トカちゃん・ハルク・坂田・ハワイ繋がり世界王者

| コメント(0)

25日。元世界王者3人が一同に集合。これはワイから来日されたMIZUNOさんご夫妻と、MIURA氏の歓迎会に顔をそろえたもの。ハワイキャンプ?がりの3王者。渡嘉敷勝男氏の爆笑トークで宴は盛り上がる。



ファイティングポーズに、シャカサイン。

「渡嘉敷さん、ハワイしばらく来ないね。どうして?」

「それは、その〜」

「行けないんだよなァ」(~~)

「エリック・モレル!」(~~)

「何言ってんですかァ。無実ですよ、無実」(~~)

「でもこわいんだよなァ」(~~)

「私たち、もう80よ。早く来て下さいね」

「そろそろ行きますよ。昔はあんなに行ってたのにねェ」(~~)


渡嘉敷会長。一人で宴会出来ます。(~~)

世界タイトル獲得のご褒美として初めてハワイキャンプを体験した渡嘉敷選手はハワイの虜になった。以来、世界王座を防衛するごとにハワイでバカンスを楽しむのが慣例となった。

「でもジッとしていられないからついつい走っちゃうんだよなァ」(~~)

「そうだよ、試合終わって何日もたってないのにハワイから練習再開って感じで」(~~)

協栄ジムとハワイキャンプは切っても切れない。初代チャンピオン海老原博幸選手も、「ハワイでトレーニングしてロスあたりで戦うのが最高」と語っておられる。



世界戦への備えはハワイキャンプだったシンデレラボーイ西城正三選手。ホノルルでノンタイトル戦のリングに上がった事もある。奥様もハワイ出身です。

 ペタしてね

続く具志堅用高選手もハワイは大のお気に入り。上原康恒選手はハワイでビュー。第2の故郷という感じですね。鬼塚勝也選手も試合前は約1ヶ月ハワイでのトレーニングに費やした。



鬼塚選手はビーチを走り、勇利アルバチャコフ選手はダイヤモンドヘッドへ登るのが大好きであった。



ハワイには先頃制定されたボクシングの日。後楽園球場特設リングの上にいた歴史の生き証人スタンレー・イトウ先生がご健在である。

先代会長が逝去された後、名門の灯を消してなるものかと復活したハワイキャンプ。まだ先の見えなかった佐藤 修 選手、坂田健史選手は、ここで世界王者への土台が作られた。

ブログランキング

その他の若手選手もメンバーを変え多数が参加している。だが、その中には散歩してるおじいちゃん、おばあちゃんに追い抜かれてしまう輩も出てくる。

「ウソじゃないよ、ホントに追い越されちゃうんだから。なァ、松崎」(~~)

「エッ、アッ〜、頑張ります」(~~)

「いいよもう来なくて」(~~)

坂田健史選手もWBA世界フライ級王者デンカオセーン・カウィチット(タイ)への挑戦が正式に決まったならば、この常夏の島で鍛える事になるだろう。誕生したばかりに長女”夕空”(ゆら)チャンにあえないのは寂しいが、ここは我慢の坂田選手ですね。(~~)



ハワイキャンプ初期の頃。

佐藤 修 、坂田健史の両選手は世界王者になり、移籍はしたが佐々木基樹選手も世界挑戦を果たした。費用はジム負担のキャンプ。走って食べる。大きな先行投資が選手育成の土台になっていることは間違いない。これも伝統である。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年10月27日 13:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第1回”夢の”チャンピオンカーニバル」です。

次のブログ記事は「ゴメス25勝全KOvsサラテ55勝53KO」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02