2009年9月アーカイブ

いよいよゴングを迎えるWBA世界Sフライ級タイトルマッチ。王者名城信男(六島)選手に挑むのは最強の挑戦者1位ウーゴ・カサレス(メキシコ)。試合の模様は午後8時からTV東京系列で放映される。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

ロサンゼルスのWBC世界ヘビー級戦から東京入り。昨日早朝の新幹線で大阪入りの山田純夫氏。「駅弁でも楽しもうと思って、3個買っちゃいました」は、さすがにグルメであります。(~~)


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

チャンピオン名城選手は、52.1キロで計量パス。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

挑戦者カサレスは、51.7キロ。

体格は変わらない両選手。どちらも前に出るタイプだけに噛み合う試合が予想される。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

試合リングでは大幅増量宣言をしてはばからない挑戦者。特異体質なのだろう。このクラスでロベルト・バスケス(パナマ)に勝っている事は侮れない。

「カルデロン(無敗のLフライ級王者)との2度の戦いでカサレスはいい勉強をしました。そのキャリアを活かして、彼は良くなってますよ」 

ブログランキング

WBO世界バンタム級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)親父をマネジャーに持つカサレスは、誰との対戦もいとわない無骨ファイター。そのプロモートは、ベテランのナチョ・ウィサル氏に委ねられている。

バンタム級王座獲りは2度に渡り失敗に終わっているが、現役続行表明のクリスチャン・ミハレスもウィサル氏に帯同して来日した。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

名城選手が勝利した場合、このベルト狙って来るんでしょうか?気になるミハレスです。勝者への挑戦を表明している前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手は、大竹マネジャーと共にリングサイドで偵察。

前に出たら強い名城選手と、グイグイ前に出て来るカサレス。先に退った方が苦しい展開になると思います。したがって、意地のぶつかり合い。面白い試合になりそうです。好試合を期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ









千差万別なれどボクサーの減量は厳しいものである。ファイティング原田(笹崎)選手、ガッツ石松(ヨネクラ)選手の壮絶な減量は、スポーツ紙の見出しを飾った。

「13キロ落として、こんな野郎に負けてたまるかと。男のド根性です!」


石松選手V5に成功!  ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

アルバロ・ロハス(コスタリカ)を14回KOで破り5度目の王座防衛に成功した石松選手は、こう言って胸を張った。

世界王座獲得後、一戦毎に減量が厳しくなった石松選手。それはオフ期間の過多な芸能活動にあり、普段のウェートを増やし過ぎだとの批判につながった。売れっ子でした石松チャンピオン。

★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGUを応援します!

ブログランキング


タイトル獲得直後日テレ”噂のチャンネル”に縞のカッパで登場し、わさびテンコ盛りの鮨を食わされ、口は火の車、「お水どうぞ」と差し出された飲み物は、なんとウォッカ。アルコールに弱いチャンピオンは顔を真っ赤にして耐えてました。(~~)

しかし、嬉しそうでしたね。王者の味をかみ締めているようで。(~~)

石松選手の減量は王座を失うプエルトリコのへスス戦で極限に達していた。1階級上げたセンサク・ムアンスリン(タイ)への挑戦は、ボディブローでリングで悶絶。マスコミからコテンパンに叩かれた。


新井選手のパンチでよろける元世界王者。 ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文
  

14ヵ月後、このままで終われぬと約5年振りに後楽園ホールのリングに登場する石松選手は、日本ウェルター級3位新井容日(大星)選手と対戦する。試合前は物凄い花束攻勢。しかし、試合はまるで動けず全くいいところなく10回判定負け。


殊勲の新井選手。   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

格下相手。よもや負けはあるまいと思われたこの試合を落とした石松選手には、「オソマツ!」の野次が浴びせられた。そして、元王者はこれを最後に引退へ踏み切る。

石松選手の減量苦はマスコミの手によって吹聴され有名になった感がある。新聞売れますからね。(~~)

厳しい減量がきついと話題になった石松選手だが、減量を放棄した事はない。世界ライト級王座5度防衛は素晴らしい記録である。しかし、王座転落後は気力と体の関係がアンバランスになってしまった。

最近はブログで体重落ちない、ウェートきついと自ら告白している選手も大勢見かけますが、これは賛成出来ません。

  ペタしてね
”炎の男”輪島選手。   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

「俺はそういうの(減量苦を訴える)は好きじゃない」と語ったのは、輪島功一(三迫)選手。

「プロが試合の契約をするという事は、戦う体重を決めると言う事だろ。自分で決めておいて、後から大変ですなんて、俺は恥ずかしくて言えないね。だって、自分で決めたんだろ」


リングで歌うチャンピオン。  ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

輪島選手の芸能活動も忙しかった。そして、減量も試合毎に厳しくなっていた。しかし、輪島選手は減量苦という言葉は最後まで出さなかった。

厳しい減量を乗り越えて世界王座奪回に挑んだエディ・ガソ(ニカラグア)への挑戦。しかし、輪島選手もまた石松選手と同じく、気力と体力がアンバランスな関係に陥っていた、三迫会長の手から放たれたタオルで輪島選手の現役生活は終わった。

輪島選手、石松選手。「男のド根性!」、「日本人魂!」。スタイルは違えど、伝えたい事は一緒だったように思います。どちらも、心に残る名チャンピオンでした。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

26日(現地時間)米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦。王者ビタリィ・クリチコ(ウクライナ)に挑んだのは、27戦全勝24KO勝ちの同級1位クリス・アレオーラ(米)。現地から、山田純夫 氏のレポートをお送り致します。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合はクリチコの先制攻撃で始まる。

王者クリチコ114キロ、挑戦者アレオーラ113キロの巨漢対決。



挑戦者も自慢の右強打を振るう。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

予想有利の王者の攻勢が続く。

★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGU・応援中!投票お願いします!

ブログランキング





撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合はワンサイドの様相を呈して来たが、タフな挑戦者は倒れない。

 ペタしてね

10回も王者の攻勢が続く。顔面が腫れあがった挑戦者。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

10回が終了したところでレフェリーが試合をストップ。ワンサイドマッチに終止符が打たれた。TKOタイムは10回3分ちょうど。



無念の敗者アレオーラは初黒星。

  

08年10月リング復帰以来3連勝となったクリチコ兄。38歳だがまだまだ強い。38勝(37KO)2敗。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

     

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定

ウイニングボクシング用品

26日つくばカピオで行われたOPBFミニマム級タイトマッチは、王者黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手が指名挑戦者1位ヘリ・アモル(インドネシア)に12回判定勝ちで王座防衛に成功。

ボクシングでダイエットみやてぃマガジン さん撮影の熱戦の模様をお伝えします。



リング入場の黒木選手。



試合開始。


★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

KO狙って積極的に攻め込む黒木選手。



左ストレートがヒット。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


念願の世界挑戦へ、攻めまくるチャンピオン。


★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGU・応援中!投票お願いします!

ブログランキング


撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

さァ、いくぞ!


★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


最後までKOを狙った黒木選手だが・・・。



ついに試合終了ゴング。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

残念。だが、爽やかな笑顔を見せるチャンピオン。



ジャッジ2者がフルマークの圧勝。2度目の王座防衛を果たした黒木選手を挑戦者も祝福。WBC1位にランクされるチャンピオンは、最後のハードルを突破。岩本会長は来春の世界挑戦を明言した。

 ペタしてね

坂田健史選手とのスパーで協栄ジムへ暫く通って来ていた黒木選手には、協栄ジム内にもファンが出来た。大変いいキャラクターの持ち主である。世界挑戦、期待したいですね。

セミに出場の日本ウェルター級1位井上 庸 (ヤマグチ土浦)選手は、インドネシアSライト級1位ジャック・マカンに10回フルマークの判定勝ち。こちらも日本王座挑戦への足場を固めた。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

     

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

黒木健孝OPBF指名戦・速報!

| コメント(0)

26日つくばカピオで行われたOPBFミニマム級タイトルマッチは、王者黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手が指名挑戦者1位ヘリ・アモル(インドネシア)に12回判定勝ちで王座防衛に成功。ジャッジ2者がフルマーク。WBC1位にランクされるチャンピオンは、世界挑戦の最後のハードルを突破した。

セミに出場の日本ウェルター級1位井上 庸 (ヤマグチ土浦)選手は、インドネシアSライト級1位ジャック・マカンに10回フルマークの判定勝ち。こちらも日本王座挑戦への足場を固めた。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

     

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ようやく正式発表を迎えたWBC世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオン内藤大助(宮田)選手へ、同級3位亀田興毅(亀田)選手が挑む。試合は11月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される。

内藤−亀田興戦は11月29日…互いに舌戦(毎日新聞)


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

”国民の期待”に応えて亀田大毅(亀田・当時協栄)選手を破りスターダムにのし上がった内藤選手は、6度の防衛戦中4人目の日本人挑戦者との対戦。一方の興毅選手は、WBA1位指名挑戦権がありながらのWBC王座挑戦で、初の日本人選手との対戦。WBA王座挑戦は弟大毅選手に譲った形。

亀田兄弟にとっては、”栄光か死か”。兄弟同時世界王者誕生となれば、再び亀田フィーバーが蘇る。だが、一つも王座を取れないとなると、世間の批判は厳しいだろう。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

チャンピオン内藤選手にとってもこの試合は、「絶対、負けられない」。プロの世界で亀田家に初めて黒星を付けた男は、大毅選手の反則騒動とあいまって、今や大スター。ここで負けたら、全てを失うという危機意識は強い。

王者は余裕の応戦 内藤「絶対に負けられない」(スポーツ報知)

プレス関係者は亀田選手の勝利を支持する声が多いと聞いた。現場ボクシング関係者は、「内藤君は負けないよ。ちゃんと作って来る」という意見が多いようです。

26日から予約が開始される入場券は、最高10万5千円のアリーナSRS席から、6300円のスタンドB席まで6種類。アリーナ席での観戦はRS席5万2500円、S席3万1500円と高額。

暫定王者ポンサクレックとの王座統一戦を回避した形の王者と、WBA1位指名挑戦権を捨ててのWBC王座挑戦者。オプションは内藤選手側が押さえているはずだ。この人気者同士の対戦に、ボクシングファンはどう応じるのだろうか?


★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGU・応援中!投票お願いします!

ブログランキング

TV放映はTBS。視聴率低迷が叫ばれて久しいが、”ボクシング”番組が元気を与えるのは確実。どれほどの視聴率になるのだろうか。昨年のTBS視聴率三冠王の内藤選手が、今年もトップを取ると見る。

世界タイトルマッチ日本人対決。現代では賛否両論両極端に意見は割れるが、世界タイトルマッチ開催が困難だった時代、日本人同士の世界戦開催は、ファン、関係者の悲願であった。

昭和42年(1967年)12月14日。赤穂浪士討ち入りの日に開催された日本初の世界戦日本人対決。世界Sフェザー級王者沼田義明(極東)vs挑戦者1位小林 弘 (中村)の一戦は、蔵前国技館に7千人の観衆を集めて行われた。放映はTBS。当時のTBSは人気抜群の世界王者 藤 猛 (リキ)選手も擁し、視聴率王であった。

精密機械vs雑草男。


小高会長と沼田選手。  ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

少しでもイメージと違う動きをしたならば、理論派でなる小高会長の説教が始まる。「こっちはサウナでウェート落としたいのに」(~~)。 TBSボクシング教室出身の王者は、時折ゾッとするような一発KOを披露した。その正確無比なパンチをして、”精密機械”。強豪との対戦経験も十分。

一方の挑戦者は4連敗を克服し、世界1位の座に上がって来た。当日朝の計量も東武東上線志木駅から電車でやって来たという挑戦者。恵比寿の中村ジムへ通うのも当然電車。国技館へは車で向かったがあいにくの雨で大渋滞。

もう近いだろうと一人で会場入りした小林選手は、気温4.6度の雨の中を約8キロ歩いて来た。「途中でタクシーを拾おうと思ったが、今日はお金はいらないと思って一銭も持っていなかった」(~~)という”雑草の男”。

世間の注目を大きく集めた初の日本人対決は、小林選手が沼田選手を12回KOし世界王座奪取に成功。沼田選手の王座初防衛はならなかった。


小林vs沼田  ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「俺はやっやぞ。とうとうやったぞ」

小林選手以上に勝利に酔ったのは中村会長。南海の孤島で終戦を迎えた中村会長は、「この仇はボクシングでとるぞ」の夢を果たした。「外人どもを叩きのめして、世界を取る」は、日本人に変わってしまったが。

  ペタしてね
中村会長と小林選手。  ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

食うや食わずの時代、矢尾板貞夫選手の失敗を経ての世界王者誕生であった。正月、矢尾板選手の雑煮には餅が入っていたが、会長夫婦は大根で済ませていたという逸話もある。

「負けるわけがない」


会場を去る沼田陣営。  ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

絶対的な自信を持っていた小高会長は敗れた。会長もまた敗者である。試合2日後、ガゼット・クラブ座談会で顔を合わせた両陣営。敗軍の将小高会長は、このように述べている。

「自分を破った者を、破り返すところに進歩があると信じます」

そして、両陣営は固い握手を交わした。

経験をその後に活かす。沼田選手は海外でのライト級王座挑戦も経験し、2年後WBCタイトルを獲得し世界王者に返り咲いた。

渡辺勇次郎氏が日本にボクシングを持ち込んで以来47年目の悲願だった日本人同士による世界戦。現代は、ビジネス優先であるが、両選手が雌雄を決する事を決めた事には拍手を送りたい。

これぞ、ボクシングという試合を期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

     

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

WBC世界バンタム級王者長谷川穂積(真正)選手は、23日川口オートレース場で開催されたトークショーで、自らのプランを明かした。V10戦は12月を予定。そして、これがバンタム級王座最後の防衛戦。

長谷川 12月V10戦がバンタム級ラスト(スポーツニッポン)

2階級制覇。ラスベガス進出の夢を語ったチャンピオン。この日はSGオートレースグランプリ優勝の木村武之(たけし)選手と共にオープンカーに乗り込み、プレゼンテターも務めた長谷川選手。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


さて、バンタム級卒業の要因はモチベーションの維持もあろうが、最大の要因は減量。この日も、その減量問題にふれている。

穂積、10度目防衛戦へゆとり減量(サンケイスポーツ)

これまで、1ヶ月に約12キロ落として試合に臨んでいたという長谷川選手は、「最大の敵はウェート」と強調。Sバンタム級を飛び越え、フェザー級王者クリス・ジョン(インドネシア)挑戦を希望した胸中がうかがえる。

「V10に成功したら好きな事に挑戦させてもらう」

意志の強い長谷川選手の事、この気持ちがあればV10は固いですね。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
ブログランキング

かつて、「王座5回防衛したら不敗のまま引退」を目標に掲げていたのは、元WBC世界ライト級王者ガッツ石松(ヨネクラ)選手。世界王座奪取を、「マグレ」と揶揄された事への強い反発心を試合で見せ付け、見事にV5を達成している。

しかし、試合毎にきつくなった減量はアルバロ・ロハス(コスタリカ)を相手にした5度目の防衛戦時には、13キロにも及んでいた。1975年(昭和50年)12月4日。午前10時。当時は当日計量だ。

試合直前の3日間は、ほぼ”断食”に近い状態。ブドウ糖の注射のみ。試合前日の夜をチャンピオンは、こう振り返る。

「1時間が1週間にも感じるほど時間がたつのが遅かった」

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


61.23キロ。リミット一杯で計量パス。「バケツ一杯でも飲める」と言っていた飲み物は、コーラとジュースを少しずつ、ゆっくり時間をかけて流し込む。

「余り食欲がわかないな」

最初に飲んだものは胃袋から吐き出された。飲んでは吐き、食べてはもどすを繰り返すうちに石松選手の体は元気を取り戻す。計量後の食事は、ステーキ(140g)、ひらめのバター焼き、ラーメン(小)、生野菜、おかゆ、白ブドー酒、ジンジャーエール、薄いコーヒー、水。ステーキは全てをたいらげなかった。

試合開始ゴングは午後7時47分。前に出てくる挑戦者をフットワークで交わし、カウンター狙いのチャンピオン。だが,終盤14回ロハスの左に合わせた石松選手の右アッパーがカウンターで炸裂。2分59秒KO。5度目の防衛に成功した。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


目標達成後現役続行を決めた王者は、指名試合に挑む。しかし、WBC初の入札となったエスデバン・デ・へスス(プエルトリコ)とのV6戦は、へススの地元で開催される事に。20万ドル(6千万円)、しかも税抜きという当時としては破格のファイトマネーを得たが、石松選手は敗れ王座を失う。

敵地というハンデに加え、減量苦。アンジェロ・ダンディトレーナーは、へススに足を使って当てては逃げるヒット・&アウェイを指示した。動けなかった石松選手。カウンター狙いは読まれていた。

昭和52年(1977年)4月、2階級制覇を目指し11ヶ月ぶりのリングでWBC世界Sライト級王者センサク・ムアンスリン(タイ)へ挑戦した石松選手だったが、6回ボディブローでリングに沈んだ。この試合は石松選手の14キロに及ぶ減量、タレント活動過多が問題視されている。

  ペタしてね

元世界バンタム級王者ファイティング原田(笹崎)選手の減量苦も有名でした。カッパを着込んでのロードワークは、しめた足首から汗が漏れ出し靴の中に流れ込む。やがて、大地をけるシューズは、グチャグチャという音を立てる。

合宿所の水道栓は封印され、水の出るところは水洗便所だけ。「この水でもいいから飲みたい」。原田選手の渇きとの戦いも壮絶だった。石松選手も、「バケツ一杯の水が一千万円でも買う」と言った話は有名ですね。

石松選手、原田選手共に人並みはずれた胃腸の持ち主であるに違いない。長谷川選手もしかり。そして、強い意志。

長谷川選手の”好きな事への挑戦”は、よりメジャーになる為の挑戦である。

ゴールデンボーイ・プロモーションと共同プロモート契約を結んだホルへ・リナレス選手、次戦防衛後はラスベガス世界戦も噂される西岡利晃選手の帝拳勢とは、極めて近い位置にいるだけに仲間入りをしたいところだろう。

なんといっても実績では一番。長谷川選手の夢がかなう事を願います。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

WBC世界バンタム級チャンピオン長谷川穂積(真正)選手が、私が住む川口へやって来る事を知ったのは新聞チラシからだった。23日川口オートレース場 で開催されているSG第13回オートレース・グランプリ決勝戦に乗り込んでくるチャンピオン。


★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


『長谷川穂積』スペシャルトークショー は、8R発売中13:47〜中イベントホールで行われる。

私の住まいからは歩いて10分の川口オートレース場。実はオートレースにすっかりはまっていた時期がある。乗り込む時は朝練習から。やっぱり、やる気、練習は大事だ。自然と、選手の乗り方、練習着等を見れば、すぐわかるレベルに到達してしまった。

最高峰SGレースのトップを飾るこの選手。そう、元SMAPの 森 且行 選手デビューのおりも観戦に、いや勝負に行ったほどです。(~~)


★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


もまれながら成長してきた森選手は、今や川口オート一番の実力者に君臨する。これは凄い事です。人気先行の重圧に押しつぶされずの地位は、努力の賜物だと思います。

森選手と同期の最年少に斉藤徹二 という選手がいる。デビュー当初は弱かった。
前を走る選手を追い抜きにかかろうものなら、予想屋のおばちゃんが、「危ない、危ない」と真剣に心配していた。それほどの腕前。しかし、彼は練習した。

身も知らぬオートレースと共に人生を歩んできたとお見受けするおじさん達が、朝練習見つめながら言ってました。

「アイツはモノになるよ。あれだけ一生懸命練習してるんだから。間違いない」

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
ブログランキング

妙に耳に残ったこの言葉を大竹マネジャーに伝えたのは、もう何年前の事だろう。

「テッちゃんどうしてる?」(~~)

「強くなって来ましたよ。凄いですよ」

どの世界も練習一番、やる氣一番だ。

オートレースファンと長谷川選手のトークショー。どんなお話になるのでしょうか。気になります。(~~)

もう暫く行っていないオートレース場。懐かしい。(~~)

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
 ペタしてね

そういえば、よくお会いした元チャンピオがいました。名前は言えませんが。(~~)

川口オートの最終レース発売窓口で顔を合わせたかと思ったら、翌日の船橋オート第1レースで、またまたお顔拝見した元王者。あの時は、マジあせりました。(~~)

好きなんだなァ!(~~)

俺も同じだ。人の事は言えない。(~~)

最近はデータも何もわからなくなっちゃいましたが、長谷川選手来場は心をくすぐる。

きっと、ボクシングファンもやってくるに違いない。それにしても、SGレースのプレゼンテーターとは、カッコいい。こういうのなんかうれしいですね。(~~)

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ



美味!肉の万世ハンバーグ

21日後楽園ホールで再起第2戦に挑んだ前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手は、ディツキー・プトラ(インドネシア)に2回1分47秒K勝ち。試合後、30日大阪で行われるWBA世界Sフライ級タイトルマッチ。王者名城信男(六島)vs指名挑戦者ウーゴ・カサレス(メキシコ)戦勝者への挑戦意思を表明した。

「名城選手に勝ってほしい」とは、金平会長。

【TV東京系列で放映 9月30日夜8時〜 名城vsカサレス】

「左ストレートだけ狙ってくるから気をつけて」

リングに登場した前インドネシア王者はやる気のようだった。試合開始、攻めて出る前世界王者に臆することなく左ストレートを放つ。当りはしないが場内が一瞬静まり返る程のパワーを見せた。

スロースターター。

ファンのご心配はもっともであるが、この日の坂田選手は攻めた。左ストレートをかいくぐり重いボディブローをめりこます。早くも相手のスタイルを崩しにかかった前王者。

2回。パンチを上下に打ち分け相変わらず攻める坂田選手。ボディで弱らせて上で決める。そんな流れになった最中、ボディ攻撃が連打で命中。ダメージもさる事ながら、すっかり心を折られたインドネシア人は勝負を諦めた。テンカウント。

「これが世界前哨戦だと思っています!」

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
ブログランキング

次は親父になって世界チャンピオンのベルトを取り返す。6月の再起戦勝利以後も、黙々と練習に励んで来た坂田選手。この試合に向けてのトレーニングはジャブ、ステップから。練習生が習うそのメニューに、新たな心で素直に取り組んできた。

スパーリングはOPBFフライ級王者大久保雅史(青木)選手相手にタップリこなし、その後はスピードある日本Lフライ級3位須田拓弥(沼田)選手にパートナーを変え、最後は相手がサウスポーだという事で、ミット打ち後の4回戦選手とのスパーで仕上げた。

世界1位まで躍進した黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手、世界ランクも一桁まで上昇の大久保選手。最強後楽園決勝進出の須田選手。いずれも志願して来たパートナー達だが、坂田選手とのスパー後負けていないのはうれしいものです。頼むよ、白石選手。(~~)

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
 ペタしてね
勝負飯!


計量後の食事はデビュー以来ずっとこれ。肉の万世”お茶ノ水サンクレール店” の、ダブル・ハンバーグ。ビールにも合います!(~~)

そして、坂田選手の大好物、肉の万世のハンバーグがアマゾンで買えるようになりました。これはうれしいニュースです。(~~)

しかし、なかなか買えないのが、元金子ジム所属のボクサーであり、肉の万世社員だった福井英史氏の作る”至極のフクイカレー ”。「福井のカレーは美味しいよ」。万世の後輩が作るカレーの味は、大竹マネジャーもご推薦。

超がつくアナログ人間の福井氏。販売方法は電話注文のみ。電話は、”0532−61−4269”ですが、これがまた、なかなかつながらないとの評判。チャレンジあるのみです。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


何の前触れもなく、突然協栄ジムに現れた福井氏。ビックリしました。(~~)

「ボクシング関係の人達に坂田君のファン多いんですよ。頑張ってください!

後楽園ホール控え室。

「坂田のストーカー来てるのか?」(~~)

「全国からたくさん来てます。男ばっかりですけど」(~~)(私の知る限りですが)

「そこがサンちゃんらしいなァ」(~~)

思わず苦笑いの坂田選手。

昨夜はブログつながりのたくさんの方々が後楽園ホールへ応援に来てくれた。皆様、超大音量のご声援、ありがとうございました。また、結果を心待ちにご声援いただきました皆様にも、重ねてお礼申し上げます。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


記者会見も終わったところで片岡鶴太郎氏が、坂田選手になにやらプレゼント。リングサイドであたたかく坂田選手の試合振りを見つめておられました。

「次は世界タイトルマッチ!」

準備は万端です!

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

再起第2戦目を迎えた前WBA世界フライ級王者坂田健史選手は、インドネシアのディッキー・プトラに2回KO勝ち。得意のボディできっちりクリーンKOで仕留め世界王座復帰をアピールした。

日本王座挑戦へあくなき執念をみせる瀬籐幹人選手は、ノーランクの片山 功 (中内)選手に3回TKO勝ち。王座挑戦に望みをつないだ。

OPBF女子Sフライ級王座決定戦に臨んだ藤本りえ選手は、ミッシェル・プレストン(ニュージーランド)に10回3−0判定勝ち。嬉しい新王座に就いた。BOXING MASTER/ボクシング マスター-090921_2041~0001.jpg
WBAスーパー世界フェザー級王者クリス・ジョン(インドネシア)は、19日(現地時間)米ネバダ州ラスベガスで、ロッキー・フアレス(米)を破り、03年9月同級暫定王座を獲得して以来通算12度目の防衛に成功。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

オスカー・デラホーヤ率いるゴールデンボーイ・プロモーションのサポートで、見事ラスベガス進出を果たしたジョン。はたして、第2のマニー・パッキアオ(比)になれるのだろうか。派手さはなく堅実が持ち味の王者は、米国ファンの心を掴む事が出来たのか。山田純夫氏のフォトレポートから検証します。

【リナレス・ゴールデンボーイと契約!】


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合開始から距離をキープ。ポイントをピックアップする王者ジョン。



ブログランキング


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

挑戦者フアレスも打ち返すが、チャンピオンはすぐに距離をはずす。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

左パンチでペースを維持したチャンピオン。だが、試合後半はアップアップの印象。

挑戦者のパンチで両目を腫れ上がらせた王者は視界もふさがっていく。これが影響したのかもしれない。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「危ない場面も何度かありましたよ」

そしてラストラウンド、チャンピオンはKO負け寸前の大きなピンチを迎える。何とかこらえて試合終了のゴング。判定は前半戦の貯金がものをいってジョンを支持。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

オフィシャルのスコアは、114−113、119−109、117−111。

「119はない試合です。全体の印象はそんなに離れていませんよ」

「榎戦の時と同じで完璧ではありませんでした」

【メイウェザーvsマルケス・ラスベガス写真集!】


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

大きな喜びを表す勝利とはならなかったジョン。

ゴールデンボーイプロモーションは、今後、どんなプランを用意するのだろうか。WBC世界バンタム級王者長谷川穂積(真正)選手が、ジョンへの挑戦希望をほのめかしているが、「面白い」という声しきりである。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


19日(現地時間)米ネバダ州ラスベガスMGMグランドで開催された、フロイド・メイウェザーJr(米)vsファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)の12回戦の模様を、山田純夫氏の写真でお伝えします。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

久々のリング登場となるメイウェザー。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

緊張の世界ライト級王者マルケス。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

2回、メイウェザーの左フックが炸裂。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

マルケスはキャンバスに落ちる。しかし、ダメージはない。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

反撃のマルケスのパンチを、メイウェザーらしいスウェーバックではずす。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

ロープへ下がれば頭右のディフェンス。セオリーとは逆だが、パンチをはずすのはうまい。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「思った以上にマルケスが頑張りました」

中盤までアグレシップに出るマルケスを前に、ブロックに忙しかったメイウェザー。

ブログランキング




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

手数は少ないがディフェンスマスターの本領発揮のメイウェザー。

しかし、6ラウンドから前に出る戦法に切りかえた。






撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

下がる展開になるとマルケスの持ち味はでない。

メイウェザーのラウンドが続く。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「思った以上にマルケスは頑張りました。彼の頑張りには敬意を表します」


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合終了後のセレモニーには、やはり何らかのベルトはあった方が様になる?

12回終了。オフィシャルのスコアは、120−107、119−108、118−109とジャッジ3者が揃ってメイウェザーと大差をつけた。

【リナレス・ゴールデンボーイと契約!】

「フルマークはないですよ。4つくらいはマルケスにあげてもよかったと思いますけど」

ポイント上は大差がついたが全体の印象は、「そんなに大きな差はないですよ。前半のメイウェザーは手数も少なかったですし」

「フルマークっていうのは、ディフェンスにもポイントあげちゃうんでしょうかねェ」(~~)


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


19日米ネバダ州ラスベガスMGMグランドで開催されたプロボクシングビッグマッチ。フロイド・メイウェザーJr(米)vsファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)の一戦は、圧倒的有利の予想でリングに上がったメイウェザーが12回3−0判定勝ち。

「マルケスを果たして倒せるか?」と見られていたメイウェザーだが、倒せなかったのも予想通り。スコアは、120−107、119−108、118−109とジャッジ3者が揃って大差をつけた。

メイウェザーvsマニー・パッキアオ(比)戦は実現するのだろうか?楽しみですね。

ブログランキング

WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ12回戦は、王者クリス・ジョン(インドネシア)が挑戦者ロッキー・フアレス(米)に3−0判定勝ち。スコアは、114−113、119−109、117−111。

正規王者時代からの防衛回数を12と伸ばしたジョンは、43勝(22KO)2分と無敗記録を更新。前戦引き分けの汚名を返上し、ビッグファイトへ一歩前進した。


【リナレス・ゴールデンボーイと契約!】  

WBO世界ライト級暫定王座決定戦は、マイケル・カツディス(豪)が、ビセンテ・エスコベド(米)に12回判定勝ちで王座を獲得。スコアは、118−110、116−112で2者がカツディスを支持。残る一人は116−112でエスコベドと、大きく割れた。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

WBA世界Sフェザー級王者ホルへ・リナレス(帝拳)選手は、18日(現地時間)米ネバダ州ラスベガスで、オスカー・デラホーヤ率いるゴールデンボーイ・プロモーションと共同プロモート契約を結んだ。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

右デラホーヤ、左バーナード・ホプキンスに挟まれうれしそうなべネズエラの”ゴールデンボーイ”リナレス選手。

話題ばかりが先行報道される日本ボクシング界にとって、久々の本格的ニュース。凄いですね。(~~)

ブログランキング


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

デラホーヤの熱い視線を受けながらスピーチのリナレス選手。

ボクシングという競技で観衆を魅了する事が出来るリナレス選手。世界への道は出来た。スーパースターへの挑戦が、いよいよ始まる。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

次の時代を背負う大プロモーターを目指すデラホーヤ。リナレス選手も頼もしそうに見つめる。

デラホーヤ社長は10月10日リナレス選手の防衛戦を視察にやって来る。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

WBAメンドサ会長親子ともバッチリの関係にあるデラホーヤ。

今後、リナレス選手をどのように売り出していくのだろう。楽しみです。

「アメリカでTV放送されたら人気出ると思いますよ長谷川選手」

現在、日本人ボクサーの最高峰にある長谷川穂積(真正)選手にも世界へ飛び出すチャンスが来る事を期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


19日(現地時間)米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドで行われる注目のウェルター級12回戦戦、フロイド・メイウェザーJr(米)vsファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)。18日(現地時間)、出場選手の計量が無事終わった。

     
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

07年12月のリッキー・ハットン(英・10回TKO勝ち)以来のリングとなるメイウェザー。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

36歳マルケス。好調伝えられるが、未知のウェートでパッキアオのようなパフォーマンスを見せる事ができるのか?




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合の模様は、9月21日(月・祝)よる8時からWOWOWで放送されます。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング

さて、日本のファンが気になるのが同時開催されるWBAスーパー世界フェザー級王者クリス・ジョン(インドネシア)vs挑戦者ロッキー・フアレス(米)の一戦。こちらも両選手無事に計量をパス。前戦引き分けの決着をつける時が来た。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

WBAスーパー世界チャンピオンベルトが賭けられる。

ペタしてね

興行はオスカー・デラホーヤ率いるゴールデンボーイ・プロモーションが主催。これにメイウェザー・プロモーションが絡む。

新アジアの英雄の道を踏み出すことが出きるかジョン。長谷川穂積(真正)選手も結果が大いに気なるところでしょう。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

こちらはWBO世界ライト級暫定王座決定戦に出場の、マイケル・カツディス(豪)と、ビセンテ・エスコベド(米)。WBO同級の正規王者はマルケス。勝者はメインカードの結果次第では正規王者に昇格しそうです。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

亀田大毅にメキシコ人助っ人!

| コメント(0)
15日(現地時間)メキシコ。10度目の王座防衛戦を迎えたWBC世界Lフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)を抑えメインカードに登場したのは、19歳のホープWBC世界ウェルター級4位にランクされるサウル・アルバレス(メキシコ=下写真)。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

次の瞬間、ヘレラはキャンバスに崩れ落ちる。

 

15歳でプロデビュー。今日までに29勝(22KO)1分の戦績。現在7連続KO中で、この日も21勝(8KO)1敗のカルロス・レオナルド・エレラ(亜)を相手に、初回166秒で豪快なKO勝利を飾った。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「カウントはいらないと思いましたよ」と言うほどの倒しっぷりに、観衆も大いに熱狂。メキシコでも重量級ホープは貴重なタレントだ。



そして、このホープをサポートするのは、日本にもお馴染みの元王者オスカー・ラリオス(メキシコ)のエディトレーナー。



★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング

この日は兄弟子ラリオスもセコンドに就いた。

「ラリオスの仕事ぶり見てやろうと思っていたんですけど、必要なかったですね」(~~)

今年3月、亀田大毅(亀田)選手が世界再ランクを決めたワンディ・シンワンチャー(タイ)戦では、大毅選手のチーフセコンドを務めたエディトレーナーが、10月6日のWBA世界フライ級王者デンカオセーン・クラティンデーンジム(タイ)戦にも来日し大毅選手をサポートする事が決まった。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

東京で大毅選手の最終調整から合流するというメキシコ人トレーナー。厳しい減量の極致にいる大毅選手へ、一体どんな調整法をさせるのだろう。そして作戦は?

メキシカンばりのボディアタックを敢行したい大毅選手。スタミナと耐久力のカギは、減量ですね。

「デンカオセーンも本気らしいね」

怠け者でない事を証明せねばならない王者デンカオセーンも、どうやら真面目にトレーニングに励んでいる様子。偉大な名王者だった先輩カオサイ・ギャラクシー氏が特別コーチに就く。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

昨年広島でのカオサイ氏の印象は非常に真面目な人。おごったところがなく、大変謙虚でありました。世界王座19度防衛の秘密はその人間性。そのカオサイ氏の指示をしっかり聞き、トレーニングして来るデンカオセーンはキッチリ仕上げてくるだろう。

「ムエタイやってたから投げも負けないよ」(~~)

久高戦ではラフなところを見せ2度の減点を喰らった王者。減量で切れてしまうことも心配な挑戦者。クリーンな好ファイトを期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

1976年5月、WBC世界バンタム級王座を獲得したときの戦績は、45戦全勝43KO勝ち。スタイリッシュな肢体から放たれる左フックの切れはまさに芸術。”KOアーチスト”の名をほしいままにしたカルロス・サラテ(メキシコ)。

その息子がプロデビューを果たした。15日ソーサvsソト戦の前座4回戦が初陣リング。セコンドには、もちろん偉大な父が就いている。

【WBC世界Lフライ級戦・ソーサvsソト】


カルロス・サラテ。

世界王座9度の防衛戦は全てKO勝利。クーヨ・エルナンデスマネジャーとの不仲が伝えられた時には、協栄ジムへの移籍話も持ち上がった。偉大なTV東京のお陰でサラテの凄さを知っていた私達は、来日を心待ちにしたものだ。

元同僚ルペ・ピントールに王座を追われた試合は、今でも仕組まれたといわれるほどの不可解な判定だった。4回にはダウンを奪っていたサラテだが、オフィシャル二人は1ポイント差でピントールを支持。しかし、残りの一人は12点差でサラテ。今でも信じられない判定だ。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

ライト級でプロデビューのジュニアと偉大な父。



さすがに緊張気味のジュニア。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

いよいよゴングだ!



父はベルトラインに”ZARATE”と入れていた。



父親譲りの左フックがうねりを上げる。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング



豪快なダウンを奪ったジュニア。


撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

即座に試合は停止。初回62秒カルロス・サラテ・ジュニアのKO勝ちが告げられた。




撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

ドクターがリングに入る。完全にのびてる対戦相手。

ペタしてね

担架の登場。



完璧KOでデビュー戦を飾ったジュニア。


撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

記念のグローブを息子に手渡す父。親子に浮かれた様子はない。

サラテ親子の今後に注目です。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

15日(現地時間)メキシコ。WBC世界Lフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)は、挑戦者オマール・ソト(プエルトリコ)を迎え10度目の防衛戦に挑んだ。現地取材山田純夫氏のフォトレポートをお届けします。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

王者ソーサ。10度防衛を区切りにフライ級転向も噂される。



挑戦者ソト。



計量を無事通過した両選手。

試合開始。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス




挑戦者が打って出る。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス




チャンピオンも反応し、試合は打撃戦へ。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング




撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

地力で上回るソーサのパンチが挑戦者を捕らえ始める。

そして迎えた第6ラウンド。



チャンピオンの右ストレート炸裂。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


たまらずキャンバスへ落下する挑戦者ソト。


撮影、Sumio Yamada   ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

王者ソーサは4連続KO10度目の防衛に成功。





00年4月デビューから、03年9月までの17戦中5つの黒星があったソーサだが、以後は今日まで負け知らず。


撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

WBCのドン、スレイマン会長もご満悦の様子。

さて、ソーサのフライ級転向はあるんでしょうか。正規王者内藤vs亀田戦勝者は、暫定王者ポンサクレックとの対戦がある。今後の動向に注目です。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

亀田3兄弟を擁する亀田プロモーションが、協栄ジム相手に約1億円の支払いを求めて提訴。15日に東京地裁(綿引穣裁判長)で第1回口頭弁論が開かれ、協栄側は請求棄却を求めた。

【提訴とは?】

亀田側の依頼を受けたのは、日本TV”行列のできる法律相談所”にも出演する北村晴男弁護士。同番組への出演がそのきっかけだったという。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

亀田選手側「協栄」を提訴 「分配金未払い」で1億円請求(毎日新聞)
亀田選手側「協栄」を提訴 「分配金未払い」で1億円請求(日刊スポーツ)

「分配金はファイトマネーと考えてもらって差し支えない。訴状で請求しているのは興毅選手の2試合と大毅選手の1試合の3試合。今後は未払い金を払ってもらえるよう話を進めていきたい」

「(協栄側の)主張の具体的な中身がはっきりしていない。主張を見た上で反論したい」と話ている北村弁護士は、内藤の試合についても同様の訴えを起こす可能性を示している。

協栄ジム金平会長「法廷で反論する」(日刊スポーツ)

請求棄却を求めた金平会長は全面的に争う構えだ。しかし、このような事態を招いた事は関係者、ファンの皆様に対し、大変申し訳なく、お詫び申し上げます。

「大阪から来た亀田です。よろしくお願いします!」

兄弟を連れ初めて協栄ジムへスパーリングに来た亀田史郎氏は、やや緊張気味だった。

「このご恩は一生忘れません」

金平会長が3千万円の移籍金を支払い協栄ジム入りして来た時、亀田氏は確かにそう言った。あれから二人の関係に何があったのだろうか。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング

世間を騒がせた大毅選手の反則騒動。亀田氏は公の場での謝罪をよしとしなかった。この事に関しては金平会長も心を痛めていた。そして決断。

亀田家の再出発は協栄ジムから円満離脱、亀田ジム設立へと展開した。大毅選手は再び世界戦のリングに上がり、亀田ジムは世界戦初プロモート。WBC世界フライ級3位にランクインした興毅選手のチャンピオン内藤大助(宮田)選手への挑戦も、間もなく正式発表されるだろう。

協定書の調印。円満離脱。一転提訴。その真実は?

残念ながら現場の身としては知る由もありません。今は法廷の場で事実が明らかにされ、この提訴は不当であるという判決を待つ他ありません。

9月21日(月・祝)には前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手の世界前哨戦が控えている。現場は、ただ頑張るのみ。坂田選手は、今一番大事な時だ。



坂田健史。

世間が、協栄ジムも亀田狂想曲で大騒ぎする最中、己の道を一歩一歩確実に踏み上がって来た。それは涙が出る想いであります。

「坂田が、かわいそうだよ!」

護ってくれるファンの心はありがたい。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

「王選手の素振りと一緒だよ。坂田、良くなった!」

「お前、坂田のミット持ってて逆に教えられるだろう。オイ、先生」(~~)

大竹マネジャーの言葉通りで笑えません。一つ一つの積み重ねがいかに大事かという事、感じさせられます。”人はこんなにも頑張れるんだ”。ご声援、よろしくお願い申し上げます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

13日(現地時間)、”南アフリカ・ヨハネスブルグで、韓国44人目の世界チャンピオンが誕生。”そんな選手いただろうか?

ボクシング:キム・ジフン、韓国唯一の世界チャンプに(上)(朝鮮日報)
ボクシング:キム・ジフン、韓国唯一の世界チャンプに(中)(朝鮮日報)
ボクシング:キム・ジフン、韓国唯一の世界チャンプに(下)(朝鮮日報)

1974年、同地でWBA世界バンタム級王座を奪取した韓国ボクシング史上2人目の世界チャンピオン 洪 秀煥が、”「母さん、僕、チャンピオンになったよ!」と叫んだ”で始まるこの記事。

OPBFライト級7位 金 智訓が獲得した世界タイトルは、IBO(国際ボクシング機構)Sフェザー級王座。記事は、”IBOはマイナーな団体だが、これを足掛かりに数十億ウォンものファイトマネーを獲得できる機会を得ることができる。リッキー・ハットン戦で150億ウォン(約11億円)を稼いだフィリピンの英雄マニー・パッキャオも、IBOライトウェルター級のチャンピオンだ。”と結ばれる。


洪vsテーラー。  ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

チャン・ミンソク記者の記事は素晴らしい。だが、洪 秀煥の偉業と今回の勝利を同じレベルで比べる事は出来ないだろう。

80年代半ば、IBF(国際ボクシング連盟)軽量級世界王座を独占していた韓国ボクシング界は、メジャー進出を果たすどころか、没落の道をたどった歴史をどう考えているのだろうか。

1973年11月3日アーノルド・テーラー(南ア・7位)は、WBA世界バンタム級王者ロメオ・アナヤ(メキシコ)から4度のダウンを喰らいながら、14回奇跡の大逆転KO劇を演じ、南アフリカ史上2人目の世界王者となっていた。


テーラー奇跡の右オーバーハンド。 ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

初防衛戦は74年7月3日南アフリカ・ダーバン。相手は洪 秀煥だ。1ヶ月前のノンタイトル戦で無名に不覚を取っている王者は減量苦に悩まされいいところなし。4度のダウンを奪われ15回判定負け。24歳の韓国人世界王者が誕生した。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング


国民的英雄となって凱旋帰国した洪は、2度目の防衛戦でアルフォンソ・サモラ(メキシコ)に王座を明け渡す。だが、77年11月パナマで再び大きな快挙を演じる。

新設のWBA世界Sバンタム級王座を17歳の世界1位エクトル・カラスキリャ(パナマ)11戦全勝(11KO)と争った洪は、4度のダウンをハネ返して、3回史上に残る大逆転劇で初代王者に輝く。韓国史初の2階級制覇。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


韓国ボクシング界は東洋の盟主たらんとする時代を迎える。ボクシング人気はたいそうなものであった。

渡嘉敷勝男(協栄)選手が、韓国・浦項でWBC世界Lフライ級王者 張 正九と激闘を演じたのは1984年8月18日の事。下写真は張vs渡嘉敷戦に並ぶファンの行列。リングサイドフロアは椅子が手渡され、早い者順で好きな所に椅子を並べていく観戦スタイル。



大事件は84年9月7日井州で起こった。

新興IBFの軽量級王者はSフェザー級まで東洋人が独占。韓国は5人のIBF世界王者を擁していた(他はWBCの張のみ)。フライ級王座は、WBA世界Sフライ級王者渡辺二郎(大阪帝拳)選手に挑み11回負傷判定で敗れていた権 順天が、その再起戦で王座を獲得していた。(83年12月24日)

チャンピオン権3度目の防衛戦は、8位アルベルト・カストロ(コロンビア)と戦ったはずだった(試合は権が12回KO勝ち)。しかし、試合4日後の11日になり、コロンビアから”韓国で戦ったカストロは偽者だった”とのニュースが飛び込む。

ペタしてね
フローレス。

試合後まだソウルに滞在していた挑戦者一行は、韓国コミッションに呼ばれ事情聴取。「カストロはリングネーム」と嘘を通していたが、ついに全てを白状する。「自分の名前は、ホアン・フローレス・カラバロ。わけのわからないうちに飛行機に乗せられ、カストロで通すように言われた」

★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!


13日、KBCはこの試合を無効試合とし、 全 浩然プロモーターのライセンスを永久剥奪とした。ここまではボクシング界内部の出来事で済んだ。しかし、韓国では大きな注目を集める世界タイトルマッチ。世界王者には、大統領直々に祝電が贈られるほどの名誉もあった。

大統領をだました!

事態を憂慮した警察が動く。フローレス一行と、メキシコ人のエルネスト・ガヤルドプロモーター(アルレドンド兄弟を育てた)が詐欺容疑で逮捕される。続いて全氏も逮捕。コミッショナーは辞任。コミッション総辞職との見方まで出る始末。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


ガヤルド氏が全氏から9千ドルの報酬で挑戦者カストロを韓国へ連れて来ると約束。しかし、本物のカストロはファイトマネーを不服とし契約を拒否。困ったガヤルド氏は、無名のフローレスに白羽の矢を立て、ライセンスを捏造。世界戦を強行してしまったというのがことの顛末である。

チャンピオン権の報酬は、3万5千ドル。だが、「まだ3千ドルしかもらっていない」。大統領から祝電を受けた権も被害者だ。

世界チャンピオンのバーゲンセール。IBF韓国人世界王者の質に日本のファン、マスコミはその将来を不安視していたが、その心配はなくなる。マイケル・カルバハルを初めとする米国、中南米実力者達の登場である。強い選手が王座に就き、IBF王座の権威は向上していった。

10年後。日本ボクシング界からは、「IBFがあれほどになるとは」の声が聞かれる。その一方、東洋王者がIBF世界王者になり、東洋ランカーとの防衛戦を繰り返した韓国ボクシング界は、没落の一途をたどったまま現在に至る。

 金 智訓の世界王座奪取。日本の出来事ではありませんが考えさせられますね。韓国ボクシング界の復興が待たれる今、金選手の活躍に期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!


WBA世界ウェルター級2位ネルソン・リナレス(ベネズエラ)。19戦18勝(11KO)1分。27歳。WBA世界Sフェザー級王者ホルへ・リナレス(帝拳)選手の実兄。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

12日(現地時間)メキシコ・モンテレイで行われたWBA世界バンタム級暫定王座タイトルマッチ のアンダーカードに登場したネルソンは、ヒルベルト・フローレス(メキシコ)と8回戦で対戦。



上写真は世界王者の弟リナレス選手。ウェートこそ違うものの顔つきはそっくりですね。さて、その試合ぶりは。

【ミハレスvsセルメーニョ・速報&写真集!】




★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館



撮影、Sumio Yamada   ★9・21坂田健史 プレゼント付チケット発売中!

試合開始から格下のフローレスを自在に攻めたネルソン。



フローレスはあっけなくダウン。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングスご購入


 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★9・21坂田健史プレゼント付チケットご購入

勝利をアピールするネルソン・リナレス。

現在WBA世界ウェルター級2位。1位は空位だ。近いうちに兄弟世界王者誕生のチャンスはやって来るだろう。勝負の日は近い。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!


12日(現地時間)メキシコ・モンテレイで開催されたWBA世界バンタム級暫定タイトルマッチ。王者ネオメル・セルメーニョ(ベネズエラ)vs挑戦者クリスチャン・ミハレス(メキシコ)。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

今年3月、ミハレスの地元トレオンで対戦し、セルメーニョが2−1の接戦を制して空位の王座を獲得していたが、異例のダイレクトリマッチとなった。リングサイド取材。山田純夫氏のフォトレポートで戦いの模様をお伝えします。



暫定王者セルメーニョ。



スーパースター候補だったミハレスは後がないだけに気合が入る。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

ミハレスの先制で試合はスタート。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

アクシデントがミハレスを襲う。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

セルメーニョ反撃。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館




ミハレスもパンチを返す。



セルメーニョコーナー。日本リングではタオルで風を送ったら反則だ。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報




★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報



撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

12回終了。試合は判定にもつれ込んだ。

スコアは、117−111、116−112、116−112。オフィシャル3者は揃って王者セルメーニョを支持。初防衛に成功した。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

ミハレスの為に儲けられた感のあるバンタム級暫定王座だったが、ミハレスは連敗。これで3連敗。今後の巻き返しはあるんでしょうか。



来月2日で28歳のミハレスは、36勝(15KO)6敗2分。デビュー以来の連勝を18(10KO)に伸ばしたメルメーニョは、11月で30歳を迎える。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


「調子悪いな朴。あれ、俺と一緒だよ」(~~)

1980年5月18日戒厳令下の韓国ソウル。”望みなき挑戦”とまでいわれた大熊正二(新日本木村)選手が、無敗のWBC世界フライ級王者 朴 賛希(韓国)から誰もがビックリのKO王座奪取劇を演じた。昨日、とみぃ・は〜んず さんが提供してくれたビデオを大竹マネジャーとじっくり見た。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


初回、チャンピオンは手数こそ出すものの腰が極端に引け威力が感じられない。対する大熊選手は42戦目にして初の海外リング。実に7度目の世界挑戦であるが、その動きは絶好調。

「あの頃はわからなったけど、今、この立場になってみると朴の不調がわかるね。舐めてたんだろうなァ」

前年7月、WBA王者ベツリオ・ゴンザレス(ベネズエラ)に12回KO負けを喰らっている大熊選手には限界説がささやかれていた。対する若き王者朴は、35日前に4度目の防衛に成功し自信満々。ミゲル・カント(メキシコ)の長期政権にストップをかけた朴。カントには3度戦い一度も勝てなかった大熊選手。

「上体動かしてごまかしてるだけで、体動かないんだよ」(~~)

徐々にペースダウンした朴は、大熊選手のボディブローの餌食となる。8回最初のダウンはゴングに救われた。しかし、続く9回あっけなくキャンバスに両足を投げ出した韓国のヒーロー。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


王座転落から5年4ヶ月。「自分の子供よりも俺に賭けてくれた会長を、もう一度世界チャンピオンのマネジャーにしたかった」。感動の王座奪還シーンであったが、リング上はもぬけの空。過激な韓国ファンからとんで来る飛来物を避ける為、新王者は一時リング下に避難しなければならなかった。

試合後、前王者は「下痢で調子が悪かった」と訴えた。

「そうだろ。だけど、計量終わってすぐに下痢なんかならないよ」(当時は当日計量)

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


「俺と一緒だよ」とは?

大竹重幸選手も厳しい減量をしていた。沖縄での試合の事である。計量後、その暑さも手伝ってクリームソーダをオーダー。「炭酸とアイスクリームって合うだろ。美味しいよ〜」(~~)

だが、ゴングが鳴ると体は動かない。「ホント、もうごまかすだけだよ。全然動けないんだから。さびしいもんだよ、失敗したなァ」(~~)

「炭酸とアイスクリームは体の中で爆発しちゃうんだよ。絶対、やめた方がいいよ」

”クリームソーダ”は大敵。思い当たる選手は多い事と思う。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

1986年8月24日姫路。日本フェザー級王者杉谷 満 (協栄)選手は、元王者来馬英二郎(神戸)選手の挑戦を受けた。全日本新人王決勝で後の世界王者六車卓也(大阪帝拳)選手に、ダウン応酬の末、判定を失った以外は黒星なしの13連勝中。大いに世界が期待されていたホープ中のホープ。

「杉谷負けたってよ」

この電話報告には誰もが驚いた。「エッ〜、まさか!」

冷房設備のない暑い体育館。試合は倒し倒されの激闘となったが、前半5回を終える頃にはチャンピオンの足元はおぼつかない。7回、挑戦者は再び王者を倒す。しかし、立ち上がった王者は最後の力を振り絞り挑戦者を滅多打ち、スタンディングカウントを聞かせる。

しかし、勝負はここまで。試合が再開されると、杉谷選手には僅かなスタミナも残っていない。自らしゃがみこむようにダウンし、立ち上がる事は出来なかった。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


帰京した上甲先生から聞いた。「クリームソーダなんか飲みやがって」。まるで動けなかった原因はこれだ。”クリームソーダ”怖し。兄貴の実選手も好きでしたねェ。(~~)

1980年6月1日高知。WBA世界Lフライ級王者具志堅用高(協栄)選手へ挑戦したマルチン・バルガス(チリ)は、66戦58勝(41KO)の記録と共に、脅威の食欲を持つ選手だった。



フライ級からクラスを下げてきたバルガスは、1日にコーラ(250ml)50本を平気で飲んでいた。ダイエットコーラ等ない時代。

「まるで犬が立小便するみたい」に、ロードワークの途中でコーラをゴクゴクやる。

普段の朝食。パン10切れ、スクランブルエッグとハム山盛り。オレンジジュースはガブ飲み。1日8千カロリーは取っている。しかし、太らない。計量は一発でパス。

試合はV12へ万全のチャンピオンの前に8回KOで敗れたが、動きそのものは悪いというものではなかった。コーラフロートは飲んではいなかったようですね。(~~)

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス
 ペタしてね

写真はV12戦計量後の具志堅選手の食事。前回の防衛戦(金龍鉉)では計量後の食事の後、一人レストランへ出かけ餅に手を出して失敗している具志堅選手。



スッポンの生血は定番の活力源だった具志堅選手。ステーキも欠かせないメニューでした。

計量後の食べ物、飲み物一つでリング上の動きは変わって来る。

「あの選手、やってるよ。あれじゃあ、ガス欠だ!」(~~)

コーナー下から鋭く見抜く大竹マネジャー。経験者は語るであります。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ボクシングを始めたくて選んだ高校。だが、ボクシング部からは早々に退散。

「裸で唄歌ってたんだろ」(~~)

「私は知りませんでした。真面目にボクシングやっとるもんだとばかり・・・」。知らぬは実父の直文氏ばかり。

「お前、どうしようもないヤツだったんだなァ」(~~)

未だ大竹マネジャーの突っ込みは鋭い。(~~)

9月21日の世界前哨戦 へ向け、最終調整に入りつつある前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手。”来るものは拒まず”の方針で、この夏はOPBF王者大久保雅史(青木)選手とスパー三昧。9月に入ってからは最強後楽園Lフライ級決勝進出の須田拓弥(沼田)選手が相手。


撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

スパーは只今絶好調の坂田選手が貫禄を見せた。最強初戦も坂田選手とスパーを積んだ須田選手は、上位ランカーで坂田ファン斉藤直人(角海老宝石)選手との激戦を制した。これは坂田選手とのスパーの成果であろう。何しろ、最初から最後まで息抜く間がない。

僅かな差で敗戦。タイトル挑戦の夢破れ果てた斉藤選手は引退の意向という。勝負の世界は厳しい。たとえ1ポイントの差でも負けは負け。その1ポイントの重みを何よりわかっているのが坂田選手。


撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

準備運動に始まり、シャドーボクシング2回。スパーがない日はミット打ち12回。スパーが入る日は、スパー+ミット打ちで12回を終える。

アドバイスは動く坂田選手を見ながらリアルタイムで大竹マネジャーが飛ばす。ラウンド中の中断、おしゃべりタイムはない。休憩は30秒。グローブはずすのも時間との戦いだ。

1回から12回まで、とにかく全力で動く。スパーが終われば、誰よりも息が切れる。それほど力を出している。すぐ続くミット打ちは、ズッと打ちっぱなし。ラスト30秒はワン・ツーのみ。もう暫く続けている。その成果はおして知るべし。

「肉体労働ですね」(~~)

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


クールダウンを終えると腹ふみ。そして、坂田選手は1階へ消え”オロナミン・タイム”。再び2階道場で入念にほぐされる体からは汗が噴き出す。こうして毎日の練習は終わっていく。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


「君達、坂田のミット持ってる時と、他じゃ全然違うんだよなァ動きが。なぜなんだよ」(~~)

「坂田はズット向かってくるからああなっちゃうんですよ。姿勢の問題ですね。頼むよ、しらいし〜」


撮影ーボクシングでダイエットみやてぃマガジン

「坂田の練習見てて何も感じないのかなァ」

大竹マネジャーから何度この言葉を聞かされた事だろう。デビュー11年目になるが練習に対する姿勢は変わらない。1日、いや毎ラウンドが全力投球である。

サンドバッグは叩きまくって来た。よって、卒業。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


「坂田さんがバッグ打つの初めて見ました」

これはハワイキャンプでの写真。昨年、試合翌日から自費参加した笛木 亮 (ジャパンS)選手が驚いていたのは、ズッと打ちまくるその姿。音が切れることがない。

毎日欠かせないロードワークも同じ。彼は自分との戦いに勝っている。”地獄”といわれたハワイキャンプ。ここは、「毎日どれだけやってるかすぐわかる」(~~)場である。

足が持たない。理由は様々だが、歩行困難者が続出する。「坂田だってどっか痛いんだぞ。お前ら飯だけ喰いに来たのか!」。靴が履けなくなった白石選手は、ゴムぞうり履いた足をテープでグルグル巻きに。名づけて”佐助”。その姿は情けない。「お前の先生誰だ!」。知りません。(~~)



カピオラニ公園を周回するロードワークコースは間違える性質のものではない。しかし、ズルの為に、「道がわからなくなっちゃいました」とほざいた勇気ある選手もいた。当然、しばかれましたが。(~~)

「一つずつ、毎日の積み重ねです」

それは今でも変わらない。6月、再起戦に勝利して次に取り組んだ事は、ジャブとフットワーク。誰よりもたくさんジャブを打ち、ジムで最もワン・ツーを打つのは坂田選手だろう。いつでも一生懸命に。

 ペタしてね
★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

9月21日(月・祝))の対戦相手はサウスポーの元インドネシア王者。世界を見据えて積んできた練習の成果は、クリーンKOでお見せしたい。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

「人はこんなにも頑張れるんだ!」

普通の子でもチャンピオンになれる。何時も感動を与える頑張りを見せる坂田選手に、ご声援よろしくお願い申し上げます。★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス ゲット!

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

5日(現地時間)パナマシティで争われたWBA世界フライ級暫定王座決定戦。1位亀田興毅(亀田)選手の出場はJBCの反対により頓挫。変わって2位ルイス・コンセプシオン(パナマ)が、亀田選手と戦う予定だったオマール・サラド(メキシコ)と戦った。山田純夫 氏のリングサイドレポートをお届けします。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

サラド。06年8月IBF世界Lフライ級王者ウリセス・ソリス挑戦は引き分け。昨年5月、WBC世界フライ級王座挑戦者決定戦でフリオ・セサール・ミランダに5回TKO負け。初黒星を喫した。



地元パナマのコンセプシオン。暫定がついても世界王座、気合が入る。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

緊張を隠せない両選手。いよいよ試合開始ゴングが鳴る。



★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館




前に出るミランダをコンセプシオンが迎え撃つ。



両者の相打ちシーン。




★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報



ディフェンスは甘い印象のコンセプシオンにサラドのパンチもヒットする。



時にサウスポーにスイッチ。器用なところを見せたコンセプシオン。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

サラドノ左目下の腫れが大きい。



コンセプシオン自慢のパンチも、サラドが効いたというシーンは演出できなかった。



カットしたサラドにドクターチェックが入る。



ジャンプ力をいかした鋭いステップインから放つパンチが有効だったコンセプシオン。



サラドは最後まで打撃戦を挑んだ。

ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

11回終了後のメキシコ陣営。左目下に加え、右目上の腫れもひどいサラドだが、棄権を示唆するセコンドに対し、最後まで続行を主張した。



ラストラウンド。サラド陣営が試合ストップ要請の合図をおくる。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合停止。



サラドノ闘志はおとろえていなかったが、試合はストップ。コンセプシオンの勝利が告げられる。



4度の宙返りを見せた新暫定王者。



チャンピオンベルトは正規王者と同じ。もうWBAは、”暫定チャンピオンベルト”を別に用意する時期に来ていますね。(~~)パナマの新星は、コンベンション防衛戦も予想される。

WBC同級王者内藤大助(宮田)選手に標的を変えた亀田興毅(亀田)選手がサラドと戦っていたらどうなった?今年に入っての2試合は、↓の厳しい見方も多いのは事実である。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


WBA政権交代・米国vs中南米

| コメント(0)
1962年8月、プロボクシング世界王者認定機関NBA(全米ボクシング協会)は、WBA(世界ボクシング協会)と名を改めた。しかし、その会長職は各州で1票づつ米国勢力が強く、米国、カナダ支配が続いていた。

72年から会長職に就いたのはハワイのボブ・リー氏。WBA本部はハワイに置かれた。ハワイボクシング隆盛の時代。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス


写真中央リー元会長。右、イトウ先生。”八海山”がお好みのリー氏でありました。(~~)

中南米諸国勢力の代表として米国主導のWBA体制にストップをかけ、政権交代をとげたのが、時の副会長職エリアス・”ドクター”・コルドバ(パナマ)氏。1974年8月パナマ・コンベンションでの出来事である。

★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

WBA会長時代のコルドバ氏。右はスレイマンWBC会長。1976年。

コルドバ政権は、すぐに次の決議をなした。

『ヘビー級をのぞく各級の世界チャンピオンは、6ヶ月以内(ヘビー級は1年以内)に防衛戦を行わなければならない』

『挑戦者はランキング10位以内から選ぶ事が出来るが、6ヶ月以内に防衛戦をしなかった場合は、90日以内にランキング1位の選手と防衛戦を行う事。従わない場合はタイトルは剥奪される』

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


中南米ボクシング復興の祖コルドバ氏の訃報が届いたのは、つい先頃の事。8月23日(現地時間)享年92歳。WBA終身会長の名誉を得ていた。すい臓がんが発見されてから、僅か2週間後の出来事であったという。

WBA”KOドラッグ興行”計量終了後、関係者は急ぎ故コルドバ氏の追悼セレモニー会場へ向かった。

★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット




参列された山田純夫氏は、「齢を取られてからも僕の事覚えててくれて、声かけてもらいました」と、しんみり。

77年まで会長職を務めたコルドバ氏は、巻き返しを図る米国勢力を取り込んだフェルナンド・ガリンデス(ベネズエラ)氏に会長職を譲る。以後、まとまりをなくした米国勢力を巻き込んでのベネズエラ(ガリンデス)vsパナマの仁義なき戦いの火蓋が切って落とされる。

79年マイアミ。ガリンデス会長と、パナマボクシング界が立てたロドリゴ・サンチェス氏の一騎打ち。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。勉強になります。(~~)【WBA会長の歴史・メンドサ政権誕生の裏側】

  ペタしてね

ガリンデス氏を追い落としたサンチェス氏であったが、82年急死してしまう。再びし烈な主導権争いが勃発。WBA戦国乱世の時代。様々な思惑が駆け巡る中、漁夫の利を得る形で同国人の実力派ガリンデス元会長を追い落とし政権を掴んだのが、現会長のヒルベルト・メンドサ氏。

ガリンデス氏とは半目という共通項があったパナマが、メンドサ氏を引き上げた。その陰の立役者がコルドバ氏であることは言うまでもない。


撮影、Sumio Yamada   ★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット

昨年のWBA総会にて。



深く頭を下げるメンドサ会長。感慨深いものがあるのだろう。戦国乱世のトップに躍り出たメンドサ氏は、勢力一本化に取り組み安定勢力を築き、現在に到る。しかし、気概のある反骨分子はIBF、WBOを設立。離反していった。

気がつけば27年の長期政権。今年は4年に一度となった会長選挙があるはずだ。老雄は暫定王座乱発のメンドサ・ジュニア副会長にその座を禅譲出来るのか。

★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット


左からメンドサ会長。コルドバ氏の令嬢レイラ氏。パナマコミッションに勤務するお孫さん。

時代は変わったが、健全なタイトル戦承認こそ管轄団体の命。かつてコルドバ氏は、「タイトルの権威を守り、トップコンテンダーの立場は憂慮する」という考え方であった。

戦国乱世→徳川安定政権→明治維新。日本の歴史は皆様ご存知の通り。かつてない安定政権にあるWBA(WBCも同様であるが)、タイトル統括団体としての歴史は、今後どのような道をたどるのだろうか。

ボクシング界に偉大な功績を残したコルドバ氏に黙祷。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

「こいつ、ホントに暗くなっちゃって。回りの空気、冷たいんですよねェ」(~~)

OPBFフライ級王者大久保雅史(青木)選手を指導する有吉会長が、傍らの大久保選手を見やりながら語る。しかし、東洋チャンプは笑わない。苦虫をかむつぶしたその表情には、正直者の素顔がかいま見える。

「スパーの事考えると、ホント、暗くなっちゃいますよ〜」

暑い夏が来て以来、ずっと週3〜4回のペースで前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手と8ラウンドスパーを続けて来た大久保選手。これだけ続けて坂田選手とロングラウンドスパーを続けられたのは、大久保選手がはじめてだ。



協栄ジム2回道場は蒸し暑い。

「ここはタイか?」

かつて渡嘉敷会長は絶句した。タイ在住経験のある有吉会長も、「ここはタイより暑いです」(~~)Tシャツの背中には汗取り用のタオルが巻かれている。



坂田選手の右ボディストレート。

キュッとガードをしめる大久保選手。守りは固い。



直後、同じ体制から左フックを放つ坂田選手。

スタミナある同士。その8ラウンドはペースダウンがない。

スパー終了後、坂田選手はすぐさまミット打ち。大久保選手は、有吉会長の監視下サンドバッグへ向かう。おしゃべりタイムはない。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


溜まった疲れを抜く為、3日間ほど休養を取った坂田選手。協栄ジムへの道すがら、有吉会長、大久保選手の師弟コンビはこんな予測をして来たという。

「今日は休んでたから、調子いいんだろうなァ」(~~)

「そうですねェ・・・↓」

第1ラウンド。「オッ今日は調子いいな」(~~)

初回終了。青木ジムコンビ。

「やっぱり調子いいなァ。今日はやばいぞ。ガード気をつけろ」(~~)

「やっぱりですね。・・・↓」

「コイツ、、また暗くなっちゃって」(~~)

  ペタしてね

「普段やってるから、ちょっと休むと凄く調子よくなっちゃうんですよねェ」(~~)

「普段からやってないと、調子悪くなって戻すの大変なんですけどね」

この日はかなり打たれた大久保選手。

「これだけスパー続けて来て感想は?」

「思い出に残る夏になりました。スパー以外、何にもなしです。・・・↓」

「じゃあ、その気持ちを表してくれる?」



「いや〜、まいっちゃいました」(~~)

実はかなりひょうきんな大久保選手でありました。

しかし、思い出に残る夏は、確実に地力アップにつながった。

休む理由はいくらでも出来るが、この両選手は自分からその理由を作る選手ではない。スパー三昧の夏。

「大久保君、良くなってるよ。12回戦なら強いよ」

ラッキー君といわれながらOPBFタイトル3度防衛。世界ランクも一桁。「練習は嘘をつかない」の言葉がそれを証明している。次戦はOPBF指名戦となる予定。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

”人はこんなにも頑張れるんだ”。

毎日の練習。手抜きせず、毎ラウンド全てを出し尽くす。この積み重ねですね。

坂田選手の試合も9月21日に迫り大久保選手とのスパーは終了。休んでちょうどいいくらいに仕上がっている坂田選手。10月末には2世も誕生する。今度の試合は、その先にある世界王座挑戦を見据えてつくられている。

「坂田も良くなってるよ。大久保君、来てくれて助かったよ」(~~)

9月21日(月・祝)。一生懸命な試合を見せる坂田選手にご期待下さい。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

5日(現地時間)パナマシティで開催されたWBA恒例の”KOドラッグ”興行。午後4時に開始された第1試合。ファイナルカードが終わったのは、深夜1時も過ぎた頃。早朝7時25分のフライトで米国へ帰る山田純夫さんも忙しい。

6日にはWBA主要メンバーによるミーティング開催が急遽決定。コンベンション・スケジュール等が決まるのではないかと思われる。

「ゴールデンボーイ・プロダクションのお偉方が3人も来てましたよ」

オスカー・デラホーヤ社長は、建築会社も経営しているらしい。「あいつにやらせているんだ」。その目先にはセコンドメンバーが。「写真送ってくれよ!」。営業にでも使うんでしょうかねェ。(~~)


撮影、Sumio Yamada   ★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット

デラホーヤvsメンドサ・ジュニア副会長のエキシビションマッチ3回戦には、副会長のパンチが一発ヒットするごとに100ドルがカウントされ、ドラッグ撲滅支援団体に寄付されるという趣向。

よって、頑張った副会長は249発のパンチを命中?させ、かくて2万4千9百ドルの寄付金をデラホーヤから稼いだ。パンチカウントはWBAのジャッジが務めたそうです。まァ、さわっても一発という事だったようですが。(~~)

デラホーヤ傘下にあるダニエル・ポンセ・デレオン(メキシコ)は、ロイネ・カバイェロ(パナマ)を12回大差の判定で破り、フェザー級次期指名挑戦権を獲得。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


Sフェザー級王者ホルへ・リナレス(帝拳)選手の兄ネルソンは不出場。これは計量で9ポンドウェートオーバーした為だが、どうやらこれは陣営の契約体重勘違い。日本ではありえない話ですね。

3月、嶋田雄大(ヨネクラ)選手に世界ランキングを奪われたアメス・ディアス(パナマ)は、世界挑戦経験もあるフェルナンド・アングロ(ベネズエラ)と対戦。嶋田選手にダウンを喰らった右オーバーハンドで、ディアスがあっさりとキャンバスに沈んだのは2回。

ここを何とか踏ん張ったディアスは、4回同じパンチで倒し返す。5回にもダウンを奪ったディアスは、6回見事な右アッパーで三たびアングロをマットに這わす。7回戦を見事な判定勝利で飾ったディアスは、ホアン・グスマン(ドミニカ)、嶋田戦と続いていた連敗をストップ。

  ペタしてね

フライ級暫定王座決定戦は、試合開始からオマール・サラド(メキシコ)が打撃戦を仕掛ける。対するルイス・コンセプシオン(パナマ)は、時折サウスポースタイルにもチェンジして見せたりと、この日は技で勝負。抜群のジャンプ力を活かしたステップインと、コンビネーションの回転の速さで優位を奪っていく。

「さすがにこのクラス相手だと、力任せでは倒せないです。サラドが効いたパンチはなかったです」

「もっとパンチ力のある選手と戦った場合どうなのか見たいですね」

いわば世界戦仕様で戦ったコンセプシオンは、時折派手なパンチもおりまぜ、ファン受けするボクシングを展開。8回以降手数が落ちたサラドは、左目上カットによる流血に悩まされ、11回を終わった頃には右目もふさがった。

「9回だったか、コンセプシオンが押し出される形でダウンしましたが、スリップの裁定。パンチが当っているようにも見えましたけど」

最終回を前にセコンドは試合停止を考えたが、サラドは続行を主張しコーナーを出る。しかし、これ以上の戦いは無意味と見て取ったセコンドは、レフェリーにストップのサイン。これを見て取ったルイス・パボンレフェリーが試合をストップした。TKOタイム12回39秒。


撮影、Sumio Yamada   ★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット

ポイントでも大きく引き離されていたワンサイドゲームだっただけに、このストップは妥当だろう。喜びの新暫定王者は得意の後ろ宙返りをを4度披露。地元ファンを大喜びさせた。

さて、気になるのは初防衛戦。10月6日正規王者デンカオセーン・クラティンデーンジム(タイ)vs亀田大毅(亀田)戦が行われる。コンセプシオンとの対戦は大いに楽しみだが、WBAがしっかり義務付けするのか。実現はその一点に係ります。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


5日(現地時間)、WBAプレコンベンションの様相を呈する恒例”KOドラッグ”興行がWBA本部のあるパナマシティで開催された。引退したばかりのスーパースター、オスカー・デラホーヤ(米)がリングに上がり、WBAメンドサjr副会長とグローブを交えた。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

日本製ウイニングのグローブ。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

デラホーヤに良く似合うゴールドカラー。



両者の手を挙げるレフェリーピネダ氏は、佐藤 修 選手、坂田健史選手の世界王座奪取戦でも主審を務めている。

   
撮影、Sumio Yamada   ★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報

メンドサ会長を中央に、デラホーヤ(右)とメンドサ・ジュニア副会長。暫定王座乱発の要因は、この人にある。会長就任は選挙戦となるが、すんなり行くのだろうか。


★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


世界1位亀田興毅(亀田)選手の出場はJBCの反対によりかなわず、思わぬチャンスが回ってきた形でフライ級暫定王座決定戦出場を果たした2位ルイス・コンセプシオン(パナマ)は、亀田選手と戦う予定であったオマール・サラド(メキシコ)と対戦。

「どうせ暫定やるんなら、亀田選手でも同じでは」の声も聞いた。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

まだまだ荒削りのコンセプシオンだが、パワーはある。


撮影、Sumio Yamada   ★9月21日坂田健史・瀬藤&藤本プレゼント付チケット

以前観たときの印象は、「12回やるボクシングじゃない」と映ったが、最終回39秒レフェリーストップによるTKO勝ちで暫定王座を獲得した。

ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

お得意の宙返りを披露する新暫定王者。


撮影、Sumio Yamada  ★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報

10月で24歳を迎える新暫定王者には、正規王者デンカオセーン・クラティンデーンジム(タイ)vs亀田大毅(亀田)戦勝者との王座統一戦が期待される。いや、ホントに義務でやらなければいけない。

パナマの新星は18勝(13KO)1敗。唯一の敗戦は4回戦時代のダウン負け(判定)。面白い試合を見せる選手である。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


9月5日(現地時間)開催されるWBA恒例の”KOドラッグ”興行は、無事計量を終了。プロモーターに転じたオスカー・デラホーヤも参加。メンドサjr副会長と”因縁の対決”を敢行する。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

レフェリー役ヘビー級王者ニコライ・ワルーエフ(ロシア)を間に睨み合う両雄。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

さすがに役者のデラホーヤ。この調子でWBAを牛耳っちゃいそうですね。(~~)

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


フライ級暫定王座決定戦には、パナマ期待の新星2位ルイス・コンセプシオンが登場。亀田興毅(亀田)選手と同王座を争う話が進められていたオマール・サラド(メキシコ)と対戦。

ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)にWBO世界Sバンタム級王座を追われたダニエル・ポンセ・デレオン(メキシコ)は、フェザー級挑戦者決定12回戦でロイネ・カバイェロ(パナマ)と対戦。

トータル109ラウンドの長丁場興行。以下は出場選手写真集。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス








撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

写真右。ウェルター級8回戦に出場のネルソン・リナレス(ベネズエラ)は、世界王者ホルへ選手のお兄さん。17勝(10K)1分の27歳サウスポー。8月15日にメキシコで7回TKO勝利を挙げたばかりのパナマリング登場ですが、1週間後には再びメキシコで試合予定と、凄いハードスケジュール。






撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

女子選手の組み合わせも。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス



べネズエラここにあり。大阪から飛んで来たラモストレーナー。アベンダーニョの敗北は認めたものの、「4ポイントは取っている」

ペタしてね
★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!








撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス






撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

デラホーヤ”会長”を挟んで、・・・いや違う。(~~)

フライ級暫定王座を争う両選手。

計量場にもファンが大挙押しかけ、てんやわんやの大騒ぎで行われた計量。ポーズ写真撮影も、「人数も多いし、大変でした」とお疲れの山田氏でありました。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


5人の世界チャンピオンを抱える日本プロボクシング界。王座防衛9度、しかも4連続KO防衛中の長谷川穂積(真生)選手。”国民の期待”内藤大助(宮田)選手。メキシコで元世界王者相手にノックアウト防衛を果たした西岡利晃(帝拳)選手。世界のスーパースター候補ホルへ・リナレス(帝拳)選手。返り咲き王者名城信男(六島)選手。



黄金のバンタム級で大変な記録を打ち立てている長谷川選手は、具志堅用高(協栄)選手ほどの人気があってしかるべき。海外KO防衛の西岡選手は、シンデレラボーイ西城正三(協栄)選手に匹敵するほどの快挙だった。オスカー・デラホーヤも観戦にやって来るリナレス選手は、既に2階級制覇。そのボクシングは芸術だ。

世の中の娯楽に対する選択肢は広がり、新しいスポーツも増えた。ボクシング人気低迷がささやかれて久しい。『テレビ局あってのボクシング』とは、今でもよく聞かれる言葉である。

昭和46年(1971年)。日本には5人の世界チャンピオンがいた。Aフライ級大場政夫(帝拳)、Aフェザー級西城正三(協栄)、Cフェザー級柴田国明(ヨネクラ)、Aスーパーフェザー級小林 弘 (中村)、Cスーパーフェザー級沼田義明(極東)の各選手。

二つのクラスで日本が世界王座を独占。王座統一が叫ばれたが、実現する事はなかった。王者を抱えるTV局が違ったのが、その大きな要因である。



そんな中、日本TVと契約していた西城vs小林の世界王者同士によるノンタイトル戦が実現されていた。これは、中村、金平両会長のボクシング人気復興に賭ける気持の表れである。

『世界戦ラッシュ』・2ヶ月に7試合はひどすぎる。ファンだけが泣いている。

『世界戦以外はボクシングじゃない』・TV局の定期番組は完全に茶の間から消え、死亡寸前の落ちるところまで落ちた。関係者はその理由を知っているが、カンフル剤を打つ勇気がない。

ビデオの普及していない時代。深夜族の睡眠薬代わり、水商売の人たちの夜食のお供。よくなる見通しもなく、お先真っ暗。凄い表現をされているTVボクシング。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


日本TV。ダイナミックグローブは、ヤングパンチと名を変え、4、6回戦中心の隔週興行。日曜夜の試合を次の土曜日午後3時から録画放映。

TBS。毎週興行。木曜か金曜日の試合を土曜深夜24時10分から放映。魅力ないマッチメイクには「ノー」を出し、放映中止騒動もあった。窓口は極東プロモーション。

フジTV。柴田国明選手と専属契約。興行権買取の為、10万ドル(3千6百万円)をポンと出すも、「柴田が負けたらボクシングから手を引く」と言われていた。放映は隔週水曜日深夜24時30分から。

TV東京。新規スタートしたばかりで、キャッチフレーズは50万円で中身の濃い試合を。毎週19時10分から生中継されていたが視聴率伸びず、隔週月曜日興行。放映は毎週月曜日深夜24時20分から。10月から放映時間が午後10時代に復活。だが、営業サイドからの突き上げが厳しく前途は暗いとの評価。

  ペタしてね

「マッチメイクに努力のあとが見られない。7−3で結果がはっきりわかるような試合ではお客さんもついて来ない。後楽園ホールで千五百人集める試合は最近ほとんどない。これじゃ視聴率だって稼げませんよ」

JBC菊池弘泰事務局長は以下のように語っておられる。

「人口1千万人の東京で2千や3千の客を呼べない興行は失格だ。本当のボクシングの良さからいけば、1ヶ月間30日興行をしても満員が可能なスポーツだと思う。勇気を持ったマッチメイクをし、それを適正価格で提供すれば、必ず客がつくはずです」

7月20日ビーバー梶本(松田)vs韓国選手のメインカードは、「価値がない」とTV局が突っぱね、「急に言われても」(極東プロ)ともめた。最後はTBSの放映中止とあいなった。

「自主興行の時は来た!」と、ノーTV興行に打って出たのは船橋ジムの石川会長。日本ライト級タイトルマッチ。王者高山将孝(P堀口)vs1位渡辺昌龍(船橋)の一をは9月1日後楽園ホールでプロモート。


高山vs渡辺Ⅱ

フジTV所属のスター選手同士のタイトルマッチ。高山選手は東京オリンピック代表からプロ入りし、14勝(2KO)1敗1分。渡辺選手(現・船橋ドラゴンジム会長)は、20戦17勝(8KO)3分と負け知らず、日本Sフェザー級王者で世界にもランキングされていた岩田健二(金子)選手と引き分けたばかり。

このカードに食指を伸ばしたのがTBS。

「こんないいカードを放送しない手はない。ぜひ、うちでやらせてください」

フジTVが選手を貸す形でこの試合はTBSで放映された。なんといってもビデオがない時代である。好カードのTV放映はありがたい。

7月29日。小林 弘 選手がアルフレッド・マルカノ(ベネズエラ)に逆転KO負けを喰らい世界チャンピオンの一角が崩れた。

「ボクシングは後の4人がタイトルを失ったら、完全に大衆から見離される」


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

小林選手に続き、西城選手,沼田選手もノックアウトで王座に別れを告げた。大場選手は判定で2度目の王座防衛に成功。柴田選手は、フジTVのテロップに負けが流されるほどの大苦戦の引き分け防衛を果たす。しかし、その後ビジネスのトラブルでフジTVの専属契約は解除に至る。そして、王座喪失。

この予言をノックアウトしたのは大場選手の逆転KO劇と、”炎の男”輪島功一(三迫)選手の登場である。いつの時代も待たれるニューヒーロー誕生。それは、感動を与える試合から生まれる。ノウガキではない。

TV観て、ボクサー目指す若者は途切れてはいない。明日へ続く若者へ刺激を与えるファイト。大事にしたいですね。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


8月29日、メキシコのリングで3度目の王座防衛に成功したWBC女子世界Sフライ級王者アナ・マリア・トーレス(メキシコ)の戦いを山田純夫氏のフォトレポートでお届けします。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

ソンブレロで登場の王者トーレス。

挑戦者は同級2位アヴァ・ナイト(米)。7戦5勝(2KO)2分。



アマキャリア豊富な北米王者は21歳。






撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合開始からトーレスが打撃戦に持ち込む。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


しかし、挑戦者もあどけない表情を一変させ反撃する。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

カウンターで迎え撃つ挑戦者。









両選手は試合終了まで激しい攻防を繰り広げた。

 ペタしてね



公式スコアは、99−91、97−94、96−94の3−0でチャンピオン。トーレスは、苦闘の末3度目の王座防衛を果たした。



戦う女王はおしゃべりも達者。

強敵を退け、次なる挑戦者は誰に。一時は猪崎かずみ(花形)選手が挑戦者に決まったりで、日本人選手にもチャンスが回ってきそうな気配はある。

21日空位の東洋太平洋女子Sフライ級王座決定戦に出場する、同級2位藤本りえ(協栄)選手が勝てば、そのチャンスに近づく。

対戦相手の同級1位ミシェル・プレストン(ニュージーランド)は、キックボクシングの世界チャンピオンでもある。英国人のプレストンは気性も荒そうな男勝り。強いフィジカルでガンガン前進して来る。流血もなんのそのの馬力型。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

アップライトに構える藤本選手はフットワークを使い、ジャブ、右ストレートでその前進をいかにストップさせるか。そこが勝負の分かれ道。

女王トーレス挑戦に向け絶対に落とせない試合の藤本選手。ご声援、よろしくお願い申し上げます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

「なぜこんなにポイントが離れてるの?」

「石田はジャブ出してるだけで、アベンダーニョも決め手なし」

8月30日、大阪で行われたWBA世界Sウェルター級暫定王座決定戦を観戦されたファンの方からから頂いた感想です。公式スコアは、119−109、118−110−111の3−0で石田選手の判定勝ち。

左一本で戦った石田選手のジャブに毎回ポイントが流れていったのだろう。試合の模様はTBSが収録、後日放映があるようです。

「そんなに差がある試合じゃありませんよ。フルマークなんて・・・」


コテルニク。

山田純夫氏にそう言わしめた試合は、7月英国で行われたWBA世界S位ライト級王者アンドレアス・コテルニク(ウクライナ)vsアミア・カーン(英)のタイトルマッチ。

コテルニクはまとまりのある好選手。大きく負けるような選手ではない。カーンが取った戦法は、強打を捨て、ジャブを打っては離れるスピードボクシング。そして、この試合は意外な大差がつく。オフィシャルのスコアは120−108と、118−111が2者。


「ローチの作戦ですね。これが図に当りました」



固いブロックでダメージングブローは貰わないコテルニクだが、カーンの手数、スピードの前に後手を踏む展開。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館




時折、コテルニク得意の左ジャブがカーンを捕らえるが、カーンはすぐに打ち返す。

「守りに忙しく、ブロックしてる時間が長かった」

結果、各ラウンドをどちらかに振り分けるとするならば、カーンという構図で、結果的には大差に。

「試合全体の印象からいうと、そんなに差ないんですけれど、毎ラウンド振り分けていくと大きな差になりますね」

セレスティノ・カバイェロ(パナマ)vsフランシスコ・レアル(メキシコ)戦はKO決着となったが、こちらも「参考スコアほど一方的ではないですよ」という事らしい。西岡のライバル王者メキシコで快勝!

挑戦するほどの実績はなく、試合が決まってトップ15に滑り込んだレアルだったが、3回以降「よく頑張った」ようです。



「3回から6回まで、ジャッジはそれぞれ1ラウンドしか挑戦者に与えてませんけど、どちらにポイント与えてもおかしくないと思いましたよ」

”どちらにつけてもおかしくない”ラウンドは、確かに存在する。ホールの4回戦では、一方がフルマークの勝ちであっても、反対側選手により多くのラウンドを与えているケースも珍しくない。WOWOWを観てるジャッジと、観てない場合で違うんじゃないかと最近思ったりします。(~~)

ジャブを中心の手数にポイントを与える。守りに忙しい展開であっても、より強い強打にポイントを与える。

「亀田vsランダエダⅠも、それほど大騒ぎするほどのスコアじゃないと思いましたよ。鬼塚vsタノムサクⅠも同じでしょうか」(~~)

 ペタしてね

世間を大騒ぎさせた亀田興毅vsランダエダ第1戦のスコアは、115−113、114−113、112−115の2−1で亀田選手判定勝ち。鬼塚勝也選手が世界王座に就いたタノムサク戦は、115−114が2者と、116−114の3−0で鬼塚選手の勝ち。

初回痛烈なダウンを喫した亀田選手。大きな劣勢シーンが記憶に残る鬼塚選手。

「全体的な印象で観ると、よりダメージを与えたランダエダ、タノムサクがの勝利になるんでしょうけど、ジャブを取って手数で振り分けたラウンドの多さになりますからねェ」

「小選挙区制のようなものですよ。自民党と民主党の差も同じなんじゃないですか」(~~)

「オープンスコアリングだと、8回終わってあんまり大差の場合、やる気にならなくなっちゃうと思うんですよね。だから何か考えた方がいい気がします」

「ダウンもダメージがあきらかな場合は10−7。2度ダウンなら10−6。フリーノックダウン制なら5までありとかしないと、逆転出来ませんからね。微差の10−9と、ダウン、ダメージの格差は考えた方がいいですよ」

「その方が面白くなりますね」(~~)


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

そもそもプロボクシングは、KO決着が目的だった。20世紀初頭の世界戦は45回戦が基準。1906年世界ライト級タイトルマッチ。反則42回で決着なんて記録もあります。45回戦。坂田選手、強いでしょうねェ。(~~)

日本人初の世界王者白井義男選手の初防衛戦。ダド・マリノとのリマッチ、第14ラウンドは挑戦者をダウン寸前に追い込んだ白井選手に2者が10−6とスコアしている。他にも10−7のラウンドが再三。

WBAが試験的に導入しているハーフポイント制よりは、ボクシングという競技がわかりやすく面白くなるのではと思います。



右アッパー一発。一方的に打たれながら柴田国明(ヨネクラ)選手を失神させたハーバート 康 。よみがえれ、強打のブルファイター。ハーバート 康 (韓国)のような個性的な選手、最近出てませんからねェ。

「プロテスト厳しくて、第2のジャッカル(丸山・国際)も出そうにないですからねェ」(~~)

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

8月30日、34歳の苦労人ボクサー石田順裕(金沢)選手は、WBA世界Sウェルター級暫定王座決定戦に勝ち、新暫定世界王者に輝いた。左ジャブを有効に使い、文句なしの大差判定勝ち。

時事ドットコム:石田が暫定王座奪取=34歳、史上2位の年長記録 ...

マスコミは快挙を称えてくれる。しかし、石田選手は謙虚だ。

石田、王座獲得で会見 「暫定を取らないと」(47NEWS)

「暫定の文字を取らないと。サインを書く際にも難しいし、説明するのも面倒くさい」

石田選手の説明するのも面倒くさいは、ズバリである。はやる心は正規王者との王座統一戦に向けられる。1年前、石田選手はWBA同級正規王者ダニエル・サントス(プエルトリコ)への指名挑戦者決定戦に勝利した。しかし、王者側との交渉はうまくまとまらない。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報
ブログランキング

★新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館


サントスは昨年7月11日の世界王座獲得後、一度の防衛戦を消化する事無く今日に至っている。石田vsアベンダーニョで暫定王座決定戦が承認された。その数日後、正規王者サントスと”OC”マークが付く1位ユーリ・フォアマン(米)との一戦は入札により決定した。

試合は11月14日米ラスベガスMGMグランドで開催される、ミゲール・コットvsマニー・パッキアオ(比)のWBO世界ウェルター級戦と同じプログラムで行われる予定。

新暫定王者は、正規王者との王座統一戦に挑むのが筋だが、石田選手の次戦はそのようではないらしい。

34歳石田、12月末に初防衛戦/BOX(サンケイスポーツ)
石田順裕「早く暫定取りたい」…12月に初防衛戦へ(スポーツ報知)

”正規王者ダニエル・サントス(プエルトリコ)との統一戦実現が難しい情勢”とあり、金沢英雄会長は「WBAの指示を仰ぐ」とした上で「まず防衛で名前を上げたい」とあり、12月下旬会場の仮予約を済ませている。

正規王者vs1位=入札戦の勝者に、WBAは即暫定王者との対戦を義務付けられないだろう。

「暫定チャンピオンも、歴代世界王者と同じく世界チャンピオンとして扱われるのかな。JBCの見解を聞きたいね」

 ペタしてね

1993年戦線復帰した辰吉丈一郎(大阪帝拳)選手は、WBCからバンタム級暫定王者に認定されたが、正規王者のベルトは既に獲得していた。03年戸高英樹(緑)選手はWBA世界バンタム級暫定王座を獲得したが、同Sフライ級正規王座を獲得していた。ミニマム級高山勝成(真生)選手は、WBCで正規王座。WBAでは暫定王座を獲得している。

WBC世界Sバンタム級王者西岡利晃(帝拳)選手は、暫定王座決定戦出場→正規王者昇格を果たした。これは正規王者イスラエル・バスケス(メキシコ)が網膜はく離で08年3月以来リング復帰出来ない為で、ルールにのっとった措置である。バスケスは10月10日、ようやく再起戦を迎える予定だ。

”無意味”な暫定戦と、”正当”な”暫定戦”。

世間一般の人には知る由もないが、ボクシングファンは知っている。

「そのうち自民党になっちゃうよ」(~~)

昨日の日刊スポーツ一面。”自民党が死んだ日”は、インパクトありました。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

「説明するのも面倒くさい」

暫定の二文字を自らの拳で取り払う日を願う石田選手。交渉が難しい情勢は入札で解決出来るシステムだが、WBAが指令しなければ入札にはならない。

「最近はどこの国へ行っても暫定世界戦が見られます」

「何も知らないお客さんは、単に世界タイトルマッチだと思ってます」

「選手、トレーナーは世界チャンピオンと名のつくものにモチベーションを上げ頑張る。勝利の場面はいつも感動的です。お客さんも喜ぶ」

「しかし、暫定の意味をちゃんと説明しない」

「こうなると、わかりやすく世界”副”チャンピオンと名を変えたほうがいいでしょうね」

「このままじゃ、正当な暫定王者もかわいそうになって来ますよ」

WBA、WBC世界王座のみを認めるJBCは、どの範囲まで国内暫定世界戦を認めるのか。正規王者と暫定王者の線引き。残念ながら難しい時代になりました。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02