山口真吾vs吉田拳時・カード変更

| コメント(0)
昨日更新された笹崎ジム・SASAZAKI BLOG によると、11月24日のメインカードWBA世界フライ級4位山口真吾(渡嘉敷)vs前日本王者吉田拳時(笹崎)戦は、山口選手が都合によりキャンセル。変わってPABAフライ級王者リチャード・ガルシア(比)が、吉田選手と対戦する事になった。

ガルシアは、10月3日タイでWBA世界フライ級3位にランクされるラタナポン・ソーウォラピン(タイ)に勝ち、大番狂わせのPABA王座奪取をしたばかり。しかし、直後発表のWBAランキングには名前がない。WBCではフライ級19位にランクされる。

【WBAフライ級・1位亀田・3位ラタナポン】

ガルシアの戦歴をどう見るかは主観によりますが、現役PABA王者、チャンピオンになって変わる選手もたくさんいますから、その実力は後楽園ホールのリングで見てみたいですね。

吉田選手も勝てば内容次第でWBAランク復帰の道もありそうです。既に気持ちは切り替えているようですね。

しかし、世界タイトル挑戦者決定戦と銘打たれた山口vs吉田戦は好カード。残念なファンもたくさんいる事でしょう。この日、セミには最近指導している日本フェザー級10位笛木 亮 (ジャパンS・12勝(10KO)1敗1分)選手が出場します。

【42才西澤・38才辰吉vs日本ボクシング】

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

現在はこの試合のプロモーター渡嘉敷ジム・渡嘉敷勝男会長からの正式発表を待つ形となります。山口選手の都合。12月23日WBC王者内藤大助(宮田)選手の対戦相手が山口選手という声もあり気になります。

聞いた話では、スパーで手合わせした事がある両選手。その時は、山口選手、結構良かったらしいです。体力面では内藤選手が圧倒しますが、小回りの効く山口選手。決定なら、こちらも面白そうですね。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2008年11月 4日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「42才西澤・38才辰吉vs日本ボクシング」です。

次のブログ記事は「WBC総会・いよいよランキング会議」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02