3戦全KO対決・マッチメイクの裏側!

| コメント(0)
11月16日(月)後楽園ホールで開催されるガッツファイティングで、3戦全KO同士の中村雅敏(協栄)vs在塚太一郎(伴流)戦が実現。”究極の4回戦対決”は、ポスターにも写真入りでアピール。

「Sバンタムで3勝してるんですけど、誰かいませんか?」

「うちにも3勝って子いますよ」

「3KOなんですけど」

「うちも一緒だからいいですよ」(~~)

これまで、バンタム級で戦って来た中村選手。対する在塚選手はSバンタム級。ウェイトは互いに歩み寄り、54.5キロ契約でまとまった。

「逃げられなきゃ、いいけどなァ」(~~)

「もう、BOXING EYE さんに出てましたよ」

「早いなそれは」(~~)

実は中村選手、”逃げられた”ばかりであった。(~~)

「誰かいないかァ」


具志堅選手と中村先生。

電話の声は大竹マネジャーの現役時代のトレーナーも務めた白井・具志堅Sジムの中村先生。

「3戦3KOでよろしかったら、うちはいつでもいいですよ」(~~)

「そうかァ。うちも3戦4KOでなかったらいいよ」(~~)

「じゃあ、決まりでいいですね」(~~)

アウンの呼吸で交渉はあっさり成立。他にも4回戦1試合がまとまった。

「中村、決まったからな。がんばれよ」

「さすがに中村先生。わかってるよ。4回戦のうちから、数字(戦績)ばっかり気にしててもしょうがないんだから」

上機嫌の大竹マネジャーであった。しかし、・・・。

「マネジャー、それまずいよ。強いんでしょう。・・・」

具志堅会長からお断りの電話。

「向こうから声かけといて、・・・」

「選手作るの、そんなに簡単じゃないよ」

ブログランキング

来る話は拒まず。選手にやる気さえあれば、どこへでも出かけて行くし、急な話も受ける。だから、ピンチヒッターの依頼は自然と増えます。(~~)

ジム前で他ジムマネジャーの襲撃を受けた事もある大竹マネジャー。(~~)

「泣きつかれちゃって困っちゃたさー」(~~)

他ジムの興行であったが、8回戦の穴を協栄ジムからのピンチヒッターでまかなった。以来、この襲撃マネジャーの事は買っている大竹氏。思いは通ずるものである。

先日の静岡市の試合もピンチヒッターの依頼を受け、中田敏夫(協栄・1勝1敗)選手を、アマからプロ転向デビュー戦は78秒勝利の柘植雄季(駿河)選手と対戦させている。もちろん、「強い相手とやりたい」という本人の意志あっての事であり、練習はみっちりやっていた。

「協栄さん、強いんでしょ」

「うちは弱いですよ。心配だからセコンド二人つけなくちゃ」(~~)

★中田敏夫vs柘植雄季。映像。

 ペタしてね

敗れたとはいえ、最終回一矢報いた中田選手。悔し涙を忘れず、試合翌日から練習を再開している。負けたが、自信も付けた。何が足りぬか、心に響いたようである。”がんばれ飛雄馬”。(~~)

明日の後楽園ホール4回戦。コーチ義人(角海老宝石)vs小野木協栄(カナエ・協栄)戦も、BOXING EYE さんから『ホープ同士好カード実現』とされているのはうれしいですね。しっかり戦えると思います。

「選手作るのは簡単じゃないよ」

「坂田なんか。トラちゃん(中沼選手)に負けて、1年後にまたやるぞって言われた時、嫌だったろうなァ」(~~)

「好カード。番狂わせ。色々やって来ましたねェ」(~~)


渡嘉敷vs榊原。

渡嘉敷勝男vs榊原隆史(金子) 無敗の新人王との再起戦。
協栄・トーレスvs風来ゆうと(ワタナベ) アマから転向・無敗の挑戦受ける。
東京三太vs前田宏行(角海老宝石) 三太来日出来ず中止は残念。
勇利・アルバチャコフvs渡久地隆人(十番TY) 因縁対決は交渉が二転三転。

大和武士(ワタナベ)vs田島吉秋。加山利治(ワタナベ)vs中野吉朗。「うちは参加するだけ」のはずが勝利。

4勝(4KO)1敗の選手の相手を務める為、1勝5敗選手を連れての地方遠征。この時は1勝選手が地元選手を最終回KOしてしまった。プロモーターたる相手ジム会長さんは、「勝敗は時の運、仕方ないです。・・・・」。

「3戦3勝なんて毎年たくさん出て来るんだからさァ」

「そんなの気にしてたら世界なんていってられないよ」

11月16日(月)後楽園ホール。3戦全KO対決お楽しみに!

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年10月16日 12:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「亀田兄弟vs上原兄弟」です。

次のブログ記事は「V13王者・具志堅用高・誕生の裏側」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02