協栄ジムvs亀田プロ・行列の北村弁護士!

| コメント(0)
亀田3兄弟を擁する亀田プロモーションが、協栄ジム相手に約1億円の支払いを求めて提訴。15日に東京地裁(綿引穣裁判長)で第1回口頭弁論が開かれ、協栄側は請求棄却を求めた。

【提訴とは?】

亀田側の依頼を受けたのは、日本TV”行列のできる法律相談所”にも出演する北村晴男弁護士。同番組への出演がそのきっかけだったという。


撮影、Sumio Yamada   ★EVERLAST ミニグローブ&キーリングス

亀田選手側「協栄」を提訴 「分配金未払い」で1億円請求(毎日新聞)
亀田選手側「協栄」を提訴 「分配金未払い」で1億円請求(日刊スポーツ)

「分配金はファイトマネーと考えてもらって差し支えない。訴状で請求しているのは興毅選手の2試合と大毅選手の1試合の3試合。今後は未払い金を払ってもらえるよう話を進めていきたい」

「(協栄側の)主張の具体的な中身がはっきりしていない。主張を見た上で反論したい」と話ている北村弁護士は、内藤の試合についても同様の訴えを起こす可能性を示している。

協栄ジム金平会長「法廷で反論する」(日刊スポーツ)

請求棄却を求めた金平会長は全面的に争う構えだ。しかし、このような事態を招いた事は関係者、ファンの皆様に対し、大変申し訳なく、お詫び申し上げます。

「大阪から来た亀田です。よろしくお願いします!」

兄弟を連れ初めて協栄ジムへスパーリングに来た亀田史郎氏は、やや緊張気味だった。

「このご恩は一生忘れません」

金平会長が3千万円の移籍金を支払い協栄ジム入りして来た時、亀田氏は確かにそう言った。あれから二人の関係に何があったのだろうか。

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報   ★プレゼント付チケット発売中!
ブログランキング

世間を騒がせた大毅選手の反則騒動。亀田氏は公の場での謝罪をよしとしなかった。この事に関しては金平会長も心を痛めていた。そして決断。

亀田家の再出発は協栄ジムから円満離脱、亀田ジム設立へと展開した。大毅選手は再び世界戦のリングに上がり、亀田ジムは世界戦初プロモート。WBC世界フライ級3位にランクインした興毅選手のチャンピオン内藤大助(宮田)選手への挑戦も、間もなく正式発表されるだろう。

協定書の調印。円満離脱。一転提訴。その真実は?

残念ながら現場の身としては知る由もありません。今は法廷の場で事実が明らかにされ、この提訴は不当であるという判決を待つ他ありません。

9月21日(月・祝)には前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手の世界前哨戦が控えている。現場は、ただ頑張るのみ。坂田選手は、今一番大事な時だ。



坂田健史。

世間が、協栄ジムも亀田狂想曲で大騒ぎする最中、己の道を一歩一歩確実に踏み上がって来た。それは涙が出る想いであります。

「坂田が、かわいそうだよ!」

護ってくれるファンの心はありがたい。


★9月21日試合情報   ★坂田健史元気になる魂を揺さぶる感動ドキュメント!

「王選手の素振りと一緒だよ。坂田、良くなった!」

「お前、坂田のミット持ってて逆に教えられるだろう。オイ、先生」(~~)

大竹マネジャーの言葉通りで笑えません。一つ一つの積み重ねがいかに大事かという事、感じさせられます。”人はこんなにも頑張れるんだ”。ご声援、よろしくお願い申し上げます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

 

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年9月16日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「韓国44人目の世界王者vsニセモノ挑戦者!」です。

次のブログ記事は「WBC世界Lフライ級戦・ソーサvsソト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02