ウォードvsグリーン・他速報!

| コメント(0)

19日(現地時間)米カリフォルニア州オークランドで行われた、”スーパーシックス”。WBAスーパー世界Sミドル級タイトルマッチ12回戦。王者アンドレ・ウォード(米)vs挑戦者4位アラン・グリーン(米)の一戦は、ウォードが12回判定勝ちで初防衛に成功。


BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ   ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数!   ★WORD FIGHT!


オフィシャルのスコアは、3者そろって120−108。数字だけ見ればウォードの文句なしの完勝。


しかし、試合はグリーン・29勝(20KO)1敗の強打を警戒したウォードが安全策?を取り、超接近戦が続き

盛り上がりに欠けた。


「打ち合いというよりは、もみ合いが多くて、疲れました」(;^_^A


「観るのも、撮るのもですか?」('-^*)/


「そんな感じですね」(^_^;)


BOXING MASTER/ボクシング マスター

BOXING MASTER/ボクシング マスター

BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ   ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数!   ★WORD FIGHT!


ウォードはデビューからの連勝を22(13KO)に伸ばした。


"スーパーシックス”。ウォードの次の対戦相手WBC1位アンドレ・ディレル(米・写真左)。


井岡一翔(井岡)戦主が標的に掲げるWBC世界Lフライ級王座は、チャンピオンが交代。メキシコ・サンファン・デル・リオで開催されたタイトルマッチで、日本にもお馴染みの王者ロデル・マヨール(比)は、1位(元王者)オマール・ニーニョ(メキシコ)とのダイレクトリマッチに、0−3判定負け。


オフィシャルのスコアは、111−115、109−117、112−115。バッティングで両目上をカットしたニーニョだが、見事に06年以来の王座奪回に成功した。果たして日本へやって来るのだろうか。


29勝(11KO)3敗2分1NC。34歳。身長160センチ。


【日本製プロボクサーの減量を成功させる減量スーツの決定版】即納ミズノ減量着(当店オリジナ...
ブログランキング
BOXING MASTER/ボクシング マスター
★デラホーヤvsホプキンス戦ポスター・オークション開催中!


同じくメキシコ・ナヤリットで行われたWBC世界フライ級シルバー王座決定戦は、1位へスス・ヒメネス(メキシコ)が、Lフライ級13位エドレン・ダプトン(比)に初回2分52秒でKO負け。番狂わせとなった。


新シルバー王者は、18勝(10KO)2敗。フライ級上位進出が予想されます。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへ にほんブログ村

BOXING MASTER/ボクシング マスター    BOXING MASTER/ボクシング マスター    BOXING MASTER/ボクシング マスター
 ★オークション        ★オークション        ★オークション      →★Yahoo!オークション

コメントする

このブログ記事について

このページは、BOXINGNAVIが2010年6月20日 13:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「協栄ジム・2階道場vsハワイキャンプ」です。

次のブログ記事は「長谷川vsモンティエル再戦・WBOvsJBC」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02