルから、少なからずしこりがあった両陣営。ようやく渡久地選手側のOKが取れたと思いきや、今度はチャンピオンがゴネ出した。「もっとファイトマネーを上げてくれ」

8度タイトルを防衛している自負。そして、この試合が大きな話題に上がっている事を知った王者は、「そんなに騒がれるなら、もっとくれても良かろう」という単純な考えだが、誰も説得出来ない。決定直前、暗礁に乗り上げたタイトルマッチ。



「勇利、この試合そんなに人気があるなら、TVの視聴率15%を越えたら1%に付き百万円のボーナスをだそう。それならいいだろう」

わかりやすい提案にチャンピオンは即座にOK。この交渉役は、大竹マネジャー。「いや〜、ご苦労さん、ご苦労さん。ユーもやるねェ」先代会長も大いに喜んだ。

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

5年の歳月を経ての対戦は、チャンピオン圧倒的有利。しかし、挑戦者の「勇利には負けない」という執念に期待が賭けられた。1996年8月26日両国国技館。運命のゴングは鳴った。



勇利アルバチャコフvs渡久地隆人(十番TY)・動画   続 き4R〜   続 き7R〜

世界の舞台で戦い続けて来たチャンピオンは強かった。挑戦者がピューマ渡久地であったなら。「5年前の日本タイトル戦を見たかった」浜田剛史氏の言葉は、ファンの胸中を代表したものだろう。

TV東京の視聴率は12.4%。これまでの防衛戦を越える最高をマーク。9回で勝負が付いてこの数字。ボーナス、微妙でしたね。9度の防衛に成功したチャンピオンもブランクには勝てず、この試合がラスト勝利となってしまった。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 

19日、元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎選手と会見した、大阪帝拳ジム吉井 寛 会長であったが、引退問題は平行線。現役続行を主張する辰吉選手とは持久戦の様相を呈して来た模様。

辰吉引退拒否!吉井会長と会談も平行線(スポーツニッポン)

元日本フライ級王者ピューマ渡久地選手。”平成の三羽鳥”と謳われ、野性味あふれるファイトと、その強打は多くのファンの心を掴んだ。天才肌の人気ボクサー。現役最後は協栄ジム所属。そんな渡久地選手を襲った不運。



1998年10月12日、WBA世界Sフライ級王者飯田覚士(緑)選手への挑戦を発表した同級7位の渡久地選手。大竹マネジャーは、念のため健康診断を受けてくるよう指示した。協栄ジムでは大きな試合の前に、皆受けるものである。

脳梗塞。協栄ジムに近い新宿区の春山外科病院にはコミッション・ドクターも勤め、36歳にしてプロボクサーライセンスを手に入れた脳外科医・高橋伸一郎氏がいる。協栄グループの誰もが信頼する人物である。良く、スパーやりました。(~~)

ショッキングな診断を受け、協栄ジムはすぐに試合のキャンセルを申し入れる。代役挑戦者へスス・ロハス(ベネズエラ)が挑戦することになるのだが、チャンピオン防衛ムードが濃かったこの試合で、飯田選手は試合中右肩脱臼の不運に見舞われる。王座喪失。

「渡久地、やらせてあげたかったなァ。一生懸命やってて、かわいそうだったよ。渡久地がやってたらなァ」

世界挑戦一転、ジムから引退を突きつけられた渡久地選手はあきらめきれない。いくつかの病院を廻り、診察を受ける日々が続いた。脳梗塞というのにはオーバーという診断を下す病院もあった。食生活をしっかりすれば治る。渡久地選手は再起を目指した。

私の観ていた練習生も脳梗塞を患った事があった。プロテスト目前であったが、スパーを見てるとちょっと足がおかしい。本人は大丈夫だと言い張ったが、危険を感じた。すぐに高橋先生に診断を仰ぐと、軽い脳梗塞との事。

「俺の身内だったら入院させて、しっかり治させるよ」

すぐさま入院させた。私の住むマンションの隣の部屋に越して来たのが縁で、再度ボクシングへチャレンジしたのだが、残念な結果になった。乳飲み子を背おった奥さんを前に、「もうやらせられないよ」と告げた。

元WBA世界Lフライ級王者渡嘉敷勝男(協栄)選手は、WBC王者 張 正九(韓国)を後一歩まで追い込むも、不可解なストップ負け。これではあきらめきれない。まだ若い渡嘉敷選手は、再起に燃えていた。



健康診断。ほんの少し脳波に異常がある。と言っても、通常生活には何の支障もない範囲。普通で言えば健康である。しかし、高橋ドクターは、「ボクシングが危険なのはわかっているだろ。俺は、奥さんにお前を健康なまま返してあげなければいけない」

「高橋先生に言われたら、俺は従うしかないよ」

強気の渡嘉敷選手は荒れた。荒れる時もトコトン半端じゃない。何しろ、東京に出てボクシングを始めるに当たり、タバコをやめる決意をした不良少年は、除夜の鐘を聞きながら、鼻の穴、耳の穴と、口に入るだけのタバコを入れ、最後としたくらいだ。(~~)

雌伏1年。渡久地選手は執念のカムバック戦リングを迎える。JBCの引退勧告を、”試合後の検査”との条件付で退けての再起戦。兄貴分の五代ジム・田中会長と懸命の調整が続く。世界挑戦が流れた時、左足かかとにも大きなケガがあった渡久地選手。スパーでは足を引きずっているように見えた。

大竹マネジャーは再起戦のマッチメークを任された。1年4ヶ月ぶりになるバンタム級渡久地選手の相手に選ばれたのは、鹿島其成(沖)選手。6勝(1KO)5敗5分。頑張り型のファイターだが、パンチはない。

試合は意外な展開。初回から渡久地選手はマットに落ちた。迫力がない。2回も試合にならない。何とかこの回は持ちこたえたが、3回開始早々つかまり21秒浅尾レフェリーは試合をストップ。鹿島戦選手が嬉しい3年ぶりの白星を飾った。



無惨な敗北を喫したにもかかわらず、すぐさま再起表明の渡久地選手は、「休んでなんかいられない」しかし、金平桂一郎会長は、「引退を勧める。渡久地が納得するまで話をする」とコメント。

その夜、沖ジムのトレーナー氏と酒席で隣り合わせた。

「良かったですねェ」

「嬉しいですねェ。頑張る子ですから、良かった」

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

仲里 繁 (沖縄W)選手に痛烈なKO負けを喫し、1年3ヶ月のブランクを作った事もある鹿島選手。1分をはさんで4連敗の記録もあるが、それらを克服した努力の選手だ。

「もし、名をさしめるような事があるなら、知らない所より、知ってる所の選手の方がいいだろ」

無念の表情で大竹マネジャーがつぶやく。沖ジムは、元フェザー級ランカーとして活躍した協栄ジムOB宮下 功 氏が会長を務める。中学生の大竹少年に、初めてボクシングの手ほどきをしたのが、宮下トレーナーだった。

渡久地選手は、二度とリングに立つことはなかった。現在は、ピューマ渡久地ボクシングジム を主宰し、元気に後進の指導にあたっている。そして、鹿島選手も良き勲章を想い出に、リングを去っていった。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 


昨日、神妙な表情でハワイキャンプに出発したWBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手。10年経っても”地獄のハワイ・キャンプ”。決して楽しそうな顔になれないのは良くわかります。(~~)

同行の松崎博康選手は、マイペースを貫く所存のようだが、あんまり遅いとおいていかれます。罰則1周(約4キロ)追加もあるんですよねェ。食事後の痛い足を引きずりながらの散歩も、大変な苦痛になるでしょう。(~~)


ゴールで到着を待ってくれるのは、ゲータレードだけですよ。(~~)

「松崎、しっかりやって来いよ!」

「向こう付くのは夕方ですか?」

「朝だよ朝。早朝。成田飛び立って9時間後には、間違いなく走ってるよ」

ちょっと表情が曇った早大卒の松崎選手でありました。萩原先生は横で渋い顔。「坂田が速いの知ってるのかなァ」の声も。頑張ってもらいたい。

大晦日、坂田選手5度目の防衛戦のTV放映が、TBS18時からの生中継と内定した。これは大いに気合が入る。強力な裏番組が並ぶ中、日本テレビ系列の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! スペシャル」が30分遅れで放送される。

坂田 打倒ダウンタウンだ 大みそかに5度目の防衛戦(中日スポーツ)

坂田選手のグローブには、”TEAM CYBORG”としるされている。TBS系で02年10月から半年間放送された番組”サイボーグ魂”で、ダウンタウンの松本人志さん、千原ジュニアさんらにボクシング指導をしたのが大竹マネジャー。そんな縁で、今でも坂田選手を応援してくれている松本さんとジュニアさんです。


タイトル獲得直後の坂田選手とジュニアさん。

手に汗握る後半戦と重なるダウンタウンの番組スタート。指名挑戦者デンカオセーンは、初回から出て来る事が予想される。立ち上がりの一発は要注意。臆せず攻めきる事が出来るかチャンピオンという試合は、後半戦に勝負の大きな山がやってきそう。

地元を意識して固くなったりしたら怖い前半戦。これまで地元防衛戦で王座を失ったチャンピオンは、楽な挑戦者と見ていたケースが多い。先輩・具志堅用高選手も初の地元沖縄で王座を失った。前戦で苦戦したとはいえ、安全パイと見られていたペドロ・フローレス(メキシコ)。

柴田国明(ヨネクラ)選手も、地元で力が入ったのか、8位アルフレッド・エスカレラ(プエルトリコ)の右一撃であっけなく王座を失った。

★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

「まさか世界チャンピオンとして地元で試合が出来るとは思わなかった」

国内関東エリア以外で戦った事はなく、いきなりの地元試合。しかも、相手は最強の挑戦者。だが、唯一の海外遠征となっているパリでは、パナマリングの救世主ロベルト・バスケス(パナマ)を相手に、異国を介せず、強い相手に臆する事無く戦う事が出来た。



派手に勝つすべはないが、強い相手には強い坂田選手である。天才トラッシュ中沼(国際)選手、ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)、バスケス。いずれも惜敗したが、黒星を喫した3人には全て借りを返した。理論、理屈では勝てないんですけどね。(~~)

カッコつけようとするチャンピオンではないので、地元ファンの為、TVで応援してくださる全国のファンの皆様の為に、出来る事は精一杯やる。その精神は間違いない。何もやらずにズルズルはありえません坂田選手。そこが強みでしょうか。

”ガキの使いやあらへんで!!”は、ボクシングが終わってからゆっくり観て下さい。松本さんもきっと応援してくれていますから。(~~)


16オンスのプライム・リブ。

ハワイキャンプで最初の笑顔が見れるのは、坂田選手の大好物、”16オンスのプライム・リブ”を目の前にした時でしょう。もちろんサラダにライスも平らげます。目一杯走って、目一杯食べる。

ロードワーク終えた後もそうですが、毎日のスパー、ミット打ちが終わった後は、息は荒く呼吸はハァー、ハァー。これは誰でも同じ。違うのは、力が付いて来たからといって、それを出さずに終わる事が1日もない。あるレベルに到達すると余裕を持つ事がいい事だと勘違いする輩がいるが、坂田選手にそのような考えはない。

昨日よりも今日。ダッシュの1本、1本も、毎日全て全力投球。結局、この積み重ねでしかありません。走ってひたすら肉。汗をかいては食べる。ハワイの気候は体の新陳代謝を高めます。

「坂田にも、もっといい目あわせてあげたいねェ」

しみじみとつぶやく事がある大竹マネジャー。後半戦、私も参加を予定しています。チャンピオンの更なる成長をお楽しみに。ご声援、よろしくお願い申し上げます。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 


1985年(昭和60年)2月5日、2度目の世界王座挑戦契約を済ませていた赤井英和(グリーンツダ)選手が、伏兵大和田正春(角海老宝石)選手にまさかの7回KO負けを喫し、意識不明の重体。すぐさま救急車で病院に担ぎ込まれ、緊急手術を受けた。

幸いにも快方へ向った赤井選手は、驚異的な回復力を見せ30日退院する事が出来た。その後の活躍は皆様ご存知の通りです。

この事故を重く見た日本プロボクシング協会(木村七郎会長)は、2月16日、全選手にCTスキャン検査を義務付ける事をJBCに進言する。そして、延べ800人以上のプロボクサーのCT検査が実施された。

現在ではプロテスト受験時にCTスキャンは義務付けられている。テストへの第一関門はここ。「CT、大丈夫だったか?」不適格で選手になれなかった者も数多い。



11月3日、何の前触れもなく朝日新聞が一面トップで、”プロボクサーに脳検査、不適9人引退勧告へ”と報じた。ボクシング界は大激震に見舞われた。検査で引っかかった選手は28人。内19人は新規にライセンスを申請した選手達で、CT検査の結果を受け、不合格と判断された。

最終的に引退勧告を受けたボクサーは8人。氏名は公表されない。それは、ボクサーとしては不適格であっても、通常生活を営む上には何の問題もないからであった。しかし、選手の側から不満爆発という形で名乗りが。

日本Sフェザー級王者イサヤ・イコニ(ヨネクラ)選手。ケニアからの輸入選手で、安里義光(協栄)選手に2勝1敗と勝ち越し、WBA世界4位にランクされていた。イコニ選手は、再検査でも不的確状態が認められた。


イサヤ・イコニ選手。

「アマで100戦以上やり、これまで無事故。やめろと言っても、納得するわけがない。イコニも私も生活が掛かっている。生活権の侵害を裁判で訴えるしかない」

米倉会長の心中は察して余りある。1981年9月、山本兼当(楠三好)選手とのデビュー戦を飾って以来4年、ようやく世界王座挑戦の話も決まりかけていたイコニ選手。同情は集中した。

「アイツは強かったねェ」(~~)(山本氏)

一夜明け、JBCの小島事務局長は協会首脳陣を前に、「引退勧告には従ってほしい」と通告。WBA、WBCからの支持も報告された。協会首脳はその場で従う事を確約。同席した米倉会長も、この場に及んでの異議は唱えなかった。



「生活権よりも、人の命の方が大切です」

「世界的な基準があるのかどうか、気がかりな部分もある。日本で駄目な選手が他の国では試合をやれる事のないよう、コミッションに申し入れしました」

イコニ選手には、ケニアに帰り就職する事、トレーナーとして日本に残る事、海外でボクサーとして戦う事の三つが、米倉会長から提案された。


★竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

医学会からもこの引退勧告の根拠となる学説に意が唱えられる。朝日新聞へ、”学説的な根拠が薄弱”と投稿する専門医も現れた。しかし、「スポーツ医学は予防です」ボクシングの現場に携わるコミッション・ドクターの言葉が全てだろう。

「ボクシングは人間の鍛える事の出来ない急所を攻め合って成り立っている。だからこそ、我々は過大といえるぐらいに安全体制を築かなければならない」

小島事務局長の言葉には説得力がある。網膜剥離を患った日本人選手がリング活動を続けられたのは、辰吉丈一郎(大阪帝拳)選手のみ。この特例が、いかにJBC苦渋の決断であったかが、うかがい知れる。


ラスト・ファイト。イコニ・TKO5回・ 東 90/10/22。

活動中のIBF日本参加の可能性もあったイコニ選手だが、潔くリングを去る。その後、ヨネクラジム・トレーナーに転進した。現役日本王者、世界4位。米国でのフリオ・セサール・チャべス(メキシコ)挑戦話がほぼ決定。いきなりの引退勧告のショックは、本人にしかわからないだろう

安里選手との3連戦は、強烈な印象を残しています。初戦、辛くも勝利した安里選手であったが、これはダウン勝ち。試合後の医務室で顔を合わせたイコニ選手に、「もうあなたとはやりたくない」と盛んに言ってました。笑う側で、その言葉を見逃さなかった米倉会長の表情、今でも瞼に残ります。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


 

 

16日、名古屋へ乗り込みOPBFミニマム級王者和賀寿和(畑中)選手へ挑戦した日本王者黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手は、見事な勝利でタイトル奪取に成功すると共に、5年前の借りを返した。

会場から実況メールが届く。1ラウンド、黒木選手ダウン。固いです。ウ〜ン、ホントかよ。5年前、第1ラウンド僅か40秒でKO負けを喰らった相手が和賀選手だ。トラウマになっていなければいいが・・・。

2回目、固さが取れて来ました。左、当たり出しました。黒木ペース。4回終了、ジャッジ全員が38−37で黒木選手リード。4回に黒木選手の左でカットした和賀選手の傷は大きい。ストップの可能性も。

黒木選手の手数に和賀選手ついていけません。ワンサイドになりつつあります。判定は、118−109。117−110が2者。文句ない黒木選手の勝利。おめでとうございます。残念、畑中会長。

長い事、協栄ジムに通いWBA世界フライ級王者坂田健史選手のパートナーを務めた黒木選手。毎回6ラウンドのスパーは苦戦の連続、結構ボコられていたように思います。



「岩本会長も厳しそうでしたねェ」

「でも、よく頑張るよ。ミニマムだったら強いよ」

「また、ボコられちゃいましたァ」(~~)

最近力を入れている世界王者の左アッパーは強烈。ダブル、トリプルで、顎とボディを自在に打ち分ける。かと思うと、溜めの入った右アッパー真中ボディが突き刺さる。離れればすかさずジャブが飛んで来る。4回過ぎると、耐える展開に。でも、よく頑張り通した。



陽気な黒木選手は、面白い性格している。協栄ジムでも人気者。世界チャンピオンになれる性格に分類されるだろう。強敵和賀選手との対戦だけに、連日気合が入っていた黒木選手。スパー終了後は、坂田選手と同じペースで、黙々とサンドバッグに立ち向かう。

「いい事は何でも、マネする事から始まるんだよ」

素直な黒木選手は、即実行。スパー後のおしゃべりタイムをなくし、腹の中を空にするボディ踏みも志願していた。練習終了後は坂田選手に近づき、あれこれと質問。



ホップ、ステップで来年はタイミングを見ての世界挑戦か。A5位、C3位にランクされる黒木選手、気を抜かずに世界王座挑戦のチャンスを掴んでもらいたい。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

21日、マスコミの皆さんを前に公開練習を披露した坂田選手。10ラウンドのスパーとミット打ち2回。夏以降左アッパーに磨きをかけているチャンピオン。その肩から左上腕の筋肉は、明らかに右腕のそれより大きい。新聞によっては2倍と書かれてましたね。(~~)

「パーラだって、左の腕太かったぞ〜。やっと世界の左になって来たな」



スパーとミット打ちだけで作った筋肉。シンプルだけど成長しますねェ。ボクシング・マガジン12月号にも、”・・・正直、驚かされた。”と、あります。

「ビックリこいた。だろ、サンちゃん」(~~)

「でもその分150g位、重くなっちゃたからなァ。それも考えていかないと」



地味な努力の結果ってこういう事かとわかりやすい。今まで打っていない性質のパンチが増えました。いよいよ明日からは、ハワイキャンプ。「下半身をしっかり作る」これだけが目的です。スタンレー・イトウ先生 への表敬訪問も欠かさないチーム・サイボーグ。

今回のキャンプ同行者は、松崎博康選手。初めての参加となる。

「瀬藤も初日でパンクしたしなァ。鈴木なんか首つりたくなっちゃたらしいよ」(~~)

一瞬、顔が引きつるも、まだ余裕の松崎選手。初めてのハワイへの期待感は隠せない。早朝着のホノルル便。空港からホテルに着いて即する事は、ロードワークです。松崎選手のご健闘をお祈り致します。(~~)

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)



   

タイで再起を果たした”浪速のジョー”辰吉丈一郎選手であるが、既にJBCライセンスは失効。選手としてのランセンス再発行は望めない。タイで予定されていた第2戦は中止。海外試合を模索する辰吉選手は、厳しい状況に追い込まれている。



大阪帝拳ジム側の、引退勧告を行ったという事実が、辰吉選手側に認識されていない。という理由で、JBCは大阪帝拳ジム・吉井 寛 会長に対し、再度引退問題を話し合うよう通告を出す模様。

JBCが辰吉の“引退試合”協力も(デイリースポーツ)
JBC、所属ジムに辰吉の説得指示(サンケイスポーツ)

もう一度、”世界チャンピオン”になる。辰吉選手の強い意志は、よく理解出来る。ここまでの道のりは厳しかったが、幾多の苦難を乗り越え、たくさんのドラマを見せてくれた。



去る10月26日、タイ・リングで辰吉選手の相手を務めたのは、タイSフライ級4位パランチャィ・チューワッタナ。日本で5戦5KO負け。それも全て3回以内という戦歴。浪速のジョーが、こんな選手と戦うのはデビュー戦以来だ。

男女を問わず、高年齢ボクサーは増えている。JBC公認の最高齢ボクサーは、45歳の猪崎かずみ(花形)選手。今年6月24日、豪・メルボルンでは間もなく50歳のアズマー・ネルソン(ガーナ)vs44歳・ジョフ・フェネック(豪)のオールド対決が公式試合として行わた。世界中から心配されたようではあるが。

【オヤジは戦う!マッカラー・フェネック・ネルソン】

薬師寺保栄(松田)選手から王座を奪ったウェイン・マッカラー(アイルランド)38歳のカムバックも、ならなかった。辰吉選手引退に対する世間の反応は?46%が引退を勧め。38%が現役続行。

【意識調査・【辰吉「現役続行と引退」あなたはどう思う?】



リングは死と隣り合わせ。事故が付いて廻る。試合はもちろん、ジムでのスパーリング、プロテストでもリング禍は起きている。WBC最優秀コミッション3年連続受賞のJBCが掲げる永遠のテーマは、健康管理、リング渦の防止に尽きる。

辰吉選手は、スパーリングパートナーであり、親友でもあったグレート金山(ワタナベ)選手の事故を目の当たりにしている。ボクシングを天職と考える辰吉選手には、現役続行への強い意志がある。だが、歴戦の中、大きなダメージが蓄積されていった事も想像して余りある。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

JBCが大阪帝拳へ「辰吉引退」説得要請(日刊スポーツ)

健康問題。ジム制度保持。大きな花道(公式スパー)を作って引退。JBCは大阪帝拳ジム側の説得に望みを託す。JBCも、一度振り上げた刀を、納める事は出来ないだろう。

かつて、キックの王者藤原敏男選手と元世界ライト級王者ガッツ石松選手の異種格闘技戦が実現寸前まで行ったことがある。TV放映も決まっていた。しかし、これはキャンセル。JBCは石松選手に対し、この試合が実現されたならば、ボクシング界からの追放を告げたという。

浪速のジョーは、もう十分に”国民の期待”に応えてくれたと思う。ボクシング世界の新しい道で、もう一度世界チャンピオンに輝いてほしい。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)



   

注目のフライ級。15位に12月23日王者内藤大助(宮田)選手へ挑む山口真吾(渡嘉敷)選手が入った。1位ポノムルンレック・クラティンデーンジム(タイ)、2位フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)、3位亀田興毅(亀田)選手と続く。

パナマのホープ、ルイス・コンセプシオンが5位。10位にワンディー・シンワンチャー、11位升田貴久(三迫)選手。8月、升田選手に大差判定負けを喫しているワンディー。その後の6回戦一つの白星と、日本での判定の不当さ(そんな事はないが)でも訴えたのか、負けた升田選手の上にランキング。勝負がついている選手の関係が短期間で入れ替わるのは、大いにおかしい。

12位清水智信(金子)選手。清水選手と対戦する暫定王者五十嵐俊幸(帝拳)選手は30位。OPBF王者大久保雅史(青木)選手28位、吉田拳時(笹崎)選手31位。

【最新WBCランキング】

Lフライ級14位に新OPBF王者和田峰幸生(築豊)選手がランクイン。再起を果たした國重 隆 (大阪帝拳)選手が8位にアップ。

Sフライ級。王座陥落したクリスチャン・ミハレス(メキシコ)は3位。ムニョス、バスケスと元王者が並び、6位に中広大悟(広島三栄)選手。河野公平(ワタナベ)選手は11位。OPBF王者富山浩幸之介(ワタナベ)選手15位。16位に翁長吾央(大橋)選手。小松則幸(グリーンツダ)選手は28位。29位に日本ノーランクの新鋭、粉川拓也(宮田)選手。

バンタム級。王者長谷川穂積(真正)選手にアッサリと2回KO負け。打たれ脆さを露呈したアレハンドロ・バルデス(メキシコ)は、一気に圏外の16位へダウン。2位にはシンプウェ・べティカ(南ア)がアップ。次の指名試合ブシ・マリンガ(南ア)戦をクリアすれば、長谷川選手の王座はまだまだ安泰そうだ。

4位サーシャ・バクティン(協栄)選手、日本王者大場浩平(大一スペースK)選手は6位。三谷将之(高砂)選手15位。

Sバンタム級。正規王者イスラエル・バスケス(メキシコ)は、1位ラファエル・マルケス(メキシコ)との4連続対戦が認められた。暫定王者西岡利晃(帝拳)選手は、2位ジョニー・ゴンザレス(メキシコ)との対戦を義務付けられたが、1月3日の初防衛戦は9位ヘナロ・ガルシア(メキシコ)と対戦。西岡vsゴンザレス戦、観たいですねェ。

日本王者三浦数馬(ドリーム)選手12位。木村章司(花形)選手が18位。下田昭文(帝拳)選手は26位まで後退。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

フェザー級。王者オスカー・ラリオス(メキシコ)には休養の勧めで、1位エリオ・ロハス(ドミニカ)と2位ユーリオルキス・ガンボア(キューバ)の間で暫定王座決定戦が承認されている。

ラリオスに惜敗した栗生隆寛(帝拳)選手は3位にランクアップ。これは異例の大躍進。近い将来再びチャンスが与えられそうだ。日本王者松田直樹(帝拳)選手は9位。新OPBF王者細野 悟 (大橋)選手19位。

正規王座空位のまま暫定王座に就いたウンベルト・ソト(メキシコ)。6月、フランシスコ・ロレンソ(ドミニカ)との王座決定戦は、ソトにとって不運な結果。再びロレンソと正規王座を争うのだろうが、ソトの勝利は固いでしょう。13位にOPBF王者内山高志(ワタナベ)選手、日本王者矢代義光(帝拳)選手17位。

暫定王者の防衛ロードは、歓迎出来ません。速やかにルール通り正規王者と戦うべきで、いかなる理由があるにせよ、それが実行できないならば、王座剥奪で良いのでは。これが守られないと、暫定王座の意味、全くなくなってしまいます。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

内藤vs山口・批判とヒーロー誕生

| コメント(0)
発表された内藤大助(宮田)vs15位山口真吾(渡嘉敷)のWBC世界フライ級タイトルマッチ。4度の防衛戦中、3人目の日本人挑戦者を選んだ内藤選手陣営に批判が集中。”これでは世界タイトルマッチ”といえないとの声。

伝統ある日本フライ級歴史。昭和27年5月19日、日本人で初めて世界のベルトを巻いた白井義男(カーン)選手のランキングは1位。5度目の防衛戦で無敗の1位パスカル・ペレス(亜)に敗れ王座陥落。フライ級王座は、ペレスからポーン・キングピッチ(タイ)へと移る。白井選手も、ペレスも自らの衰えには勝てなかった。

昭和37年10月10日、日本に二人目の世界フライ級チャンピオンが誕生した。ファイティング原田(笹崎)選手。19才の若武者は、4ヶ月前エドモンド・エスパルサ(メキシコ)にデビュー以来の連勝をストップされたばかり。バンタム級転向を決めていた。

王者ポーンとの世界戦契約を済ませていた世界1位矢尾板貞雄(中村)選手の突然の引退。無理やりランク10位に押し込んだ原田選手がピンッヒッターとなったわけだが、国民の感心は悲観的なもの。王者が勝っても防衛とは認めないという程のタイトルマッチ。しかし、原田選手は勝った。奇跡の勝利=ニューヒーロー誕生である。



昭和42年12月14日、初めての日本人同士の世界戦。Sフェザー級王者沼田義明(極東)選手へ挑戦した小林 弘 (中村)選手のランキングは1位。中村会長は、小林選手のランキングを1位に持っていく事を考えていた。蔵前国技館の観衆は7千人。放映はTBS。

エデル・ジョフレ(ブラジル)に勝ち2階級制覇達成。4度の防衛に成功していたファイティング原田選手は、伏兵19才の6位ライオネル・ローズ(豪)に敗れた。1位選手との指名戦が、急遽下位のローズに変更された。6位は世界戦直前になって上がったものである。ローズは、オーストラリアの英雄となった。

世界王者に敗れて世界挑戦のチャンスを掴んだのは大熊正二(新日本木村)選手。昭和49年10月1日、5ヶ月前の善戦で10位にランクされた挑戦者は、王者ベツリオ・ゴンザレス(ベネズエラ)に判定勝ちし、殊勲の王座奪取。



2度目の王座を獲得した 朴 賛希とは3度対戦した大熊選手だが、大熊vs 朴 の連戦に、それ程の批判は起こっていない。3度が全て好試合だった。大熊選手が韓国で 朴 に挑戦する事が発表された時は、”望みなき挑戦”といわれたものです。

”炎の男”輪島功一(三迫)選手が、その人気を不動のものとしたのは連続6度の防衛期間中ではなく、オスカー・アルバラード(米)、 柳 済斗(韓国)にKO王座転落するも、不可能といわれたダイレクト・リマッチで勝利した事による。アルバラード戦は4位、 柳 戦はランキング9位。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

昭和50年代に入ると、ランク下位、10位の日本人挑戦者が目立つようになる。アルゲリョ、ゴメスらと戦った”KO仕掛け人”ロイヤル小林(国際)選手が、リゴベルト・リアスコ(パナマ)を倒し世界王座を奪った時のランキングは9位。初めてのSバンタム級試合であった。



米国でロッキー・フラット(米)を制し、WBA世界Sウェルター級王座を持ち帰った三原 正 (三迫)選手。初防衛戦の相手デビー・ムーア(米)はプロキャリア僅か8戦、三迫会長がランカー全てのテープを見た上で選んだ挑戦者だったが、三原選手はあっけなく王座を手離す結果に。ムーアは世界10位。



12月23日の世界戦の勝者は、2連続WBCからの義務試合を消化しなければならない。2連続指名試合とは余り聞かないが、日本人対決が続く事に対する影響なのだろうか。どちらが勝っても、強い挑戦者が日本へやって来る。それは楽しみです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

ようやく発表されたWBC世界フライ級王者内藤大助(宮田)選手4度目の防衛戦。12月23日、王座へ挑むのは山口真吾(渡嘉敷)選手。今年3月29日、WBA王者坂田健史(協栄)選手へ挑んだのに続く三度目の世界挑戦。

3人目の日本人挑戦者を迎える内藤陣営には、厳しい批判もあるようです。”国民の期待”に応えて来た内藤選手だけに、これはつらい。

内藤、山口と防衛戦…4度目 WBCフライ級(毎日新聞)

さて、タナボタ式にチャンスが廻って来た挑戦者であるが、こちらは背水の陣。坂田選手に敗れた直後、渡嘉敷会長は1年以内に再びチャンスを作る事を山口選手に約束。山口選手はすぐに再起、11月24日に予定されていた試合では、世界上位ランカーを招聘する考えがあったのは確か。強気が運を呼び込んだ。

山口「ラストの気持ち」内藤戦へ全力宣言(日刊スポーツ)

山口選手が挑戦者に選ばれた事は幸運だ。私の周りには、「吉田拳時(笹崎)選手と戦うよりもいいのでは」という見方もある。過去のスパーでは、内藤選手に見劣りしなかったという挑戦者。渡嘉敷会長と、内藤選手を指導する野木丈司トレーナーは、協栄ジムで同時期に汗を流した間柄だ。内藤vs山口戦は、国民の期待に応えられるのか。


ノーマークから世界挑戦権を勝ち取った渡嘉敷勝男選手。

世界挑戦のチャンスを掴む運は大変だ。具志堅用高(協栄)選手王座陥落後、金平正紀会長がタイトル奪回の一番手に選んだのは9戦無敗の多田浩幸選手。しかし、実績作りの日本王座挑戦に失敗。3週間後のOPBF王座挑戦にも敗れ、多田選手は脱落。最後に金平会長が選んだのが、渡嘉敷勝男選手。正直、それ程期待はしていなかったと聞く。

1973年10月17日、ハワイ・ホノルルでWBA世界Sフェザー級王座2度目の防衛戦を行った柴田国明(ヨネクラ)選手は、前王者ベン・ビラフロア(比)に痛烈な初回KO負けを喫し、タイトルを手離した。


左一発。僅か116秒で王座を手離した柴田国明選手。

4ヵ月後、柴田選手の再起戦はWBC世界Sフェザー級王座への挑戦だった。再起、即世界戦。しかも、初回KOで敗れたばかり。2階級王者はそれでも期待された。王者リカルド・アルレドンド(メキシコ)は、72年11月29日のノンタイトル戦で上原康恒(協栄)選手に判定負け。

だが、最初にアルレドンドとの対戦が決定と報じられたのは門田新一(三迫)選手。11月20日、日大講堂。郡司信夫氏は、「門田に期待」と予想されている。


大差判定勝ち。3度目の王座に就いた柴田国明選手。

アルレドンド挑戦は、上原選手が柴田選手に譲った形。金平=米倉会談では、勝者に上原選手が挑戦という事で話がついていたと言うが、それは実現しなかった。

同時期、門田選手にはWBC世界ライト級王者ロドルフォ・ゴンザレス(メキシコ)への挑戦話があり、アルレドンドは上原選手と戦う事になった。ゴンザレスのマネジャー、ジャッキー・マッコイと親しい、ハワイのサム・イチノセ氏からの話であったが、決定直前、挑戦者は変わる。


予定通り?10回でKO負けの鈴木石松選手。

1973年9月8日、パナマでWBA世界ライト級王者ロベルト・デュランへ挑戦。元気なく10回TKO負けしたばかりの鈴木石松(ヨネクラ)選手が、再び世界へ挑む事になった。こちらも再起、即世界挑戦。試合は1月17日、こちらも期間僅か4ヶ月である。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

しかし、試合9日前になって延期。その理由は、ゴンザレスが毒クモに刺されたという事であったが、実際は「目方落ちなかったのね」(スタンレー・イトウ先生)ゴンザレスは、天狗になっていたのだという。良いオプションの消化先として、日本が選ばれたようです。

2月、一試合はさむ事が出来た鈴木選手。「ミミズだって、体半分ちぎれても、コンチクショーって暴れるでしょ」(エディ・タウンゼント・トレーナー)「もっとガッツがあるところ見せてよ」という事で、”ガッツ・石松”が誕生した。


ガッツ石松、ゴンザレスをKO。

米倉会長が用意した世界戦発表パーティーの席に顔を見せたマスコミは僅かに5人。国民が期待していない世界挑戦であった事は間違いない。しかし、石松選手は目の覚めるようなKOで王座を奪取。「世界チャンピオンになったら、元の鈴木石松に戻す」は試合前の談話だったが、いまやガッツ石松は、国民のヒーローである。

思わぬタナボタから世界チャンピオンへ。勝負は何があるかわからない。いや、ずっと前からもう勝負は始まっている。運命の流れに、乗れるか山口選手。渡嘉敷会長の気合、上手く利用して、ボクシング人生の総決算、見せてほしいと思います。国民の期待には、好試合で応える他、ありませんね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

WBA世界ライト級王者小堀佑介(角海老宝石)選手の初防衛戦がようやく決定。良かったですね。小堀選手のHP からチケット購入すると、凄いおまけ付きのようです。これはお徳。(~~)

米国の大プロモーター、ドン・キング氏から莫大なオプション買取料を要求され、なかなかまとまらなかった1位パウルス・モーゼス(ナミビア)との指名試合。オプション1億円はべらぼうだったが、「四分の一にまけてくれた」でも、凄い金額です。

小堀、次勝てばバレラと(サンケイスポーツ)

勝者には、キング傘下のマルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)と対戦するチャンスが与えられそうで、小堀選手の気持ちもはやる。あと1勝の重みは、計り知れないほど大きい。


バレラと並ぶキング。 −YAMADA SUMIO−

だが、、キングはどちらが勝とうが、また商売になるのである。次はバレラという持ち駒を使って、自らの手でプロモートするのだろう。小堀選手をバックアップされている萩森氏は、キング相手に大変なご苦労をなさったと聞く。しかし、そんなキングも、選手をスカウトし、マネージメントし、世界王者へと育てた事がある。

元世界ヘビー級王者ラリー・ホームズ(米)。ミュンヘン・オリンピック代表の座を、白人デュアン・ボビックに譲ったホームズのアマ戦績は19勝3敗。しかし、ボビック戦は、ホワイト・ホープに判定を盗まれた感があった。

このホームズに目をつけたキングは、マネジャーとしてデビュー戦から慎重に相手を選び育てた。元王者モハマッド・アリ、ジョー・フレージャーのキャンプへホームズを送り込み修行もさせた。

1978年6月9日、ホームズはケン・ノートン(米)を破りWBC世界ヘビー級王座を獲得する。ラストラウンドのポイントが明暗を分けた。ジャッジ3者が143−142と付けたこの試合は、2−1の際どい勝利。


歴史に残る大激戦。ノートンvsホームズ。

プロモーター・キングの影響は強かったろう。この日は、ルール一杯の大きなリングが使われていた。動くホームズにこれは有利だ。

【世界戦”未勝利”のWBC世界チャンピオン!】

5年という長い歳月を掛けてホームズをチャンピオンに導いたキング。目の付け所は間違っていなかった。お金も時間も掛かったが、これからは、自分の選手で商売が出来る。


ノートンを攻めるホームズ。

米国では、マネジャーとプロモーターの二枚鑑札は禁止されている。すなわち、日本のジムのように、ジム会長がマネージメント権を握りつつ、試合のプロモートをする事は許されないシステム。したがって、マネジャーはキングが選んだ代理人という事になっていた。後年は、子息カール・キングをマネジャーとして上手く使っていたキング。

戦わずタイトルを手にしたノートンは、これで世界戦3戦全敗。実力者でありながら、大試合で力を発揮出来なかったが、いつも判定には泣かされた。キングの当馬要員。ホームズ戦はノートンの勝ちとする声も多かったが、この敗戦以後は全く精彩を欠いた元王者。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

1ポイント差の幸運を拾ったホームズは、息の長いチャンピオンとして活躍する。しかし、常にキングの影があり、その人気はいっこうに上がらなかった。ビジネスライクな米国人も善しとしないほどのスタイルで、ボクシング世界を生きてきたキング。

数年前行った北京のレストランには、キングとその傘下、世界ヘビー級王者ジョン・ルイス(米)の来店写真が飾られていた。一時、中国でヘビー級タイトル戦をやる話ありました。しかし、中国国家体育局の要人は、「キングとはビジネスしたくない」と首をすくねていました。

ドン・キング。やり手である事だけは間違いない。小堀選手、連勝でキングに一泡吹かせてやりたいところです。1月3日のモーゼス戦 は、好ファイトで防衛を祈ります。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助(宮田)選手に対し、2戦連続の指名試合を義務つけたWBC。12月23日、内藤選手V4戦の勝者は、その義務を履行しなければならない。王者は1年に一度、指名挑戦者と戦う。これはWBCが定めたルール。内藤選手はルール違反をおかしていない。

世界タイトルマッチ未勝利でありながら、元世界チャンピオンの称号を持つ男”ケン・ノートン(米)。1978年3月18日、WBCはモハマッド・アリに勝ちタイトルを手に入れた王者レオン・スピンクス(米)の王座を取り上げ、ノートンにタイトルを与えた。


新王者ノートンとスレイマン会長。

世界ヘビー級史上始まって以来、戦わずの新チャンピオンが誕生した。アリのアゴを割った男ノートンは実力者である。アリとは3度戦い1勝2敗であるが、その全てが大接戦であった。


ボブ・アラム。

1978年2月15日、アリは楽な相手スピンクスを挑戦者に選んだ。掛け率7−1。プロキャリア僅か8戦目の若造には負けないはずのマッチメークであった。プロモーターはボブ・アラム。

だが、ラスベガスのリングで奇跡は起こった。元気のないアリは、スピンクスのラッシュ戦法に手を焼き追い込まれて行く。24才の挑戦者のスタミナは最後まで衰えず、36才のカリスマはずるずるとポイントを失った。”世紀の王座交代劇”。アリ神話は終わったと思われた。


アリ、若いスピンクスに大苦戦。

WBCは新王者に対し1位ノートンとの対戦を迫る。しかし、スピンクスのプロモート権を持つアラムは、商売になるアリとのリマッチを計画。アリも今度は本気で戦う事に同意した。

リマッチは9月15日、ルイジアナ州ニューオリンズのスーパー・ドーム(8万5千人収容)で行われる事が正式に決まる。ファイトマネーは、双方250万ドルづつ。スピンクスの稼ぎは一気に8倍以上に膨らむ事になる。


若き王者スピンクス誕生。

1977年9月、WBCは王者モハマッド・アリに対し、1位ノートンと2位ジミー・ヤング(米)戦の勝者との対戦を義務付けた。もし、これに応じない場合は、この試合を王座決定戦とする決議を行っている。

この時点で既に決まっていたスピンクス戦を承認してもらう代わりに、WBC裁定を受け入れたというアリ。まさかスピンクスには負けまいという、油断があったのは確かのようだ。11月5日、挑戦者決定戦でノートンが勝利した。


キング氏とノートン。

そして、その義務は新チャンピオン・スピンクスに引き継がれたというわけである。WBC実行委員会の投票は15対2(棄権1)で、ノートンを新王者として認定する事が支持された。その影にはドン・キングの姿が。

「ボクシングはスポーツなのだから、ルールがビジネスを優先しなくてはならない。我々は、規則に従ってこの処置を取ったのだから、なんらやましい事はない。どんな訴訟も受けてたつつもりだ」

若きスレイマン会長は強気であった。スピンクス側は当然ながら訴訟をおこした。タイトル剥奪の一時差し止めと、1万ドルの損害賠償。ロッシンジャーニ事件と比べると、はるかに可愛い金額ではありますね。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

新王者ノートンに対し、60日以内にラリー・ホームズ(米)の挑戦を受ける事を義務つけたWBC。ホームズは、ドン・キング・プロモーターがスカウトし、手塩に賭けて大事に育てて来た選手だ。


ラリー・ホームズ(右)

WBAvsWBC。ボブ・アラムvsドン・キング。商売になるヘビー級タイトルマッチの利権を巡り、はっきりとわかる構図が浮かび上がる。この時代の統一チャンピオンはライト級ロベルト・デュラン(パナマ)と、ミドル級マービン・ハグラー(米)のみ。どちらも歴史に名を残す強いチャンピオンでした。

アラムとキング。良いも悪いもここ30年以上に渡り世界のトップに立つ大プロモーターである。WBAメンドサ会長、WBCスレイマン会長らと一緒にビジネスをし、互いに齢を取って来た。彼らの時代が終わる時、ボクシング・ビジネスも変わって来るのだろう。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   


マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)が2線級相手に13ヶ月ぶりのKO勝利で再起を飾った。WBCは、まもなく35才を迎えるバレラに一体どんな場を与えるのだろうか。29才。デビュー10年目。世界初挑戦の三澤照男(帝拳)選手は、果敢に打ち合うも暫定王者ファン・パラシオス(ニカラグア)に7回TKO負け。


三澤vsパラシオス。 −YAMADA SUMIO−

ここ6年間負け知らずの暫定王者は、ドン・キング傘下。25勝(20KO)2敗と、かなりのハードヒッターだ。27日に行われる正規王者オーレードン・シスサマーチャイvs1位ポンサワン・ポープラムックのタイ決戦の勝者との王座統一戦が義務付けられている。


ファン・パラシオス。 −YAMADA SUMIO−

さて、そろそろ発表されるであろう内藤大助(宮田)選手のV4戦。12月23日、対戦相手は噂される山口真吾(渡嘉敷)選手でしょう。宮田会長が中国を後にされてから、ランキング会議の重要事項は決定していった。

フライ級チャンピオン内藤選手は、選択試合を続けているから、12月の試合後は1位ポノムルンレック・グラティンデーンジム(タイ)の挑戦を受ける。勝者は、挑戦者決定戦に勝利している2位フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と戦わなければならない。ミランダ陣営は、総会で直訴。

「我々は、挑戦者決定戦に勝利している。一体、いつまで待たねばならないのか」

12月23日の勝者は、連続指名戦となる。ケガ、待ち料を支払って先送りにするという手段も考えられるが、なんとも理不尽な決定。1位のタイ選手を差し置いて挑戦者決定戦を行ったのはWBCである。チャンピオンの権利はいずこに。

意義を唱えるチャンピオン側宮田会長はいなかった。とにかく決まったというのだから、交渉がなかなかまとまらない場合、すんなり暫定王座決定戦もありそうだ。

噂された栗生隆寛(帝拳)選手の世界ダイレクト・リマッチ。王者オスカー・ラリオス(メキシコ)への挑戦も消滅。それどころか、ダウンのダメージとケガを理由に暫定王座決定戦が承認された。ラリオス側も再戦には乗り気とあったのだが。

1位エリオ・ロハス(ドミニカ)vs2位ユーリオルキス・ガンボア(キューバ)。ロハスは9月、1位エクトール・ベラスケス(メキシコ)との挑戦者決定戦に12回大差の判定勝ちを飾っている。しかし、07年7月ガマリエル・ディアス(メキシコ)との挑戦者決定戦では10回小差の判定負けを喫している。20勝(13KO)1敗。

次のスーパースター候補ガンボアは12戦全勝10KO勝ち。WBAでも3位に付けているが、思惑通り暫定王座獲得なるか。ラリオスとの王座統一戦、挑戦者決定戦に勝利しているグティ・エスパダス・ジュニア(メキシコ)も控えており、栗生選手の再度の出番は、かなり先になりそうな感じですね。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

Sバンタム級西岡選手の正規王座昇格もならなかった。これも正規王者イスラエル・バスケス(メキシコ)陣営が乗り込み、1位ラファエル・マルケス(メキシコ)とのタイトル戦承認を求めた。4戦連続同じ相手との対戦になるが、依然チャンピオンと1位である。

人気カードでありファイトマネーも高い両選手。WBCの懐も大いに潤う事を考えると、この承認もうなずける。暫定王者は2位ジョニー・ゴンザレス(メキシコ)との防衛戦を義務付けられた。

元WBOバンタム級王者ゴンザレス。王者のまま、1階級上のバスケスへの挑戦は10回TKO負け。昨年8月、峠を過ぎたと思われたジェリー・ペニャロサ(比)のボディ・ブローに沈んだのは意外だった。以後、Sバンタム級に転向し5戦全勝4KO勝ち。39勝(33KO)6敗。

チャンピオン時代、ゴンザレスの評価は高かった。27歳とまだ老け込む齢ではない。ぜひ、日本に来てほしい挑戦者です。西岡選手も、これに勝てばラスベガスが見えて来る。すんなり交渉がまとまる事を期待します。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

8日(現地時間)、米ニューヨーク・マジソンスクェア・ガーデンで行われたリング誌認定世界Lヘビー級タイトルマッチ、王者ジョー・カルザーギ(英)に元ヘビー級王者ロイ・ジョーンズ・ジュニア(米)が挑んだ12回戦は、カルザーギが12回判定勝ち。スコアは、ジャッジ全員が118−109とつける大差だった。

前座では、元王者サブ・ジュダー(米)がエルネスト・ジョンソン(米)に10回判定勝ちで、8月IBF世界ウェルター級王座決定戦でジョシュア・クロッティ(ガーナ)に敗れてからの再起を飾っている。

1922年(大正11年)2月、故ナット・フライシャーによって創刊されたリング誌は、ボクシング界で最も歴史と権威があるボクシング誌である。日本人選手にも独自のチャンピオンベルトが贈られている。



上写真は、元世界フライ級王者海老原博幸(協栄)選手にリング誌から贈られたチャンピオンベルト。

リング誌は紆余曲折を経て、07年9月オスカー・デラホーヤ率いるゴールデンボーイ・エンタープライズ・グループに買収されている。リング誌認定世界タイトルマッチの権威を向上させようと目論むゴールデンボーイ・エンタープライズ。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

今後、アメリカを中心にリング誌認定世界戦は量産されよう。編集者、・ボクシングジャナーリストが中心となり、独自のランキングをも発表しているリング誌。WBA、WBCにとっては脅威の新団体といえる。

人気選手を続々と王者に認定するあたりは、恐るべしデラホーヤ。その戦略次第で、今後のボクシング界の構図は大きく変わってくるのでは。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

辰吉丈一郎vsWBC最優秀JBC

| コメント(0)
WBC総会においてJBCが最優秀コミッションに3年連続で選出されました。写真は受賞の挨拶を述べるJBC安河内事務局長。その喜びが見て取れますね。


−YAMADA SUMIO−

昭和27年4月20日、日本ボクシングコミッションは正式にスタート。5月19日、日本で初めての世界タイトルマッチが行われる。レフェリーは、 林 国治氏。白井義男(カーン)選手がダド・マリノ(米)を破り世界王座獲得。当時のルールはハワイ州から取り寄せたとある。

林氏ご存命の折、スタンレー・イトウ先生 と赤坂の路上で偶然、林氏に遭遇した事を覚えています。「オッ〜、林」互いにビックリ顔、そして固い握手を交わしておられました。


後楽園球場での世界戦。林氏がレフェリーを務めた。

昭和28年NBA(WBAの前身)加盟、翌29年、日本が音頭を取りOBF東洋ボクシング連盟が結成された。43年WBC独立。53年、JBCは財団法人となる。財団化以前の健康管理。JBC設立後すぐに制度化された都内4病院との契約は、コミッショナーとの個人契約で行われていた。コミッショナーの個人補償。

昭和60年。世界に先駆け全ての選手にCTスキャン検査が義務付けられる。このCT検査によって、世界挑戦目前のヨネクラ・イコニ(ヨネクラ)選手らは引退していった。それまでのプロ試合犠牲者は28人。健康管理基金も制度化される。

JBCの歴史は健康管理との戦いでもある。そして試合運営、管理。レフェリーの権限とジャッジの採点問題。ストップ、ブレイクのタイミング。反則減点取り締まり。今日、各ジャッジはなるべく10−9をつけるよう 指導されている。

レフェリー個々の実力はまちまちである。これは仕方ない。しかし、試合進行を妨げないブレイク、注意。これだけは外すと客席からの空気も伝わって来ます。インターバル。「もっと離れて戦え!」離れて戦えないタイプの選手に、そう言われても困ってしまいます。(~~)

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

最近は後楽園ホールの4回戦でも採点が割れる事、しばしば。1ポイント赤、3ポイント青もあるのが現実。個人の傾向という事になるのでしょう。

「浦谷さんはどうだった?」

「○○ー○○ですねェ」

「じゃあ、仕方ないな」(~~)

試合中はこの辺を基準に、個性を掴み採点予想しています。採点の統一化はなかなか難しいと思います。そんな中、大ベテランの森田 健 氏がWBC最優秀ジャッジに選出されました。これは快挙。おめでとうございます。


08WBC最優秀ジャッジ森田 健 氏。 −YAMADA SUMIO−

現在の森田氏は、世界タイトルマッチに限りジャッジ席に就かれます。客観的なスコア法を述べられても、伝わりにくいですが、森田氏が務めた世界戦テープを見ながら、MVPジャッジは、なぜ、どんな理由で、ポイントを振り分けたのか、後進に指導してほしいものだと思います。


現WBA世界ヘビー級王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)の試合も裁いた森田氏。

さて、JBCが否定する辰吉丈一郎選手の再起。タイで戦い続ける事は困難になった辰吉選手はあきらめず、「やれるところ」を探すという。オーストラリア、インドネシア、フィリピン。

辰吉 次の場所探す「やれるところで」(デイリースポーツ)

JBCは今後も新たな受け入れ先に中止を申し入れる可能性がある。JBCと諸外国では試合管理、健康管理基準が大幅に異なるだろう。WBCスレイマン会長が提言した、世界共通ライセンス制度には、最優秀コミッションJBCを想定した健康管理基準があるものと推測する。そして、WBCの歴史も健康管理と歩んだものである。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

WBA世界Sフェザー級2位にランクされるホルへ・リナレス(帝拳)選手が2階級制覇に挑む。前WBC世界フェザー級王者は、11月29日WBA本部のあるパナマシティで9位ワイベル・ガルシア(パナマ)と空位の王座決定戦を行う。

約1年ぶりのリング復帰となるリナレス選手は、いきなりの世界戦。本来は1位イスラエル・ペレス(亜)に王座決定戦への出場権利があるが、当時の王者エドウィン・バレロ(ベネズエラ)への指名挑戦をケガでキャンセル。以後もブランクで、試合予定はない模様。

しかし、なぜいきなり9位のガルシアと?誰もが懐く、素朴な疑問である。

20勝(14KO)5敗の27歳。06年2月、バレロには初回KO負け。昨年4月には、宮田芳憲(角海老宝石)選手と戦ったロイネ・カバイェロ(パナマ)に2回TKO負け。12月、アルマンド・ロハス(パナマ)との8回戦に2−0で際どい勝利で再起。

今年8月19日、連敗中のロハス(パナマ)と再び対戦し、今度は5回TKO勝ち。当然ながら、直後発表の世界ランキングには名前がない。しかし、WBA総会後に発表された最新ランキングでは、なぜだか9位にランクイン。

上位ランカーがリナレス選手とやりたがらないのか、1位ペレスがまたもやキャンセルでのピンチヒッターなのかはわからないが、まがりなりにも世界王座決定戦。WBAの権威の為にも、このような急造ランカーの決定戦出場は無しにしてほしい。

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)


この日はパナマ人世界ランカーが多数出場する。フライ級10位ルイス・コンセプシオン(パナマ)は、WBA地域王座防衛戦に出場するが、挑戦者はあのノエル・アランブレッド(ベネズエラ)。34歳のアランブレッドは14ヶ月ぶりの試合。当初はファン・ランダエダ(ベネズエラ)の名前が上がっていた。ピンチヒッターですかねェ。

前WBA世界Sフライ級暫定王者ラファエル・コンセプシオン(パナマ)は、2勝9敗1分から8連勝中(7KO)のサントス・マリモン(コロンビア)と再起戦。カバイェロ、ミニマム級3位カルロス・カンポス(ベネズエラ)らも出場する。

少し前、王座決定戦は1位vs2位。どうしてもスケジュールが合わない場合でも、せいぜい4位までの選手と行われていたものです。リナレス選手の実力は疑いようもないだけに残念。

リナレス選手勝ち、指名試合をクリアすればOPBF王者内山高志(ワタナベ)選手あたりにチャンスが廻ってくるんでしょうか。WBCライト級王者マニー・パッキアオ(比)は、その王座を持ったままオスカー・デラホーヤ(米)との試合に挑む模様。ライト級に転向したバレロも、もう少し待たねばいけませんね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

最近、こんな質問が来た。

「坂田選手の一番好きな練習、嫌いな練習ってなんですか?」

ウ〜ン、なんだろう。聞いてみます。その昔、「走るの好きだねェ」と聞いたことがあるが、「好きで走ってるわけじゃありませんよ」という答え。極めて普通でした(~~)。

2時間前から暖められている2階道場。チャンピオンはいつも上半身裸で練習開始。道場で口を開くのは、このストレッチの合間だけと言ってよい。ほとんど大竹マネジャーが、笑わせているだけですが。(~~)

「三ちゃん、稲城行ったら健ちゃんて言われてるからビックリしたよ。アッ、それでいいのか」(~~)



先代会長の肝いりで、危うく”坂田三吉”を名乗らねばならなかったが、この時ばかりは譲らなかった。「坂田、もうあきらめたほうがいいんじゃないの?」「いえ、それだけは勘弁してください」”王将”で知られる天才棋士坂田(阪田)三吉 氏にちなんだものであるが、それは先代会長が、素直に尊敬していたからでした。

少なからず講演する機会もあるこの頃のチャンピオン。その講演先が、ロータリークラブとか中学校というのが坂田選手らしい。”坂田選手の言葉は生徒たちの心に将来ボディブロウのようにじわじわと効いてくるだろう”。うまい事書くものです(~~)。

「夢は最後まであきらめない」

【WBA世界フライ級チャンピオン坂田健史さん、中学校で講演】


過日。私の中学3年生になる長男の友人。ソリコミ入りの短髪。こいつ不良かと思ったら、坂田選手と会えた感激で、一人泣いていたとう。それ見た娘は妙に感動してました。「何だ、いいやつじゃないか」

シャドーボクシング。これは2〜3ラウンド、体をほぐすといった感じ。スパーがない日はミット打ち12回に突入。しかし、スパーやらない日は少ない。大体6〜8ラウンド、右も左も関係なしでパートーナーは選ばれる。スパー中の指示で、坂田選手を操縦する大竹マネジャー。時に、「ベリーグッド」という言葉が出る。



この言葉、帝国ホテルの料理長を長く務めた故・村上信夫 氏が好んで使っています。村上氏は、料理人大竹マネジャーが尊敬する人物の一人であります。

洗剤入りの鍋しか廻って来ない鍋洗いの頃、自らの休憩時間をけずり、厨房全ての鍋の外側まで磨き上げ、コックの信頼を得ていった村上氏。ようやく鍋底のソースを舐める事を許された事が、出世へつながった。黙って舐めようものなら、ゲンコツ制裁が当時のシェフ社会の常識だったとある。

トップに立った村上氏は、ゲンコツ制裁禁止令を出し、秘伝のレシピを公開した。大竹マネジャーも聞かれれば、何でもさらけ出す。「そんな事まで教えちゃっていいんですか」記者の皆さんも驚かれる事、度々である。何の為にこんな練習をさせているのか。知りたいですねェ。(~~)

インターバルは30秒。いわゆる手抜き、お遊びのラウンドはない。そのパートナーの力量に合わせたテーマをラウンド毎に与え、坂田選手を操縦する。「そのうち、オートマチックになっちゃうけどね」(~~)

スパー終了後は、F−1ピットの様相でグローブがはずされる。すぐにミット打ち。体が重そうな時でも、懸命に手を出し続けるチャンピオン。その気迫は最後まで衰えない。いよいよラスト、「今日も焼肉ですか。いいねェ。ヨシッ、ラスト倒して来い!」(~~)



12ラウンド。毎日、目一杯の練習をする。終わるとすぐに息を吐く腹踏み。そして、カッパを着込みオロナミンタイム。よく冷えた”オロナミンC ”を一気に飲み干す。温まっている体からは一気に汗が噴き出す。ゆっくり汗を出しながらクールダウン。汗が出きった頃、「ありがとうございました」とロッカーへ消える。「ご苦労さ〜ん」(~~)

料理の極意は”愛情、工夫、真心”と語る村上氏。帝国ホテル顧問にまで登り詰めたその出世については、このように語っている。

「夢は持ち続ければ必ず実現する」

これは全くの偶然だろうが、坂田選手が言っているのと同じである。いわば村上スタイルというのか、同じ事の繰り返し、平凡な事にも心をこめて精一杯の姿勢で挑むのが坂田選手。そしてそれが、大竹スタイル。

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

「お前、坂田打った後どうしてた」

「・・・、また打ってきました」

「バカヤロ〜(~~)。お前がガード下げてるからだろ。世界チャンピオンだって、ちゃんとガード上げてるだろ。違うか」

「打たれたら、考えないと。考えて体で覚えろ。打ったらガード。出来るだろ」

「一つずつ、覚えていかないと上行けないぞ!」

坂田選手に憧れて協栄ジムに入って来たヤングボーイは、この言葉をどう捉えるのだろうか。10年前、坂田選手も同じ事を言われていたものです。折れない心は、毎日の積み重ね。その心には、しっかりした柱が立っている。

「あの健史が、どうやったらこんなになっちゃうんでしょう。私は不思議でなりません」(父・直文氏)

多少はヒントになったでしょうか。ちなみに、大竹マネジャーの料理の腕も相当なものです(~~)。今日もジムの中で一番たくさんジャブを打ち、手数を出し、練習生でもやらないくらいワン・ツーの繰り返しをする世界チャンピオン。真似る選手、練習生、大募集です(~~)。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   


WBC総会・いよいよランキング会議

| コメント(0)
中国・成都で開催されているWBC総会。日本からも多数の関係者が参加している。2日目は、33年に渡り会長職を務めるホセ・スレイマン氏の会長再選が決まった。任期は4年間。ラモン・ベラスケス氏から会長職を受け継いだスレイマン氏は77歳になる。


貫禄のスレイマン会長。 −YAMADA SUMIO−

ジャッジセミナーには日本からも多数参加。世界でも大きく割れる事が珍しくない現代ボクシング。後楽園ホールの4回戦が割れるのも仕方ないのかもしれないが、”各ラウンドなるべく10−9をつけるようにしている” 。のならば、採点基準の統一は大事。これは、期待したいですね。


森田、金谷、浦谷の各氏。 −YAMADA SUMIO−

ヘビー級王者ビタリ・クリチコ(ウクライナ)は、弟のIBF、WBO、IBO王者ウラジミールのどちらかが、WBA王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)と統一戦を行うと発言。

ワルーエフが、元王者イベンダー・ホリフィールド(米)の挑戦(12月20日)を撃退し実現したならば、人気を呼ぶ事でしょう。


ビタリ・クリチコ。 −YAMADA SUMIO−

パンダの人形を抱えるマルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)とドン・キング。7日、バレラ(34歳)は無名を相手に13ヶ月ぶりの再起戦を行う。02年石井広三(天熊丸木)選手に1回KO負け。日本で2KO負けの記録が残るサミー・ベンツーラ(メキシコ)が相手という事は、バレラの健康を考慮してなんでしょうか?

WBA世界ライト級王者小堀佑介(角海老宝石)選手陣営へ、途方もないオプション買取値段を提示していたキング氏。ここに来てようやく折れたが、噂に聞いたその価格は、まだまだ高い。小堀選手、負けられませんねェ。


  −YAMADA SUMIO−

今日からは、いよいよランキング会議。昨夜は、フライ級王者内藤選手を擁する宮田会長も成都入り。12月23日に行われる内藤選手のV4戦の承認取り付けが急がれる。対戦相手は、噂される山口真吾(渡嘉敷)選手でしょう。

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

帝拳ジム・本田会長も成都入り。Sバンタム級王者イスマエル・バスケス(米)陣営が待ち構えているようだ。現在、休養中のバスケス。どんな要求がなされ、どんな決定があるのでしょうか。来春早々に予定されていると聞く、暫定王者西岡利晃(帝拳)選手の防衛戦。気になりますねェ。(~~)

王者側と有力挑戦者側との駆け引きが行われるランキング会議。ラリオスvs栗生のダイレクト再戦は認められるのか。ミハレスこけたSフライ級。新統一王者ダルチニャンの今後も、大いに注目したい。

最後はスレイマン氏の”裁定”、が決め手のWBC。公明正大にわかりやすく、いってほしいですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

山口真吾vs吉田拳時・カード変更

| コメント(0)
昨日更新された笹崎ジム・SASAZAKI BLOG によると、11月24日のメインカードWBA世界フライ級4位山口真吾(渡嘉敷)vs前日本王者吉田拳時(笹崎)戦は、山口選手が都合によりキャンセル。変わってPABAフライ級王者リチャード・ガルシア(比)が、吉田選手と対戦する事になった。

ガルシアは、10月3日タイでWBA世界フライ級3位にランクされるラタナポン・ソーウォラピン(タイ)に勝ち、大番狂わせのPABA王座奪取をしたばかり。しかし、直後発表のWBAランキングには名前がない。WBCではフライ級19位にランクされる。

【WBAフライ級・1位亀田・3位ラタナポン】

ガルシアの戦歴をどう見るかは主観によりますが、現役PABA王者、チャンピオンになって変わる選手もたくさんいますから、その実力は後楽園ホールのリングで見てみたいですね。

吉田選手も勝てば内容次第でWBAランク復帰の道もありそうです。既に気持ちは切り替えているようですね。

しかし、世界タイトル挑戦者決定戦と銘打たれた山口vs吉田戦は好カード。残念なファンもたくさんいる事でしょう。この日、セミには最近指導している日本フェザー級10位笛木 亮 (ジャパンS・12勝(10KO)1敗1分)選手が出場します。

【42才西澤・38才辰吉vs日本ボクシング】

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

現在はこの試合のプロモーター渡嘉敷ジム・渡嘉敷勝男会長からの正式発表を待つ形となります。山口選手の都合。12月23日WBC王者内藤大助(宮田)選手の対戦相手が山口選手という声もあり気になります。

聞いた話では、スパーで手合わせした事がある両選手。その時は、山口選手、結構良かったらしいです。体力面では内藤選手が圧倒しますが、小回りの効く山口選手。決定なら、こちらも面白そうですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

42歳になる西澤ヨシノリ選手が韓国リング登場。07年1月30日、負けたら引退という状況の中、OPBF・Lヘビー級タイトルを失った西澤選手。国内復帰は許されず、昨年は2試合をオーストラリアで戦い、1KO勝ち、1負傷引分け。

昨日、韓国リングに登場した”中年の星”は、PABAクルーザー級7位にランクされる 金 在参・3勝3KO無敗(BOX REC)に3回1分22秒KO勝ち。PABAランキング入りが期待される状況となり、辰吉丈一郎選手に取ってはよき援軍の感。

2日JBCは、福岡での興行に来日したタイでの辰吉戦プロモーター・アンモ氏に事情聴取。これは、JBCライセンス保持者以外の試合禁止を要望したものである。

辰吉 タイでの試合不可能なら引退も(スポーツ報知)

アンモ氏の選手を、日本で試合出場を一定期間認めないなどの制裁措置を意向に含むJBCは、かつてない強硬姿勢。しかしこうなると、西澤戦を認定したKBA、現地プロモーターにも同じ意向を伝えねばならないだろう。

11ヶ月ぶりのリング登場の西澤選手だったが、23歳の金も15ヶ月ぶり。親子ほど歳の離れた金との対戦は、西澤選手にとっては大きな賭けだったに違いない。

15ヶ月間試合がなくても名前があるPABAランキングは問題である。韓国に本部があるWBAの下部組織であるが、JBCは公認していない。日本人選手がいないアジアランキングが、いかようなるものかは安易に想像出来よう。

【最新PABAランキング】

日本人選手がランクされるOPBFでさえ、その権威復権が問題化されて久しい。そして、そのテコ入れを表明したのがJBC。これは、ボクシング発展の為に大いに期待したい。それには、低調なリング活動が続く韓国選手の、ランキングと実力の度合いを正しく掴む事も大事になりますね。

JBCライセンス保持者以外の試合禁止要望。辰吉選手、西澤選手らにJBCライセンスが降りないのは、年齢的、そして健康上の問題である。日本では、プロ試合に出場出来るのは17歳以上と決められて久しい。

海外では14歳だとか15歳からプロのリングに上がり、世界王者に登り詰めた選手もいる。日本にもお馴染みのチャチャィ・チオノイ(タイ)、ベン・ビラフロア(比)。ビラフロアは14歳を前にプロデビューしている。


19歳で世界王座に就いた怪童ビラフロア。

中学卒業後タイに渡り15歳でプロデビューを果たしたのは木村隼人選手。しかし、所属は韓国である。06年17歳を機にJBCプロテスト受験。B級は不合格でC級合格となった。タイでの戦績は4勝(3KO)無敗である。B級不可を善しとせず木村選手は韓国に渡りB級合格。07年韓国リングに日本ランカーを招き勝利している。

抜群の技量を結果として出した木村選手だが、17歳以上からというプロ規定、健康管理を考慮すればJBCの降した判断は間違いではないと思う。タイでの17歳以前デビュー。大島記胤(シャイアン山本)選手のような例も、JBCライセンス保持者以外の試合禁止要望に当てはまって来ますね。

【辰吉問題・JBCの”特例”】

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!


JBCライセンスを持つ最年長ボクサーは45歳の女子猪崎かずみ(花形)選手。非公認時代38歳でプロデビュー、日本タイトルを獲得している実績が認められ、32歳までのプロテスト受験規定は”特例”としてクリアされた。合格には、厳しい健康診断があったのはいうまでもない。

チャンピオン経験者の特例。ルールで決められた特例の期限は切れてしまったが、戦うチャンスを求める元王者。これを良い機会と捉え、JBCは、管理体制の公平と強化をより一層図る。選手側は、厳しい健康診断を含む正当な手段で試合出場の機会を模索する。

難しい問題ですが、未来に向け、単なる一時の抜け穴探しで終わってしまう事は避けてほしい。

リング渦。何度この目で見てきた事だろう。無事、生還出来た幸運な選手もいる。しかし、還らない選手は数多い。事故に遭われた選手、ご親族、関係者の悲しみは想像して余りあるが、残された選手の心も、何とも表現し難いものです。ボクシング界の発展を願います。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

世界Sフライ級王座統一戦、WBAスーパー王者&WBC王者のクリスチャン・ミハレス(メキシコ)vsIBF王者ビック・ダルチニャン(豪)の一戦は、1日米カリフォルニア州カーソンで行われ、ダルチニャンが9回KO勝ち。KOタイムは3分ちょうど。8回までのスコアはジャッジ三者が79−72でダルチニャンリードと一方的。


ミハレス、意外な王座明け渡しとなった。今後、どのような路線を歩むのでしょうか。

WBA世界Sミドル級12位アンドレ・ディーレル(米)vs同15位PABA王者ビクトル・オガノフ(ロシア)戦は、ディーレルが一方的に攻めて6回28秒TKO勝ち。空位のWBO北米Sミドル級王座を手に入れた。17勝(12KO)無敗。

同日ネバダ州ラスベガスで行われた、WBA世界Sフライ級暫定王者ホルへ・アルセ(メキシコ)vs15位イシドロ・ガルシア(メキシコ)のタイトルマッチ12回戦は、予想通りアルセの一方的勝利。4回48秒TKOで挑戦者を一蹴している。

さて、今後は正規王者名城信男(六島)選手との王座統一戦に挑むのかアルセ。名城選手も来春初防衛戦が予定されています。

【辰吉問題・JBCの”特例”】

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

アルセと同じプログラムで行われたIBF世界フライ級タイトルマッチ、王者ノニト・ドナイレ(比)vs1位モルティ・ムサレーン(南ア)戦は、11ヶ月ぶりの王者が強く6回1分31秒TKO勝ち。ダルチニャンから奪った王座の2度目の防衛を果たした。


12月20日スイスで行われるWBA世界ヘビー級タイトルマッチ、王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)へ挑む挑戦者は、元王者のイベンダー・ホリフィールド(米)に決まった模様。噂には聞いていたが、46歳、一体どんなボクシングを見せてくれるのだろう。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

辰吉問題・JBCの”特例”

| コメント(0)

タイで5年ぶりのリング復帰を果たした辰吉丈一郎選手。しかし、JBCは今後辰吉選手のタイリング出場を認めないよう、タイ側に強く”要望”する模様。タイ側の有力プロモーターはどんな答えを出すのだろうか。

「辰吉に試合させるな」JBCがタイのプロモーターに要望(スポーツ報知)

日本とタイではリング事情は相当異なる。ムエタイと国際式が一つのプログラムに組まれる事は当たり前、その他の草試合も多いと聞く。何せムエタイは国技である。

もう10年以上も前、辰吉選手のリング復帰問題で揉めたのは、”網膜剥離を患った選手の試合を禁止するという規則だった。今度の辰吉選手の問題では、網膜剥離という言葉は出て来ない。他の健康管理上の事とされている。

1994年7月、ハワイでホセフィノ・スアレス(メキシコ)を破り再起を果たした辰吉選手。WBCはすぐに暫定王者として認定した。8月、JBCは辰吉選手がWBC世界バンタム級暫定王座を転落すれば引退を条件に、国内試合を容認する方針を打ち出した。

12月4日、正規王者薬師寺保栄(松田)選手との世紀の王座統一戦に挑むも判定負け。敗れた場合は引退なる”誓約書”を提出していた辰吉選手陣営。JBC広報には引退選手扱いとされている。しかし、95年に入ると海外復帰プランが発表される。”浪速のジョー”は、ラスベガスのリングでまたまたリングに戻って来た。



11月24日、辰吉選手陣営は翌年3月国内での世界戦開催プランを発表する。12月5日。コミッショナー裁定によって、網膜剥離を患った辰吉選手の国内リング復帰が”特例”として認められた。そして、翌年3月WBC世界Sバンタム級王者ダニエル・サラゴサ(メキシコ)への挑戦が実現した。

日本ボクシングコミッショナーは、JBCの管轄化で行われるプロボクシングの試合(公式試合場におけるスパーリング及び慈善試合をも含む。)を管理、統括する機能を有し、コミッショナーの下す裁定、採決ならびに制裁は最終決定とする。

上記は最新のJBCルールブックにおけるコミッショナーの項である。30年の昔は、”コミッションは、国内におけるあらゆるボクシング試合、エキジビションに対し独占的指揮、取締支配と統括権を持つ。”となっていた。

Kー1とプロボクシングの世界タイトルマッチの同時開催。真摯で真面目なボクシングファン、いや、コミッション役員から選手に至るまで、大いに否定されそうな事も過去には”特例”で開催されている。



1976年1月12日後楽園ホール。WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ、王者ベン・ビラフロア(比)vs8位柏葉守人(野口)戦のセミファイナルには、”キックの鬼”沢村 忠 選手が出場している。観衆2500人。この試合の放映はTV朝日系列。沢村選手はTBSでしたね。

野口ジム”創立25周年”としてプロモーター側が熱望したこの変則興行は、”特例”として認められた。ライオン野口といわれた野口 進 氏が創設した野口ジムは、東洋フライ級王者三迫仁志選手を輩出した他、金平正紀先代協栄ジム会長等、業界実力者を多く育成。


金平選手の汗を拭く、三迫氏。

次男 恭 氏がこのボクシングを受け継ぎ、柏葉選手の他、 龍 反町、ビッグ山龍選手らを擁していた。長男 修 氏は、キックボクシングの目黒ジムを興し、アニメにもなった大スター沢村選手が活躍していた。


ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

日本では網膜剥離、即引退と信じて疑わなかったこの時代。しかし、来日したチャンピオン・ビラフロアは右目網膜剥離の手術を受け10ヶ月ぶりの試合。果たして本当に試合が出来るのか。その開催を危ぶむ声もあった。

病み上がりの王者。王者の右目は赤い。”和製クレイ”といわれた挑戦者にもチャンスはあるかと見られていたが、試合は一方的に王者ペース。



2、3回とダウンを奪われた挑戦者は頑張ったものの、13回パディラレフェリーのストップで終わった。チャンピオンとは同国人のレフェリーの試合ストップに、観衆は拍手で応えている。

タイでは当たり前のような興行も日本では(JBC管轄)特例で一度だけ。今や日本IBFも活動再開の様子はない。JBCにはしっかりとしたルールを設けて貰いたい。しかし、特例と暫定王者。これは必要ないのでは?

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   


このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02