WBC世界ヘビー級タイトルマッチ・実況写真集!

| コメント(0)
26日(現地時間)米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦。王者ビタリィ・クリチコ(ウクライナ)に挑んだのは、27戦全勝24KO勝ちの同級1位クリス・アレオーラ(米)。現地から、山田純夫 氏のレポートをお送り致します。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合はクリチコの先制攻撃で始まる。

王者クリチコ114キロ、挑戦者アレオーラ113キロの巨漢対決。



挑戦者も自慢の右強打を振るう。




撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

予想有利の王者の攻勢が続く。

★石油ドル本位制に代替する世界システムを構築する→社会人大学GGU・応援中!投票お願いします!

ブログランキング





撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

試合はワンサイドの様相を呈して来たが、タフな挑戦者は倒れない。

 ペタしてね

10回も王者の攻勢が続く。顔面が腫れあがった挑戦者。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

10回が終了したところでレフェリーが試合をストップ。ワンサイドマッチに終止符が打たれた。TKOタイムは10回3分ちょうど。



無念の敗者アレオーラは初黒星。

  

08年10月リング復帰以来3連勝となったクリチコ兄。38歳だがまだまだ強い。38勝(37KO)2敗。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

     

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定

ウイニングボクシング用品

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年9月27日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WBC1位黒木健孝・来春世界へ!熱戦写真集」です。

次のブログ記事は「輪島功一vsガッツ石松・減量へのプロ意識!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02