井岡vs國重・世界ランク賭けた戦い!

| コメント(0)

29日、大阪府立体育会館。世界タイトルマッチを露払いにメインで対決した、WBA世界Lフライ級9位・WBC同級12位國重 隆 (大阪帝拳)vs日本ミニマム級6位井岡一翔(判定)のLフライ級ノンタイトル10回戦。

プロ3戦目で世界挑戦経験者の國重選手に挑む井岡選手の戦いぶりに注目が集まったこの一戦。




撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

まず先に赤コーナーから井岡選手緊張のリングイン。

続いて國重選手が登場。


撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

応援団?、いや、ガードマン?




撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

両選手がコールされ、いよいよゴング。










撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

左で飛び込んではクリンチの世界ランカー。

あせらずチャンスをうかがう井岡選手。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング




撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

必死の両コーナー。










撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

新鋭がベテランを最後まで攻め続け試合終了ゴング。

初めての10回戦。ベテランのクリンチ先方に手を焼いた井岡選手だが、最後まで手数は衰えずスタミナの心配も見せなかった。判定は99−92、97−94、97−93の3−0で井岡選手へ。


撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

プロ3戦目で世界入りを確実にした俊英は、4戦目で世界取りに動くという。


【石田順裕vsバルデス・WBA世界Sウェルター級暫定戦】


【訃報のお知らせ】
札幌協栄赤坂ジムの名誉会長。元日本ミドル級王者赤坂佳昭(義昭・暁→帝拳)氏が、28日午後4時20分、慢性腎不全のため札幌市内の病院で亡くなられました。享年66歳。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]  【TOP】 【目次】


★大好評!ミニグローブキーホルダー


コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年12月30日 12:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石田順裕vsバルデス・WBA世界Sウェルター級暫定戦」です。

次のブログ記事は「石田vsバルデスⅡ・アリーナの人々!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02