亀田史郎氏・ボクシング界永久追放!

| コメント(0)
7日、都内で開かれたJBC倫理委員会で、亀田三兄弟の父史郎氏のライセンス取り消しが決定。事実上、日本プロボクシング界からの永久追放が決まった。13日に正式発表される。

また、亀田ジム五十嵐会長にも厳しい処分が下される。こちらは12日の東日本プロボクシング協会の亀田ジムに対する処分決定を受けての事になる。

亀田父追放へ、ライセンス取り消し決定(日刊スポーツ)
亀父永久追放へ…13日に資格取り消し処分(デイリースポーツ)
亀田史郎氏を永久追放へ JBCが暴言問題で(中日スポーツ)


携帯ストラップに→【ミ ニグローブ】   ★ パッキアオTシャツ 1枚のみ!

謝罪効果もなく、全会一致。JBCは厳しい姿勢を崩さなかった。

『ライセンスの有無にかかわらず、今後も“暴挙”を繰り返す可能性がある。』

安河内事務局長は”再発”防止策として、史郎氏のボクシング会場、控え室への出入り禁止策も示唆。試合場から完璧に史郎氏はシャットアウトされる。

「二度と起こさないようにする」

JBCの決意は固い。五十嵐会長の処分に付いても安河内事務局長は、「3ヶ月程度ではない」としている。亀田ジム除名との厳しい意見が9割を占めている協会の処分が注目されるが、今後の亀田三兄弟の進む道は?

WBA世界フライ級の暫定王座戦を画策。JBCの認定が降りない頃は、「海外ではライセンスを取得している」とし、海外で活動して行く事も辞さない考えを表明したこともある史郎氏。

海外ライセンスとは、三男和毅選手がホームリングとしているメキシコを指すのだろう。和毅選手のメキシコの試合ではセコンドも務めている史郎氏である。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・ 動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング
携帯ストラップに→【ミニグローブ】  
★ パッキアオTシャツ 1枚のみ!

協会、JBCからの裁定正式発表と重なる12、13日(現地時間)に、WBCは史郎氏をメキシコに呼び出し懲戒委員会を開催する。

「WBCが史郎氏を呼び出すって、何のライセンスが対象なの?」

日本ではライセンス無期限停止中である。「メキシコしかないでしょうねェ」。何らかのペナルティが下されるのか、それとも情状酌量か。それにしても、日本では自身と亀田ジムに対する重大発表があるわけですが・・・。

ウ〜ン。17日(現地時間)には和毅選手の持つWBC地域タイトルの防衛戦がメキシコで予定されている。

海外ベースで戦う。大阪帝拳ジムから円満独立した山口賢一選手。比国での試合が決まった元世界王者高山勝成選手。JBC管轄外で世界王座を目指す選手も出始めて来ていますね。

携帯ストラップに→【ミニグローブ】  
★ パッキアオTシャツ 1枚のみ!

週刊「文春」。

亀田ジム除名であれば、協会預かり、移籍。除名を逃れたとしても、「6ヶ月以上のライセンス停止」は避けられず、その間はやはり協会預かりとなる。

さし迫っての問題は、WBA世界フライ級王座を保持する大毅選手の防衛戦になる。WBAから指令されている坂田健史(協栄)選手との対戦。「入札になるでしょう」(安河内氏)とのことだが、これは早く決まってほしい。

いずれにしても、亀田兄弟の日本リングでの試合は、父であり、亀田プロモーション社長亀田史郎氏の考えが大きくかかわってくる。試合会場から姿を消しても、ビジネスの中心であることは動かせない。

再起する興毅選手も、国内選手と戦って行けば面白いと思います。実力はあるのですから、今とは違った人気を得られるものと思うのですが・・・。

毎日の”励み”に、応援よろし くお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 【TOP】  【目次】

    

★ミニグローブ    ★デラホーヤ ★タイソン お宝Tシャツ保存版!
 

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2010年4月 8日 13:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「亀田ジム消滅へvs亀父WBC懲戒委員会へ」です。

次のブログ記事は「BOX 袴田事件 命とは!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02