坂田健史vsデンカオセーン・正式合意!

| コメント(0)
朝一番、ジョー・ルイチュさんからメールが入った。「坂田、デンカオ決まりらしいです。金平会長のブログに出てますよ」(~~)

タイを訪れている金平会長は、WBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(タイ)を擁するギャラクシー・プロモーションと交渉を重ね、前王者坂田健史(協栄)選手との再戦に付いて正式に合意したとの事。詳細は帰国後明らかにされる。

昨年大晦日、衝撃の王座転落。一瞬静まり返った場内。レフェリーのカウントが進む中、「坂田立て〜」のファンの声がこだま。ジョー・ルイチュさんはじめ、応援に駆けつけてくれたファンの皆様は、ただ涙にくれたという。


撮影、Sumio Yamada

「俺、何にもしてないですよ」

リング上、坂田選手も悔し涙。敗因については様々なご意見を頂いたが、「力んで空振りしちゃったから、アレもらちゃったんだよ。後頭部だけど、あのタイミングじゃ仕方ない」。

再起?引退?。悶々とする日々が続く。

「毎日なぐさめられて楽しいのかなァ」

悔しさをにじませる大竹マネジャー。

ブログランキング

「そろそろ坂田から電話来る頃だな」。等と話していたら、大竹マネジャーの携帯呼び出し音が鳴った(これ本当です)。「坂田だよ」。一瞬、顔を見合わせた。

「ハイ、デンカオセーンです」(~~)

坂田選手、再起表明。

「やるんなら明日から来いよ!」

王座喪失から1ヶ月もたたないうちに坂田選手は始動。Sフライ級で2階級制覇を目標に掲げた。以後、2戦を消化。次は世界戦という気持ちが強い。9月30日、大阪まで観戦に出かけたWBA世界Sフライ級タイトル戦は、王者名城信男(六島)選手が、指名挑戦者ウーゴ・カサレス(メキシコ)と引き分け防衛。


撮影、Sumio Yamada

そして、10月6日。WBA世界フライ級王者デンカオセーンは、亀田大毅(亀田)選手の挑戦を受けた。5月地元タイでの防衛戦では、久高寛之(仲里ATSUMI)選手に大苦戦。ホウホウの態で12回を乗り切り、判定勝利を得たが、ジャッジの一人は2ポイント挑戦者優勢と採点。

「しっかりしてくれなきゃ困りますよ」

前王者のプライドをにじませていた坂田選手。

デンカオセーン2度目の防衛戦は、ジムで合宿生活を送る等、万全の体制とささやかれていた。自信満々の王者であったが、「8回で疲れてしまった」試合は、挑戦者の手数の少なさにも助けられ2−0のスコアで王座防衛。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada

「デンカオセーン、もう一度やらせたいなァ坂田」

以心伝心。この気持ちは坂田選手も同じだったようで、自ら金平会長に「もう一度」を頼んだようだ。借りは返す。トラッシュ中沼(国際)選手にリベンジを果たすまでの1年間。それは厳しいものだった。

亀田陣営は採点を不満としWBAに提訴。ダイレクト・リマッチを希望している。”3ポイント勝ち。前半は取っている”と主張する亀田ジム五十嵐会長。これは、ジャッジ・アバインザ氏が、初回から4回まで全てのラウンドを王者に与えた事を指している。

デンカオセーンvs久高戦で、久高選手の2ポイント勝と付けていたのはアバインザ氏である。したがって王者側にとって、アバインザ氏は嫌なジャッジであったに違いない。地元、2度の減点、それを割り引いても王者の勝ちは仕方ないと思えた試合である。

亀田陣営の提訴に対し、WBAがどのような裁定を下すのか。同級暫定王者ラファエル・コンセプシオン(パナマ)はWBA総会期間中の来月19日初防衛戦を迎える。総会一番の議題は指名戦権利。王座統一戦も当然議題に上がろう。

初の海外ブログ更新の金平会長。帰国後の報告が楽しみです。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年10月20日 11:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レフェリー・今昔・プロボクシングを捌く!」です。

次のブログ記事は「”永遠のヒーロー”・大場政夫・生誕60年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02