ショック!リナレス初回KO負け!

| コメント(0)
まさか!

あのホルへ・リナレス(帝拳)選手が初回KO負け。挑戦者ファン・カルロス・サルガド(メキシコ)の左フック一発の前に、僅か73秒でWBA世界Sフェザー級王座を失った。

「会場静まり返りましたよ」

「左フックだったと思うんですがテンプル。右だと言う人もいて」

試合会場のジョー・ルイチュ さんから電話が入る。何かよっぽっどの事が起こったなと思ったら、リナレスのショッキングなKO負けのニュース。わが耳を疑ってしまいました。

ボクシングは怖い。


撮影、Sumio Yamada

「サルガドは前に出て打ってくるタイプのようですよ。パワー型」

「勝ちは動かないと思いますが、手を焼く事は考えられるかも」

「リナレスより大きいんだろ」

「ハイ」

「リナレスも打たれたら、脆いからなァ」

この一言は頭に引っかかりました。大きい、前に来る。それでも、このような結果になるとは予想だに出来ませんでした。昨年大晦日の坂田健史(協栄)選手の悪夢と重なります。

ブログランキング

「笛木( 亮 ジャパンスポーツ)、リナレスだって貰ったら1ラウンドだよ」

ニューヨークへ帰られた山田純夫氏からも電話が入る。

「まさか負けるとは。それも初回KOなんて。ビックリしましたよ」

歓喜の涙にくれるサルガド。

「神に感謝します」

そして続ける。

「誰も自分を信じてくれなかったが自信はあった」

「彼は自分より未来を見過ぎたのではないか」

マネジャーとのトラブルから出世路線をはずれ、ブランクを与儀なくされたサルガド。そんなサルガドを挑戦者の地位に引き上げたのは、他ならぬゴールデンボーイ・プロモーションだ。

 ペタしてね
撮影、Sumio Yamada

デラホーヤの期待がプレッシャーになったか。

「普通に戦い。予期せぬパンチを貰ってしまった」

「今まで以上にチャンピオンになりたいという気持ちで頑張る。いつでも、どこでも、だれとでも戦う」

リナレス選手のこの言葉を信じ、カムバックロードを見守りたいと思います。

リマッチ希望。

それは、全てを賭けた勝負になりますね。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

   

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年10月10日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デンカオセーンvs坂田!?・バンコクポスト」です。

次のブログ記事は「WBA世界フェザー級戦・ガンボアvsガルシア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02