辰吉丈一郎vsWBC最優秀JBC

| コメント(0)
WBC総会においてJBCが最優秀コミッションに3年連続で選出されました。写真は受賞の挨拶を述べるJBC安河内事務局長。その喜びが見て取れますね。


−YAMADA SUMIO−

昭和27年4月20日、日本ボクシングコミッションは正式にスタート。5月19日、日本で初めての世界タイトルマッチが行われる。レフェリーは、 林 国治氏。白井義男(カーン)選手がダド・マリノ(米)を破り世界王座獲得。当時のルールはハワイ州から取り寄せたとある。

林氏ご存命の折、スタンレー・イトウ先生 と赤坂の路上で偶然、林氏に遭遇した事を覚えています。「オッ〜、林」互いにビックリ顔、そして固い握手を交わしておられました。


後楽園球場での世界戦。林氏がレフェリーを務めた。

昭和28年NBA(WBAの前身)加盟、翌29年、日本が音頭を取りOBF東洋ボクシング連盟が結成された。43年WBC独立。53年、JBCは財団法人となる。財団化以前の健康管理。JBC設立後すぐに制度化された都内4病院との契約は、コミッショナーとの個人契約で行われていた。コミッショナーの個人補償。

昭和60年。世界に先駆け全ての選手にCTスキャン検査が義務付けられる。このCT検査によって、世界挑戦目前のヨネクラ・イコニ(ヨネクラ)選手らは引退していった。それまでのプロ試合犠牲者は28人。健康管理基金も制度化される。

JBCの歴史は健康管理との戦いでもある。そして試合運営、管理。レフェリーの権限とジャッジの採点問題。ストップ、ブレイクのタイミング。反則減点取り締まり。今日、各ジャッジはなるべく10−9をつけるよう 指導されている。

レフェリー個々の実力はまちまちである。これは仕方ない。しかし、試合進行を妨げないブレイク、注意。これだけは外すと客席からの空気も伝わって来ます。インターバル。「もっと離れて戦え!」離れて戦えないタイプの選手に、そう言われても困ってしまいます。(~~)

ブログランキング

★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

最近は後楽園ホールの4回戦でも採点が割れる事、しばしば。1ポイント赤、3ポイント青もあるのが現実。個人の傾向という事になるのでしょう。

「浦谷さんはどうだった?」

「○○ー○○ですねェ」

「じゃあ、仕方ないな」(~~)

試合中はこの辺を基準に、個性を掴み採点予想しています。採点の統一化はなかなか難しいと思います。そんな中、大ベテランの森田 健 氏がWBC最優秀ジャッジに選出されました。これは快挙。おめでとうございます。


08WBC最優秀ジャッジ森田 健 氏。 −YAMADA SUMIO−

現在の森田氏は、世界タイトルマッチに限りジャッジ席に就かれます。客観的なスコア法を述べられても、伝わりにくいですが、森田氏が務めた世界戦テープを見ながら、MVPジャッジは、なぜ、どんな理由で、ポイントを振り分けたのか、後進に指導してほしいものだと思います。


現WBA世界ヘビー級王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)の試合も裁いた森田氏。

さて、JBCが否定する辰吉丈一郎選手の再起。タイで戦い続ける事は困難になった辰吉選手はあきらめず、「やれるところ」を探すという。オーストラリア、インドネシア、フィリピン。

辰吉 次の場所探す「やれるところで」(デイリースポーツ)

JBCは今後も新たな受け入れ先に中止を申し入れる可能性がある。JBCと諸外国では試合管理、健康管理基準が大幅に異なるだろう。WBCスレイマン会長が提言した、世界共通ライセンス制度には、最優秀コミッションJBCを想定した健康管理基準があるものと推測する。そして、WBCの歴史も健康管理と歩んだものである。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!テーマも募集中。
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


★08・大晦日決戦!WBA世界フライ級王者坂田健史vs1位デンカオセーン・【オンライン購入】(送料無料)

   

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2008年11月 8日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リナレス・王座決定戦パナマ・アランブレッド再起!」です。

次のブログ記事は「リング誌認定世界戦・カルザーギvsジョーンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02