亀田興毅・バンテージ疑惑!?

| コメント(0)
TBSの視聴率今年最高の43.1%。大きな注目を集めたWBC世界フライ級タイトルマッチ。内藤大助(宮田)vs亀田興毅(亀田)の一戦。亀田選手は見事なボクシングで勝利したと思います。

「亀田のバンテージの件が、何か騒がれています」

????。

ジョー・ルイチュさんに聞いてみました。一部のファンの皆様が問題にしているとの事で、以下の写真を送付して頂きました。



「そんな事はありえないよ」(~~)

写真をよく見るとナックル部分のテープと包帯の境目に、サインペンでちゃんと×印で封印されています。海外では色々あるようですが、JBCの管理下ではそのような事はまずありえません。

【WBA世界戦ライセンス停止・マルガリートの疑問】

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

バンテージのナックル部分を厚く巻くのはメキシカンスタイル。その代わりに手首部分は軽く巻かれています。ナックル部分を大きく巻くと、手に入れたグローブ内部との隙間がなくなり、ちょうどよくフィットするわけです。

バンテージ巻きもそうですが、グロービングの際もJBCの人間と、相手陣営が必ず立ち会います。何かトラブルがあるとJBCは控え室からすぐに本部と連絡を取れるスタイルになっています。

パリではどちらもまったく立会いがなく、バスケス陣営と直接交渉ですべての時間を決めました。向こうも世界戦ビジネス経験してますから、紳士的に行きましたが、あの時はタイトル戦が多く、会場もでかくスーパーバイザーも忙しすぎたのでしょう。(~~)

オーバーウェイトのWBA世界フライ級前王者ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)が、ねじったガーゼをナックル部分に乗せようとした時も、ストップをかけすぐにスーパーバイザーを呼んでもらいました。

そして、答えは「ノー」。

スーパーバイザーも人によって基準は違いますね。

   
★ボクシングファンの携帯ストラップに→【EVERLAST ミニグローブ】

グロービングの際、バンテージのナックル部分の巻きが大きいとグローブが入らなくなってしまう場合があります。

「勇利(アルバチャコフ)の時、一度メキシカンスタイルで巻いて、入らなくなっちゃった事あったよ」(~~)

その場合はその場で対処する他ありません。立会人に確認しながら、バンテージを修正する事になりますが、ナックル部分を減らす事で問題になる事はまずありません。

グロービングの際、バンテージのチェックマークはもちろん確認されます。グローブを装着し、絆創膏部分にチェックマークで封印。リング上でレフェリーはそれを確認します。

どこからどう出た疑惑なのかはわかりませんが、話の出所を考えても、ちょっとありえない話です。

亀田選手はクリーンに戦い勝利した。その事実に間違いはないでしょう。

★内藤vs亀田・写真集!(PCのみ)

内藤陣営野木トレーナーは言い訳せず、ただ「すいませんでした」と話した。

「調子はよかったよね」(~~)

「ハイ、ばっちりでした」

あの夜。亀田選手が自分のボクシングで内藤選手を破った。JBC管理下の世界戦でマルガリート疑惑は起こりえない。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2009年12月 4日 12:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニューヨーク発!フェザー級ダブル世界戦発表会」です。

次のブログ記事は「最新WBCランキング・内藤3位・粟生転級!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02