WBCランキングの最近のブログ記事

最新WBCランキング。2010年8月度。月間最優秀選手はミドル級暫定王者セバスチャン・ズビック(独)と、バンタム級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)。


長谷川穂積(真正)選手は1位をキープ。しかし、2位シンピウェ・ベチェカ(南ア)がランキングを外れ、代わって前回3位サーシャ・バクティン(沖縄WR)選手が2位へ。モンティエルへのリベンジに燃える前王者と、29歳になったロシアン・スナイパー。やっぱり観たいカードですね。


BOXING MASTER/ボクシング マスター

BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!


OPBFタイトルを失った前回5位大場浩平(大一スペースK)選手は12位に踏みとどまった。大場選手に勝ったマルコム・ツニャカオ(真正)選手が5位。そういえば、サーシャvsツニャカオ戦は、大竹マネジャーのマッチメイクで話がまとまったことがあります。その後、話が壊れたのは残念。これも観たかったカードです。


長谷川選手に初回KOで敗れているブシ・マリンガ(南ア)が、その後1勝で7位に頑張る。新日本王者の山中慎介(帝拳)選手は13位。亀田和毅(亀田)選手が23位。


WBAではSフライ級へ転じた亀田興毅(亀田)選手だが、こちらはまだフライ級1位の座にある。WBC世界Sフライ級王座は、1位河野公平(ワタナベ)vs2位トマス・ロハス(メキシコ)の間で争われるが、ここに的を絞った感のある興毅選手は勝者が決まった後のタイミングでクラス変えか。フライ級1位→Sフライ級1位?


フライ級2位に内藤大助(宮田)選手。王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との5度目の対戦はまだ先になりそう。王者が挑戦者に選んだ同胞スリヤン・ポー・チョークチャイ(ナコンルアンの選手)が、世界挑戦の為に15位にランクイン。昔、日本でも良くありましたね。


BOX袴田事件 命とはvs裁判官の良心!   ★WORD FIGHT! バレロvsピタルア
ブログランキング

【日本製プロボクサーの減量を成功させる減量スーツの決定版】即納ミズノ減量着(当店オリジナ...


Sフフライ級。Lフライ級7位カルロス・メロ(パナマ)に6回TKO勝ちし、シルバー王者となったフライ級8位オスカル・イバーラ(メキシコ)が6位へ入った。23勝(15KO)4敗の新シルバー王者は、これで8連続KO勝ち。亀田大毅(亀田)選手と戦ったロセンド・ベガ(メキシコ)を、今年5月初回KOに破っている。


日本勢は8位に中広大悟(広島三栄)選手、10位に前WBA王者名城信男(六島)選手、15位佐藤洋太(協栄)選手、17位に粉川拓也(宮田)選手の順。


Lフライ級。7位宮崎 亮 選手、9位井岡一翔選手と井岡ジムコンビ。13位に前OPBF王者家住勝彦(レイスポーツ)が残り、15位に大阪帝拳ジムからワタナベジムへと移籍した國重 隆 選手がカムバック。井岡選手に敗れ日本7位へ転落、再起戦を前にしての世界復帰となった。


BOXING MASTER/ボクシング マスター

BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!


17位に宮崎選手に敗れて以来なりを潜めている嘉陽宗嗣(白井・具志堅S)選手の名がある。こちらは既に日本ランキングからも外れている。これは基本的に半年間試合から遠ざかった場合、ランクがなくなるため。正当な理由があった場合には考慮されます。


9月4日、王者オマール・ニーニョ(メキシコ)へ挑戦予定のロナルド・バレラ(コロンビア)はフライ級16位。ピンチヒッターで、ランキングの方ちょっと間に合わなかったですね。日本でも戦ったバレラ、前戦では17戦全勝(15KO)のアルトゥーロ・バディ(メキシコ)を9回TKOに降しています。


悲喜こもごものランキング。國重選手のこのタイミングにはちょっと驚きました。(~~) 


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへにほんブログ村


BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定   BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定  BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定   
★ミニグローブ      ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数!

最新WBCランキングで亀田興毅(亀田)選手がフライ級1位の座へ。元王者内藤大助(宮田)選手は2位。王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)挑戦を狙う久高寛之(仲里ATSUMI)選手は6位。日本王者清水智信(金子)選手9位。


BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!


Sフライ級転向宣言の興毅選手。ポンサクレックとの5度目の対戦が予想される内藤選手だが、まだ具体的スケジュールは立っていない。王者は今月2日ノンタイトル戦で前PABA王者レイ・メグリノ(比)を、初回わずか97秒で粉砕し健在を示している。


フライ級シルバー王者エドレン・ダプドン(比)は5位。8月21日(現地時間)メキシコで3位ウィルベルト・ウィカブ(メキシコ)の挑戦を受ける。この試合の勝者が、将来の1位候補ですね。


Sフライ級1位には河野公平(ワタナベ)選手。2位に前暫定王者トーマス・ロハス(メキシコ)。最新の試合でマイナー団体IBOのバンタム級王座を獲得している王者ビック・ダルチニャン(豪)の動向次第では、この両選手による王座決定戦があるかもしれない。


しかし、フライ級1位の座を主張して興毅選手の飛込みもありそうな予感がします。今後に注目。


BOXING MASTER/ボクシング マスター
★EVERLAST ミニグローブ ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数! ★WORD FIGHT!


先にお伝えした、フライ級8位オスカル・イバーラ(メキシコ)vsLフライ級7位カルロス・メロ(パナマ)の試合は、Sフライ級シルバー王座決定戦となる模様。日本王座統一戦で対戦が決まっている二人、正規王者中広大悟(広島三栄)選手が7位、暫定王者佐藤洋太(協栄)選手は13位。


バンタム級。1位は長谷川穂積(真正)選手。ノニト・ドネア(比)のバンタム級転向宣言。王者フェルナンド・モンティエル(メキシ)への挑戦希望。11月にもモンティエルvsドネア戦を実現させたいというプロモーター、ボブ・アラムの思惑は、長谷川ファンをやきもきさせる。


2位シンピウェ・ベチェカ(南ア)vs3位サーシャ・バクティン(沖縄WR)による挑戦者決定戦も予定されているようだが、まだ交渉はまとまっていない。ベチェカはこの1年間リングに上がっていない。ロシアに主戦場を移したサーシャは、8月で29歳になる。ジミンさんが言っていた、「サーシャのピーク」までに世界挑戦の実現は困難な状況か?。


BOX袴田事件 命とはvs裁判官の良心!  ★WORD FIGHT! バレロvsピタルア
ブログランキング
【日本製プロボクサーの減量を成功させる減量スーツの決定版】即納ミズノ減量着(当店オリジナ...


5位大場浩平(大一スペースK)選手は、次回OPBF王者マルコム・ツニャカオ(真正)と入れ替わる。14位に新日本王者山中慎介(帝拳)選手が新ランクイン。モレルの直前キャンセルでモンティエルに挑むラファエル・コンセプシオン(パナマ)が世界挑戦の為に15位にランクされた。少し前の時代、日本選手に良くあったパターンです。


Sバンタム級。OPBF王者下田昭文(帝拳)選手がじわりとランクを上げて3位。瀬藤幹人(協栄)選手との対戦が、OPBF指名戦のため流れてしまったのは残念でした。日本王者芹江匡晋(伴流)が12位。前OPBF王者大橋弘政(HEIWA)選手が15位に再ランク。


月間MVPがミドル級新シルバー王者フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)。対象が違うだろうといいたくなりますが・・・。


毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシンへ にほんブログ村


BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定   BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定  BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定   
★ミニグローブ      ★デラホーヤ・お宝Tシャツ・タイソン・他多数!





最新WBCランキングで、前バンタム級王者長谷川穂積(真正)選手は1位にランキング。王座への最短距離へとすえ置かれた。顎の骨折はアクシデントでしたが、10度防衛の前王者に敬意を表した形。再起のタイミングと、その時のバンタム級シーンがどうなっているのかが楽しみです。


BOXING MASTER/ボクシング マスター-未設定
携帯スト ラップに→【ミニグローブ】 ★ パッキアオ ★ お宝Tシャツ!


もう一度、リングでこの笑顔が見たいですね。


Sフライ級では、OPBF王者公平(ワタナベ)選手が、1位リカルド・ヌネス(パナマ)のWBA同級挑戦者決定戦での敗北を受けた形で、前回2位から1位へ躍進。指名挑戦権獲得には、上位ランカーと対戦するのが常となるが、2位には前暫定王者トーマス・ロハス(メキシコ)が付けている。


6位に中広大悟(広島三栄)選手。翁長吾央(大橋)選手は9位へとアップしているが、日本タイトル暫定王者決定戦で佐藤洋太(協栄)選手に敗れ、圏外に去るだろう。内藤選手の後輩、粉川拓也(宮田)選手が15位に顔を出した。


フライ級は、前王者亀田興毅(亀田)選手が2位に付けた。1位ポノムルンレック・クラティンデーンジム(タイ)が、久高寛之(仲里ATSUMI)選手に敗れた影響もあるが、1位選手を敵地でノックアウトした久高選手は、「もっと上でいいんじゃないの」。ポノムルンルックは10位。


【プロボクサーの減量はこれ!軽い・ 動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

★6/2 瀬藤vs笛木 後楽園ホール  ★ パッキアオ ★ お宝Tシャツ!


1位は前回2位へスス・ヒメネス(メキシコ)が繰り上がった。13日に26歳の誕生日を迎えるヒメネスは、28勝(20KO)5敗。身長171センチの長身サウスポー。WBOでも2位にランクされていヒメネスは、昨年2月後楽園ホールでジョジョ・バルドン(比)を、初回KOで破っている。


3位に内藤大助(宮田)選手。6位清水智信(金子)選手は前回と変わらないが、13位に五十嵐俊幸(帝拳)選手が入った。新OPBF王者ロッキー・フェンテス(比)が9位に入り、大久保雅史(青木)選手は24位に降下。


「それも厳しいなァ」


世界王座挑戦で、ダウンを奪うも僅差判定負けを喫したミニマム級黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手は、一気に10位へと下降。「これも、そうかなァ」という気がしますが・・・。


日本Sライト級新王者亀海喜寛(帝拳)選手が13位にランクイン。キャリアを積んでもう一回り大きくなってほしい選手ですね。


毎日の”励み”に、応援よろし くお願い致します→ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
【TOP】 【目次】

    
★ミニグローブ    ★デラホーヤ ★タイソン お宝Tシャツ保存版!

WBC最新ランキング。フライ級新王者に亀田興毅(亀田)選手。前王者内藤大助(宮田)選手は3位。WBCは新王者に対し、次の試合は暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との王座統一戦を義務付ける事を改めて発表している。

日本王者清水智信(金子)選手6位、OPBF王者大久保雅史(青木)選手8位。チャンピオン・カーニバルで清水選手と対戦する小林タカヤス(川島)選手は14位。15位に山口真吾(渡嘉敷)選手を破った池原繁尊(横浜光)選手が新ランク。

Sフライ級。WBA世界フライ級王座挑戦契約を済ませていた坂田健史(協栄)選手の名前が消えた。WBAからフライ級ウェイトでの試合を義務付けられた坂田選手は、早ければ1月にも試合出場の予定。

2位河野公平(渡辺)選手、4位中広大悟(広島三栄)選手。14位に翁長吾央(大橋)選手が再ランク。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・歴史あるミズノ減量着】
ブログランキング

ミニマム級。前回2位黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手は一つ落とし3位。2位には前暫定王者ファン・パラシオス(ニカラグア)が入った。日本王者八重樫 東 (大橋)選手14位。

Lフライ級。プロ3戦目の井岡一翔(井岡)選手の挑戦を受ける國重 隆 (大阪帝拳)選手は12位。13位に井岡選手の同僚宮崎 亮 (井岡)選手。宮崎選手に敗れたばかりの嘉陽宗嗣(白井・具志堅S)選手が15位に再ランク。OPBF暫定王者家住勝彦(レイスポーツ)選手が21位と続く。

バンタム級。王者に長谷川穂積(真正)選手。サーシャ・バクティン(沖縄WR)選手は3位。しかし、サーシャ選手はすでに沖縄にはいない。次戦はヨーロッパで行われる話があるようだが、簡単には行かないだろう。大場浩平(大一スペースK)選手が4位に上昇。安田幹夫(六島)選手も11位にアップ。

    ペタしてね
★ボクシングファンの携帯ストラップに→【EVERLAST ミニグローブ】

Sバンタム級。王者西岡利晃(帝拳)選手。1位にランドール・マンロー(英)。2位にラファエル・マルケス(メキシコ)。下田昭文(帝拳)選手7位、木村章司(花形)選手9位は変わらず。大橋弘政(HEIWA)選手が一つ上げ13位。

フェザー級。このクラスの日本人ランカーは9位松田直樹(帝拳)選手のみとなった。前王者粟生隆寛(帝拳)選手は、Sフェザー級3位へ移動。前回3位内山高志(ワタナベ)選手は、WBA王座挑戦の為名前が消えた。7位に前WBA王者ホルへ・リナレス(帝拳)選手。12位三浦隆司(横浜光)選手。

リナレス選手は、再起後GBP傘下のIBF世界Sフェザー級王者ロバート・ゲレーロ(米)がターゲットになるとの情報がある。粟生選手の転級は、サルガドvs内山戦勝者へのオプションを使っての挑戦もあるのかもしれない。

ライト級。10位に長嶋建吾(18古河)選手。ずっと下だが、加治木了太(大鵬)選手の名前が32位にある。今後、どのようなペースでランクを上げて来るのか、マッチメークと共に違った意味で注目。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】
韓国・済州島で開催されたWBC総会も無事終了。お隣の国とあり、日本からも関係者が大挙して参加した。来年はメキシコ、再来年はトルコでのWBC総会開催が決まった。


撮影、Sumio Yamada   ★車のルームミラーには→【ミニグローブ】!

そして、コンベンション・ランキングが発表された。

Sフライ級。OPBF王者河野公平(ワタナベ)選手が、前回5位から2位へと躍進。3位だった日本王者中広大悟(広島三栄)選手は4位後退。1位エバンス・ムバンバ(南ア)は暫定王者トーマス・ロハス(メキシコ)への挑戦に敗れ7位後退。

1位には前回2位だったリカルド・ヌネス(パナマ)が進出。正規王者ビック・ダルチニャン(豪)は、12月12日暫定王者ロハスと防衛戦を行う。WBAスーパー王者でもあるダルチニャン。ヌネスはWBAでも1位ウーゴ・カサレス(メキシコ)に継ぐ2位にランクされており、来年は世界戦の舞台に立つことになろう。


R・ヌネス。 撮影、Sumio Yamada   ★車のルームミラーには→【ミニグローブ】!

WBA世界フライ級王座挑戦が内定の坂田健史(協栄)選手は8位。前回15位翁長吾央(大橋)選手はトップ15から落ちた。

フライ級。正規王者内藤大助(宮田)vs3位亀田興毅(亀田)戦の勝者は、暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を義務付けられた。暫定王者は、9位リチャード・ガルシア(比)と防衛戦を予定していたが承認を得られなかったという。王座統一戦はぜひ、実現してほしいと思います。

清水智信(金子)選手は6位変わらず。チャンピオンカーニバルで対戦が予想される小林タカヤス(川島)選手は、一つ上げ13位。山口真吾(渡嘉敷)選手14位。


黒木健孝選手。  ★車のルームミラーには→【ミニグローブ】!

ミニマム級。1位が入れ替わった。前回1位黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手は、OPBF指名防衛戦に勝利していたが2位へ下降。変わって1位には前回3位のデンベル・クエジョ(比)が上昇。9月、タイ遠征で無名相手に勝利をあげている。22歳のサウスポーは、17勝(8KO)2敗5分。キャリアは5年になる。

このクラスも正規王者オーレードン・シスサマーチャイ(タイ)と、暫定王者ファン・パラシオス(ニカラグア)の王座統一戦が決まっている。試合は今月24日タイで開催。以前からWBC王座挑戦を表明していた黒木陣営。WBA1位でもあるがターゲットを変えたのでしょうか。日本王者八重樫 東 (大橋)選手13位。

【プロボクサーの減量はこれ!軽い・動きやすい・ミズノ減量着】
ブログランキング

Lフライ級。新日本王者宮崎 亮 (井岡)選手が15位へランクイン。プロ3戦目の井岡一翔(井岡)選手と戦う國重 隆 (大阪帝拳)選手は9位。

バンタム級。安田幹男(六島)選手が13位に顔を出した。3位サーシャ・バクティン(沖縄W)選手3位、5位大場浩平(大一スペースK)選手。

Sバンタム級。王者西岡利晃(帝拳)選手の同僚下田昭文選手が7位。日本王者木村章司(花形)選手は、前回6位から9位へダウン。OPBF王者大橋弘政(HEIWA)選手は14位。

  ペタしてね
★携帯ストラップにも使える!

フェザー級。1位に再起したばかりのイスラエル・バスケス(メキシコ)が1位にランクされた。王者エリオ・ロハス(ドミニカ)との対戦はまだ先だろうが、実現すれば興味深いカードですね。

前王者粟生隆寛(帝拳)選手4位。WBA世界Sバンタム級王座挑戦が噂されるOPBF王者細野 悟 (大橋)選手は、2ランクアップの11位。日本王者松田直樹(帝拳)選手は12位。

Sフェザー級。前回2位内山高志(ワタナベ)選手は一つ下げ3位。前WBA王者ホルへ・リナレス帝拳)選手は7位。12位に日本王者三浦隆司(横浜光)選手。このクラスの暫定王者ウンベルト・マウロ・グチェレス(メキシコ)は、今月21日ドイツで地元のビタリィ・タイベルト(独)の挑戦を受ける。ライト級。世界再挑戦熱望のOPBF王者長嶋建吾(18古河)選手は10位。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  【TOP】 【目次】



MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

WBC最新ランキング。28日、タイ・チェンマイでフライ級暫定王者ポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)に挑戦する升田貴久(三迫)選手は22位。暫定王者vs22位で世界戦が開催出来るタイは、ある意味凄い。

月間MVPは粟生隆寛(帝拳)選手からフェザー級王座を奪取したエリオ・ロハス(ドミニカ)。長谷川穂積(真正)選手は優秀選手。これも、余りにあっけない勝ち方だったからか。


撮影、Sumio Yamada

升田選手に勝った小林タカヤス(川島)選手が15位にランクイン。山口真吾(渡嘉敷)選手が14位にカムバック。しかし、「今後はLフライ級で、世界を目指す」(渡嘉敷会長)と言う。

坂田健史(協栄)選手は依然フライ級にランクされ5位。日本王者清水智信(金子)選手8位。OPBF王者大久保雅史(青木)選手が9位と続く。大久保選手は、今週からまたもや坂田選手との8回スパーで腕を磨いています。

「スパー考えると、気持ちが沈むんですよ」

「コイツ、真っ暗になっちゃって。ホント、暗いよなァ」(~~)

「でも、強くなってるよ大久保君!」


★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ3名様。


日本リングで内藤大助(宮田)選手の後輩粉川拓也選手に敗れた 熊 朝忠(中国)は20位へ後退。勝った粉川選手はSフライ級21位に留まり、トップ15入りはならなかった。

Sフライ級暫定王座にトーマス・ロハス(メキシコ)が就いた。正規王者ビック・ダルチニャン(豪)は、今後、どのような路線に向かうのか。各団体の指名試合期限は大幅に過ぎている。ノニト・ドネア(比)がWBA同級暫定王座に就けば、両者のリマッチがリクエストされても不思議ではない。

2位ホルへ・アルセ(メキシコ)、中広大悟(広島三栄)選手は4位。本田秀伸(Gツダ)選手との日本王座防衛戦に勝利した場合、タイトル返上、WBC王座挑戦宣言の中広選手。ターゲットはロハス?


ペタしてね

バンタム級。王者長谷川選手への挑戦を軽く一蹴されたネストール・ロチャ(米)は一気に圏外の16位へ急降下。上位陣は変わらずで、大場浩平(大一スペースK)選手が4位へアップ。

王者西岡利晃(帝拳)選手が君臨するSバンタム級には、9位木村章司(花形)選手、10位下田昭文(帝拳)選手、13位大橋弘政(HEIWA)選手と3人の日本人ランカーがいる。国内ウォーズを制した木村選手にチャンスが回っても良いのではと思うが、どうでしょう。

【8.29ハワイ世界戦観戦ツアー・お問い合わせはこちらから】

撮影、Sumio Yamada

フェザー級。王座を追われた粟生選手は3位と好位をキープ。1位にはファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)が座った。日本王者松田直樹(帝拳)選手13位、OPBF王者細野 悟 (大橋)選手14位。

細野選手は、 榎 洋之(角海老宝石)と対戦の計画があるようです。これは、楽しみな一戦になりますね。

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入でDVDプレゼント有!残リ3名様。

ブログランキング

★元世界ミドル級チャンピオン 竹原慎二 サウナスーツ館   ★BOXING MASTER SHOP


Sフェザー級。正規王者ウンベルト・ソト(メキシコ)には、ライト級王者エドウィン・バレロ(ベネズエラ)との対戦話もあり、指名試合期限も過ぎている。という事で、1位セルゲイ・グリヤケビッチ(ベラルーシ)と、3位ウンベルト・マウロ・グチェレス(メキシコ)で暫定王座が決められる。試合は22日メキシコで開催。

4位につける内山高志(ワタナベ)選手は、来月ランクアップされそうですね。14位に新日本王者三浦隆司(横浜光)選手がランクイン。

ライト級1位に挑戦者決定戦に勝ったアントニオ・デマルコ(メキシコ)。22勝(16KO)1敗1分の23歳は、長身のサウスポー。しかし、王者バレロの前では役不足は否めない。13位長嶋建吾(18古河)選手。

★EVERLAST ミニグローブ!  【お問い合わせ】

アレキサンダー。 撮影、Sumio Yamada

Sライト級新チャンピオンにデボン・アレキサンダー(米)。1位マニー・パッキアオ(比)。ウェルター級佐々木基樹(帝拳)選手がジワジワとランクを上げ11位。しかし、このクラスの世界は層が厚い。

そうそう、佐々木選手と仲の良かった秋田勝弘選手ら今朝電話来ました。未だ米サンディエゴに住み、永住の目処も立ちそうだという事。「モックン、頑張って」という事でした。

ミニマム級。1位黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手は世界挑戦目前。15位に八重樫 東 (大橋)選手が再ランク。武市晃輔(金沢)選手は16位。

Lフライ級。フライ級王座挑戦の希望も聞かれる王者エドガル・ソーサ(メキシコ)。次の指名挑戦者は元王者のオマール・ニーニョ(メキシコ)。内藤選手を指導する野木トレーナーの子飼い嘉陽宗嗣(白井・具志堅S)選手は3位までランクを上げて来た。國重 隆 (大阪帝拳)選手は7位。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ3名様。

★シャイアン会長は、断然”吉野家”派!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


6月8日WBC世界フライ級6位升田貴久(三迫)選手に判定勝ちしていた小林タカヤス(川島)選手の名前が見当たらない。世界6位に文句ない判定勝ち。直後発表の日本ランキングは一気にフライ級1位へ躍進。WBC世界ランキングにも当然入るものと思われたが・・・。

ビジネス優先で世界入りした 熊 朝忠(中国)は依然15位。7日再来日した熊は、王者内藤大助(宮田)選手の後輩粉川拓也選手に52.2キロ契約で戦い敗れた。ランク入りが期待される粉川選手には、早くも”世界挑戦”の文字が。

しかし、6位に勝利しながらランク入り出来なかった小林選手を考えるとどうだろう。一月遅れでランク入りするケースもありますから、小林選手腐らず頑張ってほしいですね。

敗れた升田選手は22位へ降下。念願の世界挑戦の機会は遠のいた。暫定王座決定戦に敗れたフリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)は、IBF王同級挑戦者決定戦へ出場する。11日同国人のエリック・オルチスと対戦。

前WBA世界フライ級王者坂田健史(協栄)選手は5位へアップ。しかし、次回からはSフライ級へランクされる。日本王者清水智信(金子)選手は8位へダウン。砂町ダイニング茶夢亭 さんが応援する、OPBF王者大久保雅史(青木)選手は9位へ躍進。いよいよ世界ランク一桁。面白い存在になって来ました。まだまだ、力を付けて来る選手です。


★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ6名様。

ブログランキング

★元世界ミドル級チャンピオン 竹原慎二 サウナスーツ館   ★BOXING MASTER SHOP


翁長吾央(大橋)選手と引き分けたリチャード・ガルシア(比)は10位。日本人選手に負けなし。日本リングをすっかり稼ぎの場にしている。亀田興毅(亀田)選手と対戦話があったオマール・サラド(メキシコ)13位。大毅選手は14位。山口真吾(渡嘉敷)選手16位。

黒木健孝(ヤマグチ土浦)選手はミニマム級1位をキープ。指名防衛戦期限はとっくに切れている王者オーレードン・シスサマーチャイ(タイ)。暫定王者ファン・パラシオス(ニカラグア)との王座統一戦はあるのか、黒木選手が指名挑戦するのか。

まずは、今日の好選手大内淳雅(角海老宝石)選手との戦いに注目です。この試合で力の差を見せる事が出来たのなら岩本会長も、次のステップ”世界挑戦”へ、本腰を入れるのではないでしょうか。新日本王者八重樫 東 (大橋)選手が15位にカムバック。

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ9名様。
ペタしてね

フライ級転向の噂もあるLフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)。次の指名挑戦者は1位の元王者オマール・ニーニヨ(メキシコ)。日本王者嘉陽宗嗣(白井・具志堅S)選手が3位へアップ。ソーサの王座返上があれば、チャンスを掴める位置に来た。

Sフライ級。11日IBF世界バンタム級王座に挑戦する王者ビック・ダルチニャン(豪)には勝利が期待されるが、このクラスにも18日暫定王者が誕生する。カードはクルクル変わり、2位トーマス・ロハス(メキシコ)30勝(21KO)11敗1分=アルセにボディでKO負けvs4位エベラルド・モラレス(メキシコ)32勝(22KO)13敗2分=亀田興毅選手に判定負け。 

2位に元王者ホルへ・アルセ(メキシコ)。ダルチニャンの動向次第では、IBF王座狙いもありそうです。中広大悟(広島三栄)選手6位。10位に河野公平(ワタナベ)選手。来月からは坂田選手が、ここに入って来る。暫定戦勝者はどうなるのでしょう。ダルチニャン勝利=王座返上=正規王者繰り上がり?


BOXING MASTER/ボクシング マスター

バンタム級。3連続序盤KO防衛を続ける長谷川穂積(真正)選手。これを脅かす存在はいない。敵は自分自身、ウェート調整だけだろう。山田純夫氏も言う。

「凄い記録続けているんですよ。米国のTVで放送してくれたらいいんですけど」

★EVERLAST ミニグローブ

長谷川vsマリンガ。

2位に世界挑戦が待たれるサーシャ・バクティン(沖縄W)選手。長谷川選手へ挑戦のチャンスは巡って来るのか。間もなく28歳。そろそろキャリアのピークを迎えるだけに早期実現が願いだ。5位に大場浩平(大一スペースK)選手。

Sバンタム級。王者西岡利晃(帝拳)選手以下にはそうそうたる顔ぶれが並ぶ。世界戦熱望の木村章司(花形)選手9位、メキシコで初回KO勝ちした王者の同僚下田昭文選手が10位。新OPBF王者大橋政弘(HEIWA)選手が13位に初ランク。大橋選手に敗れたロリー松下(カシミ)選手は24位。

指名防衛戦を迎えるフェザー級王者粟生隆寛(帝拳)選手。トップ15に6人もランク入りしているメキシコ勢。初防衛成功後は、日本人対決もあるのか。13位松田直樹(帝拳)選手、14位細野 悟 (大橋)選手。 榎 洋行(角海老宝石)選手は20位。粟生選手との再戦、どうなんでしょうかねェ。

★EVERLAST ミニグローブ

ウンベルト・ソト。

Sフェザー級。王者ウンベルト・ソト(メキシコ)挑戦の狼煙を上げている内山高志(ワタナベ)選手は4位。今秋日本で開催したいとした陣営だが、その後進展はあるのか。

「ソトは強いですよ。地味だけど実力は一級品です」

山田氏が買う王者ソトであります。

ライト級12位に長嶋建吾(18古河)選手。しかし、世界挑戦のチャンスは巡ってきそうにない。一方、自力で世界ランカー撃破した20位嶋田雄大(ヨネクラ)選手に、WBA同級王者パウルス・モーゼス(ナミビア)挑戦のチャンスが転がり込んだ。今月25日王者の地元ナミビアで開催される。

ドン・キングの懐に入り込んだ嶋田選手の勇気を称え、その執念を開花させて貰いたい。日本で戦っているモーゼスだけに、頭脳派嶋田選手は戦い方を熟知。ジャパンSジムのすぐ近くに住んでいる嶋田選手。期待します。

毎日の”励み”に、応援よろしくお願い致します→  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへにほんブログ村  【TOP】 【目次】

★EVERLAST ミニグローブ 3千円以上ご購入者にはプレゼント有!残リ9名様。

BOXING MASTER/ボクシング マスター
           ミニグローブ 1000円   キーリングス 500円

★シャイアン会長は、断然”吉野家”派!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWBCランキングカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはインデックスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 5.02