協栄ジムの歴史の最近のブログ記事

ジョーは永遠に!

| コメント(0)
劇場版「あしたのジョー2」のテーマソングを歌ったジョー山中氏の快気祝いが、協栄ジムOB
多数出席の下、盛大に開催された。


★EVERLAST ミニグローブ  ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!

先輩方の挨拶が続く。いや、挨拶というよりは協栄ジムの昔話。そこに、「ジョー」、「アキラ(本名)」がと、山中氏のボクサー時代の話が盛り込まれる。

ずいぶんと時間が経った頃。

「これから乾杯しようというのに、もう出来上がってる人いるじゃないですか」の声。

「乾杯、まだだったんですか」(;^_^A

山中先輩、大変お元気そうでした。

$BOXING MASTER/ボクシング マスター
REGGAE VIBRATION 4 GOING BACK TO JAMAICA

ジョー山中氏の大ファン。アカペラで、「ララバ〜イ、・・・・・」とやる山田純夫さんの為にと最新CDに名前入りのサインを頂きました。アッ、ミニグローブにもで〜す。山田さん、お楽しみに。(お世話になってます)(^O^)/

「ジョーさんのおかげで、芸能界入ったばかりの頃、怖いロックグループ?からいじめられずにすみました」('-^*)/

トカちゃんも大いに笑わせてくれました。

ブログランキング
$BOXING MASTER/ボクシング マスター

「ジョーは永遠に!」o(^-^)o

「まだまだ頑張ります!」(^人^)

「そうだよ。俺の方が先に逝っちゃうんだから」(^_^)v

「ジョーが元気だったら、ほんとにうれしいですよ」o(^▽^)o

OBの皆さん、山中氏の元気そうな顔を見て大変満足そうでした。

「また集まろう!」(^O^)/

いい集いでした。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへにほんブログ村
1996年6月24日。日本人として初めて世界ミドル級のベルトを手にした竹原慎二(沖)選手が初防衛戦で、指名挑戦者ウィリアム・ジョッピー(米)に敗れWBA世界ミドル級王座に別れを告げた日である。この試合を最後に竹原選手はリングを去った。


★EVERLAST ミニグローブ ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!

沖ジム宮下会長は協栄ジム出身。竹原選手が広島から上京したばかりの頃、まだ自前の道場を持っていなかった宮下会長&竹原選手のコンビは、明日のチャンピオンを夢見て協栄ジムで汗を流していた。

1989年5月プロデビューを果たした竹原選手は、無敗の快進撃で全日本ミドル級新人王に輝く。ちょうどそんな頃、ロシア人ボクサー・ペレストロイカ軍団が大挙して来日。竹原選手は、五輪金メダリストのスラフ・ヤノフスキーらに揉まれて強くなっていく。

日本タイトル、次いでOPBF王座をも奪取。日本人未踏の世界ミドル級王座を目指す竹原選手を、歌でバックアップしたのが、協栄ジムOBジョー山中(山中 明 )氏。オリジナル曲『熱いバイブレーション』は、颯爽とリングに登場する竹原選手によく似合った。


ジョー山中 Joe Yamanaka / ジョー山中の世界 名選集 【CD】

1995年12月19日。100戦以上のキャリアを持つホルへ・カストロ(亜)挑戦のチャンスをつかんだ竹原選手は、素晴らしい左ボディでタフなカストロからダウンを奪う見事な世界王座奪取劇。後楽園ホールは歓喜の嵐。興奮の渦に包まれた。



”広島の粗大ゴミ”といわれた少年が、世界王者になった。現在、竹原氏は自ら竹原&畑山ボクサ・フィットネスジムを主宰。後進の育成に携わると共に、芸能界でも大活躍。

BOX袴田事件 命とはvs裁判官の良心! ★WORD FIGHT! バレロvsピタルア
ブログランキング
【日本製プロボクサーの減量を成功させる減量スーツの決定版】即納ミズノ減量着(当店オリジナ...

27日の日曜日。OB会ではないのだが、協栄ジムOBが大挙集合する。それは、ジョー山中氏の退院を祝い、皆で励ますことが目的である。

ジョー山中、「肺ガン」に捕まる。重度と戦い、治療中(PJニュース)

鹿児島の病院にて療養中であった山中氏は、無事退院された。1962年、街の暴れん坊だった山中氏は、うわさを聞きつけた金平正紀会長にスカウトされ協栄ジム入門。山田純夫氏から頂いた『実録・芸能界”最強”ワル列伝(コアマガジン)』によると、入門後もかなり暴れていたようです。

19歳の時、まったく偶然にバンドのヴォーカルに狩り出されたことが、芸能界デビューへ繋がっていく。1977年、映画『人間の証明』に出演。テーマ曲”人間の証明のテーマ”は50万枚を超えるヒット。



1979年には、映画『戦国自衛隊』挿入歌を歌う。

「ララバイ・オブ・ユー」良かったですね。(^-^)/



1981年、”劇場版” あしたのジョー2では、主題歌とカーロス・リベラの声を演じられています。

協栄ジム時代は、宮下先輩に何かとお世話になったという山中氏。宮下会長も、相当なやんちゃだったと聞いていますが、大変面倒見が良い先輩です。したがって、協栄ジムOBラインは今もって結束が固い。

「ジョーを励ましてやりたい。何とかならんかの大竹」

宮下氏の声かけで、『ジョー山中氏を励ます会』が開催されることが決まりました。全国各地からOBが集まります。具志堅用高氏、渡嘉敷勝男氏らの元チャンピオンも参加予定。山中氏の絶大なるファンである、山田純夫氏も参加を熱望されていましたが、フリオ・セサール・チャベスJr戦取材と重なり断念。

「ジョーさんの前で”人間の証明のテーマ”歌って、励ませたらよかったんですけど」

「エッ、あの曲歌えるんですか?」(@_@)

歌手志望の山田さんであります。

とにかく、山中先輩の元気なお姿を拝見できればと思います。きっと、良い会になるでしょう。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへにほんブログ村
BOXINGパンフレット・オークション!
BOXING MASTER/ボクシング マスター BOXING MASTER/ボクシング マスター BOXING MASTER/ボクシング マスター
玉城vs牧・28ページ  エドウィン・バレロ  ウィラポンvs長谷川Ⅰ

協栄ジム2階道場のサンドバッグが吊り下げられている鉄のフックが折れた。主に佐藤 修 選手、坂田健史選手が殴ってきた由緒あるサンドバッグである。ご覧のようにかなりの太さであるが、毎日毎日の選手の努力の積み重ねが、不可能とも思える鉄を折る(寸前)に及んだ。

BOXING MASTER/ボクシング マスター

BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ  ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数!  ★WORD FIGHT! バレロvsピタルア

「白石のパンチで1ミリくらいかな」(^-^)/

数々の失敗を乗り越え現在3連続KOと波に乗る白石選手(写真)も思わず苦笑い。

しかし、未だ坂田選手のサンドバッグ打ちを超えることは出来ていない。まだまだ、ですね。

07年ハワイキャンプにおけるダッシュの模様を白石選手に見せた。(映りが悪くてすいません)



「こんなに遅かったでしたっけ」

「これが早いか?」(;^_^A

50メートルほどのダッシュだが、これほどの差。

情けない。(ノ_・。)

「お前、飯だけ喰いに来たのか!」

BOX袴田事件 命とはvs裁判官の良心! ★WORD FIGHT! バレロvsピタルア
ブログランキング
【日本製プロボクサーの減量を成功させる減量スーツの決定版】即納ミズノ減量着(当店オリジナ...


カカアコジムへ舞台を移し、軽快にサンドバッグを打っているように見えるが・・・。

$BOXING MASTER/ボクシング マスター

足はご覧の通り。(;^_^A

キャンプも、毎日の練習も積み重ねが大事。

苦い経験活かして、しっかり頼みますよ白石さん。('-^*)/

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへ にほんブログ村

BOXING MASTER/ボクシング マスター   BOXING MASTER/ボクシング マスター   BOXING MASTER/ボクシング マスター
 ★オークション     ★オークション       ★オークション         →Yahoo!オークション

昨年、設立50周年を迎えた協栄ボクシングジム。1963年フライ級海老原博幸選手、1968年フェザー級西城正三選手、1976年Lフライ級具志堅用高選手。3人の世界王者を育てた時点で、名伯楽は間違いない称号であると思うが、「ラッキーだっただけさ」との声もあがっていた。

アメリカ修行へ送り出してわずか9ヵ月後には世界チャンピオン。凱旋帰国の”シンデレラボーイ”西城選手は、一時代を築く。防衛5度。ロサンゼルスでの王座獲得戦からスタンレー・イトウ先生をトレーナーとしてつけたのは金平会長。


西城兄弟とロスの街を行く。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

あの時代から西城選手には、ハワイキャンプがあった。費用はもちろんジム持ちである。

Lフライ級の新設が決まると、金平会長はWBAへ乗り込む。

「絶対、恥はかかせないから」

プロキャリアわずか6戦。まだ10回戦の経験もない具志堅選手を世界10位に押し込むことに成功した金平会長は、ロスから世界3位シーサー・ゴメス・キー(米)を日本に呼び寄せる。

身長170センチ。14戦全勝12KO勝ち。自信満々の世界3位を、具志堅選手はサンドバッグのように打ちまくり、7回でノッアウト。世界王座挑戦へ大きく前進した。

しかし、シゲ福山選手とメキシカン選手をメインカードとしたこの日の川崎市体育館での興行は大赤字であたっという。だが、試合後、金平会長の進軍ラッパは大きく響き渡る。

道場での指導は簡単明瞭。

「ツージャブ」

「ダッキング」

「ボディストレート」


具志堅選手を指導する金平会長。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

「南アフリカまで、ずっとカポネの隣じゃたまんないよ」(~~)

「でも、一緒にエコノミーでいったからなァ」

誰がつけたか、ずいぶん前から協栄ジム関係者は会長の事をカポネと呼んだ。もちろん面と向かって言えるものは誰もいないのであるが。しかし、会長もまんざらでもなかったようです、”カポネ”。

『賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず』

金平会長の好きな言葉でした。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

思い立ったら忙しい。即、行動あるのみ。

「大竹さん、あの新聞借りて来て下さい」

「ハイ」

「ハイって言ったって、リムジンバスの中だよ」

「普通の人が普通に自分で買った新聞読んでるんだよ。それ、借りて来いだからな。たまんないよ」(~~)

「でも、行くしかないだろう」

言い訳許されず、考える時間も与えられない。

「行ったよ〜。そしたらいい人でさ、『もう読み終わりましたから、どうぞ』って言ってくれたんだよ」(~~)

「いろんな経験させられたなァ」(~~)

そうやって人間データを会長自身の頭に蓄積していったのだと思う。

「お前、そんなこともできないの?」(~~)

「俺はカポネほど無茶言わないよ」

勉強あるのみであります!(;^_^A

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]  【TOP】 【目次】


★大好評!ミニグローブキーホルダー

「より一層頑張り、今年もう一度世界チャンピオンになります」

坂田健史(協栄)選手の決意である。初練習はいきなり4ラウンドのスパーリングとミット打ち8回。

「中村、かなりやられたな」

「今年に賭ける気持ち、伝わって来ましたね」

「上原さんも、具志堅さんも、トカちゃんも凄い練習したけど、坂田もいつも同じですね」

「そうだなァ」

周りに左右される事なく、毎日、毎ラウンド自分の練習を精一杯やってみせる坂田選手。さらに、より一層頑張るという気持ち。若手選手は、良く見習ってほしい。自分の為なんだから。


坂田健史ミット打ち。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

「具志堅さん、5回防衛までは風呂なしでしたからね」

「エッ、ホントかよ」

9戦目でWBA世界Lフライ級王座を獲得。昭和51年(1976年)10月10日甲府市のリングでファン・グスマン(ドミニカ)を倒した翌日、東京への帰り道は金平会長共々鈍行列車に揺られた。

ハイメ・リオス(パナマ)、リゴベルト・マルカノ(ベネズエラ)を連破し、オプション契約突破を果たした具志堅選手は快調に防衛ロードを重ねるが、5度目のリオス再戦まではとんかつ店でアルバイト。そして、風呂なし、共同トイレの寮住まい。それは金平会長の指示だという。

「ロードワークしたら、水道の水で汗流して、それからとんかつ店よ」(~~)


世界王座に就く前の具志堅選手。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

「V5の後、ファミリーだからうちに来なさいと、赤坂のマンションへ引っ越した。洗濯も食事もやらなくて良くなったけど、それから勝たなくてはならないと一生懸命。その代わり彼女も作れないよ」(~~)

7度防衛の日本新記録(当時)。10度の大台。Lフライ級新記録のV12(当時)。行く先に見える大きな目標を目指して、ただひたすらボクシング一筋だった具志堅選手。

金平会長の指示でとんかつ店バイトと風呂なしアパートとは知らなかった。性格をよく掴んで、そうさせたのでしょうが、見事な手腕であります。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

「うちの選手は甘いよ」

具志堅会長が鋭い目つきで、大竹マネジャーに真剣に訴えていたのは、カンムリワシ・ファイト終了後の祝勝会での事。それは、多分に坂田選手を意識しての発言かと思われた。

「トカちゃんもチャンピオン時代居候してた事ありましたけどね」(~~)

「アイツは面白いヤツだからなァ」(~~)

「世界チャンピオンで居候してるの俺くらいだと、よく言ってましたよ」(~~)

飛び抜けて強いハートが素人から3年で世界チャンピオンの座を手に入れた原動力だったが、渡嘉敷勝男選手もV6戦での不運な落城の後、強い心を取り戻す事は出来なかった。周りが作るチャンピオン環境に慣れてしまった事が要因だと思う。


具志堅用高&渡嘉敷勝男。 ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

「会長はね、『具志堅、我慢しなさい。我慢しなさい』と、これだけ」(~~)

「そういうところで、精神的に強くなった感じはしますね。東京のど真ん中にいて、自分との戦いだなと、これでわかった」

12度目の防衛戦を前に世界チャンピオンは、ステップの仕方、ジャブの打ち方、ストレートの打ち方から練習に入った。そしてそれを、「チャンピオンは何にも言わないで一生懸命やったんです」。

V12成功後、目的を失った具志堅選手は、「絶対に負けない」と選ばれた伏兵ペドロ・フローレス(メキシコ)に王座を明け渡しす。肉体的疲労もあったかとは思うが、根を詰めて戦って来ただけに精神疲労も激しかった。

「大竹さん、後援会出来ちゃいましたから新人王獲らしてやってください」(~~)

「そう簡単に言われたって困っちゃうよ。1年寝かせてからと思ってたんだから」(~~)


V1バスケス戦後の師弟コンビ。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

この辺もうまかった金平会長。上手にのせるというんでしょうか。やらざるを得ない状況をセットしてしまう。「選手、食事に連れて行ってあげてください」との心使いも実に繊細でした。素直な心を持った坂田選手は、派手さはないが、一つ一つ勝利を積み重ね新人王戦を勝ち抜いた。

先代会長が最後にセコンドを務めたのが坂田選手。

「もう一度世界チャンピオンになります」

大きな目的を持つ坂田選手は、より一層練習に対する集中心が高まった。素直にアドバイスを聞く姿勢は、昔も今も変わらない。皆様、今年もご声援、よろしくお願い申し上げます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]  【TOP】 【目次】


★大好評!ミニグローブキーホルダー

協栄vsWBA・そしてJBCは!?

| コメント(0)
WBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(タイ)vs挑戦者亀田大毅(亀田)のダイレクトリマッチは、来年2月7日神戸ワールド記念ホールで開催される事が発表された。

だが、JBCは。

協栄ジム・金平桂一郎会長のブログ によると、”デンカオセーンvs亀田戦の勝者が、坂田健史選手と対戦するという確認が取れるまでJBCはこの試合を承認しない”という。

WBAメンドサjr副会長から、事前にデンカオセーンvs坂田戦承認の内諾を経てチャンピオン側と正式契約、そしてJBCの正式承認を得た事等も、金平会長のブログで報告されています。

まず問題ない交渉過程。

亀田選手側の提訴。再戦要求はパナマのWBA本部へ直接持ち込まれた。

しかし、正式契約書送付後WBAから正式承認の連絡は来ない。そして、結論は11月16日からコロンビアで開催されたWBA総会へと持ち越しされる。

「これほど長く正式承認してこないのはおかしい。だけど、総会でハッキリするだろう。アドバンスも払って、正式契約交わしているわけだから」

私としてはそのように受け止めていました。


撮影Sumio Yamada   ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

語学堪能である世界戦担当藤山氏(写真)が協栄ジムの代表としてコロンビアへ乗り込んだのは、念の為にというJBC安河内事務局長のアドバイスがあったという。藤山氏は、「日本語でもあれだけ訴えるのは難しい」といほどの状況説明、契約の正当性を訴えた。

亀田選手サイドも再戦の正当性を訴える時間を与えられた。結論はその後、その場で出るはずであった。が、なぜか翌日に持ち越された。

「なぜだかわかりません。理由はありませんでした。だけど、明日藤山さん帰っちゃうんですよね。結論聞けないで・・・・」

総会一番乗りでコロンビア入りした藤山氏は、個別に各役員の意見を聞いた。「全く問題なし」。

一晩持ち越されて出てきたのが、「坂田選手の挑戦は認められない」というものである。結論の発表は一方的。意見聴取する形の場ではない。JBC安河内事務局長にも発言の機会はない。

WAの最高決定は覆らない。現実的には坂田選手に与えられた指名挑戦権を獲得する他ない。その為の条件、「フライ級で1試合クリア」は、理不尽ではあるが早期に消化しなくてはならない。これがこの問題に関する今までの流れです。

坂田選手のフライ級テストマッチ決定。JBCからWBAへ90日以内の指名挑戦権に関する詳細の決定と承認を得てもらう。JBCがデンカオセーンvs大毅戦承認。今、現実的には、このような流れに向かっていくのではと推測します。

28年前。協栄ジム所属のWBA世界フェザー級王者西城正三選手が、世界王座を剥奪されるという 大事件が起こっている。


西城正三。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】 

1971年春も過ぎた頃。WBAエミール・ブルーノ選手権委員長は、JBCを通じ協栄ジム金平正紀会長へ、「7月25日までに、1位アントニオ・ゴメス(ベネズエラ)と戦うはずの防衛戦はどうなっているのか。一刻も早く、ゴメスと契約を完了せよ」という通告を何度か発していた。

2月28日西城選手5度目の防衛戦は、フランキー・クロフォード(米)が相手。クロフォードとは前年7月4度目の防衛戦で戦い大苦戦の末判定勝ち。決着をつけようとた再びクロフォードを選んだ西城側とWBAの間には、取り決めが交わされた。

「西城vsクロフォード戦は再戦である。したがって勝者は90日以内に1位の挑戦を受けること。もし、この約束を破った場合はタイトルの剥奪もあり得る」

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

クロフォードを降して5度目の王座防衛を果たした西城選手。金平会長は早速米国へ飛び、ロスに滞在するゴメス陣営と交渉を持つ。「ファイトマネーが安い。TV、ラジオの放映権料は・・・・・」。

「あんな条件ではのむことはできない」

交渉決裂。ゴメスとの交渉がまとまらない西城選手は、7月1日札幌でWBC世界Sフェザー級10位レイ・ベガ(メキシコ)とノンタイトル戦を行う事に決定。

「7月1日にノンタイトル戦を行うというが、それが事実なら、7月25日までにゴメスの挑戦を受ける意思がないと判断し、タイトルを剥奪することになるだろう」

再びブルーノ委員長からJBC宛電報が入る。「早く契約をまとめたほうがいいよ」とJBCも忠告している。しかし、ベガ戦は強行された。そして、翌2日WBAは西城選手の王座剥奪を通告して来た。

当時のWBA会長はビル・ブレナン(米)だが、中南米勢力が台頭し米国勢衰退の様相を呈していた。パナマのエリアス・コルドバ氏が米国勢から政権を奪うのは1974年になる。

 ペタしてね
事情説明するJBC菊地事務局長。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

7月3日。ホテルニューオータニの一室に、金平会長、JBC役員、通訳、その他関係者が集まる。ブルーノ委員長に電話で確認。「剥奪は確か」。金平会長が電話口で直接確認した。そして、僅かな救いも与えられた。

「タイトルは剥奪したが、近日中に契約を交わせば、撤回も考える」

5日。金平会長は急遽渡米。ゴメス側と接触する。2日後契約完了。足元を見られた金平氏は、挑戦者側に相場の倍のファイトマネー1万5千ドル(540万)を支払うことで契約を完了。すぐさま帰国した。


羽田空港で記者団に囲まれる金平会長。  ★携帯ストラップに→【ミニグローブ】

9日。「西城のタイトル剥奪処分を撤回する」との外電が流れる。

当初8月12日と決められていた試合は、9月2日まで猶予を得た。しかし、ベネズエラへの放送権料はタダ同然でベネズエラ陣営のものとなった。そして、西城選手は10万ドル(3600万円)のファイトマネーを得るも敗れ去る。

先代会長も真っ青になった西城選手の王座剥奪。だが、この大ピンチはJBCとの連携、持ち前の行動力で突破することに成功した。再び勃発の、協栄vsWBA。理不尽な決定に負けてはいられない。坂田選手は元気です。(~~)

「去年の大晦日より、絶対強くなってるけど何でベルトがないのかなァ」(~~)

今日も厳しいトレーニングは続きます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】


  ★大好評!ミニグローブキーホルダー

協栄ジム50周年・頑張れ坂田!

| コメント(0)
22日、協栄ジム発足50年の節目関係者多数が集まり、これまで歴史を振り返ると共に、今後の発展を願った。大先輩方から熱い激励を受けたのは、世界タイトル奪還を目指す坂田健史選手。


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

WBA世界ミドル級王者竹原慎二(沖)選手を育てた宮下 政 元沖ジム会長(写真右)は、元協栄ジムチーフトレーナー。大竹マネジャーも選手時代にその手ほどきを受けた。左はシゲ福山選手等をサポートした福本淳三氏。そして、元亜細亜大学監督の野元誠也氏。強い師弟ラインの3人です。


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

宴は午後3時スタート。金平桂一郎・協栄ジム会長、金平ジム草創期からの生え抜き山神淳一・山神ジム会長等のスピーチがかすかに聞こえてくるのですが、よく聞き取れない。ここは幹事のつらいところ。受付で遅れてやって来る先輩を待たねばなりません。

トカちゃん。渡嘉敷勝男氏の声が聞こえたかと思うと大爆笑(~~)。

「アイツ、相変わらずやってるなァ」(~~)


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

写真中央は、 宝 拳児のリングネーム活躍した元日本ランカー鈴木氏。ハワイ、ロスへも遠征した。左は先代会長とはロスで知り合って以来の長い仲の小泉氏。宝先輩の経営される、”新高円寺・とんかつ富士”の常連さんです。いつもお世話になります。

「トカちゃん、今度行こうよ」(~~)

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

色紙持参。出席者からサインを集めて回っていた若林先輩。さすがと感心。・・・しましたが、・・・デジカメ忘れて行っちゃいました(~~)。中央は元OPBFミドル級王者田島吉秋氏。隣は元日本Lフライ級トップコンテンダー多田浩幸氏。

「相変わらず小さいなァ、多田君」(~~)

ミニマム級があったなら。そんな多田選手でした。もう長い付き合いですねェ。


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

坂田選手とツーショットは、坂田夫妻の愛のキューピット(~~)。吉川雄一郎氏。同学年、入門も同期で、奥様同士も仲良し。入門した年、彼ら二人は私と一緒に大坪先輩の下、埼玉県は小手指のマンション電気工事に励みました。

現場では先輩だった吉川氏。その後も電気設備工事業を続け頑張っています。現在、子供3人とこれも坂田選手の先を行っています。(~~)

「サンちゃん、あの現場大丈夫だったかなァ」(~~)

「いや、吉川の言う通りやりましたから」

「そこが心配なんだよなァ」(~~)

「坂田がやった現場は最高だよ。あのマンション買った人は喜んでるよ」(~~)

これは、親方大坪先輩(西城正三氏と同期)の声であります。

この日お世話になったのは、”新大久保駅前日本海庄や”さん。店長は元三迫ジムA級ボクサー千坂昇幸氏。そして、あこがれの人とツーショット。ちょっと緊張気味でしょうか。(~~)


★激レアサイン入り有→【EVERLASTミニグローブ】

協栄ジム世界チャンピオン第2号。元世界フェザー級王者西城正三氏。

「やっぱり海外で初めて世界チャンピオンになったって言うのは誇りかなァ」

先輩、恩師を非常に大事にされる西城先輩です。

「先輩大事にしないヤツはダメだよ」

協栄ジム50年。

50年前、何にもない馬小屋同然の小さなジム。金平会長と海老原選手二人して、入り口が「開いた。開いた」と、喜んでいたという金平ジムの出発。以来、海老原選手の活躍と共にジムは発展して来ました。

人ありき。

「ジム始めた頃は誰も知らない話があるんですよ」

協栄ジム初代マネジャー安藤先輩から、今度よく真実のお話を伺っておきます。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】
昭和55年(1980年)8月2日、米デトロイトでサムエル・セラノ(プエルトリコ)を、6回右フック一発でノックアウト。WBA世界Sフェザー級王座を強奪した上原康恒選手は、協栄ジムから生まれた4人目の世界王者だ。

5回まで劣勢だった上原選手に、金平正紀会長は、「お前の好きなようにやって来い」と、アドバイス。しかし、戦後はこう述回している。「私だってまさか康恒が、一発でセラノを倒すなんて思わなかったですよ、正直なところ」(~~)

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報


当時の金平会長は、”4人もの世界チャンピオンを産んだ強運オーナー”と紹介されている。”強運”。

野口ジム所属だった現役時代の最高位は日本フライ級1位。26歳の時、将来を考えてトンカツの店”トン金”を開店。そして間もなく、知人からボクサー志望だという青年・海老原博幸氏を紹介される。

「やる気があるならと思い、二人で店の合間に野口ジムへ通ったわけです」

「そこで彼の才能を見いだして彼に賭ける気になったんですね」

「いや、実は迷ったんです」

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入でDVDプレゼント有!残リ2名様。

ブログランキング

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!


昭和34年(1959年)プロデビューを果たした海老原選手だが、早くも左手骨折に見舞われる。金平会長は、「もうやめるって言い出すと思いましてね。ところがどうしてもやると言うので、これは見込みがある。俺はこの男と心中しようと決心して、店をやめてジムを持ったんです」

「店は繁盛していたんでしょうねェ」

「繁盛していましたからねェ、それだけに迷いました。あそこが私の人生の別れ道でした。今考えると自分でもよく決心したですね。繁盛してる店をやめて海老原に賭けるということは、本当に私にとっては一世一代の大バクチでした」

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!


「馬小屋同然の倉庫を、海老原と二人でトンカチ金槌で直したりしたもんですよ」

入り口の戸も満足に開かない有様で、二人で苦労して戸が開き、「開いた、開いた」と喜んだら、隣人がゲラゲラ笑っていたという。「戸は開くもんだ」(~~)

日本人選手として海外で初めて世界王座を獲得した西城正三選手は、兄の正右氏が専属トレーナーという変則スタイルでの入門。方々のジムで断られ、野口ジムで見かけた人の良さそうな金平さんに頼んでみよう。あの人ならわかってくれるかもしれない。そして、金平会長は、いともあっさりと兄弟の入門を許した。

「どうせジムは空いているんだから好きな時に使っていいよ」

西城選手に将来を感じるのは少し後の事。だが、ホープはアゴの骨折に見舞われる。入院、長期に渡る休養。もうこれまでか。

「あの時、自分はなんて運が悪いのか、せっかくのホープだが、もうこれでやめるだろうと思ったんですが、これがまた海老原と同じでやめると言わない。これは本物だと思って、ロスへ行かせたんです」

「当時の私にはボクシングならロサンゼルスでという考えがあり、それで宮下トレーナーをつけて修行に出したわけです。私も一緒に行って全ての手配をつけました」

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報


「その後、西城が真面目に練習していたので向こうからタイトル挑戦の話が転がり込んで来て、西城はシンデレラボーイと騒がれました。私も運が良かったですよ。しかし、その運を生かすか殺すかは、その人間にあることで、やっぱり努力なしでは運はモノに出来ませんよ」

この間、ジムはめまぐるしく移動。草加市、目黒を経て千駄ヶ谷へ60坪のジムを構えていた。

「具志堅がチャンピオンでなくなったからといって、社員の月給を半額にするわけにはいきませんよ。選手を作らなければならない。その為の生きた金なら、どんどん使うつもりでいますよ。選手だって元をかけなければ、いい選手は出来ません」

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ2名様。
ペタしてね

”大切なのは選手との心の結びつき”

「『俺は言われた通り、そして自分のベストを尽くせばいいんだ』と思ってついてきてくれる気持ちがあれば、私は必ず一人前に仕上げて見せますよ。海老原、西城、具志堅。そして、上原。みんなその点では実に素直について来てくれました。私の今日あるのも皆、彼らのお陰ですよ」

「具志堅なんかでも、いまだに私の言う事は、子供のように素直に守ってくれますよ」

具志堅選手。「嫌いな食べ物はきゅうり。金平会長が体によくないからって言ったから」

きゅうりが体によくないとは思えませんが、その素直さが凄い。(~~)

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!


ボクシングに生まれてボクシングに死んだ人。ジョージ・パーナサスプロモーターを尊敬してやまなかった金平会長。たえず立派なマッチメイクをしていた。一度決めた事は曲げない。人を見る目があって、こわい存在のおじいさんと評されている。

強運と呼ばれる人は、チャンピオンばかりでなく、パートナーも大事にする気使いの名人で、現場をやる気にさせた。

選手を育成するばかりでなく、トレーナーを育てる為にもお金を使った。それは生きたお金であるからだろう。選手と同じく、金平会長がやる気を感じ取ったトレーナーは、皆ロサンゼルス、ハワイで長期間修行生活を送っている。

最初の一歩。誰でも難しいものです。一つの決断がボクシング界の歴史を変えた。選手に賭ける心。見習はなければなりません。しかし、人ありきですね。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ2名様。

★シャイアン会長は、断然”吉野家”派!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

「西城さんのサンドバッグは凄かったよ。バッグの周りがきれいに汗で囲まれてたよ」

米ロサンゼルスへ遠征。無名の西城正三(協栄)選手は、僅か9ヶ月で世界チャンピオンになった。航空券代は前借。ファイトマネーで返すつもりりだったという。

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!

若き西城選手。

ロスでは先輩の宮下 功 選手、高橋勝郎選手との共同生活。好試合すればファイトマネーはガンガン上がる。贅沢は出来ないが、ファイトマネーで暮していける。ロードワーク、ジムワークは人一倍やったという。そして、それが楽しかったとも。

「先輩も、もうちょっと一生懸命やっとけばよかったですよねェ」(~~)

「わしも努力したんじゃがの〜」(~~)

西城氏とは大変仲の良い兄貴分ガチンコの宮下会長との会話である。イトウ先生が一番苦労したという宮下選手。約束の時間にはロビーに現れず、電話しても出ず、ボーイさんに部屋のカギを開けてもらい、ようやくロードワークに連れ出したという。

「水かぶって帰る事もあったネ」(~~)

ハワイのビーチにはシャワーがある。

「なんだ、ばれとったのか」(~~)


強打のレフトフッカー宮下選手。

「上原さんも、具志堅さんも、渡嘉敷のバッグ打ちも凄かった。勇利、ナザロフも同じだったねェ」

内緒で契約金一千万円をもらいプロ入りした上原康恒選手。プロ入り1年で世界ランキングに突入した元祖”沖縄の星”は、「あんなに練習する人が世界チャンピオンにならなかったら嘘だと思ったよ」と、若き大竹選手に思わしめた。

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!


73年11月ノンタイトルながら世界王者リカルド・アルレドンド(メキシコ)を破り世界入りを決めた上原選手。この時、同じく沖縄のリングに凱旋したフリッパー上原選手のスパーリング・パートナーを務めたのが、まだ高校生の具志堅用高選手。

金平正紀会長は、大きい選手の懐に迷わず入って行く高校生に、一目見て感じるものがあったという。天才と言われるが、大変な努力家であったと思います。

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入でDVDプレゼント有!残リ2名様。

ブログランキング

★9月21日坂田健史&・瀬藤・藤本 プレゼント付チケット発売中!  

「もう、ず〜っと渡辺さんとジャブ、ワン・ツーの基本ばかりやってたなァ」

負けはしなかったが、 牧 公一(田辺)選手とのデビュー2連戦は大苦戦。それは、期待はずれの声も上がったほど。それを打開したのは基本の繰り返しに他ならない。

そして、素直な心。

「具志堅さんて言うのは、スパーリング中でも言われた事をすぐにやるんだよ」

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報


世界チャンピオン具志堅選手のキャンプパートナーに選ばれ、頭角を現したのが渡嘉敷勝男選手。この男がボクシング始めた動機は、「具志堅用高をやっつける為」。たまたま入った協栄ジムに具志堅選手がいる事を知り、素直にラッキーと喜んだ。

サンドバッグ打ち、スパーリング、ロードワークその全てにおいて具志堅選手をやっつけようと考えているから、いつも目をギンギンに光らせとにかく一生懸命練習していた。

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ2名様。
ペタしてね

この毎日の打倒具志堅精神が、勝負に負けない渡嘉敷選手を作る。

難しい事を練習していたわけではない。しかし、熱心にやり続ける。素人入門から3年で世界チャンピオンは、脅威という他ない。決してうまくはなかった。坂田選手が世界へ後一歩届かない時、大竹マネジャーと話したものです。

「トカちゃんより、ボクシングうまいんだけどなァ」(~~)

まるでなかったスタミナも3年間走り続けてようやくついて来ましたね。

「アイツは、ほっとくとズ〜っとサンドバッグ打ってるんだから」

★9・21坂田健史 瀬藤&女子OPBF戦 試合情報

世界入りを決め、福田先生と勝利を喜び合う渡嘉敷選手。

坂田健史(協栄)選手も、わき目もふらず、ただ一心にサンドバッグに向かう選手だ。ただひたすら打つ。それは、先輩佐藤 修 選手の練習を見て自然に実につけたものだ。

最も最近はサンドバッグ卒業。動くミット打ち12回が普段の練習メニュー。スパーリング以外外はミット打ちのみ。これがまたズ〜ッと打ってる来るから受ける方も忙しい。そのひたむきさが強く伝わってくる。

見学者から言われました。「肉体労働ですね」(~~)

サンドバッグ打ち。妥協は簡単である。打ってるふりはすぐわかる。試合では悲喜こもごも喜怒哀楽が出るが、練習もしかりである。思いっきりチャンピオンの座へ思いをぶつける練習をたくさん見てきた。

そして、思う。やる気になれば誰にでも出来る事だと。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ2名様。

★シャイアン会長は、断然”吉野家”派!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


実に難しかったような、09協栄OB会クイズ。それでもピタリとあててしまうボクシングファンがいるとは脅威です。


「誰だあれ?」OBでもわからないほどの変わり様だった選手もいました。(~~)



誰でも知っている元世界王者渡嘉敷勝男氏は論外として、一番難しかったのが中央の坊主頭の人。私やトカちゃんとは同学年になりますが、アマ出身のエリート選手だった彼の名は・・・。


野島選手との3度目は日本王座を賭けての対戦。

渡辺陸雄。好センスのLフライ級サウスポーです。先代会長は大いに期待したものでした。野島嘉章(P堀口)選手に初黒星を喫してからは、大スランプに陥ってしまいプロでは大成出来ませんでしたが。


元同僚トーレスとも戦った渡辺選手。

協栄ジムから故郷八戸に帰り、八戸ジム所属選手としてそのリングキャリアを閉じました。この移籍によって戦うハメになったのが、一番左の選手です。そう、この人も難しかったようです。

無名からホープ池田和弘選手をKO。一躍ランキング入りしました。このヒント、答になっちゃうんですが、正解は長内秀人氏です。

トクホン真闘ジム佐々木会長のスパルタで鍛えられ、その将来を大いに嘱望されていた、日本フライ級1位池田和弘選手と対戦した長内氏はノーランカー。当時のBクラスランキングにも名前が見当たらない程。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!

ブログランキング

★内藤大助・中国応援旅行・22日まで受付・55,150円〜

しかし、この試合で長内選手は大番狂わせを演じる。84年5月22日後楽園ホール。試合開始から池田選手が倒しにかかる。2回までロープにつまり危ないシーンが何度もある。しかし、ピンチの都度反撃し抵抗するノーランカー。

パンチはある長内選手。6勝中5つのKO勝ち(4敗)がある。池田選手の強気の攻めは変わらない。だが4回、抵抗する長内選手のパンチも当り始めた。そして迎えた5回。池田選手はこの回も、ノーランカーしとめようと出て来た。

ロープに詰めて連打を浴びせる。よく耐えた長内選手は、すかさず反撃。今度は池田選手がピンチ。場内、あれよの大騒動のうちに池田選手はマットに崩れた。立ち上がったもの、既に反撃の力なく、2度目のダウンでテンカウントを聞いたホープ。



当時、長内選手とコンビを組んでいたのは現F・I ジム の福田洋二会長。強気の福田先生の作戦がピタリとはまった試合でした。リング上抱き合う二人の姿は、今でも目に焼きついています。

左から2番目。某公園で○○になってしまい(~~)坊主頭になったばかりの、元日本ライト級王者大山 鋭二選手。後の世界王者六車卓也(大阪帝拳)選手の持つ、日本Sバンタム級王座挑戦では、敵地であるにもかかわらず引き分け。これは惜しかったです。今は協栄ジムでトレーナーとして活躍中。

★好きな選手にサインをもらおう!EVERLAST ミニグローブ

★坂田健史・再起第1戦6月14日(日)チケット発売中・サイン入りミニグローブプレゼント中!

渡辺陸雄選手とトカちゃんにはさまれている選手。この人も難しかったようです。(なんだか全部?)

亀田昭雄選手を筆頭とする栃木グループの一人は、渡辺守朗選手。今は、「フィリピンでジムを持ちたい」のだそうです。「パッキアオみたいなのたくさんいるんだから」(~~)


田名部VS渡辺

尾崎富士雄、田端信之、田名部雅寛選手ら後のチャンピオンと激しい戦いを繰り広げました。田名部選手との試合では、スタンディングダウンを奪い、あわやの場面も作りましたが残念でした。打たれ脆いがパンチは抜群に強かった選手でした。

★坂田健史再起第1戦・6月14日(日)後楽園ホール"チケット"・サイン入り・ミニグローブプレゼント中!
ペタしてね
★内藤大助・中国応援旅行・22日まで受付・55,150円〜

一番右は、多田浩幸選手。相変わらず小さい多田氏。ミニマム級があったら面白かった。(~~)先代会長が渡嘉敷選手より期待していたのは事実で、具志堅選手王座陥落後のタイトル後継者の筆頭でした。


ついに無冠で終わった多田選手。

世界挑戦資格を得る為に日本王者伊波政春(カワイ)選手へ挑戦。これに敗れると、僅か3週間後に韓国で 金 龍鉉の持つOPBFタイトル挑戦。これも失敗に終わってしまいましたが、当時の先代会長の頭にはトカちゃんの頭はなかった。(~~)

2ヵ月後、後楽園ホールで世界3位金とのノンタイトル戦のチャンスを掴んだ渡嘉敷選手。先代会長にとって、自前のオプション消化の為に最後のチャンスだった。

「会長は行くなって言ってるけど、俺は行くよ」


試合後の渡嘉敷一家。右端は私。(~~)

強気の男は、実力以上のものをこの試合で出した。まだまだスタミナに不安があった渡嘉敷選手は、終盤ガス欠になりながらも持ちこたえ、大金星を挙げている。この勝利から彼は変わりましたね。そう、欲がはっきりと出てきました。いい意味の。

正解者の皆様には、お約束通り坂田健史選手と佐藤 修 氏のサイン入りミニグローブをプレゼント致しますね。(~~)


BOXING MASTER/ボクシング マスター

毎年一度のOB会。また来年もたくさんの皆さんの参加で盛り上がりたいと思います。この度、正解できなかった皆様。また、チャンスを作ります。ぜひ、トカちゃんになってくださいね。(~~)

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★大好評 EVER LAST ミニグローブ!

BOXING MASTER/ボクシング マスター

【ミニグローブ左右ペアセット  8.9cm】赤・黒・青・ピンク @1000円  


BOXING MASTER/ボクシング マスター
【ミニグローブキーリングス 6.3cm】赤・黒・青・ピンク @500円


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち協栄ジムの歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは協栄ジムの世界王者です。

次のカテゴリは坂田健史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02