輪島功一vsガッツ石松・減量へのプロ意識!

| コメント(0)
千差万別なれどボクサーの減量は厳しいものである。ファイティング原田(笹崎)選手、ガッツ石松(ヨネクラ)選手の壮絶な減量は、スポーツ紙の見出しを飾った。

「13キロ落として、こんな野郎に負けてたまるかと。男のド根性です!」


石松選手V5に成功!  ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

アルバロ・ロハス(コスタリカ)を14回KOで破り5度目の王座防衛に成功した石松選手は、こう言って胸を張った。

世界王座獲得後、一戦毎に減量が厳しくなった石松選手。それはオフ期間の過多な芸能活動にあり、普段のウェートを増やし過ぎだとの批判につながった。売れっ子でした石松チャンピオン。

★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGUを応援します!

ブログランキング


タイトル獲得直後日テレ”噂のチャンネル”に縞のカッパで登場し、わさびテンコ盛りの鮨を食わされ、口は火の車、「お水どうぞ」と差し出された飲み物は、なんとウォッカ。アルコールに弱いチャンピオンは顔を真っ赤にして耐えてました。(~~)

しかし、嬉しそうでしたね。王者の味をかみ締めているようで。(~~)

石松選手の減量は王座を失うプエルトリコのへスス戦で極限に達していた。1階級上げたセンサク・ムアンスリン(タイ)への挑戦は、ボディブローでリングで悶絶。マスコミからコテンパンに叩かれた。


新井選手のパンチでよろける元世界王者。 ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文
  

14ヵ月後、このままで終われぬと約5年振りに後楽園ホールのリングに登場する石松選手は、日本ウェルター級3位新井容日(大星)選手と対戦する。試合前は物凄い花束攻勢。しかし、試合はまるで動けず全くいいところなく10回判定負け。


殊勲の新井選手。   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

格下相手。よもや負けはあるまいと思われたこの試合を落とした石松選手には、「オソマツ!」の野次が浴びせられた。そして、元王者はこれを最後に引退へ踏み切る。

石松選手の減量苦はマスコミの手によって吹聴され有名になった感がある。新聞売れますからね。(~~)

厳しい減量がきついと話題になった石松選手だが、減量を放棄した事はない。世界ライト級王座5度防衛は素晴らしい記録である。しかし、王座転落後は気力と体の関係がアンバランスになってしまった。

最近はブログで体重落ちない、ウェートきついと自ら告白している選手も大勢見かけますが、これは賛成出来ません。

  ペタしてね
”炎の男”輪島選手。   ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

「俺はそういうの(減量苦を訴える)は好きじゃない」と語ったのは、輪島功一(三迫)選手。

「プロが試合の契約をするという事は、戦う体重を決めると言う事だろ。自分で決めておいて、後から大変ですなんて、俺は恥ずかしくて言えないね。だって、自分で決めたんだろ」


リングで歌うチャンピオン。  ★EVERLASTミニグローブ&キーリングス →携帯からご注文

輪島選手の芸能活動も忙しかった。そして、減量も試合毎に厳しくなっていた。しかし、輪島選手は減量苦という言葉は最後まで出さなかった。

厳しい減量を乗り越えて世界王座奪回に挑んだエディ・ガソ(ニカラグア)への挑戦。しかし、輪島選手もまた石松選手と同じく、気力と体力がアンバランスな関係に陥っていた、三迫会長の手から放たれたタオルで輪島選手の現役生活は終わった。

輪島選手、石松選手。「男のド根性!」、「日本人魂!」。スタイルは違えど、伝えたい事は一緒だったように思います。どちらも、心に残る名チャンピオンでした。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年9月28日 12:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WBC世界ヘビー級タイトルマッチ・実況写真集!」です。

次のブログ記事は「激突!名城vsカサレス・挑戦者の背景」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02