ミハレスvsダルチニャン・アルセ・速報!

| コメント(0)

世界Sフライ級王座統一戦、WBAスーパー王者&WBC王者のクリスチャン・ミハレス(メキシコ)vsIBF王者ビック・ダルチニャン(豪)の一戦は、1日米カリフォルニア州カーソンで行われ、ダルチニャンが9回KO勝ち。KOタイムは3分ちょうど。8回までのスコアはジャッジ三者が79−72でダルチニャンリードと一方的。


ミハレス、意外な王座明け渡しとなった。今後、どのような路線を歩むのでしょうか。

WBA世界Sミドル級12位アンドレ・ディーレル(米)vs同15位PABA王者ビクトル・オガノフ(ロシア)戦は、ディーレルが一方的に攻めて6回28秒TKO勝ち。空位のWBO北米Sミドル級王座を手に入れた。17勝(12KO)無敗。

同日ネバダ州ラスベガスで行われた、WBA世界Sフライ級暫定王者ホルへ・アルセ(メキシコ)vs15位イシドロ・ガルシア(メキシコ)のタイトルマッチ12回戦は、予想通りアルセの一方的勝利。4回48秒TKOで挑戦者を一蹴している。

さて、今後は正規王者名城信男(六島)選手との王座統一戦に挑むのかアルセ。名城選手も来春初防衛戦が予定されています。

【辰吉問題・JBCの”特例”】

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

アルセと同じプログラムで行われたIBF世界フライ級タイトルマッチ、王者ノニト・ドナイレ(比)vs1位モルティ・ムサレーン(南ア)戦は、11ヶ月ぶりの王者が強く6回1分31秒TKO勝ち。ダルチニャンから奪った王座の2度目の防衛を果たした。


12月20日スイスで行われるWBA世界ヘビー級タイトルマッチ、王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)へ挑む挑戦者は、元王者のイベンダー・ホリフィールド(米)に決まった模様。噂には聞いていたが、46歳、一体どんなボクシングを見せてくれるのだろう。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2008年11月 2日 11:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「辰吉問題・JBCの”特例”」です。

次のブログ記事は「42才西澤・38才辰吉vs日本ボクシング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02