WBA スーパーvs正規vs暫定 WBC

| コメント(0)
30日タイで行われた暫定王座決定戦でラファエル・エルナンデス(ベネズエラ)を9回TKOに破ったプーサワット・クラティンデーンジム(タイ)を新暫定王者に認定したWBA。

WBAのこのクラスは3人が世界王者として認定される時代になった。スーパー王者セレスティノ・カバイェロ(パナマ)、正規王者バーナード・デューン(アイルランド)。そして、プーサワット。

挑戦者決定戦と思われるカードを軒並み暫定戦と承認する方針のWBA。


カーン。

Sライト級もタイトル戦同日開催が実現する事態にあいなった。6月27日ロンドンで行われる王者アンドレアス・コテルニク(ウクライナ)vsアミア・カーン(英)を正規タイトル戦として認定したと思いきや、同日米国で行われるカードを暫定戦として承認。どうにも止まらぬWBA。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!

ブログランキング
★EVER LAST ”思ってたよりも良い” ミニグローブ!→  ★イーバンク銀行なら”振込手数料ゼロ”



コテルニク。

「あれはおかしいですよ」

さすがの山田純夫氏も切れる。

同日、ロスアンゼルスではゴールデンボーイ・プロモーション期待の同級3位ビクトル・オルティズ(米)が、3位マルコス・マイダーナ(亜)と暫定王座を争って対戦する。


マイダーナ。

どちらも好カード。しかし、オルティズvsマイダーナ戦はどう考えても挑戦者決定戦だろう。チャンピオンの権利ってなんだと考えさせられる。2月マイダーナはコテルニク挑戦に敗れたが僅差の判定負け。1位だったランクも2位に留め置かれる程の接戦だった。

変わって1位に上がったのはディミトリ・サリタ(ウクライナ)。それでもってOCマーク付である。またややこしくなりそうですが、タイトル戦ラッシュで儲かる事は確実なWBA。(Sフライ級はとりあえず、インター王座戦=訂正)

暫定王座戦の波は、中量級から重量級までをも飲み込んでいくだろう。BOX RECのスケジュール欄のWBAタイトル戦表示は、これまで”WBA OrdinaryWorld”だったが、今日見ると正規、暫定王者のタイトルマッチは、 ”WBA World”に全て編入されている。

そんな中、亀田興毅(亀田)オマール・サラド(メキシコ)戦だけが、”WBA Ordinary World”に残されている。これいかに?ちょっと意味がわかりません。(~~)

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!
BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定
★EVER LAST ”思ってたより良い” ミニグローブ →  ★イーバンク銀行なら”振込手数料ゼロ”

「WBCも暫定戦ラッシュですよ。アッ〜、ブラッドレーの王座は剥奪しましたよ」

「今時、そんな事やるんですかWBC」

「あれは暴挙ですよ」

WBC世界Sライト級王者ティモシー・ブラッドレー(米)は、4月4日WBO同級王者ケンドール・ホルト(米)を12回判定に破り二冠王者となったばかり。そのWBC王座を返上ではなく、剥奪したという。剥奪という言葉。久しぶりです。(~~)


ペタしてね

「矛盾だらけですよ」

世界中のボクシング会場を飛び回る山田氏は、暫定王座戦容認派であり、『日本だけが乗り遅れちゃいけない』と言明されている。その原因は何かともよく質問される。

「ハーンズの為に出来たようなWBOが一番まともに見えますね」

もうずいぶん前の話ですが、WBO日本は新潟県にあったと記憶します。マネジャー・システムと、ファイトマネーの現金化を謳ったIBF日本は、黙殺された形になりましたが、日本ボクシング自由化に一石投じたように思います。

たくさんのご意見ありがとうございました。コアなファンの皆様のお怒り、ごもっともです。

「日本の元世界チャンピオン達。いや、世界中の元チャンピオン達に大して失礼だよ!」

暴挙はシステム化されたといってよい。考えてしまいます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】
【目次】



★09協栄ジムOB会クイズ  この6人の元選手の名前を左から順番にお答え下さい。左から4番目の選手が難しいでしょうか。ランキングにこそ入りませんでしたが、後の日本王者とダウン応酬の激しいファイトを繰り広げTV放映されています。余りの変わりように(人の事は言えませんが)(~~)だいぶ難しいようです。一番最後に”ヒント”付けときます。(~~)

【09協栄OB会クイズ・ご応募はこちらから】

正解者の中から10名様に、元WBA世界Sバンタム級王者佐藤 修 氏と、坂田健史選手の二人のサインがそれぞれ入ったEVERLASTミニグローブ・ペアセットをプレゼント。正解者多数の場合は抽選とし、漏れた方にも何か考えます。(~~)

★大好評 EVER LAST ミニグローブ!

BOXING MASTER/ボクシング マスター

【ミニグローブ左右ペアセット  8.9cm】赤、黒、青 @1000円  ★イーバンク銀行なら”振込手数料ゼロ”


BOXING MASTER/ボクシング マスター
【ミニグローブキーリングス 6.3cm】 @500円  



★ミニグローブ イーバンク銀行からの振込で”手数料ゼロ”


【ヒント】 写真と結び付けてくださいね。(~~)
・渡嘉敷勝男選手と同じクラスの元日本1位が二人います。
・無名からホープ池田和弘選手をKO。一躍ランキング入りしました。
・リック吉村選手にも勝っている元日本王者です。
・尾崎富士夫、田端信之、田名部雅寛と3人の後の王者と対戦。栃木軍団の一人です。苗字が同じ選手がこの中にいます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年5月 1日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「王様デュラン健在!統一Sバンタム級戦・パナマ」です。

次のブログ記事は「RSリポート・カバイェロvsマセブラ・パナマ発!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02