協栄OB会・80年代のファイター達!

| コメント(0)

実に難しかったような、09協栄OB会クイズ。それでもピタリとあててしまうボクシングファンがいるとは脅威です。


「誰だあれ?」OBでもわからないほどの変わり様だった選手もいました。(~~)



誰でも知っている元世界王者渡嘉敷勝男氏は論外として、一番難しかったのが中央の坊主頭の人。私やトカちゃんとは同学年になりますが、アマ出身のエリート選手だった彼の名は・・・。


野島選手との3度目は日本王座を賭けての対戦。

渡辺陸雄。好センスのLフライ級サウスポーです。先代会長は大いに期待したものでした。野島嘉章(P堀口)選手に初黒星を喫してからは、大スランプに陥ってしまいプロでは大成出来ませんでしたが。


元同僚トーレスとも戦った渡辺選手。

協栄ジムから故郷八戸に帰り、八戸ジム所属選手としてそのリングキャリアを閉じました。この移籍によって戦うハメになったのが、一番左の選手です。そう、この人も難しかったようです。

無名からホープ池田和弘選手をKO。一躍ランキング入りしました。このヒント、答になっちゃうんですが、正解は長内秀人氏です。

トクホン真闘ジム佐々木会長のスパルタで鍛えられ、その将来を大いに嘱望されていた、日本フライ級1位池田和弘選手と対戦した長内氏はノーランカー。当時のBクラスランキングにも名前が見当たらない程。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!

ブログランキング

★内藤大助・中国応援旅行・22日まで受付・55,150円〜

しかし、この試合で長内選手は大番狂わせを演じる。84年5月22日後楽園ホール。試合開始から池田選手が倒しにかかる。2回までロープにつまり危ないシーンが何度もある。しかし、ピンチの都度反撃し抵抗するノーランカー。

パンチはある長内選手。6勝中5つのKO勝ち(4敗)がある。池田選手の強気の攻めは変わらない。だが4回、抵抗する長内選手のパンチも当り始めた。そして迎えた5回。池田選手はこの回も、ノーランカーしとめようと出て来た。

ロープに詰めて連打を浴びせる。よく耐えた長内選手は、すかさず反撃。今度は池田選手がピンチ。場内、あれよの大騒動のうちに池田選手はマットに崩れた。立ち上がったもの、既に反撃の力なく、2度目のダウンでテンカウントを聞いたホープ。



当時、長内選手とコンビを組んでいたのは現F・I ジム の福田洋二会長。強気の福田先生の作戦がピタリとはまった試合でした。リング上抱き合う二人の姿は、今でも目に焼きついています。

左から2番目。某公園で○○になってしまい(~~)坊主頭になったばかりの、元日本ライト級王者大山 鋭二選手。後の世界王者六車卓也(大阪帝拳)選手の持つ、日本Sバンタム級王座挑戦では、敵地であるにもかかわらず引き分け。これは惜しかったです。今は協栄ジムでトレーナーとして活躍中。

★好きな選手にサインをもらおう!EVERLAST ミニグローブ

★坂田健史・再起第1戦6月14日(日)チケット発売中・サイン入りミニグローブプレゼント中!

渡辺陸雄選手とトカちゃんにはさまれている選手。この人も難しかったようです。(なんだか全部?)

亀田昭雄選手を筆頭とする栃木グループの一人は、渡辺守朗選手。今は、「フィリピンでジムを持ちたい」のだそうです。「パッキアオみたいなのたくさんいるんだから」(~~)


田名部VS渡辺

尾崎富士雄、田端信之、田名部雅寛選手ら後のチャンピオンと激しい戦いを繰り広げました。田名部選手との試合では、スタンディングダウンを奪い、あわやの場面も作りましたが残念でした。打たれ脆いがパンチは抜群に強かった選手でした。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!
ペタしてね
★内藤大助・中国応援旅行・22日まで受付・55,150円〜

一番右は、多田浩幸選手。相変わらず小さい多田氏。ミニマム級があったら面白かった。(~~)先代会長が渡嘉敷選手より期待していたのは事実で、具志堅選手王座陥落後のタイトル後継者の筆頭でした。


ついに無冠で終わった多田選手。

世界挑戦資格を得る為に日本王者伊波政春(カワイ)選手へ挑戦。これに敗れると、僅か3週間後に韓国で 金 龍鉉の持つOPBFタイトル挑戦。これも失敗に終わってしまいましたが、当時の先代会長の頭にはトカちゃんの頭はなかった。(~~)

2ヵ月後、後楽園ホールで世界3位金とのノンタイトル戦のチャンスを掴んだ渡嘉敷選手。先代会長にとって、自前のオプション消化の為に最後のチャンスだった。

「会長は行くなって言ってるけど、俺は行くよ」


試合後の渡嘉敷一家。右端は私。(~~)

強気の男は、実力以上のものをこの試合で出した。まだまだスタミナに不安があった渡嘉敷選手は、終盤ガス欠になりながらも持ちこたえ、大金星を挙げている。この勝利から彼は変わりましたね。そう、欲がはっきりと出てきました。いい意味の。

正解者の皆様には、お約束通り坂田健史選手と佐藤 修 氏のサイン入りミニグローブをプレゼント致しますね。(~~)


BOXING MASTER/ボクシング マスター

毎年一度のOB会。また来年もたくさんの皆さんの参加で盛り上がりたいと思います。この度、正解できなかった皆様。また、チャンスを作ります。ぜひ、トカちゃんになってくださいね。(~~)

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★大好評 EVER LAST ミニグローブ!

BOXING MASTER/ボクシング マスター

【ミニグローブ左右ペアセット  8.9cm】赤・黒・青・ピンク @1000円  


BOXING MASTER/ボクシング マスター
【ミニグローブキーリングス 6.3cm】赤・黒・青・ピンク @500円


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年5月19日 12:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無敗は無敵じゃない!vs練習は嘘をつかない!」です。

次のブログ記事は「セコンドレポート・瀬藤幹人vs芹江匡晋・悔しい敗戦!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02