亀田大毅にメキシコ人助っ人!

| コメント(0)
15日(現地時間)メキシコ。10度目の王座防衛戦を迎えたWBC世界Lフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)を抑えメインカードに登場したのは、19歳のホープWBC世界ウェルター級4位にランクされるサウル・アルバレス(メキシコ=下写真)。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

次の瞬間、ヘレラはキャンバスに崩れ落ちる。

 

15歳でプロデビュー。今日までに29勝(22KO)1分の戦績。現在7連続KO中で、この日も21勝(8KO)1敗のカルロス・レオナルド・エレラ(亜)を相手に、初回166秒で豪快なKO勝利を飾った。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

「カウントはいらないと思いましたよ」と言うほどの倒しっぷりに、観衆も大いに熱狂。メキシコでも重量級ホープは貴重なタレントだ。



そして、このホープをサポートするのは、日本にもお馴染みの元王者オスカー・ラリオス(メキシコ)のエディトレーナー。



★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング

この日は兄弟子ラリオスもセコンドに就いた。

「ラリオスの仕事ぶり見てやろうと思っていたんですけど、必要なかったですね」(~~)

今年3月、亀田大毅(亀田)選手が世界再ランクを決めたワンディ・シンワンチャー(タイ)戦では、大毅選手のチーフセコンドを務めたエディトレーナーが、10月6日のWBA世界フライ級王者デンカオセーン・クラティンデーンジム(タイ)戦にも来日し大毅選手をサポートする事が決まった。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

東京で大毅選手の最終調整から合流するというメキシコ人トレーナー。厳しい減量の極致にいる大毅選手へ、一体どんな調整法をさせるのだろう。そして作戦は?

メキシカンばりのボディアタックを敢行したい大毅選手。スタミナと耐久力のカギは、減量ですね。

「デンカオセーンも本気らしいね」

怠け者でない事を証明せねばならない王者デンカオセーンも、どうやら真面目にトレーニングに励んでいる様子。偉大な名王者だった先輩カオサイ・ギャラクシー氏が特別コーチに就く。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

昨年広島でのカオサイ氏の印象は非常に真面目な人。おごったところがなく、大変謙虚でありました。世界王座19度防衛の秘密はその人間性。そのカオサイ氏の指示をしっかり聞き、トレーニングして来るデンカオセーンはキッチリ仕上げてくるだろう。

「ムエタイやってたから投げも負けないよ」(~~)

久高戦ではラフなところを見せ2度の減点を喰らった王者。減量で切れてしまうことも心配な挑戦者。クリーンな好ファイトを期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年9月18日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「”KOアーチスト”カルロス・サラテ・ジュニア初陣!」です。

次のブログ記事は「メイウェザーvsマルケス・Weigh-in」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02