心打つ良い話の最近のブログ記事

何年前になるだろうか。ある練習生からの手紙を貰った。A4レポート用紙1枚に鉛筆書き。「金元トレーナーへ」と題された文章は、丁寧な文字で書かれてる。

『金元トレーナーへ

21日、親父の病気が再発してしまい、もう仕事が出来ない状態となってしまいました。長男である僕が支えてあげなくてはいけないので、家族の側で暮らそうと思います。

僕も突然で心の整理が出来ておらず、口ではうまく伝えられないと思い、手紙を書きました。出来れば直接にお渡ししたかったのですが、こんな僕に親切に御指導して下さった金元トレーナーに会わす顔が見つかりませんでした。

本当に、色々とありがとうございました。才能ないけど、練習大変だったけど、ボクシング大好きでした。

金元トレーナーは、厳しさの中に、本当のやさしさがある最高のトレーナーだと僕は思います。いつか、金元トレーナーの教えている選手の中から、チャンピオンが生まれる日を楽しみにしています。

本当にありがとうございました。』

プロボクサー目指していた青年は、この手紙と共にジムから姿を消した。時折、思い出しては手紙を読む。きっと、頑張ってんだろうなァ。決して才能あるとは思えなかったが、ひたむきに頑張る素直な心を持った青年だった。

坂田健史選手は、そんな彼らの心をも受け継いでいるものだと、私は勝手に解釈している。

竹原慎二サウナスーツ館

ブログランキング

Divers eye ★王道の誇り 坂田健史 〔後編〕


「お前も少しはトレーナーらしくなって来たか」

大竹マネジャーには、変な励まされかたをした。

【坂田vsデンカオ・勝負の裏側】



「坂田、元気になってたよ!」(~~)

年明け初日。大竹マネジャーが実に嬉しそうに話し出した。神経すり減らして、坂田選手の事を考えている人だけに喜びが良くわかる。

「大竹のあんな顔はじめて見たよ」

「なんか電話しずらくてさァ」

TVで応援頂いた、OB、関係者の声が遠慮がちに入って来る。厳しい事言ったが、言う方も傷心だ。

「俺達は、勝ち負けで生きてるんだ。それを忘れちゃいけない」

強烈なプロ意識が目指す方向性を迷わせない。頑張らなくては。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングの知りたい事、悩み等、あなたの?にお答えする。【BOXING MASTER 無料相談室】



 

 

夢・大場政夫2世と一瞬の夏

| コメント(0)

「お前の事、本に出てたぞ」

大竹先輩からそう言われたのは、昭和56年(1981年)夏の事。気なる私は、早速その本を買い求めた。沢木耕太郎著、”一瞬の夏”。 一瞬の夏(上) 一瞬の夏(下)


「相手も金平さんとこのホープだったらしいけど」

帝拳ジム長野マネジャーの言葉であるが、この金平さんとこの”ホープだったらしい”のが、何を隠そう私である。沢木氏は、大場政夫選手と長野マネジャーを題材にした『ジム』という作品を発表されている。

あの子が16歳にならぬ頃このジムに現れたように、あの子が素晴らしい足腰と、スピードの持ち主であったように、いま私の前に「もうひとりのあの子」が姿を現したのだ。素質もあの子に劣ることはない。この子がいつか帝拳にもう一度春を呼び戻してくれるかもしれない。その日まで、わたしはこのジムを守っていかなければならない義務がある。−沢木耕太郎 ジムより抜粋ー



あの子とは永遠のチャンピオン大場政夫選手の事である。そして、この子は谷津弘之選手。大場選手とはちょうど一回り齢が違う。中学生にして、プロの10回戦選手を倒してしまうほどのボクサーは、長野マネジャーに大いなる夢を抱かせていた。

帝拳の”天才”中学生の噂が、ボクシング界に脅威として広まっていたと知ったのは、随分後の事である。

満を持し、17歳になったその月にデビューする谷津選手。私は高校生活を自主的に1学期でケリを就け上京、ミカドジムに16歳で入門。ウェートの割りに背が高い事から、亀田昭雄選手や杉谷 実 、須賀原 徹 、大竹重幸選手らのパートナーを務めてきた。



昭和53年10月26日後楽園ホール。セコンドには中村先生の他に、13勝中12KO勝ちを誇った強打のSライト級ランカー須賀原 徹 先輩。翌日に試合を控え、ゲッソリとやせこけた大竹先輩もリングサイドに駆けつけてくれた。

普通に勝てると思っていたデビュー戦。初回終了のインターバルの事はよく覚えている。「パンチあるか」「あります」

3回、思わぬダウンを喫し慌てた。後は覚えていない。吉田レフェリーが試合をストップしたのは2分50秒。アレレッという感じ。

シャワー室で谷津選手と言葉を交わした。中学生からボクシングをやってる事を知る。上には上がいるもんだ。だが、そこまで期待されていたとは知らない私。翌日、大竹先輩の試合を応援し、次の日には練習を再開した。

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

取材のお礼を一切受け取ろうとしない長野マネジャーに、沢木氏は谷津選手名義の預金通帳を贈っている。

「これはあの子がチャンピオンになる時の試合で使わせてもらうわ」

帝拳ジムの希望だった谷津選手は、日本ライト級1位までランキングを上げた。しかし、度重なる肩の脱白で3年間のブランクを作る。カムバックするも目を故障、無念の引退を遂げている。

左拳の骨折で2年のブランクを作った仕事仲間、浜田剛史選手の世界奪取の瞬間はセコンド手伝っていましたね。私は、アルレドンド側控え室にいました。


「一日一日を精一杯生きよう!」

長野マネジャーからかけられた言葉を忠実に守っていた谷津選手。

「それじゃ勝てるわけないよ、ユーは」(~~)

大竹マネジャーの得意そうな顔が浮かぶ。もう、ズッ〜っと言われそうだ。いや、言われる。(~~)

ハッキリと記憶に残るデビュー戦。今となっては、大変良き想いでです。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   


「タクシーで行こうって言われたんですよ」

「だから僕は、近いから歩いて行きますって」

「そうしたら、それじゃ貴方疲れるでしょ。いいのよ、気にしなくてって言ってくれて」

「4回戦の僕一人ですよ、計量行くの。うれしかったですねェ」

飯田橋の帝拳ジムから後楽園ホールは電車で一駅、歩いても大丈夫な距離である。桑田先生に師事し、数年前帝拳ジム所属の4回戦ボーイとして戦った元ボクサーは、長野マネジャーへの感謝の気持ちを今も忘れない。

「凄いねェ。4回戦一人って言っちゃ悪いけど、そこまでしてくれるんだ。それじゃ、やる気になるよなァ。良かったねェ」

計量前の選手はギリギリまで体を絞り込む。お風呂(サウナ)上がりでサッパリした風体で来る者、ガムを噛みながらつばを吐き出し続けながら来る者等、その表情を見れば選手の状態は掴める。その日、彼がどんな顔していたのかはわからない。しかし、その気配りはさすがである。

「だから強い選手出るんだねェ」

長野マネジャーが、帝拳株式会社に入社したのは昭和23年(1948年)。先代本田 明 会長が三田に帝拳ジムを開設したばかりの頃。そして、昭和30年代に入ると帝拳ジムは黄金時代を迎えた。


名古屋。世界王者ダド・マリノ一行を導く先代本田 明 会長(左)。

福地健治、小林久雄、高山一夫、品田 博 、小坂照男、渡辺 亮 、金田森男らのそうそうたるメンバーが活躍した”黄金時代”。高山選手、小坂選手は世界王座にも挑戦したが、先代会長の夢はかなえられなかった。”天皇”とも言われた先代会長は、後ろへ下るのが大嫌いだったと聞く。

昭和40年7月、本田 明 氏永眠。大場政夫選手が帝拳ジムへ入門するのはその一ヶ月ばかり後の事である。黄金時代一転、ランキングボクサーが皆無という状態にも陥った帝拳ジム。


タイトル防衛の大場選手。なせだか同じポーズの本田会長。(~~)

そんな時代を支えた長野マネジャーの苦労が報いられたのは、世界フライ級チャンピオン大場政夫選手の誕生。合宿生大場選手の食事の世話も担当、デビュー戦の計量にも付き添った。まだ減量の必要がなかった17才の大場選手。

帝拳ジムが始めて取ったアマチュア選手は、瀬川幸雄選手。世界王座奪取は惜しくもならなかった。2人目の世界王者となったのは浜田剛史選手だった。浜田選手の苦労を見て以来、アマ選手に対する考え方を変えたという。


浜田選手、感動の世界奪取。

「大先輩だよ。だけど、4回戦の子一人でも必ず試合場に来るのは感心するよ。偉いって思うよ」

そのきめ細かさが、選手の活躍を側面から支えているのだろう。

「大竹さん、瀬藤君が来るんだったらちゃんと席用意しますよ」

10月4日、日本Sバンタム級王座防衛戦に挑む下田昭文(帝拳)選手の試合チケット購入を帝拳ジムにお願いした大竹マネジャーに、長野マネジャーから電話が入る。

「選手が観に来るんだったら、いつでも言って下さいよ。ちゃんと席用意しますからね。気にしないで」

「いや、違うんです。熱心なファンの方がいて頼まれまして。お心遣いありがとうございます」

下田選手に唯一の黒星を味合わせている瀬藤幹人(協栄)選手。自分の所の選手ばかりでなく、ライバルに対しての、この心遣いには頭が下る。

「俺なんかにあそこまで言ってくれるんだよ。うれしいねェ」

ブログランキング
★ボクサー式ダイエット・WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積プロデュース!

坂田健史(協栄)選手が念願の世界王者に就いた時も、師弟コンビは帝拳ジムへ挨拶に出向いている。帝拳ジム本田会長の尽力でパーラ戦は実現した。

「良かったわねェ、坂田君。長かったもんねェ・・・」

「あの時も、長野さん喜んでくれてうれしかったなァ」

ボクシング界随一のキャリアを誇る長野マネジャーを慕うのは、帝拳ジム選手、OBのみならずである。さらなるご活躍を、ご祈念いたします。

毎日の”励み”に応援よろしくお願い致します→にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ   【TOP】 【目次】


★ボクシングに関する、知りたい事、悩み等、あなたの?に、何でもお答え致します。強くなる!減量!人間模様!
  こちらからどうぞ→【BOXING MASTER 無料よろず相談室】


ハワイ・カカアコジム BOXING合宿 参加者募集中! 【お問い合わせ】

   

ROCKY THE FINAL

| コメント(0)

ロッキーシリーズ完結編。ROCKY THE FINAL/"NEVER GIVE UP"・”自分をあきらめない”とある。昨夜、愚妻と気になるこの映画を観に行った。

【ROCKY THE FINAL オフィシャルサイト】


ROCKY。今から30年前この映画が公開された時、何度映画館に足を運んだ事だろう。10回はくだるまい。良かったですねェ〜。

少し前の事、今は俳優業で活躍する佐藤 修 氏(芸名・ 蓮 ハルク)が、練習がてら聞いてきた。

「アントニオ・ターバーって強いんですか?」

噂では、ボクシングよりもプロレスに詳しいらしい元王者。

「何か関係あるの?」

「ロッキーの最後の相手なんですよ」

「エッ、まだやるの」

「そうなんですよ〜」

「今度は息子か?」

「いえ、違います。本人ですよ」

「ホントかよ〜。今いくつだ。凄いなァ」

「今でも凄い体してますよ」

「ターバーは強いよ。世界チャンピオンだよ。ロイ・ジョーンズjrにも勝ってるよ」

ニコッと笑う修ちゃん。さすがに、ロイ・ジョーンズjrは知っていたようだ。(~~)

「楽しみですねェ」

「勝っちゃうのか?」(~~)

「それはわかりませんけど」(~~)

割引入場券付きに誘われて、思わず買ってしまいました。(~~)

エバーラスト腕時計 ロッキー・ザ・ファイナル公開記念モデル 49?0032

¥4,725 湧希

WBA世界Sバンタム級王座獲得のご褒美は、ROCKYの舞台”フィラデルフィア”への旅だった。世界王座獲得と共に念願を果たした佐藤氏。

ロッキーが走ったロードワーク・コースを走り、あの場所で、そうあの場所でロッキーと同じポーズ、とったんだろうなァ。きっと。(~~)

フィラデルフィアから、奇しくもROCKY最後の試合の舞台となるラスベガスへ足を伸ばした佐藤氏。映画の感想はもちろん、

「良かったです。感動しました」

そして、念願を果たしたばかりの”弟弟子”坂田健史選手の感想も、

「最高。感動しました」

ロッキー・バルボアも雑草であるが、この二人の世界王者もエリートではない。

「二人とも普通だよ。修なんか高校生の頃、名護とか西岡にボコられてたんだよ」

二人を高校卒業時の同じ時期から指導してきている大竹マネジャー。

「でも、良く付いて来たよ」

「かわいそうだと思った事もあるけど、俺までやさしくしたらな」

「修が獲ったから、坂田にも絶対獲らせないと」

これは大きなプレッシャーであったようだ。

ロッキーのトレーナー”ミッキー”は、あいにく死んでしまったが、大竹マネジャーはバリバリ元気。(~~)

「坂田はたくさん防衛させるよ」

”ROCKY THE FINAL"。自分をあきらめない。

二人はそれをやって見せた。

だが、一人じゃ出来なかった事も良く知っている二人。感謝の心も忘れていない。

つい先日の試合で感動を与えてくれた、この男の表情も”ロッキー・ザ・ファイナル”が似合うだろう。

「修ちゃん、カムバックか?」

「ロッキーになれよ。感動したんだろ?」(~~)

「・・・(~~)・・・(~~)・・・(~~)」


「坂田、タメ口まだ早いよ。防衛してからな。修って呼んでやれ」(~~)


「・・・(~~)・・・(~~)・・・(~~)」


笑ってごまかすしかない二人。


未設定 ?

相変わらずきついジャブが飛んでくる。一時も気を許されない2階道場であります。(~~)


”毎日の励み”に、応援よろしくお願い致します。→未設定


【2100円で海外旅行する方法!】 【日本・ハワイのボクシング交流を実現させたい】

【BOXING MASTER】トップへ


【ハワイ・ボクシング留学カカアコジム】 【世界チャンピオン坂田健史ハワイ・カカアコジム合宿】

【亀田兄弟もやって来た】 【ハワイでアマ試合・スパー大会出場】 【宿泊施設】 【参加者感想】


ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ生活。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】 【2100円で海外旅行する方法!】 ?

EVERLAST ED509DG 49-0033-505 ピンク

¥3,980
Amazon.co.jp

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


★あなたのWebサイトでお金を稼ぎ、しかもファンまで作ってしまうノウハウとは、実は、こっそり、私も使っています。【あなたのWebサイトで稼ぎ、あなたのファンをつくる! 「Webノウハウ講座」】

なんと、私のサイトは、正規パートナーサイトですので、このサイトから申し込んで頂くと、10%オフになります!!【 ギフトナンバー「w10641」 】と入力して頂くだけです!!興味のある方は、いますぐクリック!!

★ボクシング&ハワイ サーチエンジン 【ROCKY SEARCH】


ハワイ・ボクシング留学!【カカアコ・スタンレー・ボクシングクラブ】 短期〜3ヶ月OK!

1979年デビュー2戦目から6連続1ラウンドKOの快進撃で、全日本ライト級新人王に輝いた山本兼当(楠三好)選手。東日本決勝ではMVPも獲得。

当時の連続1ラウンドKO記録は、フェザー級スラッガー豊島政直(SB川口)選手が持つ”6連続”。豊島選手は、後年ハワイリングで大活躍した。真闘ジム佐々木会長の、最初のお弟子さんですね。山本選手は、当時の日本タイ記録達成。

【どん底から這い上がれ!】

この79年は大変話題が多い新人王戦でした。【4人も世界王者が出た!第26回新人王戦】

山本選手とそんな新人王予選で戦ったのが、新大久保駅前”中の濱”で店長を務める千坂昇幸氏。写真は、奮戦する千坂選手(左)対知念戦。。

【旬魚旬菜”中の濱”新大久保駅前店】

山本選手のご子息は、現在大竹マネジャーに預けられていて、ボクシング修行中。今年中にプロライセンス取得予定です。

そんな関係もあって大竹マネジャーが、山本選手を”中の濱”に連れて来た。

82年1月28日メインカードは、日本バンタム級タイトルマッチ。チャンピオン磯上修一(トクホン真闘)VSハリケーン・テル(石川)の一戦。セミファイナル8回戦で、この両選手はグローブをあわせた。

観衆2400人。超満員の後楽園ホールのリング上以来、25年ぶりの再会。写真は山本選手(28/01/82)。

「覚えてる?」

「覚えてますよ」

「2回やってるんですよね」

「そうそう腹打ったら、うなってた」(~~)

「よく覚えてるねェ」(~~)

「ちょこっとだけ我慢しましたよ」(~~)

「イや〜、パンチあったから」(~~)

「こうやって会うの、いいもんでしょ」(~~)

「いいですねェ〜」(~~)

「初めてですよ。こんなの」(~~)

「そう、良かったねェ」(~~)

二人で仲良く記念撮影。ホントにこういうのは、いいもんですね。

”中の濱”新大久保駅前店。千坂選手のトレーナーであった、ウィン三迫ジム・三迫会長→シャイアン山本ジム・山本会長→大竹マネジャーという流れで、利用させてもらうようになりました。きれいな、いいお店です。

★3月19日後楽園ホール・WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史(協栄)VSロレンソ・パーラ チケット発売中!【試合組み合わせ・チケット情報はこちらです・協栄ジム】
ボクシングを観よう!【スポーツチケットなら@電子チケットぴあ】

「挑戦者としてリングに上がるのはこれが最後です」

ハワイキャンプから帰った坂田選手、好調、気合十分です。ご期待下さい。

”毎日の励み”に応援、よろしくお願い致します。→?未設定

ハワイボクシング留学!【カカアコ・スタンレー・ボクシングクラブ】  【2100円で海外旅行する方法!】
ハワイを楽しみながら、厳しく鍛える。アマ試合、スパー大会出場OK。1日2500円で、充実のハワイ合宿。毎日出発可です。【お問い合わせはお気軽に】


【日本・ハワイのボクシング交流を実現させたい】
【BOXING MASTER】トップへ




★あなたのWebサイトでお金を稼ぎ、しかもファンまで作ってしまうノウハウとは、実は、こっそり、私も使っています。

【あなたのWebサイトで稼ぎ、あなたのファンをつくる! 「Webノウハウ講座」】

なんと、私のサイトは、正規パートナーサイトですので、このサイトから申し込んで頂くと、10%オフになります!!【 ギフトナンバー「w10641」 】と入力して頂くだけです!!興味のある方は、いますぐクリック!!

★ボクシング&ハワイ サーチエンジン 【ROCKY SEARCH】

昨夜、大竹マネジャーが上原さんに電話入れてくれました。怒られる前に、美穂夫人に謝りました。(~~)ご夫妻でとても喜んでくださり、康恒さんからは「ありがとうね」

写真は、世界王者になった直後の上原さんとのスナップ。食事なんか行くと4人が8人、8人が15人と、どんどん仲間が増えていってました。(~~)

坂田選手も亀田選手の世界戦が決まり、結果はわからないけれども上原さんと通ずる状態にあることを説明しました。ウンウンと話を聞いてくれた先輩は、「坂田君に頑張るように言って」「チャンスは来るから」

上原さんからの言葉は重いですね。人様がとやかく言うことは勝手に出来ますが、耐えてやり遂げた人ですから、簡単な言葉にもその想いが伝わってきます。

「坂田は優しいから康恒さんに似てるんだなぁ」と、大竹マネジャー。私も同感です。今度、上原さんのお話を坂田選手に直接聞かせたいと考えています。

上原さんはスタンレー・イトウ先生 の下、ハワイでプロデビューしましたが、以来ずっとイトウ先生を慕い、昨年も大勢の仲間と共にハワイのイトウ先生を表敬訪問されています。

イトウ先生が名護明彦(全日本P)選手のセコンドを務めた、再起第1戦のトーンジャルン戦。1ラウンドめ、まさかのダウンを喫した名護選手コーナーに、真っ先に飛んできて、必死にアドバイス送ってくれたのが上原さんでした。

坂田選手は今年1月、2週間に渡りハワイ合宿でイトウ先生の指導を受けました。 遡ると、初めて日本タイトルを獲得した コーナーには、イトウ先生の姿もありました。

時代を越えて二人の選手は、イトウ先生の指導を受けた兄弟弟子。これも何かの縁でしょうか。

坂田選手、世界のベルトを掴む為にも、”兄弟子”上原さんのお話を聞かせて頂いて勉強しましょう。写真は、上原選手が手にした世界チャンピオンベルト。
先輩、宜しくお願いします!

マガジン 78/6月号

| コメント(0)
表紙写真は、22歳のチャンピオン具志堅用高(協栄)選手の5度目の防衛戦、ハイメ・リオス(パナマ)とのリターンマッチの模様。5月7日、坂田選手の故郷、広島市で行われた試合です。

この試合、両目がすっかり腫上ってしまった具志堅選手が、リオスをめった打ちの13回レフェリーストップで下しました。

それにしても、リオスのようなタイプは今の世界中探してもいないでしょうね。小さい選手が、フットワーク全開で動き回り、ローダッキングすれすれまで頭を下げ、あらゆる角度からパンチが飛んで来る。

試合後、リオスが泣きじゃくっている事を知らされた具志堅選手、「リオスは好きじゃない、フェアじゃないし、僕はどうだっていい。彼は、もうダメだろう」

こう言い切れる、勝負に賭ける執念、根性が、具志堅選手の強さだと思います。戦法は、ジャブを丁寧に突いて、ボディで相手を崩していく、正攻法のスタイル。

ウェルター級で、この時代の新旧交代が成されています。4月28日チャンピオン辻本章次(ヨネクラ)選手に挑んだ亀田昭雄(ミカド)選手が、デビュー以来の7連続KOで日本王座に付いています。

辻本選手、アマのスターからプロ入り以来、日本タイトル防衛する事12回、ピピノ・クエバス(メキシコ)の世界ウェルター級王座に挑んだ事もある実力者。

試合前の亀田選手、正直、「俺は勝てない」と弱気なことを言っていましたが、見事なKO勝利で王座奪取。以後、スター街道を走る事になりました。が、そのキャリアの中で、これがベスト・バウトだったのではないでしょうか。

具志堅、亀田両選手ともサウスポーですが、しっかりジャブを使って、相手を崩していく正攻法のスタイルでした。ジャブは、使わない宣言した亀田興毅選手とは、スタイルが異なります。

4月18日には、小熊正二(新日本木村)選手が、タイトル奪還を賭けてミゲール・カント(メキシコ)に挑戦。両者は3度目の対戦。

カントは小熊選手から奪ったタイトルの12度目の防衛戦。過去2戦は、何れも際どい2ー1判定でしたが、この日は3−0。

「今度こそ勝たねば」の気持ちが強く、「あせってしまった」小熊選手。ヘッディングの減点、古傷の出血等もあり、空回りの悔しい負けとなりました。

「小熊は、タイトルを取ろうとするあまり、あせっていたんじゃないのかな」と、カントは冷静に分析。当時、全クラスを通じてうまさはNO.1と言われたカント、何が武器かというと”左ジャブ”。

”後一歩は”あまりに遠く・・・。何か坂田ーパーラ戦のようです。小熊選手、この後さらに2度の世界タイトル挑戦失敗を経験しますが、精神的成長によって見事世界王者にカムバックしています。

私には、この前のパーラ戦でのチャンス、「あせってしまった」坂田選手と、小熊選手がダブります。最後は、「会長を男にしよう」の一念で世界王座に甦った小熊選手。

今月号のボクシング・マガジン”師弟の絆”読んでいると、”嘘は付けない男”坂田健史は、”恩返し”しなければいけないから、きっとやりますよ。

今年1月のハワイキャンプも、ワイキキの高級ホテルではなく、ジムの合宿所を選択。大竹マネジャーも「そのくらいじゃないとダメ」と、厳しく尊敬するイトウ先生の下へ送り出しました。

指導の方向性に付いては、イトウ先生のスタイルをよく理解し、尊重している大竹マネジャー、坂田選手の成長を心から喜んでいます。20日の試合、ぜひ見に来てください。

亀田興毅選手が、リオス、カントと戦ったら、どんな試合になるんでしょうか。リオスには、パワーとプレッシャーで粉砕すると見ますが、そんなに簡単にはいかないでしょう。ウーン難しい・・・。

亀田選手のプレッシャーを捌き切るなら、カントのような選手でしょう。パーラは似ているんですけど、ちょっと違う。カントの方が、やっぱりうまさでは一枚上でしょうか。

ボクシングは、相性、気持ち半分。70年代のウェルター級”アゴ割り”パンチャー、ピピノ・クエバスも、世界タイトル奪取の1ヶ月前に行われた前哨戦では、強打空転の”完封”判定負けしたりしています。

亀田選手、パンチの切れ、威力共に世界のトップクラスですが、パンチがある選手とスパー、試合すれば貰う訳には行きませんから、そこら辺を見てみたいですね。

ガッツ石松氏の「世界のジャブは違う」は、説得力があります。”幻の右”があまりにも有名になりましたが、石松選手の最も良いパンチは、左ジャブだったと思います。

イトウ先生は、「亀田のプレッシャーなら、パーラを捕まえる」と見られていますが、ボウチャン戦のテープ見てもらい、意見を聞いてきます。

今月末から、4選手を連れてハワイへ行く予定です。

佐藤 修 ・マッチメーク

| コメント(0)
ワールドボクシング誌3月号に、元世界王者・佐藤 修 (協栄)氏のインタビュー記事がある。”もしも、あの時”・・・。

98年11月、当時日本S・バンタム級2位にランクされていた東條達也(相模原ヨネクラ)選手と対戦した佐藤氏は、見事KO勝利。試合後、「ウォ〜」と吼えた修ちゃん。その瞬間から、佐藤選手に大きな自信が乗り移りました。

このマッチメーク。大竹マネジャーが、修をランカーと勝負させるならこの選手とマーク、長い時間を掛けて相模原ヨネクラジム・幡野会長を口説き落とし、実現させたのでした。

以来、幡野会長には”恩”を感じている大竹マネジャー、「チャンスをあげるなら知らない所より、幡野会長にあげたい」。

20日後楽園ホールで行われた8回戦、日本ウェルター8位加藤壮次郎(協栄)選手が、相模原ヨネクラジムのルイス・オカモト選手と対戦。加藤選手、勝てば日本タイトル挑戦を約束されていました。

”まさか”負けないと思って組まれたカードでしたが、結果は”まさか”の判定負け。デビュー10年になる加藤選手に、節目の日本タイトル挑戦をさせてあげたかった大竹マネジャーも渋い顔。試合自体は、”気持ち半分”負け。加藤選手元気がなかったですね。

試合後の幡野会長、申し訳なさそうに「勝たせてもらって」と挨拶に来られました。「幡野会長の所ならしょうがない。修の”恩”があるからな」最近の大竹マネジャーの口癖です。

マッチメークにはいろんな思惑がありますが、なかなか思う通りに行かない事もあれば、佐藤選手、最近の瀬藤選手のようにピッタリはまったり。

それにしても瀬藤選手、良くここから這い上がって来ました。先の下田戦の勝利で、これが良い勉強になったと言えるようになりました。マッチメーカーとしても嬉しい限りですね。瀬藤選手、日本ランキング8位に返り咲きです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心打つ良い話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは坂田健史です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02